Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:結婚記念日

結婚5周年は、“木婚式”(もっこんしき)と言うんですね。恥ずかしながら、知りませんでした。“結婚記念日“の事を書いたブログは、こちらから★1〜15周年までは毎年紙婚式(1周年)綿婚式(2周年)革婚式(3周年)花婚式(4周年)木婚式(5周年)鉄婚式(6周年) ... 続きを読む
結婚5周年は、“木婚式”(もっこんしき)と言うんですね。
恥ずかしながら、知りませんでした。
“結婚記念日“の事を書いたブログは、こちらから
1〜15周年までは毎年
  • 紙婚式(1周年)
  • 綿婚式(2周年)
  • 革婚式(3周年)
  • 花婚式(4周年)
  • 木婚式(5周年)
  • 鉄婚式(6周年)
  • 銅婚式(7周年)
  • ゴム婚式(8周年)
  • 陶器婚式(9周年)
  • アルミ婚式(10周年)
  • 鉄鋼婚式(11周年)
  • 絹婚式(12周年)
  • レース婚式(13周年)
  • 象牙婚式(14周年)
  • 水晶婚式(15周年)
15周年以降は5年ごと
  • 磁器婚式(20周年)
  • 銀婚式(25周年)
  • 真珠婚式(30周年)
  • 珊瑚婚式(35周年)
  • ルビー婚式(40周年)
  • サファイア婚式(45周年)
  • 金婚式(50周年)
  • エメラルド婚式(55周年)
  • ダイアモンド婚式(60周年)
木婚式とは、『木が1本立っているように、夫婦が一体となっている』という意味がある様です。
なので、結婚5周年には“木製”の写真立てやジュエリーボックスなど製品を贈ったり、観葉植物を部屋に置くカップルは多いようです。

こちらはwikipediaに載っていた、伝統的なアメリカとイギリス、そしてChicago Public Libraryが現代版のWedding Anniversary Giftが記してありました↓

FullSizeRender
FullSizeRender

上の写真をクリックすれば、wikipediaに飛びます↑
イギリスの6周年”砂糖”、8周年”塩”とか...

そして、アメリカの30周年以降は、こんな感じ↓

30th Pearl,
40th Ruby,
50th Gold,
60th Diamond,
70th Platinum

そして、こちらがwikipediaに載っていた、年代別フラワーギフト↓

名称未設定


写真↑をクリックすれば、wikipediaに飛びます。
4周年(去年)は、Hydrangeaだったのか... 紫陽花は大好きなお花なので、もらっておけば良かったな
今年5周年は、デイジーだったのね 日本語だと”ヒナギク”?

お花よりジュエリーのほうが興味がある私なので()、早速ジャスティンと調べました。
こちらは、Patrickvoillot.comという、世界中の宝石業界のプロフェッショナルを集めたネットワークに載っていたリストです↓

FullSizeRender


上の写真をクリックすれば、ウェブサイトに飛びます(日本語版)↑

そのリストによると、5周年は”サファイア”と書いてあるので、早速サファイアを探しにいきました。

FullSizeRender

天然のサファイアは、もっと黒っぽかったので、ブルーサファイアにしました
石のまわりにも、小さなサファイアが4つ乗ってるのが、可愛い

FullSizeRender

サファイアの石の暗示は、”信頼と誠実”、””堅固な愛”、”貞操を守る”、”知性を増す”、”邪悪なものからの保護”という意味がある様です。
という事で、まぎれてジャスティンもサファイアのピアスを、購入

FullSizeRender

両耳の軟骨につけるそうです
たまたまネイルの色もブルーだったので、指輪とマッチしてます

FullSizeRender

次は、10周年のダイアモンドまで我慢...
と思っていましたが、上の表によると来年6周年は”アメジスト”か”ターコイズ”、”ガーネット”みたなので、来年の結婚記念日は、おねだり作戦しましょうかね

FullSizeRender

ありがとうね、ジャスティン
この写真は、この前のお友達のバースデーパーティーの写真です(

皆さんも結婚記念日に、ご主人におねだりしてみてください



先日のブログのアンケートに参加してくださった方々、ご協力ありがとうございます
引き続きアンケートを行っていますので、お時間がある方でまだの方、是非ご協力をお願いいたします。
これからのブログ記事の参考にさせていただきます。
(こちらからどうぞ



