Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:COVID-19

アリゾナ州は、現在”再ロックダウン”となっています。詳しく書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓””アリゾナ州、再ロックダウンへ”→★ 感染者は減るどころか、昨日も今までの記録を更新しています。6/27 3465人6/28 3796人6/29 625人6/30 4873人7/2   3320人(15時 ... 続きを読む
アリゾナ州は、現在”再ロックダウン”となっています。

詳しく書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓
””アリゾナ州、再ロックダウンへ”→



感染者は減るどころか、昨日も今までの記録を更新しています。

FullSizeRender

6/27 3465人
6/28 3796人
6/29 625人
6/30 4873人
7/2   3320人(15時現在)

アリゾナにお住まいの方々は、こちらのニュースをご覧になったかもしれませんが、数日前に私はこちらの映像を拝見したときには、この人、大丈夫か!?と思ってしまった映像。

アリゾナのScottsdaleのMayor(市長)のスピーチ。
彼は、”Anti Mask”の人です。



"I can't breathe!"と、2回も叫んでいます↑
I can't breatheというのは、5月ミネアポリスで起こったGeorge Floyd氏が、警察官の不適切な拘束方法によって死亡した際に、警官に言った言葉を真似していると思われます...
これ、ブラックジョークか何かのつもりなのでしょうか?
冗談では、済ませられないと思います。
こんな人が、全米でもセレブの街として有名なScottsdaleの市長をしているなんて、ショックです。
アリゾナは現在、全米1で新型コロナウイルスがロックダウン後に拡大していると言われている州。
自分だけを守るだけではなく、自分がasymptomatic(無症状)の状態かもしれない、その場合の感染の拡大を防ぐためにも、マスクを着用するという”考え方”が、多くのアメリカ人には理解されていないのが悲しいです。
ただ、”息がしづらい”とか、”暑い”、”カッコ悪い”からマスクをしたくないという自己主張のつもりなのでしょうか?
アメリカの学校では、自己主張をする事を教えているので、日本の様に”右に習え”は、まだまだ難しい様ですね...


話は変わって...
と言っても、またまた新型コロナウイルスの話です。

3週間前、私はあるクリニックに行きました。
その2日後に、クリニックの人から朝、電話がありました。
電話の内容は...
私が行ったクリニックの時間帯に、コロナ感染者が出たとのお知らせでした。
そしてクリニックのお姉さんに、”14日間モニタリングをしてください”と言われてしまいました...
私、3月中旬から隔離生活して、それ以来レストランでも1度も食事してないし、ショッピングだって我慢しているのに!?と怒りがこみ上げてきました。
クリニックに聞いても、詳しい状況は教えてくれないし...

その時、私は何の症状もなく健康体でしたが、もしかしたら無症状なだけかもしれないので、その日から私は、14日間の隔離生活となりました...

ちなみに...
Quarantineは、感染を予防するための隔離、または自主隔離の時に使います。
Isolationは、孤立して隔離する事、症状が出ている人の隔離の事を言います。

今までも自主的に隔離をしていましたが、今回は家の中でもジャスティンと別々に生活する事になりました。

14日間、私はいつものベッドルームで生活、ジャスティンはゲストルームでの生活になり、彼がオフィスで仕事(デン)をしている間は、私は部屋にずっと閉じこもり、彼が仕事が終わった時間帯に部屋から出て、ご飯をちゃちゃっと作ったりしました(うどんやラーメンを茹でたり...)。
作り終わった後も、キッチンをアルコール消毒したり...
日中キッチンを使うときも、彼がいないか確認してから部屋から出て、ささっと用事を済ませてから部屋に戻る... の生活。
(アメリカの家は大きめなので、ソーシャルディスタンシングの距離は保てました。バスルームも別々です)

最初の1週間は、顔を合わせず、喋る事もなく結構寂しくなり、体重が2キロ減ってしまいました...
コロナに感染しているかもしれないという怖さもあったし...

ですが、1週間を過ぎた後は...
なんだか自分の部屋ができた様で、 この生活に慣れました。
今まで自分の部屋はなかったので、キングサイズのベッドを1人で寝れるし、相手の寝返りで起きる事もない!!
私は夜型人間、彼は朝型人間で、私はいつも音を立てない様にシャワーを浴びたりして、結構面倒臭かった...
でも一人だったら、気兼ねなく0時頃にシャワーを浴びれる...笑

朝起きたら、ジャスティンが朝食を作ってくれてたり...↓

FullSizeRender

大好きなチョリソーのスクランブル❤︎

そして、近所のSafewayで生春巻きを買ってきてくれてたり...↓

FullSizeRender

これ、結構美味しいので、ハマってます。

スタバでGuava Passionfruit drinkを買ってきてくれたり...↓

FullSizeRender

ちゃんとハーフシロップでオーダーしてくれてる...笑。

隔離中は、ブログを書いたり、オンラインでショッピングをしたり、本を読んだりと、自分の時間をゆっくり過ごさせていただきました。
お陰で、体重は元に戻りつつあります...

