Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:StarbucksReserve

ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→★先日お邪魔した ... 続きを読む
ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。

日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→



先日お邪魔した、Sstarbucks Roastery Tokyo。
”噂のStarbucks Roastery Tokyoへ”のブログは、こちらからどうぞ→
今回は、Starbucks Roastery Tokyoで販売されているオリジナルグッズについて、ポストしたいと思います。

FullSizeRender

入り口正面はメインバー、右側にはロースタリーグッズが販売されています。
噂通り、お値段かなり高く設定され、普通のスタバよりも、かなり高い

こちらの自転車↓

starbucksreserveroastry-daikaibou-20190227-130

Tokyobikeとのコラボモデル「TOKYOBIKE 26 STARBUCKS RESERVE Limited Edition」。
8段階ギア付き、正面にスターバックスリザーブ®のロゴ付きで、モダンでカッコいい
(税別15万円

小さめトートバッグ↓

FullSizeRender

大きめトートバッグ↓

FullSizeRender

桜2019年の、マグとタンブラー(共に陶器)↓

FullSizeRender

スターバックス リザーブ ロースタリー マグ2019マグ/Tokyo Launch Mug。3500円↓

FullSizeRender

木箱付きなので、少々お高いです。
確か、1人10個まで購入可と書いてありました。
オープンを記念して作られた貴重なマグカップで、ロースタリーがオープンするごとに各国で作られているので、全世界のロースタリーを制覇する方々は、このカップを購入するといいと思います。

こちらは、TYO mug↓

FullSizeRender

東京の緯度経度が書かれています↑
バンダナ、キーチェーンも、販売。

FullSizeRender

こちらのマグは、東京店だけの限定ではないそうです↑

スターバックス リザーブ ロースタリー マグ ホワイト/ゴールド/ダーク 296mL、各2,300円↓

FullSizeRender

樽型コーヒーキャニスター(1人1点まで)↓

FullSizeRender

他にTシャツ、パーカー、ポシェット、ボールペン、ワッペン、ステッカー、マステ、長崎の老舗カステラメーカー福砂屋キューブなどなど、色々なものが販売されていました。

2階のTEAVANAには、紅茶関係のグッズ販売↓

FullSizeRender

白いパッケージに入ったお皿は、全てIssei Miyakeの商品です↑

私は、ちょくちょく来れない場所なので、色々買おうと思っていましたが、やっぱり高級スタバ
マグで1つ2500円は、なかなか手がでない
そして、人混みが凄いので、歩くのも大変です。

母が「マグカップがほしい」と言っていたので、桜マグとTYOマグをお土産に、私用にTYOのデミマグを購入しました↓

FullSizeRender

デミマグは、持ち手がないです。

グッズ販売用のレジでは、コーヒー豆の量り売りコーナーも↓

FullSizeRender

レジは2つありましたが、私はアプリで購入したので、レジなしの特設カウンター?で支払いできました。

FullSizeRender

母のギフト用に、マグを箱に入れてもらおうと思いましたが、箱代1つ600円と言われ、却下
ケチ
小さめの手提げ袋X3は、何も言わずに付けてくれました
マグ1つ(木箱付きのマグ以外)、大体2300円〜2500円。
もし箱を付けたら... 本当に高級マグ
ジャスティンがいたら、”こんな高いマグ、見た事ない”って言うだろうな

3階のテラスからの風景↓

FullSizeRender

見事に葉桜
桜が咲いていたら、本当綺麗だったでしょうね
桜が咲いている時期は、警備員がいて外では飲食ができなかった様ですが、現在はテラス席は空いて入れば、好きな様に座れます。

帰りは目黒駅の前にある通常のスタバで、「You Are Here Collection」シリーズのJAPAN、Springバージョンを購入(オフィシャルHP→)↓

FullSizeRender

桜と菜の花が描かれているのが、日本っぽい
ロースタリーで売られているモダンなものより、安いし可愛い

という事で、この日スタバだけで1万円以上使ってしまいました

FullSizeRender

もし、まだスマホの中にスタバのアプリを入れていない方は、アプリをダウンロードしてからロースタリーに行く事をオススメします。
私の様に1万円費やせば、1日で一気に200スター貯める事ができます。
そしてアプリでお会計すると、早くお会計ができます。
(50円で1スター。250スターを貯めればゴールドスターメンバーになる事ができます。リワードの有効期限は1年。)
日本以外にお住まいの方は、Apple IDの国設定を”日本”に設定し、(Apple ID情報の)日本の住所や電話番号、日本のクレジットカード情報を登録すると、スターバックスジャパンのアプリをダウンロードする事ができます。
(Apple IDの設定が、日本以外の国に設定されていると、スタバジャパンのアプリをダウンロードする事ができません。)
ダウンロード後は、また自分の住んでいる国に再設定し直せばOKです

何度も言いますが、ゴールデンウィーク中は大変混雑すると思いますので、早めの時間帯に到着する事を、オススメします。
(営業時間7:00~23:00。LO22:30)
整理券が発行されていなく、ただ並ぶだけで入店できた場合は、ラッキーです

