Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:iPhone

世の中はiPhoneXSが発売されましたね〜。早速SNSにポストしてる方々もいらっしゃる様でそれにしても、iPhoneはどこまで値段が高くなるのでしょうか。64GBで$999、256GBで約$1200、512GBで$1449... やっぱりギガは大きいほうがいいですもんねそうすると ... 続きを読む
世の中はiPhoneXSが発売されましたね〜。
早速SNSにポストしてる方々もいらっしゃる様で
それにしても、iPhoneはどこまで値段が高くなるのでしょうか。
64GBで$999、256GBで約$1200、512GBで$1449...
やっぱりギガは大きいほうがいいですもんね
そうすると、iPhone代でコンピューターが買えちゃうお値段


私は去年のクリスマスプレゼントでiPhoneXを買ってもらったので、まだ新しい携帯はいらないです
その時のブログ記事は、下の写真↓をクリックすれば、飛びます。


iPhoneのカメラは、他社のスマホに比べると画質も悪く最悪でしたが、Xのカメラは最高です。
(と言っても、他社のカメラのほうがまだまだ良いですけどね...)

iPhoneXのカメラの使い方についてのブログは、こちらからどうぞ

外で写真を撮るときは、一眼レフを持ち歩かないので、やっとXのカメラで満足する写真を撮れる様になりました。

そして、この3Coinsで買った、携帯ケースとスワンのホルダー(共に150円)、アメリカに帰ってきて色々な人に「可愛い」と褒められます

FullSizeRender

ソフトウェアiOSも新しいバーション12.0もリリースされ、私は早速ダウンロードしてみました。
いちいち”設定”画面を出さなくても、コントロールセンターから”おやすみモード”が設定できたり↓

FullSizeRender

”Message”から、自分に似たアバターの様なミー文字を作れたり↓

FullSizeRender

と言っても、日本ではLINEを使っている方々がほとんどなので、”Message”を使っている人は少ないのかな?
アメリカ人は、大体の人がテキストやiMessageを使うので、ジャスティンとよくこれで遊んでます。

また、”設定”→”スクリーンタイム”へ行くと、毎日の携帯の使用状況がわかったり...



FullSizeRender


これは、もうヤバイですね
1週間の使用状況もグラフで出てくるので、私がどれだけ携帯を触っているのか一目瞭然


FullSizeRender

でも、子供のために時刻、アプリ、コンテンツの種類別に制限を細かく設定できる様なので、親御さんにしたら、便利になりましたね。

で、私が注目したのは、このアプリ↓

FullSizeRender

英語設定では”Measure”と出てきますが、日本語設定では”計測”と出てきます。
iOS12.0から新しく加わった標準アプリで、自動的にインストールされます。
このアプリは、手元にある物をカメラに映し、大まかなサイズを測る事ができるんです。

これはiOSが備える「AR」(Augmented Reality)=「拡張現実」の機能を体感できるアプリの1つ。
ARの機能では、iPhoneのカメラを通して見た現実の世界に、さまざまな情報を付加して画面上に表示できます。

手元にあった本で、計測してみます。

IMG_5384

私の大好きなTVショー、”Fixer Upper”のJoannaのレシピブックで

FullSizeRender

”計測”アプリを開くと、カメラが開くので、オブジェクトを映します↓

FullSizeRender

測りたい辺に、”・”点を合わせ、画面下の”+”のボタンを押します↑
もう一つの辺も画面をずらしながら”・”を合わせ、”+”のボタンを押します↓

FullSizeRender

そうすると、測った”・”と”・”の間のセンチメートルが計測されます↓

FullSizeRender

26cmと計測されました。

FullSizeRender

横のサイズも、同じ様に計測します↓

FullSizeRender

横は21cmと計測されました。

FullSizeRender

メジャーで実際に測って、確認してみましょう。
縦の長さは、アプリでは26cmと出てきましたが...


FullSizeRender

大体26cm

横はアプリでは21cmと出てきましたが...


FullSizeRender

大体21cm
多少1cmの誤差が出るときがあるとの事ですが、ほぼ合ってます

また、四角いもの”矩形”を認識すると、4辺のサイズを1度に計測してくれます↓

FullSizeRender

何故か、この場所の矩形を読み取った
面積まで計算してくれる様です↓

FullSizeRender

この他にも、丸い物も読み取ってくれるので、円の直径も測ってくれるんです。

いつもお店にメジャーを忘れてしまう私たちなので、この”計測”アプリはお店で物を測るときに、重宝しそうです。

そして、”Measure”(計測)の隣の”Level”(水準器)を開けてみると...↓

FullSizeRender

水平と傾きを計測する事ができるんです

FullSizeRender

フレームにくっ付けるだけで、傾いているか、水平かが分かります↓

FullSizeRender

真っ直ぐになったら、画面下半分が緑色になり”0°”と出てくるので、分かりやすい

FullSizeRender

日常生活でも、壁に飾り物をするとき、家具や家電に傾きがないかを計測するのに、こちらの”水準器”は使えます。
我が家は、デコ関係をよく壁に飾るので、これも便利
いちいちガラージのツールボックスからHorizon Vertical measure()を持ってこなくても、携帯の水準器でパパっと測れちゃう

