先日ポストした、まつ毛を簡単にカールさせる方法



こちら、いつも見ているYoutuberさんを参考にしたんですが、目から鱗でした

でも、もっとカールさせたいと思って、こちらの商品をAmazon USAで購入してみました↓

FullSizeRender

実は、7月上旬にジャスティンにオーダーしたもらったのに、なかなかやる気にならず、1ヶ月以上も放置していました
勿体無い

こちらの商品を初めて見つけたのは、インスタグラムでたまたまスポンサーで出てきたから。
Amazon USAで調べてみたら$14だったので(インスタグラムで出てきたオンラインは、倍以上高かったです)、この値段だったら失敗してもいいやと思って、購入してみました。

FullSizeRender

箱の中には、液体4種類、グルー1本、そしてリフトパッド、クリーンツールが入っています↓

FullSizeRender

リフトパッドのサイズはシリコン製で、S・M・M1・M2・Lの5種類↓

FullSizeRender

カーブがあるものや平べったいものなどありますが、日本人の皆様はサイズSで大丈夫と思います。

FullSizeRender

クリーンツールは、まつ毛を液体と付けてあげるときに必要なんですが、これが使いづらいので...

FullSizeRender

私は、e.l.fのブロウコームを使いました($1)。

FullSizeRender

クリーンツールとリフトパッド以外の商品は...

FullSizeRender

❶Perm(パーマ液)
❷Fixation(定着剤)
❸Nutrition Lotion(コラーゲンの入った栄養剤)
❹Cleanser(クレンザー)
❺False Lashes Glue(接着剤)

その他に準備しておくものは、綿棒数本とペーパータオル(キッチンペーパー)。
リフトパッドは、前もってアルコール液で拭いておきました。
そして、炎症を起こさないか、施術前にパッチテストをしておく事をオススメします。

施術中の写真は、アイメイクを行なっていないので、ほぼノーメイクです。
また、マイクロブレーディングのタッチアップをしたばかり&ちょうど眉毛の皮が剥けていた時なので、かなりお見苦しいと思いますが、お許しください
(後日、マイクロブレーディングのタッチアップについての記事をポストさせていただいきます)

では、早速やってみましょう

①ビューラーで、まつ毛を上げておきます。

②クレンザー(❹)を使って、綿棒で目の周りのダストやオイルを落とします。(メイクしていない事が前提)

③アイパッドの裏にFalse Lashes Glue(❺)を使って、塗ります。

FullSizeRender

端が浮きやすいので、端をしっかり塗ったほうがいいです。

④まぶたにリフトパッドを置き、指で押さえて1分待ちます↓

IMG_6060

⑤False Lashes Glue(❺)を、今度はまぶたの上にグルーを塗ります↓

FullSizeRender

⑥コームを使って、リフトパッドにまつ毛が全て付く様に、持ち上げます↓

FullSizeRender

私のまつ毛は短いからか、これが一番大変でした。まつ毛がちゃんとパッドにステイしてくれないし、パッドの端が取れてきたりで、ちょっとイライラしました

⑦Perm(パーマ液❷)を、綿棒を使って...

FullSizeRender

まつ毛に付けます↓

IMG_6064

パーマ液なので、ツーンとした匂いがします
目の周りに、サランラップを置きます。

10〜12分放置。(私は10分放置しました)

⑧Fixation(定着剤❷)を使って...

FullSizeRender

綿棒で付けます↓

IMG_6065

10〜12分放置。(私は10分放置しました)
目の周りに、サランラップを置きます。

⑨綿棒にCleanser(クレンザー❹)を付けて、パーマ液を拭き取ります↓

FullSizeRender

⑩Nutrition Lotion(コラーゲンの入った栄養剤❸)を最後に塗って↑、終了

半信半疑でやってみましたが、綺麗にカールできました。

FullSizeRender

マイクロブレーディングの施術をしたばかりで、眉毛の皮が剥けて汚くてごめんなさい

こちらは、パーマする前のbeforeの写真↓

FullSizeRender

このあとメイクをしましたが、ビューラーをしなくても、クリンクリンなまつ毛にビックリ

IMG_6070

パーマ液やグルーで、目が沁みる事は全くありませんでした。
キットの消費期限は、18ヶ月、パーマの寿命は1ヶ月ぐらいの様です。
液体はまだまだ残っているので、5、6回はできるかと思います。

ちなみに❸と❹は、かなりサラサラの液体で、ちゃんと容器を閉めても液が漏れやすいので、最初開けるときに外す”中のプラスチックのフタ”を捨てない事をお勧めします。

衛生上のため、綿棒は1度容器に入れてまつ毛に液体を付けた後、(ダブルディップしないで)新しい綿棒で付けると良いと思います。

日本にいるときは、まつパーをやりに行ったりしましたが、アメリカではまだアイラッシュリフトは未体験。
チップも払わなければならないし、日本の様に格安ではありません
でも、このラッシュリフトキットはかなり激安です

FullSizeRender

施術時間は片目づつで、トータル45分ぐらいでできました
もう慣れたので、次回はもう少し短くできると思います。
これはオススメ






Lash Lift商品は、アメリカのアマゾンから日本に発送してくれる所もあります。

・”Eyelash Perm Kit”→https://amzn.to/354BFSH(日本発送OK

または、Amazon USAで”Lash Lift kit”で検索すると、色々出てきます。

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