我が家に来てくれた、トイプードルのダフィー。

プードルの様な毛が長い犬は、毎月もしくは2ヶ月に1度のグルーミング(日本ではトリミング?)が必要という事は、友達から聞いていました。

ダフィーが来たときは、こんな感じのクリンクリンの姿でした↓

FullSizeRender

1ヶ月経ったら、目の周りの毛が伸びすぎて、目が見えなくなってきてしまいました...↓

FullSizeRender

以前ブログにも書いた様に、私たちのワンコのブリーダーさんは、グルーミングの免許を持っているので、
「いつでもカットしてあげるわよ。アメリカでは良いグルーマーを探すのが大変だからね」
とおっしゃっていました。
なので、私はブリーダーさんにダフィーの毛をカットしてほしかったんです。
彼女は、ダフィーを我が家にお迎えする前に、彼の毛をカットしてくれたので、私たちが好きなヘアを知っていたし、ブリーダーさんがどうやってカットするかも私自身も知っていたので。

なのに!!!夫!!!
夫の父側の家族がペットのヘアサロンを経営しているので、そちらに連絡をして予約をしてしまいました...

でも、まさか悲劇が起こるなんて、想像もしていなかった...

私たちがリクエストしていたのは、”テディーベアカット”🧸
そのサロンを経営している家族は、昔トイプードルを飼っていたので、テディーベアカットを理解しているんだろうと、勝手に思っていたんです。
アメリカのペットのヘアサロンは、日本のトリマーさんと比べて技術が劣ると思っていたので、以前の様な長さのスタイルになってくれればいいと思っていました。

ダフィーをサロンで預ける時に、「どんな髪型がいい?」とグルーマーさんに聞かれたので、夫が希望を言い、「”ポンポンヘア”には絶対しないで」と伝えました。
(ポンポンヘアとは、よくプードルがやっている部分的に長かったり短かったりする、ドッグショーなどに出場する際のスタイルです)

2時間時間が欲しいと言われたので、オープンした“くら寿司”で食事したり(かなり期待していたのですが、ちょっと残念でした…)、アジアンスーパーでショッピングしたり、久しぶりに夫と2人の時間を楽しんで過ごし、1時間半ぐらいしたらサロンからテキスト。

「こんな感じに仕上がったよ」
と、夫のテキストに写真が送られてきたのを見せてもらったら... 

もう私、2度見しちゃいました💢
それから、サロンまで迎えに行くまでドキドキして、実際にダフィーをピックアップするまで動揺しましたよ...

どんな髪型って、これです↓

FullSizeRender

何これ?どこがテディーベアだよ💢
ストパーかけたみたいに毛がストレートになってるし…
(写真は、サロンから帰ってきた後に撮りました↑)

ファミリープライスで、かなり安い価格でやってくれたので、私たちもチップは250%渡したんです...
(普通のヘアサロンへのチップは、20%ぐらい)
しかも、クレカだとクレカの会社からサービスチャージが加算されるだろうと思ったので、キャッシュをちゃんと前もって準備したのに!
しかもしかも!アジアンスーパーでお土産も買っていったのに...

彼をピックアップする際、このヘアスタイルにかなりびっくりしましたが、サロンでは顔に出さない様にしました。

車に戻って家に帰る途中、夫に「これ、全然テディーベアカットじゃないよね??」と言いましたが、夫は「え? 可愛いじゃん」と...

可愛いよ、そりゃ我が家のワンコですからね💢
でも、リクエストしたのはテディーベアカット!!!
こんな毛が短くする予定じゃなかったし、毛が短すぎるからカールがなくなってるし💢
(プードルのパピーは、まだカールが強めではなく、成犬になるとカールが強くなるそうです)

てかどうして、こんな目の上の毛に段があるの?↓

FullSizeRender

鶏冠(とさか)みたいになってるし、全体的に毛が短いのに、何故か耳の毛と尻尾の毛が長いし、ライオンかっ🦁

FullSizeRender

本人は、全く気にしていない様子…(当たり前…)↓

FullSizeRender

ツリーが片付けられた後は、ベンチの下が定位置です🐶↑

私が小学生の時によく美容院に行った後は、髪を切られすぎてショックを受けて泣いていた自分を思い出しました...
それぐらい、ダフィーのヘアスタイルにショック...

その日の夜は、いつも通り母とFaceTimeをしましたが、もうキレて愚痴💢
私、愚痴を言う事はありますが、怒る事は本当に少ないんです。(飛び抜けて間違った行動をする人には、厳しい態度を取りますが…)
私の姉は怒りやすいので、今でも両親から怖がられていますが(笑)、逆に私は昔からおっとりした性格なので、私が怒っている姿に、そしてダフィーの髪型に母もびっくりしていました... 

母は私をなだめる様に、「1ヶ月我慢すれば大丈夫よ」と言ってくれましたが、子犬の1ヶ月って短い期間なのにな... 😢

数日間、ダフィーのヘアスタイルを見る度に、イラっ💢
写真や動画を撮るたびにイラっ💢
(もちろん、ダフィーのせいではないので、愛情たっぷり注いでます🐶❤︎)
数日間ショックを受けました😔
怒りの矛先は、もちろん夫💢
だから、ブリーダーさんに切ってもらおうって言ったのに...

以前ブログにポストしましたが、私は自分で髪を切ります。
理由は、自分で切って失敗したら、諦めが付くから。

”失敗しない、セルフヘアカットのコツ”→


お金を払って失敗され、アメリカはチップも払うのに、その上失敗されたらお金と時間の無駄...
これからダフィーの毛は、自分で切らないとダメなのかな...と、YouTubeを見まくっています。

1週間経って、少し落ち着いてきたヘアスタイル。

FullSizeRender

カールも普通に戻ったし↓

FullSizeRender

お友達によると、アメリカで美容師を探すのと同様、気に入ったグルーマーも探すのは大変だそうです... 
日本人の様に、器用な人やセンスのある人は少ないみたい... 
早々と洗礼を受けました... 
ダフィーちゃんの毛、早く伸びるといいな...🥲


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

読者登録をすると、ブログ更新の際にLINEでお知らせします↓




登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村