という事で、14日間の隔離も、無事に終了しました。
コロナウイルスに感染したかもしれないという恐怖はもうゴメンなので、まだまだ”Stay home”を続けていきます。
日本も感染者が激増しているというニュースを拝見したので、皆様お気をつけてお過ごしください。


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

COVID-19の感染者が拡大し、第1波のパンデミックが現在起こっているアリゾナ州。詳しく書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓”全米で最低!! ロックダウン解除失敗の州、アリゾナ”→★ここ数日間も、感染者が減少する気配は全くない状況です↓6/16  2341人6/17  1922人6 ... 続きを読む
COVID-19の感染者が拡大し、第1波のパンデミックが現在起こっているアリゾナ州。

詳しく書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓
”全米で最低!! ロックダウン解除失敗の州、アリゾナ”→



ここ数日間も、感染者が減少する気配は全くない状況です↓

FullSizeRender

6/16  2341人
6/17  1922人
6/18  2575人
6/19  3227人
6/20  2893人(6/20、15時現在)

6/19は、初の3000人台突破してしまいました。
ロックダウン後は、以前より200%以上も感染者が拡大し、日本でもニュースになっているそうですが… 
数日前に、州知事からのアナウンスがありました。
パブリックでのマスク着用が義務化する州が増えている中、アリゾナ州も義務化になるのではないかというアナウンスを期待していましたが...
州知事の発表によると、各市にマスク着用規制導入の権限を認め、マスクの着用は各市のスーパーバイザーによる投票で決定されました。

ちなみに、私が住んでいるカウンティー(群)では、5-0の満場一致でマスク着用の義務化が決定。
しかし私の住んでいる街では、スーパーバイザーのvoteすら行われず(!!)、マスクの義務化ではなく、”推奨”となりました...

この決定により、私の街の人たちは、マスク着用をしなくて済むと喜んでいる人もいるぐらいです。
なので、ここまで感染が拡大しているにも関わらず、私の街のスーパーの客の半数以上の人たちが、未だにマスクを着用していません。
(店員さんは、ほぼ100%マスクを着用しています)
カウンティーの権限と、市の権限って、市の権限のほうが上なのでしょうか?
この際、罰金制度ぐらい厳しく取り締まってほしいです。
今週末はFather's Dayもあるし、来月はIndependence Dayもあるので、きっとアメリカ人の皆さんは、家族で集まってしまうんでしょうね...


暗い話は、ここまで❤︎
以前ポストした、勝手にDior風手作りフェイスマスク↓

FullSizeRender

その事について書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓
”何製のマスクが良い?+意外なもので、マスクを作成しました”→



こちらアメリカでは、かなり個性的な布地でオリジナルマスクを装着している店員さんが多くて、面白いです。
好きなフットボールや野球チームの布で製作している人がいたり、バンダナ風の派手なマスクをしていたり...
アメリカらしいですね。

私も何か個性的なマスクを作りたいと思って、作ってみました↓

FullSizeRender

マスクチャーム❤︎
以前、ピアス作りで使っていた材料を使用したので、全て家にあるもので作りました↓

FullSizeRender  

6月は梅雨の時期なので、アジサイ風。

ネックレス製作に使う、”カニカン”か”ヒキワ”が必要です↓

FullSizeRender

こちらの”ヒキワ”のほうが、小さくて邪魔にならないと思います↓

FullSizeRender

100均でもお取り扱いがあるかと思いますが、パーツクラブやユザワヤ、貴和製作所の専門のアクセサリーパーツを販売している所で購入したほうが、種類は豊富だと思います。
私が購入したヒキワは、貴和製作所で購入しましたが、10個で240円でした(現在は264円)。

アメリカでは、クラフトストアのJoannやMichael'sで販売しています。
ヒキワは英語で”Spring Ring clasp”、カニカンは英語で”Lobster Clasp”です)

こちらの工具があれば、簡単に作れます↓

FullSizeRender

100均でも販売しているかと思います。

そして、こちらのアジサイの造花も、同じく貴和製作所で購入しましたが、現在はお取り扱いはない様です↓

FullSizeRender

でも!!
今は、色々な100均で造花が販売されているので、日本の皆さまはお手軽に手に入ります。
こちらはダイソーのインスタグラムから↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、ダイソーのインスタグラムのページに飛びます。

