我が家で毎週床掃除で使用する、Sharkのスチームモップ↓

image

今の家に引っ越した3年前に購入しましたが、これを使用してから、床掃除するのが劇的に楽になりました。
引っ越し1周年の記念ブログにも登場した、便利電化商品です。

その時のブログは、こちらからどうぞ↓
”引っ越し1周年。買って良かった家電ベスト5”→


お友達にも薦めているので、私の周りの人達は、Sharkのスチームモップを購入してる人が多いです。

Shark(SharkNinja Operating LLC)は、カナダのモントリオールで開業し、その後アメリカ合衆国ボストンのニーダムに本社を置き、小型家電およびクリーニングソリューションを開発する、ハウスケアブランドの会社。
会社の名前にもある様に、Ninja製品(ブレンダー、エアフライヤー、圧力鍋、オーブン、フードプロセッサーやコーヒーメーカーなど)でも有名です。
現在は、アメリカ・カナダ以外、ドイツ、フランス、イギリス、中国、そして日本には2018年に7月に上陸したので、日本にお住まいの方もSharkという会社を、聞いた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Sharkのスチームモップを購入する前は、クイックルワイパー+お掃除スプレー(Pinesol)でシュッシュしながら床掃除をしていましたが、クイックルワイパーって、持ち手の部分が細いし、力を入れて拭けないし、ちゃんと綺麗になっているのかが疑問で...
(特にグラウト部分が…)
なので、結局手で床吹きをしたり…  腰が筋肉痛になり、膝が割れそうになります!
アメリカの家は広いので、床を拭き掃除するのは、本当に疲れます。

でも、スチームモップを使い始めてから、床掃除が凄く楽になりました。
スチームなので(めちゃくちゃ熱い)、ソープもいらないし、除菌にもなるので、週1で活躍しています。

ですが、突然本体部分がハマらなくなり、壊れてしまいました...
3年以上も使用したので、仕方ないですね。
アメリカの家電で、3年ももったのは長いほうかも。

1代目スチームモップは、Bed Bath & Beyond(日本のニトリの様なストア)で購入しました↓

image

上の写真↑をクリックすると、Bed Bath & Beyondのオンラインに飛びます。

Bed Bath & Beyondは、メール購読やテキスト登録すると、頻繁に20%オフクーポンが送られてくるので、スチームモップは20%オフで購入しました。
(Bed Bath & Beyondでは、$160ぐらいで販売中です→

⚠︎Bed Bath & Beyondの手紙や雑誌の、紙のフィジカルクーポンは、期限が切れても使えるので、期限が切れたからといって、捨てないでくださいね。
(デジタルクーポンは、期限が切れたら使用不可となります)

Bed Bath & Beyondでは、Sharkから発売されているスチームモップが2種類販売しており、私たちは色々なアタッチメントが付属品で付いていた、値段が高いものを購入しました↓


カーテンやフワフワなラグも使えたり...↓

上の写真↑をクリックすると、Bed Bath & Beyondのオンラインに飛びます。

換気扇を拭いたり...↓ 

上の写真↑をクリックすると、Bed Bath & Beyondのオンラインに飛びます。

付属品が付いていて便利!! と思って購入したのですが、私はこの3年間見事に1度も使いませんでした...
だったら、安いものを買えば良かった...
マニュアル本が読むのが苦手な私、次に使おうと思っていて、結局本体が壊れて終了〜笑。

いよいよ新しいスチームモップを買う時期になり、去年Target(アメリカ全土で展開されている大型量販店)で見つけた、Bissellのモップがずっと気になっていて...↓

image

フロアモップ&カーペットクリーナー+掃除機が一緒になった、素晴らしい商品❤︎
よく、夜中のテレビショッピングで見た事があるやつです。
値段が少々高めですが、掃除機とモップが一緒になっているなら、時間も手間も短縮になるので便利!!

