Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:100均ネイル

先日、100均グッズで3DネイルパーツをDIYをしたブログをポストしましたが... 今回はジェルネイルでのターコイズネイルの描き方について、ブログにポストしたいと思います。以前もポストしましたが、新しい読者の方もいらっしゃいますし、1年以上経つので、また新しく書かせ ... 続きを読む
先日、100均グッズで3DネイルパーツをDIYをしたブログをポストしましたが...




今回はジェルネイルでのターコイズネイルの描き方について、ブログにポストしたいと思います。
以前もポストしましたが、新しい読者の方もいらっしゃいますし、1年以上経つので、また新しく書かせてください

FullSizeRender

1年で9ヶ月は夏の季節のアリゾナなので、ターコイズネイル結構長い間セルフでできるのは、本当にありがたいです。(ターコイズ好き

使用したカラーは、セリアで発売されているブラック、白、ベース&トップのジェルネイル、そしてターコイズ色のジェルネイルです。

FullSizeRender

私がターコイズジェルネイルで使ったのは、Sally Hansenから発売されているジェルネイル、Salon Gel Polishの ”Teal Time”というものを使いました。
私はULTAで購入しましたが、TargetやWalmart、Amazon USA(オンライン→)でも手に入ります。

その他に準備するものは、ブラシ、アルコールスプレー(”万能アルコールスプレー”→。日本の場合は”エタノール、またはジェルネイルクリーナーというものが売られています)。









アルコール液を入れる小さな入れ物が必要ですが、ない場合はペットボトルの蓋が小さくてちょうど良いと思います。

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、(ジェルネイルが剥がれやすい人はプライマーを付けてください)ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

まずは、ターコイズ色のジェルネイルを塗り、硬化↓

FullSizeRender

再度、ベースジェルを塗ります。
硬化はしません

FullSizeRender

トレイに黒を出し...↓

FullSizeRender

細い筆で線を描きます↓

FullSizeRender

硬化していないベースジェルネイルが既に塗ってあるので、勝手に線がぼやけてきます↓

FullSizeRender

ペーパータオル(キッチンペーパー)で綺麗に拭いたブラシにアルコール液を付け、線をもっとぼやかします↓

FullSizeRender

10秒硬化(LEDライトの場合。UVライトの場合は、30秒)。

細いブラシにブラックを取り、色の強弱を付けます↓
10秒硬化。

FullSizeRender

白いジェルネイルとベースジェルネイル1:1をトレイに出して、混ぜます↑

ネイルに先ほど描いた濃いブラックの下に、ペーパータオルで綺麗に拭いた細筆に先程作ったホワイトを取り、色を付けます↓

FullSizeRender

白の線が濃すぎた場合は、アルコール液でぼやかしてください。

FullSizeRender

硬化。

この後、ネイルパーツを付ける場合は、糊代わりにベースジェルネイルを少し塗り、パーツを置いて、仮硬化。
トップコートのジェルネイルを仕上げに塗り、完全硬化して終了

セリアのベース&トップジェルネイルは、かなりサラサラした液体なので、ブラシに液体が付き過ぎると爪の生え際に流れてしまい、そのまま硬化してしまうと、後々リフトの原因になるので、トップコートの付け過ぎにはお気をつけください。
でも、少なすぎるとパーツが取れやすくなってしまったり...
トップコートの液体の付け具合いが難しいんですが、多過ぎず少なすぎずの量で、やってみてください。
心配な方は、グルーでネイルパーツを付けたらいいと思います。

今回使ったネイルパーツは、セリアの夏用のターコイズ色(右)と、キャンドゥーのスタッズネイルシール(左)です↓

FullSizeRender

そして、ターコイズの3Dハートは、この前ポストしたネイルパーツモールドを使って作りました↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、3Dハートネイルパーツの作り方の記事に飛びます。

海外在住の方々は、日本のネイルサロンの様な可愛いネイルパーツを使って施術してくれる所がなかなかないと思いますし、ターコイズネイルをマーブルの様にやってくれる所も少ないと思いますので、セルフでやってみてください

