Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:ThanksgivingDay

アメリカでは毎年11月4週目の木曜日がサンクスギビングディに定められており、今年は11月22日でした。この週は大体4連休の会社が多く、家族と一緒に過ごして食事をします(もちろん親友同士の場合も。)。日本で言うお正月の様な感じで、クリスマスよりも帰省ラッシュの混雑が ... 続きを読む
アメリカでは毎年11月4週目の木曜日がサンクスギビングディに定められており、今年は11月22日でした。
この週は大体4連休の会社が多く、家族と一緒に過ごして食事をします(もちろん親友同士の場合も。)。
日本で言うお正月の様な感じで、クリスマスよりも帰省ラッシュの混雑が酷いそうです。

サンクスギビングの発祥は… 
1620年、メイフラワー号に乗ってイギリスからアメリカに移住してきたピルグリム(清教徒)たち。
冬の始まりごろに到着したピルグリムは、アメリカでの食料確保に大変苦労をしました。  春が訪れたころ、ピルグリムたちは狩りに行ったり大地を耕そうとしますがうまくいきません。
そんな時、先住民のネイティブアメリカンが知恵を貸してくれたのです。  
彼らの助けにより、ピルグリムたちは次の冬を越せるだけの収穫を秋に得ることができました。
恩人であるネイティブアメリカンを招き、この収穫を神に感謝する宴を催して、七面鳥やカボチャを食べてお祝いをしたと言われています。それが現在も続く感謝祭の始まりとされています。

Thanksgiving Dayと言えば、ターキー(七面鳥)。
別名“Turkey Day”と言われてるぐらいなんです。
丸ごと1羽焼くローストターキー、またはターキーの中に野菜を詰めて焼くスタッフドターキーを、クランベリーソースとグレービーソースを付けて頂きます。
ですが、スタッフドターキーは、ターキーの内臓を取り出したりして手間がかかるため、最近はシンプルなローストターキーとスタッフィングを別々の料理として出す家庭が多くなったそうです。
スタッフィングは、角切りにしたパンを様々な野菜などと一緒に和えてオーブンで焼かれたものです。
そして、グリーンビーンズキャセロールやマッシュポテト、コーンなどと一緒に頂きます。
家庭によって、様々なレシピがあります。
デザートはパンプキンパイが定番で、感謝祭の日はアメリカンフットボールを鑑賞しながら、家族で楽しみます。

サンクスギビングにしてはいけない事… 
それは、政治の話
家族と言えども、触れてはいけないトピックなんです。
アメリカでは、日本以上に政治に関心がある人が多いので、口論になってしまう事があります。
そのため、感謝祭では政治の話をしないほうが無難です。久しぶりに会った家族と喧嘩したくはないですもんね…


前置きが長くなりましたが、今年のサンクスギビングは、お父さん側のパーティーはなかったので(お父さんの奥さんの連れ子がサンディエゴにいるので、旅行しに行きました)、お母さん側のパーティーのみ。
私にとっては、1日に2つのパーティーは苦痛しかないので、1つキャンセルになって、ホッとしました
クリスマスツリーも、既にデコレート。

FullSizeRender

うちも週末にやらないとです

ローストターキーと…↓

FullSizeRender

スモークターキー↓

FullSizeRender

全て義父(ジャスティンのお母さんの旦那さん)が作ってくれました。
義父は、料理するのが大好きなんです。
私は、Costcoで買ったマカロニ&チーズを焼いたものと焼きそばを持っていきました
思いのほか、アメリカ人に焼きそばが大人気でビックリ
デザートも、こんなに準備してくれました

FullSizeRender

甥っ子くんも姪っ子ちゃんも、久しぶりの大人数の家族で、終始エキサイティングしてました。

FullSizeRender

アメリカ人にとって、感謝祭はクリスマスと並んで大切な日。
家庭によっては多少風習が違いますが、家族みんなで過ごす時間を大切にし、食事をして感謝するイベントです。
そしてその次の日は、Black Fridayセール
Black Fridayについては、また次のブログで


