Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:衣替え

春の衣替えをしているので、収納整理についてのブログです。先日ポストした、IKEAのSKUBB商品↓上の写真↑をクリックすると、”アメリカ風断捨離の仕方。衣替え収納に便利な商品”の記事に飛びます。このボックスが、モノトーンな上に、縦収納ができるので、場所を取らずにク ... 続きを読む
春の衣替えをしているので、収納整理についてのブログです。

先日ポストした、IKEAのSKUBB商品↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、”アメリカ風断捨離の仕方。衣替え収納に便利な商品”の記事に飛びます。

このボックスが、モノトーンな上に、縦収納ができるので、場所を取らずにクローゼットに片付ける事ができました。

そして、こちらも以前ポストした、SKUBBの収納ボックス↓

IMG_4105

上の写真↑をクリックすると、”IKEAのオーガナイザーでサッパリ”の記事に飛びます。

引き出しの収納にはもってこいの、ボックス全6個。
このボックスのお陰で、私のコスメ用の引き出しが、綺麗に見やすくなりました。

そして今回は、こちらのSKUBB↓

FullSizeRender

6箇所仕切りのある、折りたたみ収納コンパートメント。

FullSizeRender

実はこちらは2代目で、10年ぐらい前に赤の同じものを、クローゼットに使っていました。
以前もかなり重宝したんですが、今回はモノトーンカラーが欲しかったので、白を再購入しました。
しかも、このときは$15オフのバースデークーポンを使ったので、タダでした。
(“IKEAのBdayクーポンは、超お得!”のブログは、こちらからどうぞ→)

まずは、トップに付いているマジックテープを、クローゼットのポールに付けて↓

FullSizeRender

水平になる様に、貼るだけです。

FullSizeRender

マジックテープは、かなり大きめなので、重さにもしっかり耐えられます。

やっぱりモノトーンカラーが好き
すっきりした見た目です

FullSizeRender

私は、帽子が好きなので、この折りたたみ収納のSKUBBで、重ねて置きました。

FullSizeRender

帽子って、いくつもあると、結構かさ張るので、収納が大変なんです
でも、これがあれば、綺麗に収納ができます
上段は夏物、下段は冬物で分けました

10年前のデザインより、作りがしっかりしているなと思ったのは、以前は各コンパートメントの底面に板が入っていなかったので、服を入れると重みでゆがんでしまいましたが、今回の作りは板が各ボックスに入っているので、物を入れても各底面がゆがみません

FullSizeRender

IKEAって、ちゃんとデザインを作り直しているんですね

各ボックスの大きさは横35cm、奥行きは45cm、かなり物がたっぷり入るサイズ。
そして1番下は、小さな仕切りになっているので、私は小さめのキャップやハンチング帽を入れてますが...↓

FullSizeRender

1番下の小さめのコンパートメント2箇所には、こちらのボックスがぴったりはまるみたいです↓

名称未設定2
収納ケース↓
IKEA ジャパン、オンライン
IKEA USA、オンライン

下着やトップス、靴下などをたたんで収納したり、バスタオルやハンドタオルの収納、スカーフやマフラーなどの小物の収納、ごちゃごちゃしているクローゼットの中が、これ1つで綺麗さっぱり片付きます。
そして後ろ側は、メッシュになっているので、通気性も良し

FullSizeRender

SKUBBの6コンパートメント。
IKEA ジャパンでは1299円(オンライン→)、IKEA USAでは$6.99(オンライン→

以前のデザインでも使えるな〜と思いましたが、今回新しいデザインに生まれ変わってくれたので、また重宝します
SKUBB、収納好きにはたまらないシリーズです。


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓







1月からNetflixにて、こんまりこと近藤麻理恵さんの、“KonMari〜人生がときめく片付けの魔法〜」(原題:Tidying Up With Marie Kondo)が配信開始され、”こんまりメソッド”が世界的な話題になっているのは、日本のニュースでも話題になってましたね。ジャスティンのお母 ... 続きを読む
1月からNetflixにて、こんまりこと近藤麻理恵さんの、“KonMari〜人生がときめく片付けの魔法〜」(原題:Tidying Up With Marie Kondo)が配信開始され、”こんまりメソッド”が世界的な話題になっているのは、日本のニュースでも話題になってましたね。