FullSizeRender

日本在住の方々も、梅雨が終わったら暑い夏が来るので、是非 
ターコイズネイルは、とても簡単です


簡単に手に入る、LOFTやPLAZAで販売しているHomeiのターコイズジェルネイルカラー↓



または、楽天のネイル工房で、Ⓜ︎K003 ターコイズブルー、Ⓜ︎K006ターコイズグリーンもあります↓

ジェルネイル♪全230色 ネイル工房発!カラージェル | ネイル ネイル用品 ジェル カラー ポリッシュ ネイルジェル カラージェルネイル ネイルアート ジェルネイルアート ネイルグッズ セルフジェルネイル セルフネイル
ジェルネイル♪全230色 ネイル工房発!カラージェル | ネイル ネイル用品 ジェル カラー ポリッシュ ネイルジェル カラージェルネイル ネイルアート ジェルネイルアート ネイルグッズ セルフジェルネイル セルフネイル

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→★日本に来て楽し ... 続きを読む
ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。

日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→



日本に来て楽しみなのは、100均巡り
ダイソーはアメリカでも手に入りますが、セリアCanDo、Natural Kitchenなどは手に入りません。
いつか、アメリカに進出してほしいです。

そのセリアでは、最近ではジェルネイルが手に入ります。
こちらのジェルネイルは、LEDライト(またはUVライト)が必要なものです。

第1弾で発売されたもの↓

FullSizeRender

左から、
ホワイト、ベージュ、ライトピンク、ピンク、レッド。

第2弾で発売されたもの↓

FullSizeRender

ミルキーピンク、ヴァイオレット、グレー、ネイビー、ブラック。

そして‼︎ 
先日、たまたまセリアでぶらぶらしていたら、新色が発売されてました
第3弾↓

FullSizeRender

SNSでも、ジェルネイルの新色の事をポストした写真などをまだ見かけてなかったので、ビックリ
今回見つけたものは、左側から
ブルー、ミルキーブルー、スモーキーピンク、ライトベージュ、ミルキーベージュ↓

FullSizeRender

どれも使えそうな色

それではスウォッチしてみましょう。
(チップの半分から上が1度塗り、半分から下が2度塗りです)
まずは、ブルー

FullSizeRender

かなり濃厚で、1度塗りでもしっかり塗れます。
濃厚過ぎるので、ブラシにジェルネイルを付けすぎて塗ると、湯葉る(表面が湯葉の様になる)場合があるので、気をつけてください。
それぐらい濃厚なジェルネイルです。
以前、セリアの色々なジェルネイルで秋冬色を作り、ブログにポストしましたが、グレーとネイビー色を混ぜた色に似ています↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。

新しく発売されたブルーは、スモーキーな感じの青なので、夏というよりは秋色の青の様な色。

ミルキーブルー

FullSizeRender

パステルカラーで、春夏の季節にはピッタリの可愛い色。
こちらもかなり濃厚で、1度塗りでしっかりと発色します。
薄い色はムラになりやすいので難しいですが、このカラーは初心者さんでも簡単に塗れます。

スモーキーピンク

FullSizeRender

こちらは塗りやすいジェルネイルで、クリア感はなく、1度塗りでも発色が良いです。
落ち着いたピンクなので、オフィス使いにオススメ
こちらの色も、以前の混ぜて作った秋冬色の色に似ています。
ピンクとグレー↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。

ライトベージュ

FullSizeRender

1度塗りでも、透け感はありません。
塗りやすいです。
既に発売されているベージュは、濃いめの色で使いづらいなと思いましたが…↓

FullSizeRender
このベージュ、濃いですよね?
使いづらいなと思いましたが、今回のライトベージュは、落ち着いた色で、単色でも使えます。

ミルキーベージュ

FullSizeRender

今回唯一の、クリア感があるジェルネイルです。
どれぐらいクリアかというと、これぐらい↓

FullSizeRender

ベージュというより乳褐色。かなり透け感があるので、2度塗りでも薄めです。
でも、このクリア感が好き
そして、塗りやすいです

ライトベージュもミルキーベージュも、かなり落ち着いた自然な色なので、オフィスネイルにとってもオススメ↓

FullSizeRender

スモーキーピンクもね

第3弾の新色は、全て使える捨て色なし

FullSizeRender
ジェルネイルの良い所は、マニキュアに比べて剥がれにくいので長くもつ事。
(私の場合は、2、3週間もちます)
また、ポリッシュタイプ(ブラシ付き)なので、初心者でも塗りやすい。
そして、100円なので初めての方々でも試しやすいのが良い所です