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



LINEで読者登録ができます↓






Thanksgiving Dayの木曜日。 ジャスティンの両親は、大分前に離婚をしているので(2人とも今は3度目の結婚をしてます)、毎年サンクスギビングとクリスマスは2軒回ります。 結構忙しい... 石田純一&東尾理子の家みたいに、前妻家族と1つの家 ... 続きを読む
Thanksgiving Dayの木曜日。

ジャスティンの両親は、大分前に離婚をしているので(2人とも今は3度目の結婚をしてます)、毎年サンクスギビングとクリスマスは2軒回ります。
結構忙しい...
石田純一&東尾理子の家みたいに、前妻家族と1つの家に集まってくれたら、楽なんですけどね
(本当に

Thanksgivingの朝、ジャスティンはマカデミアナッツのクッキーを作ってました。


プディングのパウダーを入れて焼くのが、美味しいみたいです。
(ジャスティンの手作りクッキーのシークレットレシピ

私はというと...


キッシュ。


そして、生ハムとメロンのフィンガーフード↓


ジャスティンパパ側は3時集合、「パンプキンパイを用意してね」と義母さんに言われたので、前日にスーパーで準備+ジャスティンの手作りクッキー。
ママ側のほうは6時過ぎ集合で、「ポットラックデザートをみんな用意して」と言われましたが、みんなであんなアメリカの甘いケーキを持ってきても、甘過ぎてちょっと気持ち悪くなりそうだなと思ったので、私はキッシュと生ハムを準備しました

お父さん側の家に行くときの途中で寄ったスタバ、バリスタさん5人ぐらい働いていたんですが、お店にいたのは、私だけでした


みんな家族と過ごす人が多いのに、働いているなんて、お疲れさまです
きっとダブルペイとかなのかな?なんて思ったり...

ジャスティンのパパさん、ターキーを焼いててくれてました。


ターキーは、赤(ダークミート)と白い色の所があるので、「Dark or white?」とサーブしてくれる人がいる場合に聞かれる事があるかもしれません。
"Myoglobin"(ミオグロビン)という酸素を貯蔵するたんぱく質の一種があるのですが、"dark meat"はミオグロビンを豊富に含んでいるため色が赤くなり、"white meat"は少ないので色が白のままです。
ちょっと分かりづらいですが、ジューシーのお肉を召し上がりたい場合は、赤いダークミートを、あっさりしたお肉を召し上がりたいときは白いお肉がオススメです。
ちなみに、ダークミートは栄養値が高く、ホワイトミートはカロリーがダークミートより低いので、ダイエット中の方に良いです。

と言いつつ、私はターキーのお肉がちょっと苦手なので、Thanksgiving Day以外のときは、全く食べません。(リアルな、あの大きな茶色の毛のターキーを、想像してしまうんです... )
アメリカのスーパーは、ターキーの挽肉等が年中売られているんですけどね...
私はチキンで十分です

パパさんの家のチワワ、チカ


かなりのおデブちゃんで、ソファーの上にジャンプはできないし、全く走れないし、体が重いので足が折れそう
でも可愛いんです

パパさん宅には、義母さんとティーンの娘と息子、パパさんと2番目の奥さんとの息子+ガールフレンド、同じ2番目の奥さんとの娘+ボーイフレンドが来ました+この前産まれたベイビーちゃんも


そのときのブログは、こちらから
まだNewborn babyの顔で、赤ちゃんらしくて可愛い
産後1か月も経ってませんが、こうやって外出するのもアメリカですね。
アメリカのレストランやショッピングモールにも、本当に生まれたての赤ちゃんがいたりして、毎回ビックリします。
アメリカの赤ちゃんは、産まれたときから免疫力が強いんでしょうか
室内土足だし


2軒目のジャスティンママさんの家には、7時近くに行きました。
2男3男は(長男のジャスティン、2男、3男のパパとママは一緒です)、どこにいるかもわからないので欠席。あ、あと4男もコロラドに旅行していたので欠席。
なので、ママさん側は、私とジャスティン、5男、幼馴染みファミリーだけでした。

そうそう、ターキーを食べると眠くなるんです。
私はもう、終始眠かったです
ママさんの所のワンコ(おじいちゃん)も、いつも寝てます


見事にケーキが3つ並んでいたので、私はキッシュと生ハム&メロンを持っていって大正解でした




LINEで読者登録ができます↓