バレンタインデイの日に届かなかった、注文したお花ですが...

詳しく書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓

”毎年”欧米風バレンタインデイ”で、幸せな1日を過ごした日”→


バレンタインの次の日の昼間に、無事に到着しました。

FullSizeRender

日本だったら、茎の部分に水を含んだコットン?ペーパータオル?がフォイルに巻かれていると思いますが、流石アメリカ。何も巻かれていません。

FullSizeRender

トラッキング(追跡)によると、コロンビアから出発↓

FullSizeRender

コロンビアに、バラ園でもあるのかしら?笑

数日遅れたので、お花の状態が心配でしたが、一応大丈夫でした。

FullSizeRender

今年も、バラ50本❤︎
バレンタンシーズンの花束は、値段がかなり上がるアメリカで、ダズン(12本)で$20以上するかと思いますが、夫ジャスティンはCostcoオンラインで注文したので、かなり安く購入できるそうです。
通常、Costcoのバラは50本で$40以内らしいですが、バレンタインシーズンは$60程で販売しているそうです。(ただ、早めのオーダーが必要かと思います。今回は1月下旬に、オーダーをしていました)
普通のお花屋さんで、バレンタインシーズンにバラを50本購入すると、かなり値段が上がるので、Costcoオンラインのバラはかなり安価。

バラの色も色々選べ、今年は赤と白をオーダーしてくれました。

IMG_3213

ちなみに去年のバラは、ピンクと赤と白のミックスでした↓

FullSizeRender

詳しく書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓

”完全に騙されたバレンタインデー+アメリカのバレンタインデー事情”→



去年も、バレンタイン当日に到着していましたよ...笑

今回の様に、お花が予定通り届かなかった場合の対応は...
前日にCostcoからメールが来て、購入時に支払った金額は全て返金(使用したクレジットカードへ)、そしてCostcoギフトカード$20が、後日送られてくるそうです。
という事で、今回のバラ50本は、無料でした!
しかも、Costcoのギフトカードまで!
(きっとCostcoの損失、大きいでしょうね)

私はタダでお花が貰えた事が嬉しかったですが、ジャスティンは「お金の問題じゃない!💢」とお怒りでした笑。
まぁ、今回は途中の経由先が悪天候だったので、仕方ないですね。

2日遅れただけですが、去年のバラよりちょっと元気がない様な...↓

FullSizeRender

この様に↑花が開かない状態で枯れている様な感じものが、何本か含まれてました。

ボリュームも、なんだか去年よりない様な…↓

FullSizeRender

去年のバラは、1つもペタルを取らなくて良い状態で、全てのバラが綺麗に咲いたのに、今年は色が悪い(ちょっと枯れている)ペタルがあったり...↓

FullSizeRender

たった2日遅れただけでも、バラの状態は落ちるんですね。
花の命は短い...
(タダだから、文句は言えませんが...)

アリゾナの水は冷たくないので、水は冷蔵庫からの冷たいフィルター水を使い、気がついたときに氷を入れてます。

FullSizeRender

毎日花瓶は洗って、毎日茎を斜めに切り(50本の茎を切るのは、結構大変!)、茎部分もヌルヌルしてくるので毎日洗い、延命剤を入れてなるべく長生きできる様にケアしています。
(アリゾナは、本当に花が枯れるのが早いです)
延命剤がなくなった場合は、漂白剤を数滴入れるだけで、延命剤の代わりになります。

FullSizeRender

茎は毎日1cmぐらい切っていくので、長めの茎の長さにしてあります。

無事に着いたお花ですが、きっと来年もCostcoオンラインで購入するんだろうな笑。
大切な贈り物なので、大事にケアしていきます🌹


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村