Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:甥っ子

この前Post Officeへ行ってきました。 日本の生命保険から書類不備が送られてきたので、それを送り返すのと、姪っ子ちゃん誕生のお祝いのギフトを送るためです。 (甥っ子くんがお兄ちゃんになった日のブログは、こちらから★) 保険の書類は、去年一時帰国していたとき日本 ... 続きを読む
この前Post Officeへ行ってきました。

日本の生命保険から書類不備が送られてきたので、それを送り返すのと、姪っ子ちゃん誕生のお祝いのギフトを送るためです。
(甥っ子くんがお兄ちゃんになった日のブログは、こちらから
保険の書類は、去年一時帰国していたとき日本の病院に入院していたときの請求と、去年の5月にアメリカで手術と入院していたときの請求なんです。
(そのときのブログは、こちらから
半年以上前に全ての書類を日本に送ったんですが、今更書類不備で返ってきてしまいました。
どうやら、生命保険会社も、海外の病院の手続きが分かってない様で...

TargetやWarmart、Staples(Office用品を扱っているストア)には、普通のボックスしかなかったので、ポストオフィスまでボックスを探しにきました。
さすが郵便局 色々な大きさの段ボールがあります↓


私が欲しかったのは、この形↓


この形、売ってそうで売ってないんですね
さすが、郵便局です

この前、姪っ子ちゃんのギフトを買ったので、こちらをちゃんとラッピングして包みました


Bow head band

そして、入院するときに、病院で付けてくれるタグを一緒に飾る事ができるPicture Frameです↓


姉は間違いなく、病院のタグを取っておいてあるのを知っているんです
後は、甥っ子ちゃんのギフトを詰めました。
甥っ子ちゃんには、この前Facetimeで、
「りーちゃん、ウルトラマンのもの、送って
と、プレゼントを請求されましたが、こちらにはウルトラマンの物は売ってないんですよ
なので、スーパーマンのパンツ(下着)を送りました。
最近やっとオムツ取れたし (ってか、遅 3歳7ヶ月)

ラッピングして、後日郵便局に戻ってきたら...
こんなに混んでました↓


クリスマスやThanksgiving並みの混み様
ボックスを買いに来たときは、全然混んでなかったのに

外に出てみたら、ポリスが子供達をパトカーに乗せてあげてました↓


車の中に、子供達は3人いたかな
みんな大喜びで嬉しそうでした
この風景、結構アメリカでは見られるんです
アメリカのポリスは、すぐに銃を出すイメージですが、こうゆう姿を見るとアメリカのポリスはキッズには優しいなって思います。
この後、子供達を写真を撮っていました


LINEで読者登録ができます↓


私の大好きな甥っ子ちゃん 自分でも認める、叔母バカです、私 (甥っ子ちゃんブログのカテゴリーは、こちらから★) ピースがいまだにちゃんと出来ない3歳児... ↑   最近は、保育園やお散歩に行く前 ... 続きを読む
私の大好きな甥っ子ちゃん
自分でも認める、叔母バカです、私
(甥っ子ちゃんブログのカテゴリーは、こちらから


ピースがいまだにちゃんと出来ない3歳児... ↑  
最近は、保育園やお散歩に行く前には、「お化粧しないと
と言って、髪の毛をとかし始めるらしいです  
お化粧=髪をとかす
と思ってるらしい… 

日本に一時帰国していた、年末年始の6週間。
その帰りの見送り、地元の駅で待ち合わせし、空港行きのシャトルバスに乗る予定だったのに、姉ファミリーだけ乗り遅れました。
その遅れた理由が「今病院にいる」という...
リムジンバスの中で私の両親は、「○○くん(甥っ子ちゃん)が風邪でも引いたのかな?」と話していたんです。
病院終了後、姉夫婦が少し遅れて到着し、姉から"赤ちゃんができました"の報告。
サプライズでした

姉の旦那さんは、単身赴任をしていて、週末しか家に戻ってこないので、ほとんどシングルマザー状態。
その上甥っ子の世話をし、自分もフルタイムで仕事をしています。
そしてまた、妊婦生活...
妊娠5ヶ月で、仕事前後の甥っ子の保育園の徒歩20分の送り迎えも辛くなり(妊婦さんは自転車に乗ったらいけないですからね...)、私の両親が甥っ子の送り迎えをしていました。
(姉は妊娠初期のとき、自転車にまだ乗っていたらしく、私は猛反対しました

そして妊娠6ヶ月で切迫早産になり、甥っ子を連れて、私達の両親の家に自宅安静となりました
切迫早産は、なんと2回目
甥っ子ちゃんがお腹の中にいるときも、妊娠6ヶ月で絶対安静になりました。
大変なのは姉だけでなく、私の両親も。
毎日姉と甥っ子のお世話、車で20分の保育園の送り迎え、3食食事を作る私の両親、本当にお疲れさまでした。

出産前日の姉の病院で、甥っ子ちゃんと記念撮影


私の父が言うには、横綱級のお腹の大きさと言ってました。笑。
たぶん、4ヶ月寝たきり生活をしていたからでしょうか  (37週)
悪阻が酷くて、体重が4キロしか増えなかったらしいです。

そして日本時間7/27日の午前中、姉から無事出産の写真が携帯に送られてきました
アメリカ時間は夜だったので私は眠りにつき、次の日の夕方(日本時間朝)、母に電話をしたら...
昨日は出産してすぐに、赤ちゃんが自身で呼吸ができなくて、大学病院のNICUに救急車輸送されたと母から言われ、電話を切った後、私は号泣
ジャスティンに、「日本帰っていい?」と相談し、その日の夜は、赤ちゃんの事が心配で、全く眠れませんでした。
こうゆうとき、遠くに離れてると嫌ですね...