花びらを、1枚1枚にするには...↓

FullSizeRender

プラスチックの(緑色)の突起部分をハサミで切れば、お花が綺麗に外れます。

FullSizeRender

マスクのゴムの部分を小さく結んで...↓

FullSizeRender

その結んだ部分に、製作したチャームを引っ掛けるだけで出来上がり↓

FullSizeRender

自分の好きなパーツを購入して、工具で繋げるだけの簡単チャームです。
ピアスをつけて見てるみたいで可愛い❤︎

IMG_6803

その他にも、チャームを色々作りました↓

FullSizeRender

オーガンジーリボンは、リボンを結んで丸カンとチェーン、ヒキワを工具で繋げただけで出来上がり↓

IMG_6801

オーガンジーリボンの端のほつれを防ぐには、ライターで軽く炙るだけで2度とほつれません。
⚠︎火を炙りすぎるとリボンが燃えてしまうので、ご注意ください。

IMG_6802

スタッズ以外のピアスやイヤリングが禁止なオフィスワークの方々も、これなら大丈夫!!
ただ工具で繋げるだけの、簡単チャーム。
お店で自分の好きなパーツを選んで、オリジナルのデザインで作ると楽しいですよ。

マスクを装着するなら、可愛く個性的に付けちゃいましょう!


アジサイのものだけ、使用したパーツを書いておきます。
ご参考になれば❤︎

・メタルビーズ1 ロジウムカラー 2mm。(92個)308円→
(商品番号:41210352)
・ワイヤーフープ ドロップ ロジウムカラー (2個) 165円→
(商品番号:60674401)
・チャーム 石留め ラウンド ロジウムカラー (5個)165円→
(商品番号:60113603)
・ヒキワ ロジウムカラー  5.5mm。(10個)264円→
(商品番号:10840207)
・丸カン ロジウムカラー 0.7×5mm(45個)88円→
(商品番号:62221702)
・スワロフスキー・クリスタル #5810 ホワイト 4mm(30個)253円→
(商品番号:20577704)

全て貴和製作所で購入しました。
アジサイの造花は、100均でお探しくださいね。


併せて、こちらもご覧ください↓

■”マスクをしたまま、FaceIDを突破する裏ワザ【松本式ではないやり方】”→


■”毎日マスクを装着しながら、プチプラエステ感覚”→


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

昨日母から、「アリゾナの感染者が激増しているってニュースでやってたけど、大丈夫?」と心配してLINEにメッセージをくれました。何度かブログに書いていますが、アリゾナ州は現在COVID-19のホットスポットとなり、ロックダウン解除後のメモリアルディ(5/27の祝日)以降、 ... 続きを読む
昨日母から、「アリゾナの感染者が激増しているってニュースでやってたけど、大丈夫?」と心配してLINEにメッセージをくれました。

何度かブログに書いていますが、アリゾナ州は現在COVID-19のホットスポットとなり、ロックダウン解除後のメモリアルディ(5/27の祝日)以降、爆発的に増加しています。

6/10 1556人
6/11 1611人
6/12 1576人
6/13 1621人
6/14 1181人

FullSizeRender

緑の線グラフが新規感染者数、オレンジがトータル感染者数です。

5/27のメモリアルディ前(グラフ内の赤丸)は、200人台〜400人台/日の感染者でしたが、メモリアルディ以降は1日に1000人以上の感染者数を記録する日が多発。

アリゾナ州のCOVID-19症例の、トータル4分の1以上が、ここ過去1週間に記録されました。
(6月14日現在で、35,691件を確認)
1月27日に、アリゾナ州で最初のCOVID-19の感染者(ASU大学内の中国からの帰還者)が確認後、2番目の症例は3月3日まで州で発見されませんでした。
アリゾナは、アメリカの中ではCOVID-19の感染者が少ないほうの州でした。

感染者トータル人数が1万人を越したのが5月8日、その後6月1日に2万人、あっという間に6月11日に3万人を越してしまいました。
感染者が増えたのは、PCR検査が色々な所でできる様になった事も理由の1つと言われていますが、それにしても増加しすぎです。

ワシントンポストがポストしたデータによると、6月以来14州+プエルトリコでは、パンデミックが始まって以来、7日間の平均で新コロナウイルスの症例が、以前より拡大。

⚠︎14州とは、アラスカ、アリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、フロリダ、ケンタッキー、ニューメキシコ、ノースカロライナ、ミシシッピ、オレゴン、サウスカロライナ、テネシー、テキサス、ユタです。
これだけの州が、ロックダウン解除の失敗となっています。

