先日ブログにポストした、iPhoneからiPhoneへのデータ移行が簡単にできる様になった記事。

”iPhoneデータ移行が、劇的に簡単になってる件【iPhone 12 Pro購入】”→



ご存知なかった方が沢山いらっしゃった様で、Smart Newsや“はてなブックマーク”に記載、そしてツイッターにシェアしてくださった方々もいらっしゃいました。ありがとうございます。

新しい携帯が発売された直後は、携帯ケースの種類が少ないのが残念...
次の日に、Verisonのショップに行き、携帯ケースとガラススクリーンを購入しました。
Verisonショップでは、iPhone 12を購入した人には、アクセサリー関係全て40%オフで購入できました。
(前日に、iPhoneと一緒にAppleストアで購入しないで良かった... )

image

Kate Spadeの携帯ケースがあったので、こちらを購入しました↑

現在Verisonのショップは、人数制限をしているので、お店の外で店員さんがチェックインをしてくれ、自分の順番が来たら、テキストでお知らせが来て、お店に入る事ができます。
ガラススクリーンは、自分で貼る勇気がなかったので、店員さんに頼んで貼っていただきました。

今回のiPhone12 Proのリリースによって、カメラの性能も良くなりました。

image

iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxと大きく違う所は、LiDAR Scannerの搭載↓

image

光が物体に当たって、戻ってくるまでの時間を計測する事によって、物との距離を測ってくれます。
よって、ARアプリ(拡張現実)が、より便利になりました。
iPhoneの”計測アプリ”で人物を映すと、身長が計測されたり... ↓

FullSizeRender

(足の甲を、怪我しているので↑、サロンパスを貼ってます...サロンパスは、米Costcoで購入)
私の身長は、156.7cmなので、ほぼ合ってますね。

また、この様に物を測るときは、レーザー光線(黄色の線)が出て↓

image

より正確に計測される様になりました。

カメラ好きの私が気にするのは、F値(絞り値)。
F値が低ければ低い程、レンズが開くので光をより多く捉え、暗い所でも綺麗に映す事ができます。
また、被写体(フォーカス)以外の場所をボケさせる事ができ、被写体を強調させて撮る事ができます。

iPhone12 Proの広角レンズ(通常のカメラ)のF値は、1.4⇄16.0になりました。
(iPhone11 ProとMaxは、F値が1.8から)

12 Proのポートレートモードで、F値を1番大きい16.0に絞ると、背景は軽いボケ感...↓

FullSizeRender

F値を8.0に絞ると...↓

FullSizeRender

F値を4.0に絞ると...↓

FullSizeRender

F値を1.4に絞ると(ボケ度最高値)、この様にかなり背景がボケます↓

FullSizeRender

ちなみに、こちらは私の旧携帯のiPhone Xのポートレートモード↓

FullSizeRender

iPhone Xでは、F値の設定はできないので、広角(通常カメラモード)のF値は一定の1.8で、微調整はできません。

こちらは、iPhone 12 Proの通常の広角カメラで、(上のポートレートと同じ様に)2倍で撮りました↓

FullSizeRender

ほんの少しのボケ感。

こちらは、iPhone Xの広角(通常カメラモード)で、同じ様に花にフォーカスを合わせました。

FullSizeRender

一応、花にピントは合ってますが、明るさで比べてみると、iPhone Xのカメラは全体的に黄色く映ってしまうのが、残念です...

こちらは、ブラインドを開けて撮影してみましたが、iPhoneX(ポートレート)は夕方の太陽光が当たると、やっぱり黄色感が出てしまいます↓

image

iPhone 12 Proのポートレートでは、黄色味が軽減され、自然なボケが出る様になりました。

image

というのは、iPhone 12 Proでは、”スマートHDR3”に対応し、iPhoneカメラでよく起こる白飛び黒つぶれうの調整がパワーアップし、機械学習によって、映る物を認識して、それに合わせてコントラスト、ホワイトバランス、テクスチャーをオートで調節してくれる様になりました。

特に私のiPhoneXは、直射日光で写真を撮ると、白飛びしてしまってたんですよね...

