日本郵便から国際郵便で荷物を送る場合、以前の様に手書きで宛先を書く方法から、2021年1月よりオンライン上で登録する方法に変更になりました。
理由は、誤送付を避けるためだそうです。

詳しくは、こちら☟
⚠︎国際郵便 通関電子データ送信義務化について→

アメリカにお住まいの方や、アメリカに御家族がいる日本在住の皆様は、既にご存知の事かと思いますが。

現在、日本からアメリカに荷物を送る場合は... 

”国際郵便マイページサービス”(→)でアカウントを作り、こちらにログインをし、送り先の詳細、送り主の詳細、送付する内容の詳細や重さを、オンライン上で入力しなければいけません。

母は、”国際郵便マイページサービス”の登録方法の説明書を郵便局でいただきましたが、やはり高齢の母には、この様な作業は大変で、「説明書の小さな文字が読みにくい」と、アカウントを作るのに、1時間もかかったそうです... (申し訳ない… 😢)

なので、アカウントのメールアドレスとパスワードを母から教えてもらって、私が詳細を入力し、その後“2次元コード”が登録Email先の母のスマホに送られ、それを郵便局に配備されている”ゆうプリタッチ”にかざして、ラベルを印刷します。

が!
私、記入作業で、”小型小包”に☑︎をしてしまい、郵便局員さんに「それでは、送る事ができません」と言われてしまい...
郵便局にいる母から電話が来て、「”小型小包”は送れないから、”小形包装物(Small Packet)*”に☑︎しなおして」と言われ(⚠︎現在、日本郵便ではアメリカ行きの”小型小包”は受け付けていません)、その部分だけ内容を変更しようと思ったら、それができなくて💢
最初から入力しなおして、無事郵便局で荷物を送る事ができました。
(再度送り状の登録をしている間、両親はずっと郵便局で待っていました...本当申し訳ない…)

*小形包装物は、3辺(縦・横・高さ)が90cm以内、重さは2kg以下。

この作業が、面倒臭い!!

しかも!

⚠︎この”国際郵便マイページサービス”には有効期限があって、アカウントに6ヶ月間ログインがないと、自動で削除され、改めて登録をしなければいけません⚠︎

アメリカのお住まいの方々の日本の親御さんは、きっと高齢な方々も多いでしょうし、この様なオンライン作業を家族にさせるのは大変だと思いますので、送る重さや詳細等だけ日本の家族に教えてもらい、自分で入力するのが、日本の家族の負担も減るかと思います。

■パソコンからの登録方法とログインの仕方→
■スマホからの登録方法とログインの仕方→

携帯電話から新規送り状の登録すると、登録されている母の携帯電話に2次元コードが自動的に送られますが、パソコンから新規送り状を登録すると、最後に”印刷ボタン”しか出てこないので(実家にはプリンターがないので、プリントアウトができない!)、2次元コードが母の携帯電話に送られてこない...

かと言って、携帯電話で送り状の登録をすると、(送ってもらう)内容品が3品までしか登録ができない
と、かなり不便!

小形包装物で送るメリットは、小型小包よりかなり安価で送る事ができます。
1kgで1860円なので、母が支払った送料は1500円でした。
(”マイページサービス”で入力時に、送料が分かります)

詳しくは、こちらをご覧ください☟
日本郵便、国際郵便料金表→

そして、日本からアリゾナまでは10日間程で到着したので、結構早く手元に届きました。
遠い日本からの荷物が10日程で到着するのは、嬉しいですね。
(去年の12月に送ってくれた荷物は、6日で到着しました)

⚠︎現在、”書留”追加する事はできないので、”追跡”はできません。

ちなみに、現在の船便の状況は…
サンフランシスコの港に、カーゴが溜まりに溜まってる上に、それを処理する係員が少ないため、船便の荷物は処理されてないものが山程ある状態だという事です。(父がニュースで見たそうです)
もし、船便で荷物を送って待っているという方は、通常以上にかなり時間がかかる様です。


アメリカの郵便局(USPS)では、窓口で係員が宛先や送り主の詳細をコンピュータに入力し、ラベルを貼ってくれるんですけどね...
接客は日本と比べ物にならないぐらい悪いアメリカですが、アメリカの郵便局は親切です。
日本の郵便局でも、住所入力の作業をやってほしい...

てゆうか、私の家族だけでしょうか??
1つの荷物を、アメリカに送るのに苦労しているのは…
なんでもスマホ化、オンライン登録に移行されて便利な世の中ですが、ご年配の方々はかなり大変かと思います。
母が言うには、ジムのクラスに登録するにも、毎回LINEから登録が必要になったとか...
他のジム会員の70代のお友達は、そのためにスマホを買わなければならなかったそうです...
高齢化の日本ですが、ご年配の方々にはなんだか住みづらい世の中になってしまいましたね...


パンデミックの中、両親に郵便局に行かせるのは申し訳ないので、私から荷物をアメリカに送ってもらうのは避けている状態ですが、そんな中、母が誕生日プレゼントを送ってくれました。

FullSizeRender

普段、ZARAやH&Mの服を着る私ですが、こんな可愛いアニエスbのブラウスを送ってくれました!

アメリカでもAgnes bのお取り扱いはありますが、ブラウス1枚で$200以上のもの、普通のアメリカ人は着るのでしょうか??笑

FullSizeRender

袖口にリボンが付いていて可愛いし、生地はサラサラでアイロン掛けしなくて良い商品👏🏻

FullSizeRender

昔からオシャレな母のチョイスは、間違いないです。
アリゾナではちょうど良い季節なので、Aラインのミニスカートと一緒に履こうと思っています。
素敵なバースデーギフト、ありがとう❤︎


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村