先日、2週間に1度のCostcoへ行ってきました。

私たちがいつも行くCostcoにも、SK-Ⅱが入荷↓

FullSizeRender

化粧水とクリームが置いてありましたが、アメリカ人は1つ$199もする基礎化粧品を購入する人がいるのかしら?
美容液なら、まだわかりますが...

てか、上の写真に写ってるSK-Ⅱのセクションに置かれている、アップルヴィネガー... ↑
アメリカあるある...
やっぱり買わなくなった商品を、そこらに置いていく行動...
元サービス業で働いていた私は、こういう事が許せません。
後々、インベントリーの数が合わなくなるし、もしその商品が売り場で品切れになり、もし探しているお客さんがいたとして、手に入らなかったら... と考えてしまいます。
冷蔵商品や冷凍商品も、置きっぱなしにする人がいるんですよ!!

なので、私は気分が変わって買うのをやめた商品は、面倒でもあった場所に戻します。
日本だったら普通の事でも、こちらでは普通にポンと別の売り場に置かれる事が、本当に多い...
なんだったら、並び場所がぐちゃぐちゃになってたりしたら、綺麗に並び直したり...
いまだに、職業病?笑

そして、アメリカのCostcoではDHCの商品が取り扱われていますが、ディープクレンジングオイルが、久しぶりにBack in stock↓

FullSizeRender

リップクリームや下地クリームはCostcoオンラインで取り扱いがありますが、こちらのサイズのクレンジングオイルがずっと再入荷してくれなくて、もう入ってこないのかと思いました。
という事で、購入↓

FullSizeRender

ジャンボサイズの300ml+トラベルサイズ30mlで、$27.00はお得です。

FullSizeRender

DHCのマスカラも、オンラインにまた戻ってきて欲しいです🙏

こちらも、久しぶりに購入する事ができました↓

FullSizeRender

Kirkland SignatureからNitrile Gloves、$19.99。
ゴム手袋400枚入り(200セット)、Mサイズ。
日本でもお取り扱いのある商品です。
コロナウイルスが流行り始めて、店頭から消えたものの1つで、アメリカではグロッサリーショッピング中にゴム手袋をして買い物をする人が、一時期は多かったです。

ラテックス(天然ゴム)フリー、パウダーフリー。

FullSizeRender

disposable専用商品です。(1度きりの使い捨てタイプ)
私は、元々掃除の時に使ったり、ジャスティンは車をいじるときに使ったりで、我が家にはいつも置いてある商品です。
料理にも使えるので、お肉やお魚を触るとき、ハンバーグを捏ねるときに使用できるので、便利↓

FullSizeRender

ガーデニングや、洗濯物を漂白するときにも便利なんです。
色もグレーがかった白のモノトーン色な所もいい↓

FullSizeRender

指にフィットするので、水仕事もしやすく滑らないのも良いです。

FullSizeRender

家のゴム手袋の在庫がどんどん減っていき、いつCostcoで入荷するんだろう?と思っていたので、手に入って良かったです。

こちらが食品で購入したもの↓

FullSizeRender

いつものおうどん、生ハム、Cafe freeの卵や、冷凍エビ、ワイルドサーモン...

そして、今回初めて購入したWild Fiji Albacore Tuna(ビンチョウマグロ)↓

FullSizeRender

お値段、$14.99。

私、アバコアが大好きで、お寿司を食べるときは毎回オーダーします。
冷凍セクションで、販売しています。

FullSizeRender

5ピース入って$14.99なので、1ピース約$3。
1つづつ、真空パックに入っています↓

FullSizeRender

パックを開けるまでは冷凍で保存し、食べる日にパックから開けて、冷蔵庫で6〜7時間解凍させます。

FullSizeRender

⚠︎1度解凍した商品は、再度冷凍するのは不可です。

まずは、ジャスティンがパックを開け...↓

FullSizeRender

お皿に開けたら、上にペーパータオルを乗せて解凍。

FullSizeRender

これが結構時間かかったので、お昼前には準備しておかないとダメです。
真空パック状態のまま、ぬるま湯に入れて解凍させるのだと、味が落ちてしまうのでしょうか?
まだやってみてないので、次回はこのやり方でやってみようと思っています。

解凍されたら、パッケージに書いてあったレシピ通りに準備。
オリーブオイル、塩胡椒で下準備をして…↓

FullSizeRender

Seard(裏おもて、サッと焼くだけ)で調理方法OKなので...
最初に、野菜を焼いてから...↓

FullSizeRender

ビンチョウマグロを焼きました。

FullSizeRender

私はSeardで食べたかったんですが、ジャスティンが生過ぎると食べられないので、ミディアムレアぐらいの焼き加減で、オリーブオイルとポン酢を掛けていただきました。

FullSizeRender

美味しい!!

FullSizeRender

ですが、ジャスティンは「Fishy」(魚臭い)と言って、半分も食べませんでした💢
しかも、「 お寿司のtuna(マグロ)みたいに、もっと生のほうが良かった...」と言い出したんです...
あなたのために、Searedじゃなく長めに焼いたのに!
と文句を言いたかったですが、国際結婚あるあるだから、仕方ないです...
トライしてくれるだけでも、ありがたいです。
(トライもしない人、いますからね...)

オリーブオイルで下準備する前に、日本酒に浸してペーパータオルで拭き取る作業をするべきでした。
いつもサーモンを調理する前には、この作業を欠かさずするのですが、まさか彼が「Fishy」と言うとは思わなかったので、次回は日本酒で少しの間、お酒に浸そうと思います。

一応準備しておいた、大根おろしと刻みネギ(自分用)↓

FullSizeRender

オリーブオイルより、味ぽんやお醤油で食べる方が美味しいと思いました。
やっぱり日本人です。

FullSizeRender

おうちで、サッと焼いたSeardでいただける、ビンチョウマグロの冷凍パック、オススメです。
ただ、国際結婚の皆さま、お気をつけくださいね❤︎

ジャスティンは、ロブスターのほうが好きかな↓

FullSizeRender

私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→


毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村