たまたまお友達が、最近Bissellのモップと掃除機が一緒になったものを購入したとブログに書いてあったので、感想を聞いてみると...
こちらの商品はスチームではなく、ソープを使って掃除をするという事がわかりました。
(商品自体は、とっても良い商品という事です)

掃除機とモップが一体化になっているのはかなり魅力的ですが、我が家はペットを飼っていないので、そこまでタイルは汚れないし(汚すのは、夫のジャスティンのみ笑)、ケミカルの洗剤は使いたくなかったので、結局またSharkのスチームモップを探す事に決めました。
スチームモップなら、ソープ代も節約できるし!

またBed Bath & Beyondの、今度は安いほうを購入しようと思って、オンラインで見ていましたが...↓

image
上の写真↑をクリックすると、Bed Bath & Beyondのオンラインに飛びます。

赤というのが、気に入らなくて... ↑
(値段は、 $119.99の20%オフ)

色々探していたら、Targetで売られているSharkが現在セール中でした↓

image
上の写真↑をクリックすると、Targetのオンラインに飛びます。

$79.99だったら、Bed Bath & Beyondよりかなり安いなと思い、早速購入しました↓

image

+2年間のProtection Planを追加しました($10.99)。

今回は、付属品は特になく、フロアモップのみ↓

image

専用パッドは、1つエキストラで付いています↓

image

Bed Bath & Beyondで販売しているSharkのスチームモップは、使用後の汚いパッドを触らないで、ボタン1つでパカっと外せるのが良い点でした↓

image
上の写真↑をクリックすると、Bed Bath & Beyondのオンラインに飛びます。

今回Targetで購入したものは、マジックテープで貼り付けます↓

image

使用後に取り外すときは、モップ部分を触らなければいけないですが、まぁ値段が安いので、それはしょうがないですね。

Targetで購入した、スチームモップの使い心地は...

image

以前のスチームモップより、確実に軽い!
軽いから、sweepするのも疲れません。
Sharkのスチームモップは、パッドが汚れたら、フリップして両面使えるのも便利です。

また、使用する前はタンクに水を入れるんですが、その水も以前は500ccしか入らなくて、なくなったら水を足さなければいけなかったですが、新しく購入したものは、以前のマシーンより水を2倍注ぐ事ができるので、1度の掃除で水を注ぎ足す作業がいらなくなりました。

image

以前のものと同じく、スチームパワーは3タイプ↓

image

我が家は、タイル部分がほとんどなので、いつも”強”で掃除しています。
日本の家の床はラミネート加工が多いと思いますので、弱いスチームが良いかと思います。

image

こちらのスチーム、100℃を超える高温スチームパワーで、細菌とバクテリアを99.9%除去*(HPより→)できます。
(電源が入っているままモップ部分を触ると、火傷します⚠︎)

使用済みの専用パッドは、トイレマットやバスルームマットと一緒に洗濯すればOKなので、簡単です 。
(分厚いので、手洗いは大変だと思います)

残念だったのは、Bed Bath & Beyondで購入した専用パッドと、今回Targetで購入した専用パッドとは形が違った事。
1枚べバスのパッド(新品)が余っていたんですが、これはどうしましょうか...


安く購入できたので、それは仕方ないですね。

このスチームモップのお陰で、掃除の手間がかなり省ける様になりました。
特に、ペットを飼っている方や、小さなお子様がいるお宅!
綺麗に除菌して、大変な拭き掃除から解放されたい方に、こちらの商品は本当にオススメです!!
また壊れても、Sharkのスチームモップは、また購入します。
もし、Bissellで掃除機とスチームモップ一体型が発売されたら、そっち買おうかな❤︎


■Shark ジャパンのオフィシャルHPは、こちらからどうぞ→
■Shark USAのオフィシャルHPは、こちらからどうぞ→

■Amazonジャパン↓

【Shark 公式】 Shark シャーク スチームモップ S1000J
【Shark 公式】 Shark シャーク スチームモップ S1000J

■Amazon USA
・Shark Professional Dust, Mop, Scrub Steam Electric Corded Pocket Mop→https://amzn.to/3htLVqs
・Shark Lift-Away Pro Steam Pocket Mop (S3973D), White(付属品付き)→https://amzn.to/2Rv1Euw


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村