Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:環境汚染

乾燥機に入れるとき、アメリカでは沢山のご家庭で使われてるドライヤーシート(乾燥機シート)。最近は、日本でも使われているそうですね。以前、スーツケースのパッキングのブログをポストした際に、さらっと「ドライヤーシートにはtoxic(毒)が入っているので、体によくな ... 続きを読む
乾燥機に入れるとき、アメリカでは沢山のご家庭で使われてるドライヤーシート(乾燥機シート)。
最近は、日本でも使われているそうですね。

FullSizeRender

以前、スーツケースのパッキングのブログをポストした際に、さらっと「ドライヤーシートにはtoxic(毒)が入っているので、体によくないのでやめました」と書きましたが、詳しく書いてませんでした。

“パッキングハック。スーツケース編”の過去ブログは、こちらからどうぞ

乾燥機にシートを入れて乾燥させれば、静電気防止、シワ防止、ふわっと仕上げてくれる柔軟剤効果、そして服に香りをつけてくれるんです。
特に冬は静電気が起こりやすいので、防止対策として使う人も多いです。
あの裏地が足にまとわりつくのって、嫌ですよね...
シートを入れないで乾燥機に入れると、バスタオルなんかは肌触りが悪くなってしまうし…
ちなみに、静電気は英語でstatic、静電気でバチっと来た時は、static shockと言います。
こんな便利なシートですが、このシート、Full of Chemicalなんです。
もう化学物質の塊
良い香りなんですけどね...

FullSizeRender

こんな化学物質のシートが、洗濯物と一緒に乾燥機の中で乾かされる...
しかも、下着は肌に直接身につけるもの。
皮膚に付着するだけでなく、肌から体内に浸透し吸収されてしまうという事実。
大人はまだ良いです。
お子さん、特に赤ちゃんの肌に直接ケミカルがついてしまうので、本当に気をつけなければなりません。

ドライヤーシートには、こんな感じの化学物質が使われているそうです。

・Benzyl Acetate ベンジルアセテート: すい臓がん
・Benzyl Alcohol ベンジルアルコール : 上気道刺激(アレルギー反応、咳嗽((がいそう))、嘔吐、めまい等の原因になる)
・Camphor カンファー、またはカンフル : 興奮剤・虫よけ
・Chloriform クロロホルム : 神経毒性、麻酔薬や発がん性物質
・Ethanol エタノール : 環境保護庁で有害廃棄物のリストと中枢神経系障害
・Limonene リモネン : 発がん性物質
・Pentane ペンタン : 吸入すると有害である事が知られている
・Terpineol A テルピネオール : 浮腫、中枢神経などの呼吸器の問題を引き起こす可能性がある
・Ethyl Acetate 酢酸エチル : 環境保護庁で有害廃棄物のリスト

各ブランドによって成分は違いますが、これだけの化学物質が1枚のシートに付いているんです。
ネットで以前、ドライヤーシートをポケットに入れておくだけで、虫除けの予防になるという豆知識が載っていたんですが、それはカンフルのせいだったんですね...
虫も寄り付かないほどのケミカルだったんです。

でも、やっぱりドライヤーシートは便利。
そんなときは、”Chemical Free”、”Non Toxic”、”Hypoallergenic(低刺激)”という風にパッケージに書いてあるものを使う事をオススメします。
Whole Foodsやアマゾンには、オーガニックのドライヤーシートが売られています。