Starbucks Roastery Tokyo
【住所】東京都 目黒区 青葉台2-19-23
【電話】03-6417-0202


”噂のPalm Springsのスタバ、リザーブBarへ”の過去ブログは、こちらからどうぞ→

STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYOのオフィシャルHPは、こちらからどうぞ→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓



ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→★私が今回来日中 ... 続きを読む
ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。

日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→



私が今回来日中に、絶対行きたかった所。
それは、2月にオープンしたSTARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO
世界で5店舗目のロースタリー店(Roastaryとは、焙煎所の意味)。
2014年にアメリカ・シアトルに1号店をオープンして以来、2017年の中国・上海、2018年9月のイタリア・ミラノ、12月のアメリカ・ニューヨークに続き、東京は世界で5番目の店舗となりました(6店舗目はシカゴを予定)。

私が日本に到着してから、直ぐにでも行きたかったんですが、まだ目黒川沿いの桜が咲いていたので、桜が散った月曜に行ってきました。
桜が咲く時期は、いつも以上の激混みという事を聞いていたので

中目黒駅から真っ直ぐ15分弱歩き、ドンキホーテを通り過ぎてから右に曲がると、大きなモダンな建物が見えてきます。
昼前に到着すれば、整理券を配られていたとしても、そんなに待たないで入店できると聞いていたので、10:45頃到着。
待っている間に、係員の人に”オーダーする前に、先に席の確保をお願いします”という説明を受けました。
荷物等を置いて席の確保を先にするは、日本ならではですね。
(外国で荷物を置いて離れたら、もう貴重品はないです)

お店の前には、15人ぐらい並んでいて、整理券はなくても並べば入店できるほどでした。
10分程で、入店
正直、1時間待ちはする覚悟で行ったので、驚きました。
平日の午前中は、穴場です

FullSizeRender

建築は、隈研吾氏とのコラボレーションにより設計。
木材の雰囲気が、和とモダンを融合した、素敵な外観、内装となってます。
1200m2という敷地に、4階建て、延床面積2966m 2 の中で、最高のコーヒー体験を味わう事ができます。

1階から4階まで、各フロア毎にテーマが別れてます↓

IMG_0984

1階:Starbucks Reserve、Main Bar、Main Roaster、グッズ販売、ベーカリー、コーヒー豆量り売り、
2階:TEAVANA Bar、紅茶量り売り、グッズ販売
3階:Arruviamo Bar、Cold brew bar、Micro Roaster、テラス
4階:AMU INSPIRATION LOUNGE*(イベントスペース)

お店に入ると、世界のロースタリーの中で最も背の高いキャスクがお出迎え。

FullSizeRender

4階まで届く、高さ約17メートルの赤みを帯びた銅板のキャスクの表面には、職人が一枚一枚手作業で仕上げた桜の花びらが飾られていました。

FullSizeRender

陽の光によって見え方が変わるので、様々な桜の輝きを見る事ができます。

1階と2階の階段の途中には、こんなサインがありました↓

FullSizeRender

セラミックのカップが、壁1面↓

FullSizeRender

コーヒー豆のパッケージも、壁一面↓

FullSizeRender

地下に生豆の倉庫があり、焙煎する際には1階に運びます↓

FullSizeRender

種類ごとに貯めて焙煎に備え、店内に張り巡らせた管を生豆が移動して、種類ごとに貯めて焙煎に備えます(焙煎機の後ろにある、大きな筒のようなもの↓)。

FullSizeRender

そして焙煎。
焙煎後は、冷却し...↓

FullSizeRender

熱を飛ばしたコーヒー豆を回収してキャスクへ↓

FullSizeRender

浅煎りから深煎りまで、様々↓

FullSizeRender


焙煎を終えたコーヒー豆はキャスクで熟成・貯蔵し、そしてパートナーさんが1つ1つ美味しいコーヒーを作ってくださいます。
4階から1階の吹き抜けの写真↑は、キャスクがどれぐらい大きいのか、おわかりになるかと思います。

焙煎後、冷えたコーヒー豆を頂きました↓

FullSizeRender

良い香り
こうゆう素敵なサービスも、嬉しい
パートナーさんも、笑顔で親切に説明してくださいました。
(毎日、何度も同じ説明をしているんでしょうね...)