こちらの地図を見ると、どの州がメモリアルディ(5/27)以降、感染者が拡大したかが分かります。↓

1

州内を線で囲ってある州↑は、1日の感染者平均が1000人を越す場所です。

中でもアリゾナ州の感染者拡大は、米国内で最大の急増の1つ。
メモリアルディの祝日以降は207%増となり、州内で最も最低の記録です。

ですが、アリゾナ州知事のDucey氏は先日の記者会見で、「(ロックダウン後の)予定を変更する予定はない」と発表。
(これだけの感染者数がいるにも関わらず!!)
記事によると、共和党の州知事は、ドナルド・トランプをフォロー。
彼は、州民に公共の場でマスクを着用することを要求しておらず、 ”公衆でソーシャルディスタンシングが不可能の場合、マスクを着用することを勧める。マスクはいつもポケットへ入れておく”。と言っているそうです。
(マスクを、ポケットにいれておくのを推進っておかしい…)

事実、州知事が自分でマスクを着用している時は、ほとんどなく、公共の場で彼がマスクを装着していたのは、1度だけ。
先月、マスク製造を強化しているハニーウェル工場で、マスクを装着していないトランプ大統領と会ったときのみという事です。

夫ジャスティンによると、州知事の奥さんは、ビューティーサロンを10店舗程持つオーナーらしく、なので美容系のビジネスを早めに再開させたのではないかと言っていました。
言われてみれば、納得...

トランプ大統領は、パンデミックへの対応を個々の州に任せており、10万人のアメリカ人が死亡率を上回ったとしても、全く危機がなく、大きな対処をしていません。
危機感があったら、公共の場では毎回マスクをするはずですね...

毎日1000人以上の感染者が続く、アリゾナ。
お店によっては、Costcoの様にマスク絶対着用の場所もあります(マスクがない人には、エントランスで無料でマスクをもらえます)が、着用自体は義務付けされていないので、マスク着用率はかなり減少しています。
たとえ、マスク義務化のお店ではないお店の入り口で、無料でマスクを配っていたとしても、マスクを着用しない無頓着なアリゾナ住民に、怒りを覚えます。
マスクは自分のためではなく、自分が症状のないasymptomaticかもしれない感染を防止、そしてウイルスを撒き散らさないためでもあるのに!

ロックダウン解除後のアリゾナ州のスローガンは、
”Stay Healthy, Return Smarter, Return Stronger”だったはず。(ブログ→★)
全く”Smarter”ではない、アメリカ人たち。
週末のパーティーの写真をポストしている夫ジャスティンの家族や従姉妹たちの写真にウンザリ。
コミュニティーのプールも、毎日激混みです。

今朝のニュースによると、州知事やArizona restaurant associationからの、Re-Closure updateがないので、レストラン経営者は自主的にDine-inをやめて持ち帰りのみに戻す所、また休業に戻す所が増加している様です。

アリゾナ州知事には全く期待ができないので、これからもSelf quarantine(自己隔離)を、夫ジャスティンと当分続けていきます。
都内の感染者数は、昨日は拡大したそうですね。
皆様、毎日気をつけてお過ごし下さい。


併せて、こちらもご覧ください↓
”アルコール消毒液を手に入れるには”→



■”コロナウイルス の生存期間が、恐ろしい”→



■”私を守るために、夫が決断した事。アメリカで生きていくには”→★



アマゾンジャパン↓








楽天↓

【弊社小分け商品】 IPA (イソプロピルアルコール) [4L] エスケー化研 SK化研 SKK 2-プロパノール イソプロパノール シンナー 希釈剤 うすめ液 薄め液 塗膜はがし 脱脂洗浄用
【弊社小分け商品】 IPA (イソプロピルアルコール) [4L] エスケー化研 SK化研 SKK 2-プロパノール イソプロパノール シンナー 希釈剤 うすめ液 薄め液 塗膜はがし 脱脂洗浄用

工業用100%イソプロピルアルコール 500ml  IPA 2-プロパノール【japan only】手指消毒には使用しないでください
工業用100%イソプロピルアルコール 500ml  IPA 2-プロパノール【japan only】手指消毒には使用しないでください

参考:
・COVID-19 cases in Arizona surpass 35,000; deaths total 1,186→
・Arizona Governor Won't Require Masks in Public Despite Surge in Coronavirus Cases→
・Coronavirus: more than a dozen US states see record high of new cases→