セリアのジェルネイル新色は、発売されてからはすぐ品切れしてしまう場合があるので、店頭に並んでいない場合は、店員さんに聞いてみてください。
入荷日を教えてくれると思います
日本の店員さんは、本当親切

第1弾、第2弾で発売されたセリアのジェルネイルのスウォッチは、こちらからどうぞ→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓






CanDoのネイルパーツは100均の中で、1番豊富です。そのCanDoで、メタルワイヤーパーツが売られているという事で、日本の母に送ってもらいました↓ゴールドとシルバー、2種類づつ販売しています。(私が送ってもらったのは、ゴールド)こちらは、”メタルパーツA”↓こち ... 続きを読む
CanDoのネイルパーツは100均の中で、1番豊富です。
そのCanDoで、メタルワイヤーパーツが売られているという事で、日本の母に送ってもらいました↓

FullSizeRender

ゴールドとシルバー、2種類づつ販売しています。
(私が送ってもらったのは、ゴールド)
こちらは、”メタルパーツA”↓

FullSizeRender

こちらは、”メタルパーツB”

FullSizeRender

こんなに入って100円なんて、凄いな
早速、最近セルフネイラーさんの中で流行っている、ワイヤーパーツを使ってやってみました。

FullSizeRender

薬指にはワイヤーを爪の生え際に置いて、ワイヤーパーツの中にべっ甲の色と柄を描いてみました。

使用したものは、こちら↓

FullSizeRender

ネイル工房で購入したジェルネイルの黄色・オレンジ・茶色(べっ甲柄を描くには、こちらの3色が必要です)、セリアの黒とベース&トップジェルネイルコート、そしてCanDOのメタルパーツを使いました。

今回は、薬指のネイルのやり方のみとなります。
薬指モデルに使ったパーツは、こちら↓

FullSizeRender

ワイヤーパーツは、自分の爪の大きさに合わせて、ニッパーでカットしておきます。

メタルパーツには、既に軽くカーブが付いていますが、自爪にカーブが強い方は、ウッドスティックやペン等を使って自分の爪のカーブに合う様に、メタルに丸みを付けておきます↓

FullSizeRender

あまり強く押さえ過ぎると、バキっと折れてしまうので、注意してください。

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

ベースコートを糊代わりに爪に塗り、メタルパーツを先に置きます↓

FullSizeRender

ワイヤーを爪の生え際に置くときは、1、2mm爪の生え際の手前に置くと、最後にトップコートがしっかり塗れるので、ワイヤーが取れにくいです↑

硬化。

丸いメタルパーツの中に、べっ甲のベースカラーとなる黄色を塗ります。
黄色とベースカラー1:1を、トレイに出します↓

FullSizeRender

細いブラシで、メタルパーツの中を塗ります↓

FullSizeRender

はみ出してしまった場合は、アルコール液の付いた綺麗なブラシで拭き取ればOK 。

硬化。

ベースコートを、メタルパーツの中に塗ります(硬化しません)。

FullSizeRender

トレイに茶色を出して↓

FullSizeRender

(ペーパータオルでブラシの汚れは拭き取ってから)先ほどの細いブラシでべっ甲の柄を描いていきます↓

FullSizeRender

硬化していないベースコートが先に塗ってあるので、勝手に色がぼけていきますが、ぼかしが少ない場合はアルコール液を含んだ細いブラシでぼかしていってください。

仮硬化でOK 。

べっ甲色に強弱を付けたいので、黒をトレイに出し、先ほどの余った茶色と混ぜて、焦げ茶色を作ります↓

FullSizeRender

焦げ茶色を(先ほどの茶色の上に)置いて、色の強弱を付けます↓

FullSizeRender

硬化。

トレイにオレンジとベースコート1:1を作って、クリアなオレンジを作ります↓

FullSizeRender

細ブラシで、トップにオレンジを塗ります↓

FullSizeRender

硬化。
これでべっ甲カラーは終了です。

私は自爪の白い部分が出るのが嫌だったので、爪の先に白を塗って、フレンチにしました(これはお好みで)↓

FullSizeRender

今回も、フレンチのラインを隠すために、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

最後に、爪全体にトップコートをしっかり乗せます。
このトップコートをしっかり塗らないと、髪を洗うときに引っかかってしまったりすると、パーツが取れる原因にもなるので、このワイヤー部分はしっかりトップコートを塗ってください↓

