Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:新築

先日もブログにポストしましたが、先月で引っ越して1年が経ちました”引っ越し1周年。注文して良かったベスト5”★”引っ越し1周年。買って良かった家電ベスト5”★アメリカで新築を買った場合、ほとんどの場合は1年で保証が切れます(私たちが選んだbuilderは、床のタ ... 続きを読む
先日もブログにポストしましたが、先月で引っ越して1年が経ちました

”引っ越し1周年。注文して良かったベスト5”
”引っ越し1周年。買って良かった家電ベスト5”

アメリカで新築を買った場合、ほとんどの場合は1年で保証が切れます
(私たちが選んだbuilderは、床のタイルは15年保証、A/Cは10年保証など、除外の場所もあります。A/Cは、夏場は50℃になるアリゾナなので、かなり重要です。壊れて新しいものを買うには、$5000ぐらいかかってしまいます。)
こんな高い買い物をしたのに、1年で切れてしまうって、酷いですよね...
しかもアメリカのお店で物を買った場合、life time warranty(一生保証)なんて事が、結構多いのに、家の保証は短いのかよってツッコみたくなります

引っ越しから数ヶ月後、直して欲しいところをbuilderに言って、1度職人さんに直してもらいました()。
いよいよ3月に保証が切れるという事で、builderとは関係ないローカルでやっているinspectorの人にお願いして、家の中、外、屋根裏全てを見てもらい、検査してもらいました。
$400かかりますが、素人の私達よりプロに見てもらったほうが安心なので、彼には入居前と、この1年保証が切れる前に願いしました。(合計$800‼︎)
そのInspectorの人が言うには、「今まで見てきた家の中で、メジャーな直す部分がどこもない」というぐらい、優秀なbuilderという事でした
アメリカの家は、日本の家と違って、本当に酷いみたいです

マイナー部分で直してもらう所は、
crown moldingに、ヒビが入ってしまったり...↓

FullSizeRender

crown moldingのgrout(セメント)の部分が割れてたり↓

FullSizeRender

壁に傷があったり↓

FullSizeRender

床のタイルの傷↓

IMG_2704

これ↑は、ジャスティンがビールジョッキを間違って床に落としてしまった時に、欠けてしまいました。
Builder側のせいではないんですが、直してくれるそうです。
これら全て職人さん達に、お直しをお願いし、綺麗になりました

あとはこれ
私は全く気が付かなかったんですが、床上のcrown moldingが歪んでいたんです↓

FullSizeRender

これ↑は既に外した状態なので、crown moldingが曲がっているのが一目瞭然。
電気ノコギリみたいなので削ったら、crown moldingの奥に変な金具があったため、波を打ってしまった様です↓

FullSizeRender

てか、電気ノコギリで削ったときに、床のタイルまで欠けてしまいましたけど💥↑

その欠けてしまった原因を作った職人‼︎
土足だし🔥↓

FullSizeRender

(奥の人は、builderの人。彼は靴を毎回ちゃんと脱いでくれます)
職人の土足問題では、以前私は喧嘩しましたからね

”頑固親父”のブログは、こちらから

1回では終了できなかったので、別の日にまた職人に来てもらい、今度はビニールを敷いて作業してもらいましたが…↓

FullSizeRender

今回はシューカバーを履いてくれましが、また電気ノコギリで作業したので、キッチン、ダイニング中が粉が舞って、大変な事になりました🔥
きっと日本だったら、キッチンやダイニングテーブルなどに、ちゃんとビニールを敷いてくれるハズ💥

無事、金具を取り外したけど、この穴、ちゃんと元通りにしてくれるの

FullSizeRender

心配〜
職人が帰った後、私はかなり不機嫌になり、部屋中大掃除
ジャスティンも、私が怖かったのか床を手で拭いてくれました

また別の日に、ペンキ塗り職人が来て、こんな綺麗にしてくれました↓

FullSizeRender
さすがペンキ職人


そして我が家の家は、スマートホームをデザインセンターでお願いしたんです。

”スマートなお家”のブログは、こちらから

最近の家は、スマートホームが主流の様ですね。アプリでガラージを開けたり、電気を付けたり、A/Cや暖房の調節ができたり、玄関前にカメラを取り付けてそれがアプリで見れたり… 
でも引っ越して数ヶ月経ってから、どうゆう訳かドアのアプリが使えなくなってしまって↓