私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

アリゾナの4/30までロックダウンは、5/15まで延長しましたが、今回は延長もなく、アリゾナのロックダウンはこれで解除となりました。”Stay Home, Stay Healthy, Stay Connected”から、”Stay Healthy, Return Smarter, Return Stronger”というオーダータイトルに変わり、 ... 続きを読む
アリゾナの4/30までロックダウンは、5/15まで延長しましたが、今回は延長もなく、アリゾナのロックダウンはこれで解除となりました。

”Stay Home, Stay Healthy, Stay Connected”から、”Stay Healthy, Return Smarter, Return Stronger”というオーダータイトルに変わり、州知事はアリゾナ住民へ”Act responsibility”(責任ある行動を)とツイートされた割には、5/13にプール、ジム、スパがリオープン、ショッピングモールも、5/16よりリオープンされました。

*アリゾナのツーソン(フェニックスから2時間半程西側に行った所)という街は、6/8まで”Stay-at home”オーダーが延長されています。

今回のロックダウン解除によって、アリゾナ州保健サービス管理予防局(Arizona Department of Health Services Control and Preventation )から、新しいガイドラインがリリース。

・具合いが悪い症状がある場合は、”Stay-Home”。
・よく手洗いをする(”うがい”は書かれていません...)。特に、物を触ったとき。
・咳やくしゃみをするときは、腕で覆う。
・物の表面は、できるだけ消毒をする。

お店がリオープンするにあたっての、新しいガイドライン。

客側
・他のお客さんとの間は、少なくとも6フィート(約180cm)間をあける。
・顔を触らない。
・タッチレスペイメントを利用。
・お店に行った後は、ハンドサニタイザーで手を消毒。

営業する側
・従業員同士は、可能な限り距離を保つ。
・可能な場合は、マスクと手袋を着用。(マストではない...)
・手洗い用の石鹸と水、またはアルコールベースの消毒液を、従業員と客側に提供。
・テーブル、カウンター、客側に提供するペンを随時消毒。
・店内、待合室、休憩室をアレンジし、人との距離を開け、定期的にエリアを消毒。
・消毒や清掃が困難なアイテムは、客側と共有しない。
・仕事に入る直前直後は、手洗いを強化。

また、シアター、レストラン、ジム等の施設は、キャパを下げて営業する事が許可されました(人数制限のパーセンテージの指定はなし)。
シアターの席と席の間はスペースを開け、上映時間を変更し、ウェイティングエリアで待機する事を避ける事。

カジノでは、ビンゴで使用するスタンプ(カジノのビンゴゲームでは、数字を消すためにスタンプを使用します)は、自分のスタンパーを持参するか、使い捨てのスタンパーを準備する事。
全てのスロットマシーンやテーブルキオスクは、定期的に消毒。

パーティーでは人との距離は、6フィート開ける事。

礼拝の場所での集会は、人数制限があり。

合唱団や大きな楽器を演奏するアンサンブルは可能な限り避け、ソロを検討する必要があります。
コミュニティープールを運営している従業員は、シフトを開始する前にコロナウイルスの症状についてスクリーニングを受け、ゲストに自分のタオルを提供してもらうことを検討する必要があります。

以上が大まかな、全体のガイドラインです。

詳しく書かれたガイドラインは、こちらをご覧ください↓
■Barbers & cosmetologists→
■Restaurants→
■Gyms→
■Pools→
■Retail→
■Spas/Massage therapy→
■Places of worship→
■Shopping malls→
■Theaters→
■Casinos→

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)によると、今までプール・ホットタブ(ジャグジー)・スパ等の公共エリアでCOVID-19(コロナウイルス)が原因で感染したという事例がないため、プールやスパがリオープンしたそうです。
コロナウイルスについては、まだまだ研究途中な事が多く、手探り状態。
プールでの感染の事例がないのは、今までの季節が冬だった事もあり、プールの季節ではなかったから?...と、私は思うのですが...。
それか、消毒の塩素がコロナウイルスを殺してくれるとか??
我が家のコミュニティーの中にあるプールも、リオープンしてから、かなり混雑しています...
私は、他人と一緒のプールに入る事は現在は避けたいので、当分はプールは入りません。

また、レストランもDine-in (イートイン)サービスが、始まりました。
先日、あるレストランの前を通りがかりましたが、サーバーさんはマスクをしていましたが、マスクをしていない店員さんもちらほら。

ローカルニュースによる、レストランがリオープンした日の映像のスクショ↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、ニュースのウェブサイトに飛びます。