FullSizeRender

ただ、トップコートをブラシに付けすぎて塗ると、今度は爪の生え際にジェルが流れてリフトの原因にもなるので、ブラシにトップコートジェルの付けすぎには注意してくださいね

普通の爪のべっ甲ネイルの塗り方は、上記とほぼ一緒ですが、こちらの記事を参考にしてください→

FullSizeRender

自分の爪には、こちらの涙型のメタルパーツを使用しました↓

FullSizeRender

ワイヤーは自分の爪に合う様に、少しだけカットしました。

FullSizeRender

他の指のネイルパーツは、CanDoのスタッズシールを使用↓

FullSizeRender

セルフでも簡単にできるべっ甲ネイル、そして流行りのメタルパーツを使って、是非やってみてください。

べっ甲に使用したカラーは、こちら↓
・黄色”Freesia”T006
・オレンジ”Orange”F003
・茶色”Brown”F009
ネイル工房では、セールでジェルネイル100円以下になります

”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓







ネイルで、ここ最近流行っているのが、”囲みネイル”ネイルサロンで、お洒落さんからのリクエストで多いデザインらしいです。細い線なんて、書けないなんて思っているセルフネイラーな方でも、100均商品を使えば、無器用な方でも簡単にできるんです。今回も、セリアのジ ... 続きを読む
ネイルで、ここ最近流行っているのが、”囲みネイル”

FullSizeRender

ネイルサロンで、お洒落さんからのリクエストで多いデザインらしいです。
細い線なんて、書けないなんて思っているセルフネイラーな方でも、100均商品を使えば、無器用な方でも簡単にできるんです。
今回も、セリアのジェルネイルを使ってやってみました。
囲みネイルに使用した色は、黒+ベース&トップジェルネイルコート。

FullSizeRender

他の指の大理石ネイルに使った色は、黒、白のみ、そして使用した器具はLEDランプと筆、あればドットスティック(ダイソー。なければ、楊枝で代用可)

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

ネイルのベースカラーは、薄めの黒を使いたい(シースルーネイル)ので、セリアの黒のジェルネイルと、ベースジェルネイルコートを1:2で混ぜます。

FullSizeRender

(ベースに色を付けないクリアカラーが良い方は、ベースコートを2度塗りして硬化してください)

シースルーネイルは、クリア寄りの黒なので、お好みの色で調節してみてください↓

FullSizeRender

1度塗りして硬化、2度塗りして硬化↓(3度塗りが必要な方は、3度塗りして硬化してください)

FullSizeRender

次は、囲みネイル。
セリアで販売しているジェルネイルの黒は、結構薄めなジェルネイルなので、残念ながら囲みネイルには向いていません。
囲みネイルは、濃い色のほうが簡単に塗る事ができます。
(何度も塗り重ねる必要がないため)

そこで使ったのが、こちら。
100均セリアで購入した、アイライナー↓

FullSizeRender

”泣いても落ちない、セリアのアイライナー”の過去記事は、上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

こちらのセリアで購入したアイライナーは、ブラシが細く、ブラシがしっかりしているので絵が描きやすく、色も濃くてハッキリ発色するので、ネイルアートに使用するには、もってこいの商品です。

FullSizeRender

先ほど塗った黒のクリアネイルの周りに、アイライナーで囲いを描きます↓

FullSizeRender

こちらのアイライナーはにじまないので、不器用な方でも、一発で描けます。
(重ね塗りする必要なし
また、細い線も太い線も、簡単に描けます

もしハミ出でてしまっても、ご安心を
アルコール液を含ませたフラットなブラシでハミ出た所を拭き取れば、綺麗な線に修正OK

FullSizeRender

ちなみに、ウォータープルーフのアイライナーを使った場合で、もしはみ出てしまったときは拭き取りづらいかもしれません。

綺麗に囲いが描けたら、セリアのジェルネイルの黒をトレイに出し、先ほどアイライナーで描いた囲み線の上を、(黒ジェルネイルを付けた)細い筆でなぞって上塗りします。

FullSizeRender

この工程↑はぬかしてもOKですが、アイライナーの上を黒のジェルネイルで上塗りしたほうが囲み線が消えないです。
ポリッシュタイプのジェルネイルは、水に弱いのがデメリットなので、水仕事をする方は、黒のジェルネイルでコーティングするのをお勧めします。

