私、夜は動画を見るので、映像を見たまま寝落ちしてしまいます。
YouTubeは、”自動再生”に設定していても、いくつかの動画が流れたままにしておくと自動で停止してくれるんですが、アプリによっては動画が流れっぱなしになるものもあり...

私がいつも見ている韓国の動画アプリは、オフにするまで永遠に流れ、夜中ふと目が覚めたときにアプリをオフにするんですが...

朝起きたときには、携帯電話の充電が10%なんて時もあります。

少ないパーセンテージが好きではない私なので(急に出かけるときに備えて、いつでもバッテリーは100%近くに充電しておきたい)、バッテリーが少ないと焦ります。
また、朝充電し始めても、100%まで間に合わなくて出かける時間になってしまったなんて事もあるかと思います。

FullSizeRender

そんな私の様に、動画を見ながら寝落ちする人のための便利機能。
iPhoneには、タイマーで”再生をオフ”にできる裏ワザがあるんです。

まずは、iPhoneの”時計”のアプリ(最初から付いているiPhoneのアプリです)を開けて、
下の写真の①”タイマー”をタップ↓

FullSizeRender

②”タイマー終了時”をタップ↑

ちなみに...
通常のタイマー終了時は、BTSの”Dynamite”の曲に設定しています笑。

好きな曲を着信音にするやり方は、過去ブログをご参考にどうぞ↓

”YouTubeから着信音を作る裏ワザ【iPhoneハック】”→



②”タイマー終了時”をタップすると、タイマー終了するときの音が選択できますが、こちらをずっと下までスワイプダウンしていき...↓

FullSizeRender


1番下の項目の”再生停止”をチェック☑︎↓


FullSizeRender


次に、画面右上の”設定”をタップ↑

それから、再生停止する時間を、お好みで設定します。
私の大体寝落ちする時間は、動画を見始めて1時間〜1時間半なので、そのぐらいの時間をセットします↓


FullSizeRender


最後に画面中央の”開始”をタップすると、カウントダウンが始まるので、あとは普通に動画を見たり、普段通りに寝ながら携帯を見たりして作業をするだけでOK。

設定した時間になると、自動的にオフ状態になり、ロック画面になります。

この設定をしてから、朝起きて充電が0%に近い状態になっていたなんて事はなくなりました!
特に、朝出かける前に携帯電話を充電する時間が十分なくて、少ないバッテリー量で出かけるのは不安になるかと思うので、なるべく多いバッテリー状態で出かけたいですよね。
そのためにも、不必要に携帯電話の電源を使用するのを避けるためにも、こちらの”再生停止”のタイマーは、とても便利ですよ♪


【併せて、こちらもご覧ください】
”YouTubeをバックグラウンド再生して、ラジオ風に聞くやり方【iPhoneハック】”→



私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→


毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


読者登録をすると、ブログ更新の際にLINEでお知らせします↓




登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村