ジャスティンのお母さんまで、こんまりさんを知ってました
ママさんの家、冷蔵庫が5台も家にあるんだから、”Konmari”したほうがいいですよ

そうそう、”Konmari”という単語が、アメリカではそのまま”片付ける”という意味で、使われているんです。
ただ、アメリカ人は”断捨離=捨てる”ではなく、ドネートする(寄付する)人が多いです。
アメリカの場合、こんなボックスがプラザモールの駐車場や、ガスステーションの角においてあったりします↓

IMG_0402

これが、本当に便利
いつでもドロップできるし、人の役にも立てるし
ボックスによりますが、ドネートされた服は、ホームレスの人に行くもの、孤児院に行くものなど、さまざまです。

私の場合は、まだ綺麗めの服は、上の写真のボックスにドネートし、かなり着古してしまった服は、H&Mのリサイクルボックスに寄付します。
(よっぽどでない限り、我が家では服は捨てません)
アメリカのH&Mにリサイクルすると、アメリカの場合は15%オフのクーポンがもらえるので(人によっては1回で2枚くれます)、一石二鳥です

服をリサイクルする事についての過去ブログは、こちらからどうぞ→

こんまりさんの本が日本で話題になったのは、4、5年前だったでしょうか?
綺麗好きの私は、速攻彼女の本を購入して、何度も熟読したぐらいです。
我が家は、ジャスティンも綺麗好き
彼の中で決めている事は、”ハンガーが足りなくなっても、新しいハンガーを追加して買わない事。
もしハンガーが足りなくなったら、いらない服をドネートする”という事です。
私も真似して、服がそれ以上増えない様に、気をつけてます。

でも、アメリカの服の収納の仕方って、やっぱりなんでもハンガーに掛ける事が多い
使わない季節外の服も、1年中に掛けておきます。
セーターとかニットドレスって、結構場所取るんですよね

なので、IKEAでSKUBBシリーズを購入しました↓

FullSizeRender

SKUBBシリーズの購入は2回目で、以前はこちらのオーガナイザーをドレッサーを購入しました↓

IMG_4105

上の写真をクリックすると、”IKEAのオーガナイザーでサッパリ”の記事に飛びます。

上のオーガナイザーボックスは、引き出しの中が綺麗さっぱり見やすくなるので、超便利。
私は、まだ使わないコスメ関係を、プロダクト別に分けて収納しています。

新しく購入したこちらのボックスは、自分で組み立てなければいけませんが、簡単
サイドに板が付いているので、型崩れしにくい

FullSizeRender

そして、底面もプラスチックの板を入れる様になっているので、なかなかしっかりしたボックスです↓

FullSizeRender

広げたら、こんな感じ↓

FullSizeRender

早速、着なくなった冬服をホームクリーニングしました↓

FullSizeRender

ホームクリーニングは、化学薬品の入っていないLaundress()のWool & Cashmere洗剤で

FullSizeRender

LaundressのオフィシャルHPは、こちらからどうぞ
→アメリカ。日本

洗い終わった服を、先程のSKUBBのボックスに入れます↓

FullSizeRender

次の冬まで使わない、マフラーやストールも一緒に

FullSizeRender

セータードレスx4着(結構モコモコ)、タートルネックx5着、セーターx2、マフラーストール関係x3を入れても、まだまだ余裕がありました↓

FullSizeRender

最後に、我が家では乾燥機に使わなくなって余っている、ドライヤーシート(柔軟剤シート) を入れて...↓

FullSizeRender

我が家で、ドライヤーシート を乾燥機に使わなくなった理由は、上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