その上を、ベースジェルネイルコートを全体に塗って、硬化。

FullSizeRender

今回は、シースルーネイルの上に黒いお花をデザインしたかったので、CanDoのホログラムを使いました↓

FullSizeRender

黒・白・赤の、丸いホログラムが入っています。

FullSizeRender

糊代わりにベースジェルネイルコートを最初に塗り(硬化なし)、黒い(小さめの)ホログラムをドットスティックで取り、ネイルの上にお花柄を作ります↓

FullSizeRender

ドットスティックにホログラムが付きにくい場合は、ドットスティックにアルコール液やベースジェル液を少し付けてからホロをピックすると、簡単に付けられます。

仮硬化でOK。(LEDランプの場合は15秒ぐらい、UVランプの場合は30秒ぐらいでOK)

お花の中央には、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

グリッターラインのジェルネイルの事を詳しく描いた過去記事は、こちらからどうぞ

ドットスティックにグリッターラインのジェルを付けて、お花の中央に点を描きます。

FullSizeRender

硬化。
トップジェルネイルコートを塗って、終了↓

FullSizeRender

他の指は、白ベースの大理石ネイルにしました。
大理石ネイルのやり方は、下の写真↓をクリックすると、”大理石ネイルのやり方”の記事に飛びます。

FullSizeRender

大理石ネイルのパーツに使用したのは、こちら。
CanDoのスタッズスティッカー↓

FullSizeRender

シルバー(写真左)を使いました。
こちらのパーツをネイルに置く前に、糊代わりにベース&トップジェルネイルコートを塗り、スタッズを置いて仮硬化。
最後に、トップジェルネイルコートを塗って、完全硬化して終了。
(パーツが剥がれ落ちない様に、パーツ周りはしっかりトップコートを塗ってください)

囲みネイルなんて、アメリカのサロンでは見た事がないです。

FullSizeRender

こちらは、左手で描きました↓

FullSizeRender

もともと左利きの私は、左で描いたほうが上手く描ける時が多いですが、流石に細い線はプルプルしました

日本のネイルデザインは、本当オシャレ
セルフネイルでも、100均アイライナーを使えば簡単にできるので、是非やってみてください


ネイル工房のグリッターラインのオンラインページは、こちらからどうぞ

”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




前回ポストした、黒大理石ネイルがかなり大好評でした上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。ストアでお会計をするとき、レストランのサーバーさん、友達など、毎日誰かしらにお褒めを頂きました。凄く簡単なので、皆さんもやってみてくださいね今回のネー ... 続きを読む
前回ポストした、黒大理石ネイルがかなり大好評でした

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。
ストアでお会計をするとき、レストランのサーバーさん、友達など、毎日誰かしらにお褒めを頂きました。
凄く簡単なので、皆さんもやってみてくださいね

今回のネールは、フレンチネイルでレオパード柄にしました

FullSizeRender

以前もアニマル柄はポストしましたが()、今回のデザインのほうが大人風なので、派手なネイルがあまり好きではない方も、この色合いだったら落ち着いた感じなので、できると思います。
そしてフレンチが苦手な方でも、簡単にできる100均アイテムを使ってます

今回も、セリアの100均ジェルネイルを使いました。
(セリアの100均ジェルネイルについての過去ブログは、こちらからどうぞ

FullSizeRender

黒、グレー、白、そしてベース&トップコート。
ダイソーで購入したドットスティックも使いました。

そうそう、CanDoで購入した大理石のインテリアマットは、ネイルのときにも使えて便利↓

FullSizeRender

”プチプラ大理石柄の色々”の過去ブログは、こちらからどうぞ

アセトンを何度かダイニングテーブルの上にこぼした事があるんですが、一部ペイントが剥がれてしまったので、気をつけないとです。(ジャスティンに怒られる

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

フレンチネイルのベースは透明が良かったので、1度塗りして硬化、2度塗りして硬化しました。
ベースカラーにカラーを付けたい場合は、ベースコートを塗って硬化し、カラーのジェルネイルを1度塗りして硬化、2度塗りして硬化をしてください。