Tempe(テンピ)という街のダウンタウンにある、”Casa”というレストランのルーフトップ↑
州のガイドラインを無視し、かなり人と人が密着して混雑しています

また、同じレストランですが、夜のお店の外は、並んでいる人でごった返していたそうです↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、ニュースのウェブサイトに飛びます。

誰一人マスクをしていないし、6フィート間を開けている人もいません...
この様なレストランは、罰してほしいです。

私たちは、この時期にまだレストランで食事する気分にはなれないので、こちらも当分は”To Go”(持ち帰り)のみで考えています。
この日は、大好きなShimogamoでオンラインオーダー↓

FullSizeRender

日本では、当たり前の様に付けてくれる保冷アイスですが、アリゾナでも付けてくれるレストランがある事にビックリ!! ↓

FullSizeRender

今回注文したのは、サーモンとイクラ丼↓

FullSizeRender

メニューの詳細には、”Sushi rice”としか書いてなかったので、酢飯だったら嫌なので”白いご飯でお願いします”とリクエストしましたが、通常はどちらなんでしょうか?

そして、唐揚げ↓

FullSizeRender

ジャスティンは、カリフォルニアロールとテリヤキチキンを注文していました。
持ち帰りでも美味しくて、大満足!!

こちらがアリゾナ州の、最近の感染者数。

5/12 353人
5/13 480人
5/14 458人
5/15 495人
5/16 498人
5/17 279人

感染人数が減少とは程遠い数で、ロックダウンを解除するには考え難い数字。
全米の中で比較しても、アリゾナ州は感染者はまだ少ないほうです。
ですが、いつ先月のNYの様に感染爆発が起こってもおかしくないと思います。
アリゾナ住民によっては、このロック解除によって、今まで家で自粛していた人達がショッピングや公共施設に行き、コロナウイルスを拡大させる可能性が十分にあるので、私は引き続き外出自粛を続けていこうと思います。

”Act responsibility”
一人一人が責任ある行動をすれば、コロナウイルスの終息に近づき、近い将来日本に一時帰国ができる日、または家族で楽しく旅行ができる日がまた来ると思っています。
早く日本の家族やお友達に会える様、私はもう少しの間、責任ある行動を心がける様に努力したいと思います。

参考:
Ducey releases more guidelines for reopening Arizona economy →
Arizona Ends Stay At Home Order, Provides Additional Guidance To Reopening Businesses→
Tempe restaurant under fire as patrons appear to not follow Governor Ducey's guidelines→

併せて、こちらもご覧ください↓







私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

数年前に、カリフォルニアのミツワで購入した、茄子の苗。1度虫が付いてしまい、枯れてしまって、それ以降放ったらかしにしてしまっていましたが、いつの間にか雨水で生き返ってからは、また育てています。数週間前には、4つ程花が咲いていました↓昨日見たら、茄子が大きく ... 続きを読む
数年前に、カリフォルニアのミツワで購入した、茄子の苗。
1度虫が付いてしまい、枯れてしまって、それ以降放ったらかしにしてしまっていましたが、いつの間にか雨水で生き返ってからは、また育てています。

数週間前には、4つ程花が咲いていました↓

FullSizeRender

昨日見たら、茄子が大きくなってた↓

FullSizeRender

去年までは、indian eggplantの様に小さくて丸い茄子にしか成長しなかったんですが、今回のものは日本の茄子の大きさまでちゃんと成長しました。

そして...
ここ最近、ハミングバード2羽が、庭の木の周りで追いかけっこをしている姿を目にしていましたが。
写真には写っていませんが、この木の周り↓

FullSizeRender

今日、ハミングバードの巣を見つけました↓

FullSizeRender

写真を撮ったときは、ハミングバードがいない時間帯です。
(夕方になると、現れます)
だから、この木の周りでいつも飛んでたのね♡

Hummingbird、日本語ではハチドリ。
パームスプリングスに行ったとき、朝食を食べたレストランにも、蜜を吸いに現れました↓

FullSizeRender

空中に羽ばたきながら止まって、花の蜜を吸う、世界一小さな美しい鳥です。
ネイティブ・アメリカンの間では、ハミングバードは愛と美と幸せのシンボルであると信じられています。
平和のメッセンジャーであるハミングバードは、体と魂を癒し、人生の困難に際して、導きを与えていてくれるといい伝えられています。
ネイティブ・アメリカンの人々は、大きな出来事や、旅行の前にハミングバードを見ることは、吉兆であると考えていました。
こんな幸運な鳥の巣が、我が家の庭にあるなんて、嬉しいです。
(先月は、鳩がパティオのシーリングファンの上に巣を作ろうとしていて、2人で阻止...同じ鳥ですが、偉い違いです...)

