Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:BPA

私は、1人でティータイムをする事が大好きで...好きな紅茶を入れたり、スタバTAZOのチャイティー(★)を入れたり...日中40℃以上なアリゾナでも、やっぱりホットの紅茶を飲みたくなります。マカロンは大好物なので、SproutsやTrader Joe's(健康派スーパー)の冷凍マカロ ... 続きを読む
私は、1人でティータイムをする事が大好きで...
好きな紅茶を入れたり、スタバTAZOのチャイティー()を入れたり...
日中40℃以上なアリゾナでも、やっぱりホットの紅茶を飲みたくなります。

FullSizeRender

マカロンは大好物なので、SproutsやTrader Joe's(健康派スーパー)の冷凍マカロンは必ず冷凍庫に入っています。

FullSizeRender

トレジョのマカロンの事を書いたブログは、こちらから

ホットの紅茶を頂くときは、お湯を沸かすのは、こちらのケトル↓

image

我が家の買って良かった電化製品ベスト5()に入るぐらい、大活躍のガラス製ケトル。
プラスチック部分は中国製、ガラスはドイツ製です。
最初に買ったケトルは壊れたので、同じものと返品交換をしてもらいました(そのときのブログは、こちらから)。
このガラスケトルは、使うお湯によって温度を選べるという機能も なく、空焚き防止機能もなく、ただ水を温めるだけ。
ガラス製なので、お湯が入っているか入っていないかは一目瞭然なので、空焚きする事はないんじゃないかなと思いました。
ただ、ガラス製なので、お湯が沸いた後ガラス部分を触ると、熱いです
ビジュアル重視でガラスケトルをチョイスしたんですが、これが大正解でした
というのは、プラスチックケトルは、やはりプラスチックが溶けていく事があるそうで、 今問題になっているそうです。

アメリカで売られているプラスチック商品は、BPA Free(Bisphenol A: ビスフェノールA=化学物質)と書いてあります。
私のブログでは、何度かビスフェノールAの事を書いてあるので、読者さんはもうご存知の方々が多いと思います。
アメリカでは2010年1月より、FDA(米国の政府機関で、アメリカ食品薬局=日本の厚生労働省のような機関)でビスフェノールAを含む製品を控える様にと、警告が発表されています。
ちなみに、カナダではBPAを製品に使う事は、禁止されています。

とは言っても、新しいケトルやコーヒーマシーンをを買った場合、新品の匂いが消えないなんて事、ありますよね...
私のガラス製ケトルは、プラスチック製ではないのに、新しい製品の匂いが消えなくて
使い続ければそのうち消えますが、その使い続けている間の水の味が美味しくない。
そんな時は...
(ケトルの場合)購入直後は、何度かお湯を沸かしては捨て、また水を入れ、クエン酸や重曹、ベーキングパウダー等を入れてよくかき回します。
ケトルの蓋を閉め沸騰させ、数時間放置するだけ。
そして中のお湯を捨て、水で何度かすすぎをします。
気になる方は、再度水を沸騰、廃棄を数回繰り返してください。
これをすれば、新しい製品の匂いは消えると思います。

ステンレス製のケトルは、金属でできているので、プラスチック等熱可塑性樹脂があまり含まれておらず、熱を受けても溶けだしにくいために臭うことがないそうです。
ただ、ステンレス製は使用するにつれて、中にサビができたりするので、使用後は蓋を開けっ放しにして乾燥させる事が必要です。
ガラス製のものも、熱を発する所がステンレスなので、こちらも使用後は乾燥させる事を忘れずに

基本的に、熱を加える事は比較的良くないプラスチック。
歳をとると、体に良いものを摂取したいと思う様になりました。
もしケトルをご購入を考えている場合、ガラス製のものやステンレス製のものをお勧めします。
海外、またはアメリカ在住の方々は、プラスチックはBPA Freeのものをお選びください。


私が購入した、Bed Bath and BeyondのCapressoは、こちらから



LINEで読者登録ができます↓

先日、ジャスティンの車を改造しにNorth Phoenixに行ったついでに(そのときのブログは、こちらから★)、ダイソー商品を扱っているCutieというお店に寄ってもらいました。前回来たときは、大好きなハッピーターンが品切れだったんですが、今回はこんなにありました↓旨味パ ... 続きを読む
先日、ジャスティンの車を改造しにNorth Phoenixに行ったついでに(そのときのブログは、こちらから)、ダイソー商品を扱っているCutieというお店に寄ってもらいました。
前回来たときは、大好きなハッピーターンが品切れだったんですが、今回はこんなにありました↓