ドライヤーシートだけでなく、液体の柔軟剤やランドリーソープの中にも、実はケミカルが入っているんですよね。
以下、日本の柔軟剤の成分。

エステル系ジアルキルアンモニウム塩(合成界面活性剤): アレルギーを誘発する疑いあり。殺菌作用で、環境中の微生物を死滅させる可能性がある。
グリセリン(湿潤剤): アレルギーを誘発する疑いあり。ミストの過剰暴露は、目、皮膚、呼吸系に刺激があり。頭痛、吐き気、陣機能障害を引き起こすことがある。
第四級アンモニウム塩(合成界面活性剤)  :アレルギーを誘発する疑いあり。胃腸炎、吐き気、嘔吐、昏睡、痙攣、低血圧などを引き起こすことがある。
塩化カルシウム(粘土調整剤):過剰暴露によって目、皮膚、呼吸系の刺激。結膜炎、くしゃみ、鼻血を引き起こすことがある。
防腐剤:何を使用しているかは不明だが、アレルギーや胃腸障害、過剰暴露により過敏状態、尿失禁、痙攣、運動失調などを起こすものもある。
着色剤:天然、合成とも全ての着色剤(着色料)を一括して呼ぶ。何が入っているかは不明だが、合成着色料の場合、アレルギーを誘発する可能性のものもある。
ポリオキシエチレンアルキルエーテル(合成界面活性剤):環境ホルモン物質だと疑われる。アレルギーを誘発する疑いあり。タンパク質変性作用を持つため、経皮吸収増加効果が認められる。発がん性物質のジオキサンが混入する可能性がある。  
エチレングリコール(安定化剤):アレルギーを誘発する疑いあり。過剰暴露で目、皮膚、上気道の刺激や頭痛を起こす。
シリコーン(消泡剤):アレルギーを誘発する疑いあり。過剰暴露で目、皮膚、上気道の刺激や咳を起こす。

各会社によって使われている化学薬品は違いますが、お時間がある方は是非ご自宅にある柔軟剤の成分を見て、確認してみてください

やっぱりランドリーソープも、オーガニックのものに変えたほうが良いのでしょうか。
日本でも手に入るThe Launderessの洗剤は、Non Toxicで、石油系原料を使用していない、環境に優しい商品

FullSizeRender

中央付近に緑の文字で”Nontoxic(無毒)、biodegradable(無害な物質に分解できる)、allergen-free(アレルギーフリー)”と書いてある、乳児にも安心な洗剤です↓

FullSizeRender

アメリカ。日本
パッケージも可愛いし、やっぱり安全なものを使うほうが安心

市販されているものは、どこでも手に入り便利ですが、ご家族の体のために考え直してみませんか?
少しでも私のブログがお役に立てればいいなと思っています。
現代っ子はアレルギー持ちの子が多いと言われていますが、この様な化学物質が使われているのが原因の1つなのかもしれません。
便利な世の中と引き換えに...


LINEで読者登録ができます↓

先日ブログにポストした、“プラスチック製ストローがお店からなくなる日”写真をクリックすれば、その時の記事に飛びます↓ついにスターバックスUSAが、宣言しました↓『2020年までに、世界のスターバックスでプラスチックストローをなくします。1年で10億以上のプラスチッ ... 続きを読む
先日ブログにポストした、“プラスチック製ストローがお店からなくなる日”

写真をクリックすれば、その時の記事に飛びます↓

FullSizeRender

ついにスターバックスUSAが、宣言しました↓

FullSizeRender
『2020年までに、世界のスターバックスでプラスチックストローをなくします。
1年で10億以上のプラスチックストローを減らします。』

世界のスターバックスが、この様な行動に移せば、世界中でこの問題を取り上げてくれるでしょう。
海洋動物の保護だけでなく、魚たちが食べてしまった5mm以下のマイクロプラスチックが、最終的に人間が(魚から)摂取し、体内に蓄積されていきます。動物のためにも、私達人間のためにも、プラスチックストローを使う事を減らしていきたいです。


話は変わって…
皆さん、人様が握ったおにぎりを食べられますか?
(コンビニのおにぎりは、のぞいて...)

私は、母や祖母が握ったおにぎりが、大好きでした。
家族以外が作ったおにぎりは、今まで食べた事がないかも。
でも、それを食べられないという事はありません。
むしろ、嬉しくて喜んで食べちゃうかもしれません
だって、おにぎりって美味しいし

FullSizeRender

おにぎり↑の上に乗っているのは、日本にいるときに成城石井で購入した生ふりかけの”しそひじき”と”梅ひじき”。
ひじきの生ふりかけを、お友達の日本土産で頂いたんですが、美味しくてビックリ
頂いたのとはメーカーが違いますが、成城石井で同じ様な生ふりかけを見つけたので、大人買いして、冷凍してあります。

FullSizeRender

成城石井の商品は、1袋400円以下だったかな。
ご飯何杯でもって言ったら嘘になりますが、2杯はいけます
そして海苔は、質が悪くても良ければ、アメリカのスーパーでも手に入るんですよ
私が購入したのは、Sproutsの海苔↓

FullSizeRender

日本の高級海苔に比べたら薄っぺらでちょっと油が多いですが、味がSpicy、Teriyaki、Sea Salt、BBQなどなど、色々なフレーバーを楽しめるのがアメリカ風の海苔です。