今回フレンチネイルをするために使ったのは、こちらの100均商品↓

FullSizeRender

二重用両面アイテープ

以前、パンチ穴補強シール(英語ではLoose leaf paper sticker)を使ったフレンチネイルをポストしたんですが↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

爪の両端はカーブがあるため、パンチ穴補強シールは少々分厚いので、シールが爪から剥がれて、フレンチ部分のジェルネイルがはみ出てしまうときがあるんです。
硬化前だったらアルコール液で消せるので、問題はないんですが、この二重用のアイテープのほうがシールが薄いし、爪との粘着力も強すぎず弱すぎず、でも爪のカーブにちゃんと貼り付いていてくれるので、失敗がかなり少ないです。
なのでフレンチが苦手な方でも、簡単にフレンチネイルができます

爪の上には未硬化ジェルが付いているので、アルコールで拭きり、アイテープをピンセットで取って... ↓

FullSizeRender

上の白い紙を剥がして、透明部分だけ使います↓

FullSizeRender

それを爪の上に、貼ります
フレンチの幅は、お好みで

FullSizeRender

と思ったら、ベースもアイテープも透明で同系色になってしまい、とっても見づらかったので、急遽ベースコートの上にカラーを塗らせていただきました↓

FullSizeRender

白色のジェルネイルを、先端に塗ります↓

FullSizeRender

シールを剥がすと...↓

FullSizeRender

はみ出す事なく、綺麗にフレンチができました。
そして、硬化。
白はムラになりやすいので、薄く塗っていくのがコツです。
2度塗りして、硬化を繰り返します↓

FullSizeRender

もし、2度塗りしているときにラインからはみ出てしまっても、硬化前だったらフラットのブラシにアルコールを付けて拭き取れば、簡単に修正できます

次は、レオパード柄を描いていきます。
セリアのグレーと白のジェルネイルを、トレイの上に出します↓

FullSizeRender

レオパード柄を描くときは、ダイソーのドットスティックを使います。
ない場合は、楊枝のヘッド部分で代用OK。

白とグレーを混ぜます↓

FullSizeRender

細筆より、ドットペンのほうがレオパード柄が描きやすいです。
そして、レオパードはいびつな形ほどレオパードに見えるので、形が整っていなくてOKです。

FullSizeRender

爪のバランスを見ながら、レオパード柄を描きます。
硬化。

次に、細筆でレオパードの回りにフチ(囲い)を描いていきます。
先ほどの余ったグレーに、少しだけ黒を混ぜて、濃いめのグレーを作ります。
1つのレオパードのまわりに、”く”の字を2、3個描いていくと、レオパード柄に見えていきます↓

FullSizeRender

次に、同じ色(濃いグレー)でレオパードの間と間に、点を描きます。
こちらは細筆でも、ドットスティックでも、どちらでもOKなので、描きやすいほうを使ってください。
私は、ドットスティックを使いました↓

FullSizeRender

爪のバランスを見ながら描き、出来上がったら硬化し、最後にトップコートを塗り、ネイルパーツをつける場合はこの時点で付けて、硬化。
パーツを取れない様にするために、仕上げにもう1度トップコートを塗って硬化し、未硬化ジェルをアルコール液を含んだコットンで拭き取り、終了。

大人なモノトーンレオパード柄ネイルの出来上がり

FullSizeRender

レオパード柄をズーム↓

FullSizeRender

この写真で、フチの描き方がわかるでしょうか。

今回も、フレンチのラインを隠すために、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

フレンチネイルのラインをごまかすために、こちらのグリッターラインを使うと、とっても綺麗に見えます。
グリッターラインのジェルネイルの事を詳しく描いた過去記事は、こちらからどうぞ

他のネイルパーツは、ダイソーで購入しました↓

FullSizeRender

こちらのシリーズ↑↓は、アリゾナのCutieでも購入できます。

FullSizeRender


今までフレンチネイルがうまくできなかった方、100均のアイテープを使ってみてください。

FullSizeRender

薬指のグレーは、マッチさせるためにレオパードのライトグレーを使いました。
派手なレオパード柄が苦手な方、是非こちらのモノトーンカラーで挑戦してみてくださいね


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