この時期、病院には絶対お世話になりたくないと思っていましたが...
昨日お世話になりました...

私は慢性膀胱炎持ちで、疲れているときにトイレを我慢すると膀胱炎にすぐになってしまいます。
以前は、膀胱炎から血尿と発熱にも、発展してしまった事がある程です。

一昨日から膀胱炎になる感じがしたので、クランベリーのサプリを飲んだりしていたんですが、その初期症状を超えてしまい、朝5時ぐらいから残尿感と膀胱が痛み出し...
トイレをするたびに、焼ける様な痛さが走ったので、ホームドクターに連絡をして、病院の予約を取りました。

アメリカには、かかりつけ医のホームドクター=”PCP”(primary care physician)がいて、診療をしてもらいます。
アメリカに住み始める際に、最初に決めておいたほうがいいです。
個々の医療保険のHPから、病院のリストを選び、ホームドクターを決めます。

日本の様に、耳が痛いから耳鼻科、目がおかしいから眼科へなんて事はできなく、アメリカではとりあえずホームドクターに診てもらい、PCPにrefferel(紹介状)を書いてもらってから、やっとスペシャリストに診てもらうのが普通でしょうか。
(保険によっては、
ホームドクターに最初に行かないで、直接スペシャリストに診てもらうOpen Access”という制度もあります)

ホームドクターに予約する時も、数日後や来週の予約しか取れない事も...
病院に行きたいのに、直ぐに行けないって、アメリカの医療は本当に最悪です。
大きな病院のERは、
命にかかわる患者さんから治療していくので、比較的症状の軽い患者さんは数時間待たされる事になります+高額。
ガーゼ1枚もチャージされ、注射1本しただけでも何百ドル。
後々忘れた頃に請求書が届いたりして、冷や汗が出たというアメリカ在住の方々が多いかと思います。

そんなときは、Urgent Care
(緊急診療所)。
予約なしで、普通に受付で名前を入れて、控え室で待っていると呼ばれるというプロセスで、値段はERよりも安いです。
(現在は、コロナウイルスの事もあるので、事前予約が必要かもしれません)

私の場合は、奇跡的にホームドクターに当日予約が入れられて、ラッキーでした。
朝電話で予約をし、昼過ぎの時間にアポを取り、病院に行くまでは時間があったので、その間クランベリージュースを飲みまくりました↓

FullSizeRender

アメリカの病院では、膀胱炎の症状持ちの人に勧められる、クランベリージュース。

クランベリージュースは殺菌効果があるので、膀胱炎時には抗生物質と一緒に勧められます。
クランベリージュースは、お砂糖が沢山入っているクランベリージュースカクテルではなく、100%クランベリージュースがオススメ↓

FullSizeRender

砂糖がたっぷり入っているクランベリージュースカクテルは、膀胱炎を返って悪化させてしまう事があるそうです。
そして私がいつも買うのは、”Not from Concentrate”。
濃縮タイプではないものです。

ただ、100%のクランベリージュースはかなり酸っぱくて濃厚なので、お水で薄めて飲むと良いと思います。


FullSizeRender

成分が、クランベリージュースのみ↑
お砂糖は、18g(/240ml)なので、クランベリーカクテルよりもかなり少ないお砂糖の量です↓

FullSizeRender

でも、やっぱり酸っぱい!!
100%クランベリージュースは、クランベリーカクテルジュースより少し値段は高いですが、効き目は抜群なので、膀胱炎持ちの方々は、100%クランベリージュースを飲んでみてくださいね。

そして、病院へ...
入り口ではハンドサニタイザー を手に乗せられ消毒、そして体温を測定してもらってから、チェックインカウンターに案内されます。
こちらでももちろんソーシャルディスタンシングで、手続きを待ちます。
この日は午後だったからか、他の患者は1名のみでした(良かった!!)

その後、尿検査をして、小部屋に案内され…

FullSizeRender

ポンポンされ、終了。
尿には、やっぱりバクテリアが入っていました。

その後、病院側が我が家から近いファーマシーに連絡をしてくれ、ファーマシーで薬の準備ができたら、私の携帯のテキストへ”Ready for pick up“の連絡が来る仕組みになっています。

無事に、抗生物質を手に入れました。
一安心...
でもその抗生物質が、アメリカのものがかなり大きくて...
測ったら、2cmの大きさ!! ↓

FullSizeRender

日本の錠剤は、小粒なのに...
この2cmのタブレットを飲むと、喉に詰まってしまうので、私はPill Cutter(またはPill Splitter)を使います↓

FullSizeRender

ファーマシーや100均で手に入りますが、アメリカに住んだら必要かと思います。
アメリカ人は、こんな大きさのサプリがほとんどで、何粒も一気に飲む人も...
(アメリカ人の喉、どうなっているんでしょうね?笑)

こちらのPill Cutterは、私はファーマシーで購入しましたが、上にカッターが付いていて...↓

FullSizeRender

大きなピルも、綺麗に割ってくれるんです↓

FullSizeRender

半分に切っても、喉に引っかかる時もありますが、大分飲みやすいです。
それでも飲みにくい場合は、薬を粉末にもできるcrusherも付いているので、便利です。

また、家には必ず常備している、クランベリーのサプリ↓

FullSizeRender

クランベリーのサプリは、”Urinary tract health”(尿路の健康)、Supports Urinary & Bladder Function(泌尿器機能と膀胱機能をサポート)と書いてあるので、予防のために飲んでおくには良いサプリです。

1粒で500ml分の、クランベリーの粉末が入っているカプセルですが、これがまた大きい↓

FullSizeRender

2cm以上なんです!!
ただ、カプセルはツルっと喉を通ってくれるので、毎回舌で縦に飲み込める様に調節して飲んでます。
どうやら、アメリカ人は数回に分けて飲むより、1度で大きなサプリや薬を飲むほうが良い?らしい...

サプリのパッケージには、サプリの大きさが書いてあるので、購入時はこちらを参考にすると良いかと思います↓

FullSizeRender

Actual size(実際のサイズ)。

久しぶりの膀胱炎で、体が筋肉痛になりました...
健康が一番ですね。
早く治ります様に!!


併せて、こちらもご参考にどうぞ↓



アマゾンジャパン↓



楽天↓
クランベリー サプリメント ウルトラチュワブル クランベリー 90粒サプリメント ビタミンC 美容 健康食品 Nature's Plus ネイチャーズプラス
クランベリー サプリメント ウルトラチュワブル クランベリー 90粒サプリメント ビタミンC 美容 健康食品 Nature's Plus ネイチャーズプラス

私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村