という事で、アリゾナに、いよいよ夏が来ました。
つい先週までは、過ごしやすかったのんですが、ここ数日は30℃を軽く越し、来週は40℃になる様です。
A/Cも、一昨日から付け始めました。
これから10月まで、ノンストップでA/Cを付ける日々になるでしょう。
以前の家では、電気代が月$300を越すのが普通でしたが、新しい家は夏のピーク時でも$100ぐらいなので、かなり電気もお金もセーブ。
これから、アリゾナの長い夏が始まります...


話は変わって...
毎日テレビでは、コロナのニュースばかり。
そのアリゾナのテレビのニュースやインターネットのアーティクルでの内容は、”コロナウイルスは高温多湿はどうなるか”記事。

2月10日ニューハンプシャー集会で、トランプ大統領は、「4月には、ウイルスは暑さで消える」と発言。
その後、中国の習近平国家主席も、「一般的なこの種のウイルスは、暑さで消える」と発言しました。

この発言から、アリゾナのニュースで何度か目にしたのは、夏のアリゾナヒートでコロナウイルスの感染が少なくなるかもしれないという事。
アリゾナ州、ニューメキシコ州、ネバダ州は砂漠地帯と言われ、6月から暑さが落ち着く10月上旬まで、気温は45℃〜50℃になります。
それに加え、乾燥が重なると、空気中の飛沫は人に感染する前に消えるという事から、夏場はコロナは終息するのではないかという事でした。

通常、インフルエンザは冬に猛威を振るうウイルス。
それは、乾燥と気温が関係しています。
気温が下がると、人間の鼻や喉の粘膜の働きが弱くなってしまい、免疫力が下がり、体内に侵入しやすくなります。
また、湿度があると水分とともにウイルスは地面に落ちますが、乾燥していると、くしゃみや咳で飛び散ったウイルスが、空気中をふわふわと長時間居座ってしまう事から、冬場にインフルエンザは流行します。

では、新型コロナウイルスはどうでしょうか?
暖かい東南アジアの気候でも、新型コロナウイルス患者が大流行し、夏場にコロナウイルスが消える事はないのは目に見えています。

ただ、この新型コロナウイルス は、新しいだけあって今までの調査記録もなく、現在研究している最中。
Centers of Disease and Control and Prevention statesのウェブサイト()では、
「天候や気温が、COVID-19の広がりに影響を与えるかどうかは、まだ不明」と述べています。

ハーバード大学の研究者によると、「コロナウイルスは、暖かくなる夏の気候によって、私たちを救ってくれる事はない。ソーシャルディスタンシングも、引き続き必要になるかもしれない」という事でした。

その後、マサチューセッツ工科大学の研究(1月22日から3月21日までの、COVID-19の世界的なケースを調査)の中間報告、”世界の感染の90%が、平均気温3~17℃で発生している”という事が発表されました。
症例の90%が、平均気温3~17℃、1㎥あたりの空気中に含まれる水蒸気量が4~9グラム(湿度60%未満)の国や地域で起きていることが明らかになりました。
一方で、平均気温18℃以上、絶対湿度9g/㎥(湿度60%以上)を超える国・地域で報告された症例は6%未満にとどまっていたそうです。

マサチューセッツ工科大学の研究グループは、「新型コロナウイルスは高温多湿の気候では拡散しにくくなる可能性を示している」とした上で、北米大陸やヨーロッパの大部分で、湿度が高くなる6月以降は感染の広がりが抑制されると期待ができるという結果が出ました。

とは言え、こちらの結果はまだ中間報告なので、高温多湿でコロナウイルスが終息するかどうかは、まだ不明の点が沢山あるとの事。
高温多湿の場所では、ウイルスの拡散はかなり低下するそうですが、終息に向かう確率は低いそうなので、夏もソーシャルディスタンシングは必要不可欠という事です。

ちなみに、アリゾナの様な高温で乾燥する砂漠地帯の研究結果は、まだないそう...
アリゾナでは6月から9月まで、モンスーンが始まり、湿度も少しだけ高くなります。(日本よりは低いですが...)
このアリゾナの夏のヒートと、日本の高温多湿の気候が、コロナウイルス終息に向けて良い結果が出る様、願っております。
そして引き続き、ソーシャルディスタンシングとStay at home、3つの密を続けていきましょう。
夏の間のマスクの装着って、体感温度が上がりそうですが、仕方ないですね...

ジャスティンのために、手作りマスクをもっと作ってあげようっと!!