虫除け予防にもなる、ドライヤーシートです

ジッパーを閉めて、終了

FullSizeRender

どこに収納しようかしら。

FullSizeRender

持ち手が付いている配慮も、素晴らしい

FullSizeRender

IKEAのこちらの商品のページには、ベッド下にも収納できるというメリットが書いてあったんですが、我が家のベッドは低すぎて収納できませんでした...残念(高さ19cm)

なので、クローゼットのデットスペースに...↓

FullSizeRender

ボックスは型崩れしにくいので、縦収納もできます↓

FullSizeRender

クローゼットの棚の上に立てかけて置くという方法も

FullSizeRender

19cmの厚さがあれば置けるので、場所を取りません
そして、収納の基本は”縦収納”

サイズは2種類あり、私は小さいサイズを購入しました。

FullSizeRender

小さいと言っても、44cmx55cmx19cm。
かなり余裕の大きさです。
色は黒と白。モノトーン色という所が、また良いです。

かさばる冬物のアウター収納にも、良いです
そして、ボックスを使わないときには、小さくたためて片付けておく事もできます

FullSizeRender

1度使ったら、このSKUBB商品にハマります
衣替えに、IKEAのSKUBBボックス、オススメです。

IKEA ジャパンでは999円(オンライン)、IKEA USAでは$4.99(オンライン)。

大きいサイズは、69cmx55cmx19cmで、毛布や布団も収納できる大きさです。
(IKEA ジャパンオンライン、IKEA USAオンライン


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓



先日のブログの続きで、今回は私の革製品のお手入れ方法”ファンデの汚れを綺麗に落として、帽子を衣替え”のブログは、こちらから★お気に入りの靴やバッグは、出来るだけ長く持っていたいもの。でも革は、水分が大の苦手なんです。毎日靴のケアをしていても、雨に濡れてし ... 続きを読む
先日のブログの続きで、今回は私の革製品のお手入れ方法

”ファンデの汚れを綺麗に落として、帽子を衣替え”のブログは、こちらから


お気に入りの靴やバッグは、出来るだけ長く持っていたいもの。でも革は、水分が大の苦手なんです。
毎日靴のケアをしていても、雨に濡れてしまった靴の革を放っておくと、硬くなって水分が抜けてしまいます。
そんな革靴は勿体ないので、日々のお手入れが大切です。


この前、日本に一時帰国したとき、ミスターミニットで福袋を購入しました↓

FullSizeRender

・しっとりミルキークリーナー@1,400円+税  
・保革・補色クリーム@800円+税  
・クイックつや出しスポンジ@500円+税


+下の写真の、防水スプレー↓@1,300円+税 ↓

FullSizeRender

これらが入り、2000円の福袋でした
残念ながら、防水スプレーはガスが入っているので、スーツケースには入れられないので、使用済みの物を母にあげてきました。
かなりお得な福袋だったので、来年もし日本に行けたら、ミスターミニットで福袋を購入したいと思います。
父親には、昔から「足元を見れば、どうゆう人だかわかるんだから、靴は毎日磨かないとダメだよ」と言われていました。
だから今でも、日本に一時帰国の際は、靴の底のかかとや爪先を、ミスターミニットでよく直してもらい、スタンプも貯めてます

ちなみに、アメリカで代わりに購入した、防水保護スプレーは、これ↓

FullSizeRender

プラザモールによく入ってるFamous Footwear(靴屋)で、$13で購入しました。
(オンライン→)
安い防水スプレーは、革製品が使えなかったりするので、私は迷ったら高いほうを買います。
っというのは、母が以前ドラッグストアーで購入した防水スプレーを、UGGのブーツにかけたら、シミになってしまったんです
なので、革製品には、やっぱり革に強い靴屋で売られている商品を購入すれば、間違いなしです

ミスターミニットは、駅やデパートの中に必ずテナントで入っているので、本当に便利ですよね。
すぐに直してくれるし
(私が住んでいる実家近くのミスターミニットは、雨の日は割引になります)
靴や鞄の修理だけでなく、今は携帯(電話)の修理や印鑑作成や、服のクリーニングも行なっている所もあるそうです
アメリカで靴を直す場合、1週間とか かかるんでしょうか
やった事ないので、どれぐらいかかるかわかりませんが…
いつか、アメリカ進出してほしいな。

