Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:絵を飾る

この前Labor Dayセールで購入した、ゲストバスルームのwall decor↓ (そのときのブログは、こちらから★) お洒落な感じのwall decorを見つけたんですが、これが結構大きくて重い... いつものハンギングテー ... 続きを読む
この前Labor Dayセールで購入した、ゲストバスルームのwall decor↓
(そのときのブログは、こちらから


お洒落な感じのwall decorを見つけたんですが、これが結構大きくて重い...
いつものハンギングテープで壁に飾る事もできるんですが("壁に穴を開けたくない人のアイテム"のブログはこちらから)、もし床に落ちてしまった場合、ガラスが割れてしまうので、かなり重いものを飾るときはしょうがないので、止めようとなり...
(一応、7キロぐらいまでは、ハンギングテープで大丈夫みたいなんですけどね... )
今回は、壁に釘を打って飾る事にしました。
(ジャスティン、ショック

ハンギングテープと違って、壁に釘を打つのは失敗が許されないので、今回は新しいHorizon Vertical measure(水平垂直メジャー?→ごめんなさい、日本語でなんというか分かりません...)をLowes(ホームセンター)で購入しました。
(古いHorizon Vertical measureの事を書いた、"壁に絵を真っすぐ飾るアイテム"のブログは、こちらから


Lowesでは、レーザー光が出るもので安いものは$15ぐらい、高いものは$60ぐらいで販売していましたが、私たちはそんな高級品はいらないので、$15のものを購入しました。
アメリカ人は、wall decorを飾るのが好きなので、このメジャーを持っている人が多いです。

こちらは、古いメジャーと同じ様に、ガラスの中に液体が入っていて、バブルが中央にあれば、水平•垂直になっている事がわかります↓


画びょうの様なものが取り外しができるので、壁のどの高さで釘を打ちたいか、しるしを付ける事ができます↓


で、古いメジャーと何が違うか
それはレーザー光が出るんです


こんな感じでレーザー光がラインを引いてくれるんです↓


実際に、ゲストバスルームでジャスティンがやってみました。
まずは片方の釘を打つ場所を決めて、レーザー光のスイッチを入れ、バブルが真ん中きているかどうか確認。


この写真を撮ったときは、バブルがちょっとずれてます...
中央にきていれば、水平垂直になっているという事なので、もう片方の釘を打つ場所を決める事ができます↓



そしてスクリューを壁に打ち込みました。
(釘より強いので、スクリューにしました)


無事、ゲストバスルームに飾る事ができました。


ゲストバスルームは窓がないのが不満ですが、やっとプレーンなバスルームが変わった様な気がします


マスターバスルームは、最初にちょこっと飾り付けをしたんですが、ジャスティンに、
「まだ壁がガランとしている場所があるから、今度はマスターバスルームのwall decorを探してね」
というミッションが出たので、次はマスターバスルームを少し変えようと思います。

本当にnever ending...
でも楽しんでます

調べてみたら、Horizon Vertical measureは、日本語で"水平器"という名前の様です。









LINEで読者登録ができます↓