やっとアメリカのスターバックスのストアも、今月からリオープンしました。

スーパーの中にあるスタバの店内は、ロックダウン中もオープンしていましたが、スタバのコーポレート店(スタバのみの単独店舗)は、ドライブスルーのみの営業でした。
店内はリオープンはしましたが、テーブルや椅子は片付けられた状態で、アリゾナ州ではまだ店内での飲食はできません。

全米全てのスターバックス店内では、マスクの着用が義務付けられています↓

FullSizeRender

日本のスタバは、店内飲食はできるのかしら?

先日私が行ったスタバでは、テラス席のみ解放され、ラップトップを持ったお客さんが、外で飲食しながら作業行なっている方々がいらっしゃいました。
(外は、45℃あるのにも関わらず!!)

店内は、入り口用と出口用のドアが決められているので(これはスタバに限らず、アメリカの多くのストアでは、入り口と出口が決められている場所が多いです)、ドアの所で人と行き違いになる事はありません。

また、日本の様に昔からマスク文化がある国ではないアメリカなので、色々なストアで使い捨てマスクやゴム手袋が、入り口に置かれている所が多いです。
スタバにも、この様にマスクが置かれていました↓

FullSizeRender

”No Mask? No  problem.”

店内に、無料のマスクが置いてあるなんて、日本のお店では有り得ない光景。
従業員とお客さんを守るために、会社側がこの様に無料マスクを配布してくれるのは素晴らしい事だと思います。

アメリカ人にとって慣れないマスク着用ですが、未だに「自由を奪われた」と言う人もいます。
ですが、マスク着用は”義務化”になったので、アンチマスク派も着用するしかありませんね...

その大好きなスタバ。
私は、カスタマイズをするのが大好きなんです。
スターが150ポイント貯まると、ご褒美としてヴェンティーのフラペチーノをオーダーします。
(普段はカロリーを気にして、フラペチーノをオーダーするときは、グランデサイズをオーダー...)

FullSizeRender

この日は、大好きなStrawberry Frappuccinoに、フリーズドライのストロベリー(50セント)を追加しました。

FullSizeRender

ストロベリーフラペチーノのカスタマイズについて書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓
”スタバ裏メニュー、ストロベリー追加の色々”→




アメリカでは、strawberry Frappuccinoは通常メニューなので、1年中いつでもオーダーできます。
という事は、フリーズドライのストロベリーも、ストロベリーピューレも、他のメニューにいつでもカスタマイズできます。

この日は、通常のJava Chip frappuccinoに、ストロベリーピューレ($1)を追加しました。
Java Chip frappuccinoは、日本ではダブルチョコチップフラペチーノの様な感じです。

FullSizeRender

ピューレやフリーズドライストロベリーをカスタマイズすると、パートナーさんに必ず聞かれる事は、(ピューレを)アイスやミルク等の材料と一緒にブレンドするのか、それとも上に乗せるのか... 

なので、私は...
”ピューレを、トップとカップの回りに加えてください”とお願いします↓

FullSizeRender

ピューレをカップの回りに追加してもらうと、素敵❤︎
トップにも、ピューレ↓

FullSizeRender

これが、まさにこのお味↓

IMG_0260
Source→

Chocolate Covered Strawberries↑
アメリカでよく売られているやつ❤︎

ラベルには...

FullSizeRender

”Strawberry puree around cup on whip puree”
と書かれています。

そして、また別の日は...
White  Chocolate Mochaをオーダーし、同じ様にストロベリーピューレを追加しました↓

FullSizeRender

全ての材料をマシーンでブレンドするより、”ピューレをカップに付けて”とオーダーしたほうが、お洒落に見えません?

IMG_7465

この時のラベルは、こんな感じ↓

FullSizeRender

”Strawberry Puree on top and around cup”
(レジ担当のパートナーさんによって、記載の仕方が変わります)
てか、名前が”Ria”になっている...笑

現在日本のスタバでは、ストロベリーフラペチーノのメニューはまだある様ですが(7月24日現在。在庫がなくなり次第終了)、他のメニューにストロベリーの果肉ソースだけ追加できるかは... ごめんなさい、現在、私は日本にいないので分かりかねますが、もし果肉ソースだけを追加できる場合、”ソースをカップに付けてください”と、オーダーしてみてください。
また日本のスタバでは、シトラス果汁をいつでも追加できるので(100円)、こちらも同じ様にカスタマイズしてみてください。

また、日本ではキャラメルソースとチョコレートソースは、いつでも無料で追加できるので、ソースも同じ様に、「ソースを、カップの回りとトップに付けてください」と言えば、可愛く出来上がります↓

FullSizeRender

オーダーしたのは、Iced Blonde Cocoa Cloud macchiatoに、Mocha drizzle(チョコソース)をカップのまわりに追加してもらいました。

在米の皆様は、残念ながらCaramel Drizzle(ソース)とMocha Drizzleは有料なので、追加料金が60セント加算されますが、元々モカソースやキャラメルソースが含まれているCaramel Frappuccino、Java Chip Frappuccino、Mocha Cookie Crumble Frappuccino、またはアイスの全てのマキアート関係ですと、無料でソースが付いているので、「エキストラで、カップの回りに付けて」と言えば、無料で可愛くカスタマイズできます❤︎

世界のスタバ好きのお客様、このカスタマイズの仕方で、是非お試しくださいね❤︎
カスタマイズのポイントは、”ピューレやソースを、トップとカップの回りに加える”事!


⚠︎今現在、アメリカのスタバでフリーズドライのフルーツを追加できるのは、Strawberry、Blackberry、Limeです。

■スタバ の基本カスタマイズ(日本&USA)について詳しく買いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓
⚠︎値段や種類が変わったカスタマイズもあるので、再更新していあります。

・”これであなたもスタバ通。基本カスタマイズ”→



・”スタバUSA風ストロベリーフラペチーノでおうちカフェ”→


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村