新生児一過性多呼吸といって、帝王切開ではよくある事らしいのですが...
生きた心地がしませんでした。
きっと姉も1人で入院している間、不安だっただろうな...

2日後、無事大学病院を退院し、姉と一緒の病院に帰ってきました。


女の子ですが、甥っ子が産まれたときと全く同じ顔です↓


甥っ子ちゃんが産まれて3日後の写真↑
彼は、よく女の子に間違えられました

本当に無事に産まれて良かった
あ〜、早く日本に行って抱っこしたい


LINEで読者登録ができます↓




土曜日の朝、突然ジャスティンのママさんからテキストがあり、日曜に彼女達が育ててる孫のリリーとリアムのベビーシッティングを8時間( )してほしいと言われました ジャスティンと私、「ちょっと突然過ぎるね...しかも、8時間は長過ぎじゃない ... 続きを読む
土曜日の朝、突然ジャスティンのママさんからテキストがあり、日曜に彼女達が育ててる孫のリリーとリアムのベビーシッティングを8時間( )してほしいと言われました

ジャスティンと私、「ちょっと突然過ぎるね...しかも、8時間は長過ぎじゃない
と、話し合い...
でも、さすがに8時間は...って事になり、一度断りましたが、やっぱり悪いかな?ってなり、結局午前中の4時間だけ預かる事にしました。

ママさんは、もう1つ家を持っていて、友達に家を3年レントしていました。
(来月に、その家を売る予定)
でもそのレントしていた友達、かなり家を汚くして退去した様で、ジャスティンママさんと旦那さんはカンカン
友達だったので(厳密にいうと、元友達になってしまったらしい...)、デポジットも受け取ってなかったらしく...
なので、自分たちでカーペットを全てチェンジし、壁もペンキを塗り直さないといけない様で、その作業をやるらしく、孫たちを私たちに預けたかったみたいです。


ところで、ベビーシッティングする事で、お金が発生すると思いますか?
ジャスティンの話によると、家族間で子供を預けるのは、お金が発生しないらしいです...
たとえお泊りで預けたとしても...
ただ、家族のティーンに預ける場合は、お金を置いていく場合もあるらしいんですが、家族間ではほとんどはボランティア...
これを初めて聞いたとき、「え 」ってなりました
やっぱりそうゆうもんなんでしょうか?
旦那の家族ですが、私とは血が繋がってないし、私は"親しき仲にも礼儀有り"という感覚なんですが、アメリカでは家族内ではボランティアなんですね...
たまにならいいですけど、これが頻繁になって、ボランティアなんて厳しいな


話はずれましたが、日曜日。
ジャスティンは朝8時に、ママさんの家に行きました。
私は寝てましたが、ジャスティンにFacetimeで起こされ、リリーとリアムに、「Antie Rie、来ないの?」と言われたので、ジャスティンの水着を持って急いで出掛ける準備をしました

ジャスティンのママさんは、車で3分の距離に住んでます。
リリーとリアムは、8時過ぎから既にプールで泳いで遊んでたらしいです。
(私は10時頃到着しました)


ママさんちのプールは、ヤシの木があるし、トロピカルな感じにデコレートされてます。
所々に、大仏様が置いてありますが… 
そして、プールの後ろ側にはパーゴラがあるので(パーゴラの中は、バーになってる)、本当オシャレ

既に暑いアリゾナなので、プールの水もかなり生温かったです
てか、アメリカの家のプールって、どうしてこんなに深いんでしょうね...
1部分は、足が届く深さなんですが、ほとんどが足が届かない
この3人が立ってる場所も、2.5mの深さです


私は泳げないし、足が届かない所にいくのは怖いので、下の写真のリリーが持ってる"ヌードル"という浮き輪を持って泳いでました



スワンの上に乗って、みんなでプカプカ浮いてたり、4人で楽しく過ごしました
私が泳げないので、ちょっと前に泳ぎを覚えたリリーに、どうやって泳ぐか教えてもらったり、「You can do it 」と、5歳児に励まされたり...


11時頃、リアムが
「お腹空いた マカロニ&チーズが食べたい
と言い出したので、ブレイクタイム。


ジャスティンが急遽、マカロニ&チーズを作りました。
リアム、嬉しそう


2人とも、3回もおかわりしてました
ずっと泳いでたので、お腹空いてたんでしょうね


食事後、先日日本から送られてきた雑誌のバッグのエキストラを、リリーにあげました
(そのときのブログはこちらから


リリー、かなり嬉しかったらしく、すぐに自分のおもちゃやコスメを入れて、鏡で自分の姿を見たり、私のバッグの隣に置いたり...↓


「We are twins 」と言って、喜んでました
こんな喜んでくれるとは
バッグをあげた甲斐がありました

ジャスティンママと旦那さんが飼っているシーズーのオスカーとクーパーも元気でした。
グルーミングしたばかりなので、サッパリ

クーパー↓


オスカー↓


昼過ぎに、ジャスティンのママさんと旦那さんが帰宅。
リリーに、「もっと居て〜 」とせがまれましたが、「またすぐ会おうね 」と言ってお別れ。

その後は、ジャスティンとお寿司を食べに行きました。
久しぶりにプールに入ったので、2人とも腹ぺこ


近所のアメリカナイズされた、日本食屋さんです。
ここの焼き鳥は、オーダーするとき「チキン or ビーフ?」と言われます
でも、ビーフが意外と美味しくて
ワサビとテリヤキソースで頂きます


その後は、色々errandsに走り回り、帰宅
今日も、暑かった1日でした


LINEで読者登録ができます↓