LINEで読者登録ができます↓




4月22日は、私達の結婚5周年記念日でした。5周年と言っても、1年7ヶ月は移民ビザの手続きをしていたので、その間は遠距離。なので、実際一緒に住んでいるのはまだ3年5ヶ月ですが、書類上は5周年5年前、ジャスティンが仕事の出張でアリゾナから日本に来たときに、港区の区役所 ... 続きを読む
4月22日は、私達の結婚5周年記念日でした。

5周年と言っても、1年7ヶ月は移民ビザの手続きをしていたので、その間は遠距離。
なので、実際一緒に住んでいるのはまだ3年5ヶ月ですが、書類上は5周年
5年前、ジャスティンが仕事の出張でアリゾナから日本に来たときに、港区の区役所で籍を入れてから、もう5年も経つ事にビックリです

”ビザ関係”のカテゴリーは、こちらから

その結婚記念日だった22日は、ちょっとした喧嘩をして、私が勝手に昼間からショッピングへ出掛けてしまったので(車の運転ができる様になって、本当良かった)、記念日はどこかに食事をしに行こうと言っていたんですが、それがなくなり…
1週間後のこの前の土曜に、やっと記念日の食事をしに行きました。

まずは、家の近くの鉄板焼き屋さんでランチ。
ジャスティンのバースデーに、レストランからもらった$25オフクーポンが残っていたので、それを消化するためです。
相変わらず、アサヒを飲む人↓

FullSizeRender

ジャスティンはフィレ+ホタテのコンボ、私はエビとカラマリ(イカ)のコンボをオーダーしました。

FullSizeRender

鉄板焼きカウンターに座ると、ガチャガチャうるさいので、今回はテーブル席。
アメリカの鉄板焼き屋さんは、エンターテイメント重視でゆっくり静かに食べられないんです
しかも、鉄板焼きカウンターから身を乗り出して料理が配られるので、シェフの盛り方が汚いし…
テーブル席に座ったほうが、お皿も綺麗に盛ってくれ、静かに食べられるので、アメリカの鉄板焼き屋さんで食べるときはテーブル席を好む私達です。
今回行ったOsakaという鉄板焼きレストランは、メール登録すると誕生日に$25オフのクーポン(鉄板メニューのみ使用可能)が送られてくるのでお得
ほぼ1ミール分が無料です。
(Osakaのオフィシャルウェブサイトは、こちらから

その後は、アウトレットモールでショッピング。
J. Crewでワンピースドレスが$85→$25だったり、バナリパ(Banana Republic)でキャミソールが$25→$10だったので、数枚買ってもらいました
ジャスティンは、ジム用のTシャツを買ったり… 

帰り、車に戻るとき、コヨーテ(小さめの狼)がパーキングの中を、ウロウロしてました

IMG_0161

こんな人が沢山いる所に、コヨーテが迷い込む事があるんですね
ジャスティンに「早く車に乗って‼️」と言われ、さすがの私もコヨーテの写真を車の中で撮りました。
飛びかかってきたら、恐ろしいですからね… 

夕食は、フェニックスのSeason 52というレストランへ。

FullSizeRender

6時の予約でしたが、鉄板焼きを1時頃頂いたので、お腹は空いていませんでした

高級ショッピングモール、Biltmore Fashion Parkの中にあります。
ずっとこちらのレストランに来たいと、ジャスティンに言っていたのに、なかなか来れなくて...
3年越しで、やっと来れました。
店内は薄暗いので、予約時にテラス席を指定しました。

FullSizeRender

最近のアリゾナは、日中は35℃を越しますが、夕方になると涼しくなります。
これが真夏になると、夕方になっても40℃越えですからね...
日中なんて、ドライヤーの熱風を顔や体に当てている感じです。
暑いと、息もしづらくなります
きっと、もうすぐテラスにも座れなくてなってしまうんでしょう...