FullSizeRender


併せて、こちらもご覧ください↓



参考:
Will warm weather slow COVID-19?→


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

日本の安倍内閣政権は、新型コロナ経済対策として、現金給付を30万円を持ち出しましたが、条件が厳しすぎると批判が上がり、自民党が国民1人あたり一律10万円で要請したそうですね。それまでも、商品券やお米券、お肉券などの案が出たり、二転三転... なかなか話も進まなく、 ... 続きを読む
日本の安倍内閣政権は、新型コロナ経済対策として、現金給付を30万円を持ち出しましたが、条件が厳しすぎると批判が上がり、自民党が国民1人あたり一律10万円で要請したそうですね。
それまでも、商品券やお米券、お肉券などの案が出たり、二転三転...
なかなか話も進まなく、いつになったら国民の元に届くのでしょうか。
布マスクは、着々と到着している様ですが...

一方アメリカでは、早くも先週末から現金給付が始まりました。

名称未設定1

via→

これは、連邦政府のコロナウイルス対策関連法”Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security Act”、略して”CARES Act”の一環で、正式には”Economic Impact Payments”、一般的には”Stimulus Payments”と呼ばれます。
今回の現金給付の目的は、コロナウイルスによる景気後退を上げるためです。
ムニューシン財務長官によると、4月16日までには8000万人の人々の手元に、給付金が届いているそうです。

こちらの現金給付をいただく条件は、簡単に言うと...

・年収が7万5000ドル未満(810万円)→最低で1200ドル(約13万円)の給付。
・納税申告を共同で行っている夫婦は、合算した年収が15万ドル未満(1620万円)の場合→2400ドル(約26万円)の給付。
・17歳未満の子供がいれば、1人につき500ドルが加算。

申請手続きなどは何も必要なく、IRS(Internal Revenue Service:米内国歳入庁)が納税記録を見て、支払いの手続きをします。
(2018年度と2019年度のタックスリターン(確定申告)のファイルをした人が、該当)
給付金の受け取りは、大部分でタックスリターン申請時に利用した銀行口座に自動的に振り込まれ、その他では小切手またはプリペイド式デビットカードを送付されます。

また、社会保障年金を受け取っている高齢者や障害者は、特別な手続きをしなくても、数週間以内に自動的に給付されます。

この給付金の話を最初に聞いたとき、1つの家で7万5000ドル未満の年収とだけ聞いていたので、我が家は”non-eligible”だと思っていました。
このご時世なので、失業してしまった方々が該当するのだと思い、給付金はもらえないものと考えていました。
その後、共同でのタックスリターンの手続きをしている夫婦は、年間15万ドル未満の年収でOKという事を聞き、それはクリアしましたが、噂ではアメリカ市民のみの給付と聞いていたので、やっぱり資格なし...と思っていたのですが、 グリーンカード(永住権)保持者でも権利があるとの事だったので、良かったです。

ちなみに、こちらのニュースによると、永住権がないH-1B、H-2Aビザの方々も該当するそうです。
また、まだ2019年度分のタックスリターンの手続きをしていない方でも、今からでもIRSのHPで手続きをすれば、給付されます。
確定申告をしていない低所得者層も、IRSのHPで基本的な情報を入力すれば、給付される仕組みになっているそうです。

今回の給付金は、経済後退を回復させるため。
我が家では、$2400が4月14日に振り込まれ、臨時収入としてお互い$250づつお小遣いとして、有り難く利用させて頂きます。
残りの金額は、次回の日本旅行のために貯金しました。
CNNニュースによると(→)、2022年までソーシャルディスタンシングが必要との事で、次に私たちが日本に渡航できるのは、一体いつになるのでしょうか...
(このニュースを見たときには、涙が出てきました...)

日本では、面倒な手続きある様で、給付金をいただけるのはいつになるの??というのが国民の意見でしょうか。
先程見たニュースによると、オンライン上で手続きができる様になるとの事。ですよね、そのためのマイナンバーシステム!
今回のコロナの日本政府の対応は、何をするにもスローな感じです... 

アメリカの対応は、ビックリする程スピーディー。
現在の大統領は、あまりファンではありませんが、この速さは本当に驚きました。
そして、アメリカからWHOへの資金拠出の停止指示には、拍手したい程です。
(きっと、アグレッシブな現大統領だからでしょう...)
早くテドロス事務局長が辞任し、アメリカ側がWHOへの資金拠出を再開し、WHOにはワクチン開発に力を入れていただきたいです。
世界中の皆様が、安心して過ごせる日が早く来ます様に...


*1ドル=108円で計算しています。

⚠︎アメリカ給付金の詳しい詳細は、IRS(米内国歳入庁)のオフィシャルHPでお確かめください→


私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村