でもやっぱり、一眼レフと比べてしまうと、繊細さと自然なボケさはまだまだ及びません...↓

image

Canon EOS Revel SL2(レンズ50mm、F1.8)↑

レンズの大きさもセンサーも、携帯のカメラと一眼レフのカメラは大分違うので、その点は仕方ないですね。
iPhoneカメラで、ここまで綺麗に撮れるのはありがたいです。

また、新しく搭載されたLiDar Scannerによって、ナイトモードが強化され、TrueDepthカメラ(フロントカメラ)と、リアカメラ(背面カメラ)の広角カメラと超広角カメラでも利用でき、さらに明るい映像を撮影できるようになりました。(広角カメラが取り込む光の量は27パーセントアップ)

暗い場所でカメラを開くと、自動的にナイトモード(黄色が、ナイトモードのサイン)になります↓


image

シャッタースピードは、1秒〜3秒。
その間、カメラを動かさず写真を撮ります。

こちらが、iPhone 12 Proで、明るい時に撮った写真ですが↓

image

iPhone Xのポートレートモードで撮ると、暗すぎてシャッターを切る事ができません↓

image

実際は、このぐらいの部屋の暗さです↑

同じくiPhone Xの広角(通常のカメラ)で、花にフォーカスさせ露出を上げると、この様に写真は撮れますが、かなり画質は粗めになります...↓

image

これをiPhone 12 Proのポートレートのナイトモードで撮ると...↓

image

真っ暗な室内でも、こんなに綺麗に撮る事ができるんです。
これには、感動❤︎
中央部分の電子レンジの緑のライトが、丸く映し出される所にも、感動しました。

⚠︎ポートレートモード+ナイトモードは、ズームアウトして1xで撮らなければいけません。2xのままでは、ナイトモードで撮れません。

こちらは、夫ジャスティンのiPhone SE(第二世代)、広角で撮ったもの↓

image

iPhone SEのポートレートは、iPhone Xと同じく、暗すぎてシャッターは切れませんでした。

場所を変えて、こちらも上の写真と条件は同じく真っ暗な状態で撮りました。
iPhone X、広角(通常カメラ)↓

image

iPhone X、ポートレートモードは、暗すぎてシャッターが切れませんでした↓

image

ですが、iPhone 12 Proのポートレートで撮った写真は、ここまで明るく撮る事ができます↓

image

これで、薄暗いレストランの中でも、お料理を撮ったりする事ができますね!

お次は、フロントカメラ(インサイドカメラ)。
iPhone 12 Proのフロントカメラ(TrueDepthカメラ )は、12メガピクセル、F値2.2。
iPhone 11 Proとほぼ変わりませんが、フロントカメラにもナイトモードが使用可能になったので、暗い場所で自撮りをしたときに、違いがわかるかと思います。

こちらは、以前使用していたiPhone Xのフロントカメラ(通常モード)↓

FullSizeRender

画質悪い...

iPhone 12 Proの通常モード+ナイトモードにすると、これだけ明るく撮れました↓

IMG_0212

明るすぎて、顔のテカリが気になったので、スタンプで顔は隠させていただきます...

iPhone 12 Proのフロントカメラで、ポートレート+ナイトモードで撮りたかったのですが、この組み合わせではナイトモードでは撮れない様です。
iPhone 12 Proのフロントカメラのポートレートモードで撮ると... ↓

FullSizeRender

でも、iPhone Xよりも明るいし、これぐらいの暗さ+粗さがあったほうが、私は嬉しいですけど... 笑。

という事で、やっとここまで良くなった、iPhone のカメラ。
iPhoneのフロントカメラの画質の悪さは、アンドロイドやギャラクシーと比べると比べ物にならない程酷かったですが、これでiPhoneのカメラでも、自撮りができる様になりました。

ちなみに...
ご存知な方が多いかと思いますが!
シミや小ジワが気になる方。
iPhoneカメラで自撮りをするときは、”輪郭強調照明”で撮ると、シミ小ジワを飛ばしてくれますよ❤︎ 
(ポートレートモードから、”自然光”から2つ動かすと、”輪郭強照明”で撮れます)
iPhone Xより12 Proの画質が、かなり良くなって、カメラアプリを使わなくても、なかなか良い具合いです。


■併せて、こちらもご覧ください。
”iPhoneの”iOS14”がバージョンアップして便利になった、私のTOP3”→


”アップル社から、無償で充電ケーブルを貰う方法”→


”マスクをしたまま、FaceIDを突破する裏ワザ”→



私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→


毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→



登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村