FullSizeRender

ジャスティンはギネス、私はミントレモネードをオーダー↓

FullSizeRender

ミントレモネードは、refreshing summer drinkの様な、飲みやすくさっぱり。爽やかな飲み物で、美味しかった
Hello Springという、3コースミールを選びました。

FullSizeRender

限定の春のメニューは、前菜orスープとメインを5、6種類の中から組み合わせる事ができます。
ポーションは、普通の料理のメニューと同じという事なので、コースでオーダーしたほうがかなりお得です。

まずは、アスパラガスのスープ↓

FullSizeRender

白い泡のソースは、サワークリーム。
アスパラの濃厚なスープと、甘すっぱいサワークリームがマッチして美味しかったです

メインは、私はWood-Grilled Handline Tuna、ジャスティンはポークテンダーロイン↓

FullSizeRender

写真ではわかりづらいですが、このマグロがめちゃくちゃ大きかった

FullSizeRender

Seared(さっと焼く。レアよりも生)で、いただきました。(黒いのは、ご飯)
ソースは甘すっぱかったんですが、ポン酢がほしくなってしまった私は、やっぱり日本人ですね
ジャスティンのポークが、柔らかくて美味しかったです

彼の料理の中にあった、こちらの茎の様な植物↓

FullSizeRender

こちら、何か分かりますか?
コリコリ?カリカリ?した歯ざわりで美味しかったので、思わず写真を撮りました。(家に帰ってから名前を調べようと思ったので。)
英語ではFiddlehead Fernsと言って、”シダの若芽”と書いてありましたが、見た目は”ぜんまい”の様です。
アメリカでは、雪が溶け始める4月下旬から6月に収穫されるものが最も良い時期で、強く巻かれたものが、良いFiddlehead Fernらしいです。
このアリゾナでも、春を感じられる料理がある事に驚きました。
普段、ハンバーガーかピザしか選択がない様なアメリカなので...
Fiddlehead Fernsは、こちらのHello Springのメニューの中で、使われている食材だそう。

デザートは、こちらの中から選べます↓

FullSizeRender

私が選んだのは、マスカルポーネ&ラズベリーのケーキと、チョコレートブラウニー↓

FullSizeRender

チョコレートブラウニーは、見た目は甘そうですが、甘さ控えめで、チョコレートソースも日本の様なケーキの甘さでした。
マスカルポーネのほうも、甘すっぱくて美味しかった
こちらのレストランのケーキは、アメリカのケーキの様な激甘ケーキではない様で、アメリカのケーキが大の苦手な私でも、美味しく頂けました しかも一口サイズでちょうど良い❤️

私たちのテーブルをケアしてくれた彼女、Sakuraちゃんという日本人とアメリカ人のミックス
私の腕、太..

FullSizeRender

アメリカのレストランでは、”自分がテーブルの担当します”という事を最初に挨拶をしてくれるんですが、
彼女は自分の名前を「サク」と言ったんですが、私はサック(ちょっと危険なワードです)と聞こえてしまい、ネームタグを見たら”Sakura”と書いてあったので、思わず「サクラ??」と言ってしまいました
ご両親は沖縄に昔住んでいたそうで、彼女自体は日本には住んだ事はないそう(お姉さんは沖縄で生まれたそうです)。
カンザス州生まれカンザス州育ちの彼女は、いつか桜の咲くシーズンに、日本に旅行しに行きたいそうです。
素敵な名前

そんな彼女から、帰り際にお花と、お祝いのカードを頂きました

FullSizeRender

お手紙まで書いてくれて、本当に素敵なサーバーさんでした
アリゾナには、フォアンセの方の関係で引っ越してきたそうです。
どうぞ、お幸せに

素敵なサーバーさんのお陰で、私たちも素敵な夜を過ごす事ができました。

IMG_0259

これからも、ジャスティン共々、宜しくお願いします

Season 52のオフィシャルウェブサイトは、こちらから
Hello Spring menuは、5/10までです。

Address :
2502 E. Camelback road, Phoenix, AZ 85016
Phone :
602-840-5252
Hours :
Sun 10:00AM - 9:00PM
Mon - Thu 11:00AM - 10:00PM
Fri - Sat 11:00AM - 11:00PM


LINEで読者登録ができます↓