話はおにぎりの話に戻します...
最近の人は、お母さんが握ったおにぎりしか食べられない人もいるとか...
だからラップの上にご飯を置いて、おにぎりを作る人がいるそうですね。
そして、手が汚れない様に、おにぎりをラップに包んで握り、ラップを巻いたまま、お弁当を詰める方々も多いそうです。
おにぎりって熱々の炊きたてじゃないと、ご飯がくっついてくれないので、上手くおにぎりが作れないんですよね。

私のブログを読んでくださっている方は、もうおわかりだと思いますが、日本のラップは、添加物が入っているので、熱々のご飯をラップの上に置くのは、とっても危険なんです。
熱さで溶けるラップの上に、熱々のご飯を乗せておにぎりを作るという事は、有害物質を熱で溶かしてご飯に押し付けている様なものです。

”日本の食品ラップの添加物”のブログは、下の写真↓をクリックすれば、そのときの記事に飛びます。

FullSizeRender

ラップに含まれているフタル酸エステルは、環境ホルモンのひとつで、その環境ホルモン増加のせいで、女の子の成熟が早まったり、男の子のせい指数が減少したりすると、指摘されています。また、糖尿病、ADHD、アレルギーやアトピーの原因にも関わりがあると指摘されているそうです。

”環境ホルモンの影響が怖すぎる”のブログは、下の写真↓をクリックすれば、そのときの記事に飛びます。

FullSizeRender

アメリカのラップには、必ず”BPA(Bisphenol A=化学薬品) Free”と書かれているので、無添加ラップが売られています。
この前のブログにも書きましたが、無添加ラップをお使いください。
ただ、無添加ラップは熱に弱いので、おにぎりを握るときには使わないでください


所で、最近あるおにぎり屋さんでは、どうやっておにぎりが作られているのかが、気になります。
やっぱり手で握ってるんでしょうか?
それとも、食品用のゴム手袋を使っているんでしょうか?

そのゴム手袋着用について、アメリカでは論争が起きた事があります。
アメリカのNYのお寿司屋さんでは、数年前に素手でお寿司を握っているレストランに対し、衛生局から”待った”が入りました。衛生基準の1つとして、レストランでは食品用のゴム手袋、またはプラスチック製の使い捨て手袋を着用しなくてはならない州があります。(州によって、法律が違います)
本来、素手で扱われるはずの寿司も、衛生面で引っかかり、現地の寿司職人らも、この手袋の着用を余儀なくされました。その後、寿司職人らの署名活動も行われましたが、最終的に当局の改善命令に従わなかったとして、現地の人気寿司店が廃業に追い込まれる事態になってしまいました。
また、2014年1月にカリフォルニア州でもレストランの従業員に手袋の使用が義務づけられましたが、レストラン業界から手を洗う方が効果的、手袋のコストや環境への負荷が問題だという批判があり、同年6月に撤回されたという例もあります。

このお寿司は、先日食べたお寿司↓

FullSizeRender

アリゾナの寿司シェフも、手袋をしてお寿司を握っています。

FullSizeRender

お寿司屋さんも、”郷に入れば郷に従え”なんでしょうか。
日本の寿司職人が聞いたら、驚きますね。


話が少々ずれましたが...
おにぎりは、昔ながらに手で握るおにぎりが、美味しいです。
もし、食べる時に手が汚れたくないのなら、ラップの代わりにアルミホイルで包んでください。
ラップで包むとラップが溶ける恐れがある他、おにぎりが水っぽくなってしまい、味が損なわれてしまいます。その点アルミホイルは、遮光性により雑菌が増えにくく、おにぎりとホイルの間に隙間ができるので水っぽくならないそうです。

自分の体、自分で守らなければ、誰が守る?
自分のためだけでなく、家族のためにも


LINEで読者登録ができます↓

私が日本にいるときは、オーガニックの食品には興味がなかったし、プラスチック容器でレンチンする事なんて、全く気にしませんでした。アメリカは、環境問題にかなり気にしているので、自分でもその事について調べる様になり、それからは自分のためにもジャスティンのために ... 続きを読む
私が日本にいるときは、オーガニックの食品には興味がなかったし、プラスチック容器でレンチンする事なんて、全く気にしませんでした。
アメリカは、環境問題にかなり気にしているので、自分でもその事について調べる様になり、それからは自分のためにもジャスティンのためにも、事前に防げる事はやっていこうと思い始めました

”私がプラスチック容器でレンチンしない理由”のブログは、こちらから
”環境ホルモンの影響が怖すぎる”のブログは、こちらから

日本のサランラップやクレラップって、優秀ですよね。
簡単にラップが切れるし、ピタっと綺麗にお皿に貼れるし

FullSizeRender

アメリカにラップって本当に切れが悪くて、ピタっと張り付いてくれないし、くっつきが悪いし、シワシワだし...
一時帰国した際は、日本のラップをお土産に持ち帰ったりするぐらい、日本のラップって優秀だと思いました。

ところで、日本のラップのパッケージの成分って見た事ありますか?

