アメリカは、一昨日Valentine's Dayでした。
皆様、素敵な日をお過ごしになりましたでしょうか?

日本だったら、義理チョコを職場や友達にあげたり、大変な日をお過ごしになったと思います...
お疲れ様でした...
アメリカは日本と違って、バレンタインデーは男性から女性(ボーイフレンドからガールフレンド、旦那さんから奥さん)にギフトを贈る方々が多いので、女性からチョコレートをあげる人はいないと思います。

バレンタインが近づくと、SEPHORAやULTA(共に全米展開しているコスメストア)、Victroa's Secret(下着メーカー)などで、男性が女性にギフトを贈るものを探している光景を良く見ます。
今年も何度も見ました。
バレンタイン当日は、花束やバルーンを買い求めるために、レジで商品を持った男性が沢山並んでるんです。
素敵〜!! 
お店では、(あまり可愛くない)クマのぬいぐるみがいっぱい売っていたりもします。
日本とは、全然違いますよね。

しかも、この時期の花束の値段は、普通の値段の倍に跳ね上がります...
ジャスティンも、この時期には絶対花束を買いたくなく、しかも以前は菊が入った花束をいただいた事もあるので、お花には全く期待しません、私。

菊の花束の事を書いたブログは、こちらからどうぞ→



ジャスティンが、「今年のバレンタインデーは、来週旅行も控えているし、(私の)誕生日もあるし、お金セーブしようね」という話を、前もってしていました。

バレンタイン当日、マカロンをいただきました♡
私、マカロン大好きなんです♡(嫌いな人はいないと思いますが...)

FullSizeRender

マカロンで十分!! と思っていたんですが...
ジャスティンが、「まだ送られてこない...」と、朝からずっとデリバリーを待っていて...

私は、「もし今日、間に合わなかったら、明日でもいいよ」と言っていたんですが、
「こんな遅い時間(夕方3時)になっても届かないなら、前日(13日)に指定すれば良かったよ!!」とイライラっ。笑。
(オンラインで注文したのは、2/1)
私は、彼が何を注文したかもわからなかったので、チョコレートとかな?と想像...

そしたら、3時過ぎに送られてきました〜!!
50本の薔薇の花束♡↓

FullSizeRender

可愛い♡♡♡
ジャスティンは、何色の薔薇を買っていいかわからなかったので、ミックスにしてくれた様です。

まさか、こんな沢山の薔薇が送られてくると思っていなかったので、私は箱を開けるまで、「怖い、怖い...」と言っていました。
何が入っているかも、知らなかったので...

花束を見た途端、「いくらだったの?」と聞いてしまった私は、やっぱり庶民...笑。
だって、気になりますよね、この時期の薔薇っていくらなんだろうって。

早速、家にある1番大きな花瓶を出しましたが、50本の薔薇なんて生けた事もない私...
しかも、50本入るかどうかも不安だったので、とりあえず葉っぱや茎部分をひたすら切る作業...

30分以上かかって、出来上がり〜↓

FullSizeRender

最初は綺麗に生けようと思ったのに、トゲも所々あったし、最後のほうは、「まだあるの?」と言っていた程でした。笑。

50本ちゃんとあるかカウントしようと思ったけど、そんなそんな事も忘れて、ひたすら葉っぱを切りました。
だから、色合いよく生けようと思いましたが、もうイライラしていたので、全然気にしないで、花瓶に挿しました…
花瓶の大きさがギリギリだったので、かなり窮屈な薔薇達...

FullSizeRender

と思ったら、ジャスティンが大きめの花瓶を見つけてきました。

FullSizeRender

少しゆとりができたので、薔薇の花束も一段と大きく見えます。

キッチンシンクに、山ほど残った葉っぱと茎が、カオスでした...↓

FullSizeRender

全く期待していなかったバレンタインだったので、まさまの予想外の展開で、凄く驚きました。

FullSizeRender

マカロンは、ジャスティンとシェア。

FullSizeRender

あ〜、幸せ♡
ありがとうね、ジャスティン。

ちなみに...
私も毎年、ジャスティンにチョコレートをカードと一緒に渡すんですが、今年私が送ったものは...

FullSizeRender

リンツのこの時期限定のストロベリー(私が好きだから、これにした...)と...
スーパーマンのおもちゃ↓

FullSizeRender

糸で体が繋がれてて、下の土台部分を押すとスーパーマンが立ち上がる、昔に流行ったおもちゃです。
スーパーマンオタクのジャスティン、「これは見た事ないよ」と喜んでくれましたが、こんなもので本当ごめんなさい...
もっとちゃんとしたギフトを買っておけば良かったと後悔しました。
だって、お金セーブしようって話だったし...笑。

完全に騙された私でしたが、嬉しいサプライズでした。

FullSizeRender

バレンタインの日の朝食は、ハートのパンケーキを焼いてくれ…

FullSizeRender

バレンタインの夜は、どこのレストランも混んでる+金曜だったので、夜はおうちでディナー。
ロブスターが品切れだったので、king crab(たらば蟹)と帆立にしました。

FullSizeRender

合計金額が$100近くになり、レストランで食事するぐらいになってしまいましたが… 
でも、レストランでシーフードを食べたら、100ドル以上するし、チップも払わないとなので、確実に家で食べたほうが安いですね。

たらば蟹の脚、お肉が沢山詰まってて、美味しかった〜。

FullSizeRender

日本だったら、食べやすい様に殻をカットしてくれてるでしょうけど、アメリカはそんな事してくれないので、ジャスティンに剥いてもらいました。

私は、帆立担当。

FullSizeRender

ハーブ入りのガーリックオリーブオイルで焼いて、帆立の上に乗っているのはベルペッパーをバジルペーストでマリネートしたものです。
バルサミコで、いただきました。

そして、ラビオリ↓

FullSizeRender

そこらの近所のレストラン以上に、美味しくいただきました。
特に特別な予定を立てず、家で過ごしただけですが、素敵なバレンタインデーとなりました。
ジャスティンは、「来年は何本の薔薇が欲しい?」と聞いてくれましたが、
「来年のバレンタインは気を使わないで大丈夫だからね」と、伝えました。
プレッシャーになってたら、可哀想なので… 

最後に…
近所のスーパーに売っていた薔薇の花↓

FullSizeRender

1輪なのに、140cmぐらいの長さの薔薇でした。
「これ、誰が買うんだろう?」と話していたら、通り過ぎた人が既に持ってました… 


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