 まずは、冬のブーツを綺麗にしました。

FullSizeRender

陰干しで充分湿気を取った後(アリゾナは湿度10%なので、カビが生える事は古くなった食品以外は滅多にないです)、ブラシで靴の汚れを落とした後、日本から持ってきたサッサ?はいサッサ?で拭きます↓

FullSizeRender

はいサッサって便利で綺麗になるので、ガラージのドアの近くに、福袋に入っていた”クイックツヤ出しスポンジ”と一緒に置いておき、靴を履くときに必ず拭いてお出かけします。
両方とも手を汚さず、ささっと拭けるので、便利です。

そしてミスターミニットで購入したミルキークリーナーで、汚れを落とします。

FullSizeRender

使わなくなったタオルに、(片足につき)パール1個分ぐらいの大きさをおき、なじませてから、軽く拭きます。(でも今回はブーツなので、気持ち多めで拭きました)

FullSizeRender

このクリームで拭いただけで、革が綺麗に
てか、こんなに汚れていたまま、放置していました、私

FullSizeRender

最後に、こちらの保革クリーム↓

FullSizeRender

容器の上に、スポンジが付いているので、便利です↓

FullSizeRender

そして、最後に防水保護スプレーをかけて、乾かしたら終了

FullSizeRender

革が、一段と綺麗になりました

これ、Beforeです↓

FullSizeRender

ほかの革の靴と、夏用の革製品のサンダルも、ついでに綺麗にしました

FullSizeRender

そして靴と一緒に、革製品のバッグも、綺麗にしました↓

FullSizeRender

バッグって、トイレのドアのフックにかけるだけでも、バクテリアが付くんです
特にアメリカの公衆トイレは、汚いですからね

”バッグは公衆トイレよりバイ菌だらけ!?”の過去記事は、こちらから

だから私は、しょっちゅうアルコールスプレーで、バッグを拭いてます

image


万能アルコールスプレーの記事は、上の写真をクリックすれば、記事に飛びます↑

まずは、そのアルコールスプレーをペーパータオルに吹き掛けて、軽くバッグを拭きます。

FullSizeRender

アルコールスプレーは刺激が強いので、バッグには直接かけないで、必ずペーパータオルにスプレーする事です

その後、靴磨きのときにも使った、ミルキークリーナで軽く拭いて、革になじませます↓

FullSizeRender

これでバッグの革が、綺麗しっとり
仕上げに、防水保護スプレーをかけて、乾いたら終了

革は、磨けば磨くほど味が出るし、ケアをすれば長く保てます

FullSizeRender

もしも雨に降られてしまった場合、乾いたタオルで水分を拭き取り、靴の場合は臭い防止と型崩れを防ぐために、新聞紙を靴の中に入れます。
湿気がなくなったら、風通しの良い場所で陰干しをして、上に書いてある靴のケア方法をしてみてください。
革に雨は大敵なので、革靴や革のバッグは、防水保護スプレーで守ってあげましょう。

日本は、もうすぐ梅雨の季節。ゲリラ豪雨もあったり…
雨の日1日分は、晴れの何十日ぶん、靴を履いた事になるらしいです
スプレーをしておけば、汚れも付着しづらくなるので、一家に1本防水スプレーがあると、便利です




ミスターミニットのオフィシャルウェブサイトは、こちらから






LINEで読者登録ができます↓





日本は、そろろそ暑くなってきているんでしょうか?アリゾナは、とっくに麦わら帽子の季節。3月上旬から、夏用の帽子に変えました。6月は、日本では衣替えの季節ですね。冬用の帽子を綺麗にしていなかったので(冬用の帽子は、もう3ヶ月ぐらい被っていないのに)、衣替え ... 続きを読む
日本は、そろろそ暑くなってきているんでしょうか?
アリゾナは、とっくに麦わら帽子の季節。
3月上旬から、夏用の帽子に変えました。