FullSizeRender

原材料名:ポリ塩化ビニリデン
添加物名:脂肪酸誘導体(柔軟剤)
     エポキシ化食物油(安定剤)

なんだか難しそうな言葉が並んでるけど...
ラップの原材料名の”ポリ塩化ビニリデン”のプラスチックには、”フタル酸”が含まれていて、その”フタル酸”は環境ホルモンと呼ばれているものです。食べ物と共に体内に摂取されるとホルモンバランスを崩したり、障害児が生まれる確率が高くなる、恐ろしい化学物質です。
ただ今現在、どれだけ体に悪影響があるか不明な点が多く、先進国に住んでいる私たちの体内の血液には、この”フタル酸”が混ざっていない人は、ほぼいないそうです。

添加物の”エポキシ化食物油”は、塩化ビニール用安定剤または可塑剤として使われるそうです。可塑剤は、ある材料を柔軟性を与えたり、加工しやすくするために、添加する物質の事を言います。
もう一つの添加物”エポキシ化食物油”は、ラップを冷却し常温に戻しても、また軟らかい状態に戻すための化学物質。
塩化ビニリデンは常温では硬い樹脂ですが、加熱すると柔らかくなります。加熱したり冷却したりする場合、添加物を加える事によって質を安定させる事ができるそうです。だから”安定剤”と記してあるんでしょう。

プラスチックやラップは、燃やすとダイオキシンが発生するので、日本でもゴミの分別は厳しくなりました。ダイオキシンの作用は、生殖異常、奇形児、精子減少、不妊、流産などの問題を引き起こすそうです。
では、これは?
”油分が多い商品を、ラップに包んで温めないでください”とか”火に近づけないでください”という注意書きを見た事がありますか?
油分が多い食品をラップに包んだまま、レンジで温めると、化学薬品が溶けて食品に混入してしまいます。

お肉やご飯を解凍したいときの、レンジでの解凍。
すごく便利だと思います
でも、解凍した後にラップが溶け始めてたなんて事ありませんか?
溶けているときは、食品に有害物質が発生中。
でも、お肉を冷凍庫から出し忘れてしまったなんて事、ありますよね。
私はしょっちゅうです
そんなときは、ぬるま湯を入れたボウルの中に、真空パックさせたお肉を入れれば、10分足らずで解凍できます

FullSizeRender

お肉をラップに直に包んで冷凍している方は、ラップに包んだ冷凍のお肉をジップロックの中に入れれば、お水が染み込んでこないので、安心です。
または、冷たい食品を温めたい場合、ラップを使わずペーパータオル(キッチンペーパー)を上に乗せて?敷いて?レンチンしましょう。

でも、どうしてもラップを使いたいときは、どうしたらいいの
それは、無添加のラップを使う事
無添加ラップは、100%ポリエチレン(polyethylene)で作られています。
ただポリエチレンのラップは、熱に弱いので電子レンジには向いていないという欠点があります。
そしてくっつきが悪いので、添加物込みのラップに慣れている方々は不便に感じるかもしれません。
(アメリカのラップは、くっつきが悪くてイライラしますが、添加物混入していない事実!!だからアメリカのラップは、くっつきが悪かったんですね

注意する事は、
  • 100%ポリエチレンのラップを使う。
  • 長い時間、レンチンをしない。
  • 食品にラップが付かない様にする。
  • 湯気を排出できる様に、ラップの端に隙間を開ける。

アマゾンや楽天で”無添加ラップ”と検索すると、結構出てきます。
私は昔、ポリラップなんて、サランラップやクレラップのコピー商品じゃんしかも、くっつきが悪いしなんて思っていましたが、実はとっても安全なラップだったんですね... 反省... 
宇部フィルムさん、ごめんなさい



LINEで、読者登録ができます↓