昨日の朝、テレビのローカルニュースを見ていたら、”Costcoは、来週の月曜からマスクや口元を隠していないと入店できない”という事を放送していました。

その後、Costcoに行ったら...
店内エントランスと出口には、この様なサインが掲げられていました↓

FullSizeRender

All Members,
Guests and Employees Must Wear Face Coverings.
Members without face coverings will not be permitted inside the warehouse.

全ての会員各位へ。
ゲストと従業員は、顔を覆うものを着用しなければなりません。
フェイスカバーなしの会員メンバーは、店内へ入店する事を許可をしません。

他州では、続々と増えているマスク義務化。
カリフォルニア州では、外出の際にはマスクなどで鼻と口を覆うことを義務付け、違反すると最大で1000ドル(約11万円)の罰金が科される場合もあるそうです。

アリゾナ州では、マスクの義務化は今の所ありませんが、だいぶマスク装着率は増えてきました。
(いまだに、マスクをしていない人もいます)
従業員を守るため、自分や家族を守るために、アメリカでのマスク装着を義務化する事は、私たちにとっても嬉しい事です。
先月までは、マスクを付けて出かけると、差別を受ける様で恐ろしかったのですが、今はマスクを装着していないほうが、危険人物と見られている様な気がします。

昨日のCostcoのキャッシャーでは、以前より大きなアクリル板が取り付けられていました↓

FullSizeRender

会計時の、クレジットカードを挿入する機械の部分しか、開いていないのがわかります↑

ちなみに、こちらが先月の写真↓

IMG_4891

そして、Costcoでショッピングした後は、久しぶりのカーウォッシュ。
洗車は、コロナウイルスの件があり、スタッフさんに車内を掃除されるのが怖かったので、ずっとジャスティンが洗車してくれていました。
4月上旬に、そのカーウォッシュのポリシーが変わり、洗車代に含まれている車内の掃除はやらない事に。
マンスリーパスは引き続き払い続けていたのですが、車内掃除をしない今月は、$15しかチャージされていませんでした。

ですが、先週からは以前通り、車内も掃除してくれる様になりました↓

FullSizeRender

スタッフさんには、「車を降りる前に、A/Cを”強”にしてね」と言われ、私たちが降りた後は車内を消毒してから、バキュームをかけていました。
スタッフの皆さんも、命がけ。
この様なご時世、毎日頑張って働いてくださる店員さんには、本当に感謝です。

話は変わって...
以前ポストした、ロックダウンの記事。

”米国ロックダウン(封鎖)を詳しく説明!”→



アリゾナ州の外出制限Stay-At-Home order、”Stay Home, Stay Healthy, Stay Connected”(←各州によって、オーダータイトルは違います)は、4/30までの条例となっていました。
この先の予定を、昨日の午後3時からアリゾナ州知事がアナウンスするとの事だったので、Arizonianの方々は、皆様テレビを見ていたでしょう。

その内容は...

FullSizeRender

【5月15日まで、Stay-At-Homeを延長する】という事でした。
先日もブログにポストしましたが、ジョージア州では4/27より、レストランでの店内飲食や映画館の営業再開が容認、ミネソタ、ミシシッピ、コロラド、モンタナ、テネシーの各州も、ロックダウンの一部緩和に向けた用意を進め、オクラホマ、アラスカ、サウスカロライナの各州でもすでに制限措置が一部緩和されてきています。
なので、アリゾナも暖和されてしまうのではないかと、かなり心配でしたが、とりあえずは5/15まで延長され、一安心。
今暖和されたら、感染者がまた拡大する一方だと思うので...
(北海道が良い例ですね...)

そのアリゾナ州のオーダー内容。
どこがオープンされるか、改めてアナウンスされました↓

FullSizeRender

内容は、以前とほぼ一緒で、Essential Business(生活に必需な業種)のみ。
Goodwill(全米で展開されている、リサイクルストア)も追加。
そして、Elective SurgeriesもOKになりました。
現在、緊急手術以外は、政府に停止されている状態なので、手術待ちの方々には朗報です。

こちらは、クローズの職種↓

FullSizeRender

引き続き、バーやレストラン、美容院やネイルサロン、Tattoショップ、エステ、映画館、学校、ボウリング、結婚式、アウトドアイベント、メジャーリーグ、スポーツイベント、小売店等は、まだリオープンできません。

日本では、パチンコ屋を巡って問題になっているそうですが、アリゾナではカジノは3月から休業中です。
日本には法がないがために、休業要請しかできないらしいので、政府からの指示に従わなくても、罰則もない、罰則もないから、そのまま営業しているパチンコ屋があるそうで...
ですが、やっと!!
法改正で、罰則規定を設ける考えがあることを明らかにしたそうです。
”考え”だけじゃなくて、いち早く進めて欲しい...
もう、何をするにも遅いよ、日本!!
高齢化社会が進んでいるんだから、早く進めてほしいです。

また、以前からの”アメリカ国内のhot spot(コロナ感染者が拡大中の場所)からのアリゾナへの旅行の禁止も、5/15まで延長。
ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットからアリゾナに入る場合は、14日間のSelf-Quarantine(自己隔離)する事。(アリゾナ州知事は、4/7にサイン)
こちらも、今回の延長に含まれます。


昨日のアリゾナ州知事のアナウンスで...

”We are putting public safety and public health first.
 We realize that every decision that’s been made affects the citizens of Arizona.”

”私たちは、公共の安全と公共の健康を、第一に考えています。
全ての判断が、アリゾナ市民に影響させると認識しています”
と、発言しました。

目先の経済ばかり気にしている日本政府は、残念ながら国民の健康を第一に考えているとは思えません。
この様な判断ができるアリゾナ州知事は、とても素晴らしい。

他州の様に、爆発的に感染が広がっていないアリゾナ州。
とは言え、毎日の感染者数は200人台をキープ。
まだまだ安心できる状況ではないので、引き続き外出は自粛していきます。


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村