この世の中、携帯さえあれば、何でも出来てしまう事に驚きます。


LINEで読者登録ができます↓




この前のクリスマスに、ジャスティンからiPhoneXを頂きました写真をクリックすると、そのときの記事に飛びます↓ 心配だったホームボタンがない事も、数時間で慣れたし、FaceIDもノーメイクでもちゃんと働いてくれますホームボタンがない代わりに、Xは画面も ... 続きを読む
この前のクリスマスに、ジャスティンからiPhoneXを頂きました

写真をクリックすると、そのときの記事に飛びます↓



心配だったホームボタンがない事も、数時間で慣れたし、FaceIDもノーメイクでもちゃんと働いてくれます
ホームボタンがない代わりに、Xは画面も大きいので、iPhone8 Plusと画面の大きさがさほど変わりません

そして何より、メールやテキストが来たときは、顔認証で察知するまで詳細が出てこない事‼︎

IMG_2179

顔をかざすと、詳細が見れる↓

IMG_2180

特に怪しいメールや見られていけないメールもないですが、プライバシーが守れます。

1度、日本に一時帰国をしている間、朝起きて時間を確認しようと思って、画面にタップしても、サイドボタンを押してみても、何も反応しなくて焦りました
電源を切るときは、サイドボタンとボリュームボタンを長押しするんですが、それにも反応する事なく、真っ暗な画面のまま。
母の携帯から、iPhoneXの強制再起動の仕方を調べさせてもらいました。

以下、
強制再起動のやり方

①ボリュームアップの部分を1回、ボリュームダウンの部分を1回押す(連打、長押しはダメ)。
②Appleのマークが出てくるまでサイドボタンを長押し。

無事、元通りになりました。
iPhoneXを持って2週間ぐらいでこの様な事が起こったので、本当に焦りました
調べてみたら、どうやらiPhoneXは寒さに弱いという事が発覚した様で、アップルでも認め、IOS11.1.2で修正されてます。
動かなくなった原因は、早朝だったし、日本の実家は寒かったので、それが理由っぽいです。


そして最近、ブログやインスタの写真の事についてよく質問をされるので、この機会にお答えします。
私は、家で写真を撮るときは一眼レフで撮り、外での撮影はiPhoneXを使用。
iPhoneXを手に入れてから、外での写真撮影でかなり重宝してます

ブレ具合が、本当に一眼レフ並みなんです

FullSizeRender

image

iPhoneXとiPhone8 plusには、ポートレートモードが付いていてます。
これが本当に使えて、一眼レフを持ち歩かなくても、iPhoneでこれだけのクオリティーの写真が撮れます。

FullSizeRender

ちなみに、こちらは一眼レフで撮影↓

FullSizeRender

一眼レフと比べてしまうと、携帯のカメラは劣りますが、iPhoneXのカメラがこれだけ性能が
良くなったのは、素晴らしいです。
今までのiPhoneのカメラって、質が本当に悪かったですからね… 

ただ、このポートレートモード、結構指示がうるさくて、被写体が近過ぎてもダメ↓

FullSizeRender

画面の上に、“もっと離れて”↑と出てきたり、被写体が遠すぎると、“被写体を2.5m以内に”と言われてしまったり…↓

FullSizeRender

これを守らないと、シャッターを切っても普通のカメラモードで撮れてしまいます。
(ポートレートモードで撮ったつもりでも、ポートレートモードで撮れていない)

写真を撮るとき、カメラ上に指示表示が出ていなければ、ポートレートモードで撮れてます。
ポートレートモードで撮れた写真は、“PORTRAIT”と書いてあります↓

IMG_2148

こちらは被写体が近過ぎたので、通常カメラの状態で保存されてました↓

FullSizeRender

撮るなら、やっぱりポートレートモードで撮れていないと勿体ないです。

そしてiPhoneXは、インサイドカメラにもポートレートモードが付いているので、セルフィーをするのが今まで以上に楽しくなりました↓

FullSizeRender

iPhone8  plusには、インサイドカメラにはポートレートモードが付いていないんです‼︎
今までのiPhoneのインサイドカメラって、本当画質が悪し、画素が荒いし、最悪でした… 
編集なしで、この質‼︎
iPhoneXは値段が高いですが、変更する価値があると思いました。

という事で、今更ですが、iPhoneXはかなりオススメです

おまけ…

FullSizeRender