エントランス正面には、ReserveBarがあるので、こちらでコーヒーを買う事ができます。

FullSizeRender

こちらのカウンターには、ペイストリーと、サンドイッチ(少なめ)↓

FullSizeRender

そして、ケーキも販売↓

FullSizeRender

抽出方法は、サイフォン、ブラックイーグル、コーヒープレス、プアオーバー、クローバーがあり、豆に応じた方法で焙煎し、提供してくださいます。

FullSizeRender

1つ1つの機械が大きくて、圧倒されます。

FullSizeRender

1階奥には、世界7箇所に店舗を持つイタリアの高級ベーカリー”PRINCI(プリンチ)”のパンを楽しむ事ができます↓

FullSizeRender

スタバとは思えない、ベーカリーショップ。

FullSizeRender

隣のガラス張りの中で、フレッシュベーカリーが焼かれます↓

FullSizeRender

バジルもフレッシュ。
パンを切るスライサーも、イタリアのもの

FullSizeRender

イタリアンアルチザンブレッドやコルネッティ、フォカッチャ、ピッツァ、サラダなど、イタリア発で日本初上陸となるメニューをサーブ。

FullSizeRender

ラザニアもありました。
持ち帰りする方々も、結構いました。
大体1つ900円ぐらいかな。

私は、席を最初に確保してから(3階)、1階のStarbucksReserveで最初にコーヒーをオーダーしました。
ちなみに、1階で席が空いている事は、殆どありません...
上の階に行けば行くほど、席が空いてます。
カウンター席が多いので、1人で来店されている人も多かったです。

20分程並んでいる間に、メニューが配られ...
メニューは、こちら↓

FullSizeRender

並んでいる途中で、パートナーさんが先にオーダーを取ってくれ、オーダー用紙(ポストイット)を渡されます。
スマホのスタバアプリを持っていれば、会計を並んでいる途中で、”アプリでお会計の方いらっしゃいますか?”とパートナーさんが聞いてくださるので、早めにお会計ができます。

アメリカのレストランではよく使われる”Pager”(日本語では”ポケベル”?)↓

FullSizeRender

こちらを受け取り、ブルブルなったら飲み物を手に入れます。
私はドリンクのみだったので、10分以内で出来上がりました↓

FullSizeRender

Cold Brew Float
店内で頂く予定でしたが、アイスだったら持ち帰り用でオーダーするのがオススメです。
しっかりしたプラスチックカップなので、お土産として持ち帰る事ができます。

また、店内召し上がり用のグラスやマグでオーダーすると、その後に他のカウンターで注文する場合、また時間がかかってしまうので(テーブルに置きっぱなしにすると、コーヒーが美味しくなくなってしまう)、私の様に飲み物を持ち帰り用でオーダーすると、飲みながらオーダーの列で待つ事ができます。
(ベーカリーの列でも15分程並び、パンが出てくるまで10分弱かかりました)

不満だったのが、メニューにグランデサイズがなく、1番大きいサイズがトールだった事。
そして、トールで約900円です。
(アメリカの場合は、グランデサイズで$9でした。トールサイズでは物足りないです...)

ベーカリーでオーダーしたのは、フォカッチャピッツァ ベルドゥーレ グリーラ。
税込約900円↓

FullSizeRender

ナスとベルペッパー(パプリカ)が乗っていて、フラットピザの様な味でした。
美味しかったです

食事後は、お土産を購入したり、色々写真を撮ったり… 
お店の中で、パートナーさんが色々な所で色々な人に笑顔で説明してくださっているのが印象的でした。
あんなに毎日混んでいるのに、素晴らしい接客です。

そして帰る前に、2階のTEAVANA Barで飲み物をオーダー。

FullSizeRender

こちらでも、オーダー後にPagerをもらって、10分以内で手に入れました。
Nitro Tea Citrus Lavender Sage、810円↓

FullSizeRender

またまた、お持ち帰りカップでオーダー。
(私の前に並んでいたアジア人の方も、持ち帰り用カップでオーダーしてました)
柚子(シロップ)の炭酸水でセージとラベンダーがほんのり効いた、リフレッシュなドリンクです。
さっぱりしていたので、ゴクゴク飲めます。
(が、やっぱりトールサイズのみ…)
大きいサイズも作ってほしいな…

お店を出たのは、2:30頃。
外で並んでいた方々は、整理券が配られてからの入店に変わっていました。
(何時間待ちだったかは、不明です)
たっぷり3時間過ごしましたが、あっという間に時間が過ぎ、ディズニーランドのアトラクションの様な、素敵な時間を過ごす事ができました。
持ち帰りしたカップ、大切にアリゾナに持ち帰ります。

FullSizeRender

そして、スターバックスジャパンのアプリをダウンロードしてから行くとお会計も早いし、リワードも貯められるので、便利です。
(日本のスタバは、現金チャージがレジでできる様ですね。アメリカの場合は、クレジットカードかデビットでチャージをするのが普通なので、オーダー時に現金チャージができるのかは不明です)

これからゴールデンウィークが始まり、また混雑する時期だと思いますが、早めの時間帯に到着する様にお出かけする事をオススメします。


*AMU INSPIRATION LOUNGE : インスピレーションラウンジは多様な人々が集い、つながり、アイデアが生まれ、編みあげられていく場所です。 一杯のコーヒーを飲みながら、様々なセミナーやイベントを通じて知識を深めたり、インスピレーションを得ることができます。

”噂のPalm Springsのスタバ、リザーブBarへ”の過去ブログは、こちらからどうぞ→

STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYOのオフィシャルHPは、こちらからどうぞ→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