FullSizeRender

旨味パウダーが危険な事はわかっているんですけどね

”ハッピーターンの”旨み成分”の危険性”のブログは、こちらから

こんな美味しいお菓子は、やっぱりやめられないです...
ジャスティンが、前回ハッピーターンをケースで買った人の真似をして、「1ケース買う」と言い出したんですが、「アリゾナであまり手の入らないハッピーターンを、独り占めするのはよくないよ」と言い聞かせ、結局5パックに抑えました

FullSizeRender

いつも会計の前の所で買ってしまう、UCCコーヒーは、こちらでは$1で販売↓

IMG_1789

前回は気がつかなかったんですが、こんなステッカーが貼ってありました↓

IMG_1790

WARNING: Consuming this product can expose you to chemicals including Bisphenol A , which is known to the State of California to cause cancer and birth defects or other reproductive harm. 

警告:本製品をお使いになると、カリフォルニア州でがんや先天異常などの生殖障害を引き起こすことが知られているビスフェノールAを含む化学薬品にさらされる可能性があります。 

こんな注意書きが書いてあったら、恐ろしいんですけど
詳しくは、https://www.p65warnings.ca.gov/food
と書いてあったので、見てみると... 

サイト名の”P65”とは、”Proposition65”略で、
プロポジション65(正式名称は「1986年安全飲料水および有害物質施行法」)は、カリフォルニア州に対して「がん、先天性欠損症、またはその他の生殖危害を引き起こすことが知られている化学薬品のリスト」の作成を義務付けるカリフォルニア州の規制の事を指しています。
2015年5月には、Bisphenol A(以下BPAと略します)はカリフォルニア州法プロポジション 65 で指定される「人体に害を及ぼす恐れがある危険物質」に追加されました。これにより、 2016 年からは BPA を含む缶入りまたは瓶入り食品・飲料の容器に警告を表示する義務があります。

UCC コーヒーの缶に書いてあった警告は、”Bisphenol A”の規制が引っかかっている様です。
BPAとは、以前にもブログに書いた事がありますが(そのときのブログは、こちらから)、トマト缶やツナ缶等の缶や、プラスチックの容器に含まれている、化学物質の事です。
先日のブログにもポストした通り、私は家で食品を保存するとき、プラスチックの容器はやめ、ガラス容器を使う様になりました(そのときのブログは、こちらから
100均で便利なプラスチック容器やお弁当箱、それに使われているプラスチックはポリカーボネートというもので作られています。
ポリカーボネートは、まさにBPAが原料に作られているんです。

BPAが、体にどんな影響があるんでしょうか。
BPAは、環境ホルモンと言われているだけあって、特に女性の生殖機能に影響し、人間のホルモンであるエストロゲンに類似した作用を示すエストロゲン物質なんです。
そして前立腺癌、乳腺癌、思春期の低年齢化、生殖器官の異常にも影響すると言うデータもあります。その他にも糖尿病、癌、子供の学習障害、近年多発している子供のADHD(注意欠陥・多動性障害)にも関連があると言われている怖い物質です。また、成人のうつ病などを誘因するなどの報告もされているそうです。

アメリカで売られている商品。

FullSizeRender

GLADというラップのブランドには、BPA FREEと必ず書いてあります↓
(中央の”70”の左)

FullSizeRender

Press 'N Sealの事を書いた過去ブログは、こちらから

こちらの普通のラップのほうにも↓

FullSizeRender

プラスチック関係だけでなく、おもちゃや文房具、粉ミルクの缶にも含まれている事もあるそうです。
また、哺乳瓶にも含まれている事もあるとか... 
日本はまだ諸外国と比べると規制が甘い様ですので、乳幼児や妊婦さんはかなり気をつけなければならないそうです。
日本の商品は、”電子レンジ使用可”とか”不可”とは書かれてますが、ハッキリと”BPA FREE”や”ビスフェノールA不使用”と書いてあるパッケージは見た事ない様な... 
プラスチック商品について、BPAが含まれているかどうかは、1つ1つメーカーに問い合わせないと、わからないのが今の日本の現状です。 

なので、日本だったらCostcoやiHerb等で売られている輸入品のラップやプラスチック容器を購入するほうが、安心なのかもしれません。
ちゃんと、”BPA FREE”と書かれてますからね

乳がんや不妊症が増えているのも、この環境ホルモンの規制の甘さがあるんじゃないかと思います。
日本は、落としたお財布も手元に返ってくる様な、安全な国。
今後のためにも、目に見えない体に危険なものも、厳しく取り締まってほしいです。


厚生労働省のホームページにて、ビスフェノールAについて詳しく書いてます→


LINEで読者登録ができます↓