FullSizeRender

6月は、日本では衣替えの季節ですね。
冬用の帽子を綺麗にしていなかったので(冬用の帽子は、もう3ヶ月ぐらい被っていないのに)、衣替えの掃除を週末にしました。

帽子って、おでこの部分がファンデーションやアイブロウの跡が付いてしまうんですよね...
こんな風に↓

FullSizeRender

汚くて、すみません
このまま放ったらかしにしていた事に、反省...
いつもは、夏用に衣替えをしたときに、掃除をするんですが...

この帽子のおでこ部分を綺麗にするには、”うる落ち水クレンジング”を使います。

FullSizeRender

このブランドでなくても、洗い流さなくてもよい水クレンジングだったら、なんでもOK
アメリカでも、最近は同じ様な洗い流さなくても良い、拭き取りクレンジングが売っているんです↓

FullSizeRender

写真のものはロレアルですが、このほかにもあります。
TJ MaxxやMarshalls(ディスカウントストア)にも売っている場合あり
ただ、私はアメリカの水クレンジングはまだ使った事がないので、使用感は不明ですが...

コットンに水クレンジングを含ませ、帽子の裏地部分を持ち上げて、ポンポンと汚れた部分を拭き取ってください↓

FullSizeRender

帽子の裏地は、必ず上に持ち上げて拭くのがポイント
帽子の生地まで濡れてしまうと、シミになる恐れがあり
タオルやティッシュは水分を吸い取ってしまうので、水分をひたひたにキープできるコットンが良いと思います。
洗濯ソープや洗顔ソープを使用すると泡立ってしまって、これまた帽子にシミができてしまう事があるので(特に麦わら帽子私は1度失敗しました)、要注意です
そして、洗剤を使う場合は、最後に水で洗わないとおでこが荒れてしまう事もあるので、洗い流さない水クレンジングがオススメです。

冬用のフエルトの帽子は、コットンでトントン拭き取っても、やっぱり細かいコットンがこんな風についてしまいます↓

FullSizeRender

そんなときは、100均で購入したエチケットブラシ

FullSizeRender

回転式で向きを変えられるので、小さい帽子の中のゴミを拭き取るのに便利です。

FullSizeRender

細かいコットンを綺麗に取ったら...

FullSizeRender

仕上げに、こちら↓

FullSizeRender

The LaundressのWool & Cashmere Sprayを、シュッシュ
こちらのスプレーで、殺菌しドライクリーニングができます

以前The Laundressの事を書いた過去ブログは、下の写真をクリックすれば、その記事に飛びます↓

{9FE5AEC0-9373-4493-909E-498C1DB1E71D}

アメリカでは、ホームクリーニングの洗剤の種類は、本当に少ないです。
このThe Launderessの洗剤は、Non Toxicで、石油系原料を使用していない、環境に優しい商品。
普通の洗剤より少し高めですが、安全だし、パッケージも可愛いので、オススメ
(以前紗栄子ちゃんも、ブログでオススメしていました)

こんな綺麗になりました

FullSizeRender

そして、夏用の帽子もファンデーションが付いてしまったていたので、こちらも綺麗にしました↓

FullSizeRender

綺麗にする前に、写真を撮り忘れてしまったので、before & afterの写真がなくて、ごめんなさい

FullSizeRender

冬用、夏用の帽子を、全て綺麗にしました

IMG_1175

これで、サッパリ
皆さんも良かったら、やってみてください

FullSizeRender


日本のThe Laundressのオフィシャルウェブサイトは、こちらから、オンラインはこちらから
アメリカのThe Laundressのオフィシャルウェブサイトは、こちらから
Wool & Cashmere Shampooのオンラインは、こちらから(USA)
Wool & Cashmere Sprayのオンラインは、こちらから(USA)

日本のオンラインサイトより、アマゾンJapanのほうが、安い様です。







LINEで読者登録ができます↓