先日ポストしたブログにて、流行のサイクルは大体20年という事をポストしましたが...

” アウトレット戦利品+Pradaのナイロンバッグ、セレブの間で再流行!”の過去ブログは、こちらからどうぞ→



昔流行ったPradaのナイロンバッグが、セレブの間で再流行。
たまたま、アウトレットで”Re-edition 2005 Nylon Shoulder Bag”のアウトレットバージョンが発売されているのをお店で発見して、購入しました↓

FullSizeRender

(アウトレット商品とオリジナル商品の形と値段の違いは、過去ブログに書いてあります→

こちらが当時流行った、PradaのHOBOバッグ↓

FullSizeRender

この前日本に一時帰国した時に、アメリカへ持って帰ってきました。

こちらのナイロンバッグも...↓

FullSizeRender

まさか、ナイロンバッグの再来が来るとは思っていなかったので、取っておいて良かったなと思ってます。革製と違って、ナイロンだったら洗えるし!
(一部革部分ありますが...)

Pradaのナイロンバッグだけでなく...
他のブランドも、90'sに流行ったリバイバルで盛り上がっています。
Lily-Rose Depp(Johnny DeppとVanessa Paradisの娘)は、ルイヴィトンの”Pochette Accesoires”(ポシェットアクセソワール)↓

IMG_3901
Source→

きっと、お母さんのバネッサ・パラディから借りたのかしら?
関係ないですが私、昔バネッサバラディが大好きだったので、アルバムを何枚か持っています笑。

こちらは、Kendall Jenner↓

FullSizeRender

Source→

彼女のヴィトンのアクセソワールは、”Pochette Accesoire”のGraffitiという限定品で、彼女は去年パパラッチされた写真は、このバッグを持っていた事が凄く多かったです。

私、大昔にヴィトンのポシェットアクセソワールをいただきました。
留学時代にカリフォルニアのOCにあるSouth Coast Plaza(大きなショッピングモール)のNeiman Marcusで、当時予約をして購入。
確か、数週間待ったと思います。
それぐらい、すぐに手に入らない大人気だった商品です。

FullSizeRender

当時は、$450ぐらいだったかな?
でも今は、持ち手の革の部分も割れてしまって、革の色も時代を物語っています...↓

FullSizeRender

ジッパー部分も、錆びて緑色に所々変色...↓

FullSizeRender

ヴィトンの刻印部分も、こんな汚くなってしまいました↓

FullSizeRender

不思議な事に、このアクセソワールは、Made in USAになっているんですよね。
どうしてでしょう?大人気過ぎて、フランスでの製作が間に合わなかったのでしょうか?

ジッパーの金具も、コーティングが剥げてしまっています↓

FullSizeRender

バッグの丸い金具も、金色が剥げてシルバーに変色↓

FullSizeRender

写真、ピント合ってません...

大分月日が経っているので、仕方ないですね。
でも、ヴィトンだから捨てたら勿体無い...
なので、日本一時帰国中に、ヴィトンで修理してもらおうと思っていたのですが、1ヶ月以上かかるかもしれないとの事で、アメリカ帰国後にアメリカのヴィトンのストアで直してもらう事にしました。

FullSizeRender

お店に直してもらいたい商品を持っていくと、店員さんがすぐ見積もりをしてもらえます。
直したい部分によって値段が違うので、いくらか聞くと、店員さんが値段を調べてくれます。
お店の人には、「ヴィンテージね」と言われてしまいました。
自分では、ついこの前に貰った様な気がしますが...

2/5にお店に預け、”出来上がりました”とテキストとemailが届いたのは2/26だったので、3週間かかりました。

FullSizeRender

バッグは、こんな綺麗になりました↓

FullSizeRender

新しいバッグを入れる、ファブリックの袋に入れていただきました...↓

FullSizeRender

ジッパー部分は、新しいものに付け替えてもらったので、綺麗になり...↓

FullSizeRender

ジッパーを丸ごとチェンジしたので、刻印部分も新しくなりました↓

FullSizeRender

今回は、”Made in France”です。

ジッパーの金具部分も、新しくなりました(値段は、ジッパー部分に含まれています)↓

FullSizeRender

2つに割れてしまった持ち手部分も、綺麗な革に大変身↓

FullSizeRender

丸い金具も、ピカピカの金色になりました↓

FullSizeRender

以前のジッパーの刻印部分から持ち手部分は、普通の金具でしたが...↓

FullSizeRender

新しいものは、LVのエンプレムが入った、素敵な金具に変わりました(こちらは持ち手の料金に含まれます)↓

FullSizeRender

私が修理した部分は、こちらの3箇所↓

FullSizeRender

気になる内訳は...

❶D-ring→$60
❷Pocket Strap→$60
❸ Outside Main Zipper→$180

持ち手部分は、革製品なのに$60という安価で驚きました。
ジッパー部分は、やはり手間がかかるし、刻印部分なので仕方ないでしょうか。

という事で、合計$300で、こんなに綺麗にお直しができました↓

FullSizeRender

$300でタックスが入らなかったのが、得した気分❤︎

FullSizeRender

修理費は、オンラインには載ってないので、参考になればと思います。

ちなみに...
よく靴専科などの靴やバッグを直してくれる修理屋さんでも、ヴィトンのバッグは直してくれるそうですが、(私が聞いたときは、アクセソワールのバッグの修理は3万円で、3週間ぐらいかかるとの事でした)ジッパー部分に付いているヴィトンの刻印や金具のヴィトンのものではなくなってしまい、もし次回ヴィトンで修理をする場合、ヴィトンでは取り扱ってくれない恐れがあるそうです。
なので、購入したオフィシャルのお店で修理してもらうのが1番だと思いました。

もし、お家のクローゼットでヴィトンのバッグが眠っている方々、ヴィトンで見積もりをして直してもらうと良いと思います。
使わなかったバッグが、綺麗に大変身!!
このリバイバルに乗って、古いバッグを復活させましょう♡

■現在の”Pochette Accessoires”のオンラインは、こちらからどうぞ。
英語→。日本語→

■ルイヴィトンジャパンの修理の詳細は、こちらからどうぞ。
日本語→
フォームのダウンロード→

私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村