この間ブログにポストした、エアフライヤーの記事↓

””便利&時短”なキッチン家電が来た【Costco購入品】”→



こちらの機械を購入したのは1月下旬で、ウェアハウスで購入しました。
値段は$99.99でしたが、2/1〜2/7の間は$20オフにセールになっていて...🗯

Costcoあるある。
前の月に購入したものが、次の月にセール商品になる...
こんな時、結構ショックを受けるんですよね。
知っていれば、安くなるのを待ったのに!!って...

何度かブログに書いていますが、ご存知ない方が悔しい思いをしないために、再度書きますね。
アメリカのCostcoには、”Price ajustment”というポリシーがあり、商品購入から30日以内にその商品がセール価格になった場合、購入価格からセール価格の差額分を、返金してくれるんです。

⚠︎詳しくは、こちらからどうぞ。Costco USA→“Price Ajustment” 

ウェアハウスのメンバーシップカウンターに行き、いつ購入したかを言えば、差額+税金分を返金してくれます。
レシートがなくても、大丈夫。
メンバーズカードから購入履歴を見て、確認が取れたら返金してくれます。
たった$3、$5オフでも、返金してくれるなら、Better than nothingです❤︎

もし、Costcoオンラインで購入した商品がセール商品になった場合は、オンライン上からリクエストができるので、店頭に行かなくてもOKなんです。
(こちらも、購入から30日以内に価格が変わったのみ適用)

”Request a Price Ajustment”をクリック(Costco USA→)し、商品番号やメンバーズカードのナンバー等の詳細を記入し、確認が取れると、使用したクレジットカードに返金されます。
(クレジットバックは、ビジネスディで通常3〜5日かかります)

⚠︎Costco内の価格のアジャストのみで、他のお店とのPrice matchは行っていませんので、ご注意ください。

また...
Costcoの”Member-only savings”は、”Warehouse only”、”Online only”、”In Warehouse/Online”とあり、購入する所によって価格が違うときがあります。

オンライン商品ではセール価格になっているのに、店頭ではセール価格になっていない場合の商品の値段のアジャストはやってくれるか?
それは、取り扱ったスタッフにより違うそうです。
オンラインとウェアハウスは別になるので、通常はオンラインのセール価格からウェアハウス価格にアジャストはしてくれないそうです。
店員さんによっては、オンライン価格に合わせてくれる人もいますが、通常はしないそうなので、もしウェアハウスで聞いて、アジャストしてもらった人は、ラッキー!


という事で、
2週間に1度行くCostcoへこの前行き、カウンターで、
「エアフライヤーを2週間前に購入しましたが、今セール価格になっているので、アジャストしてください」と、聞きました。
店員さんも、この様な対応に慣れているので、「OK」
と言って、すぐに履歴を調べてくれ、
「キャッシュとストアクレジット、どちらが良い?」と聞いてくれるので、キャッシュでいただきました。

FullSizeRender

+タックスで、$21.56返金。
これは大きい❤︎❤︎❤︎

ただ、セールになっている期間に行かないと返金してくれないので、必ずセール価格になっている間に返金してもらってくださいね。

今回のエアフライヤーは、7日間のみセール価格だったので、セール価格中にCostcoに行けて良かったです。
こちらのお金は、スタバやカフェでドリンクを買ったときのチップ代として、使わせていただきます。

日本のCostcoにも同じ様な制度があるのか不思議に思ったので、親友に聞いてみた所(旦那さんがCostcoでお勤め中)、日本のCostcoにはこの様な制度はないという事でした。
アメリカの企業なのに、日本のCostcoには差額返金制度はないなんて...
日本のCostcoにも、同じ様な”差額返金制度”があれば、購入後にもしセール商品になっても、悔しい思いをしなくていいのにな...と思います。

Costcoに限らず、アメリカの他の量販店でも、購入後にセール価格になった場合、期間限定で差額を返金してくれるストアが色々あるので、この様な制度は消費者に優しいですね。


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村