FullSizeRender

業者に頼むのが面倒臭くて、だいぶ時間が経ってしまいました。
アメリカでは、ガラージから家に入る事が多いので、玄関のドアから家に入らないので、壊れてもあまり気にしなかったんです。
普通の玄関の鍵も使えたので。
職人さんに見てもらったら、どうやら古い電池を使ってたらしく、液体が漏れてしまってたみたいで、壊れてしまった様です
無事直してもらい、アプリでも鍵が開けられ、パスコードでも開ける事ができる様になりました↓

FullSizeRender


そしてあともう1つ。
こちらもジャスティンが見つけたんですが、マスターベッドルームのカーペット下2箇所凹った所があると…

我が家の各部屋に敷いてあるカーペットの下は、クッションの様な分厚いプロテクションが敷いてあります。
別料金で、デザインセンターで追加しました。(”Dream House、その1”のブログは、こちらから
通常は、コンクリから直にカーペットを敷くみたいです。(プロテクションなしだと、結構堅い)
プロテクションを敷いてあるハズなのに、 なんだか凹っとなるので、カーペットとプロテクションをめくってみると…

FullSizeRender

コンクリの部分が平らじゃなく穴が開いていたためが、凹の原因でした
しかも、2箇所も

FullSizeRender

これには職人さんもビックリ
コンクリで穴を埋めて、無事終了↓

FullSizeRender

このカーペットとプロテクションをめくらなければいけなかった為、前日の夜にドレッサー、バニティーをベッドルームから移動させ、ベッドも端の方に移動させなければなりませんでした💧
最終的には、欠陥を見つけたジャスティンに「なんで見つけてしまったの⁈」と当たり散らしてた私… (見つけなければ、こんな面倒臭い作業をしなくて大事でしたからね)
でも、きちんと直してもらって良かった!
この家を売る時の事を考えたら、ちゃんと直しておいたほうがいいですからね。

これで朝早く職人が来る事はなくなります。
彼ら、朝8時頃に来ていたので…
後は、マスターバスルームの作業をこの前するのを忘れてしまった様なので、それだけです






”新しいお家”のカテゴリーはこちらから→

LINEで読者登録ができます↓



今月で、新居に引っ越して1年になりました。なんだかあっという間過ぎて、ビックリですこの家のために、ジャスティンと毎日の様に部屋のデコレートを考えたり、買い物したり、飾り付けしたり... 1年経って、やっと落ち着いてきました。(まだまだやらなきゃいけない所は、 ... 続きを読む
今月で、新居に引っ越して1年になりました。
なんだかあっという間過ぎて、ビックリです
この家のために、ジャスティンと毎日の様に部屋のデコレートを考えたり、買い物したり、飾り付けしたり...
1年経って、やっと落ち着いてきました。
(まだまだやらなきゃいけない所は、沢山ありますが...)

そこで
私たちがBuilderに頼んで、良かった事ベスト5を発表したいと思います。
これからアメリカで家を買う事を考えている方、リノベーションを考えてる方、模様替えを考えている方、参考になって頂ければと思います。
日本の読者の皆さんも、よろしかったら参考にどうぞ。

第5位
キッチンを白にした事

私は、絶対白いキッチンキャビネットが欲しかったんです

FullSizeRender

私たちのビルダーのデザインセンターには、スタンダードカラーは白はなかったので、キッチンキャビネットカラーをアップグレードしました。
白は清潔感もあり、汚れが目立つので、毎日掃除をする事を心がけてます。
電子レンジも、ガスレンジ、毎日アルコールスプレーで磨いてます。
(”万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから

アイランドキッチンも、絶対白が欲しかったので、こちらもアップグレード。
キッチンアイランドのスタンダードプランは、Granate。(私の好きな石と柄ではありませんでした)
私の欲しかったQuartzでマーブル調のものは、Level5にアップグレードしなければなりませんでした。

FullSizeRender

ちなみにLevel5の私たちが選んだQuartzは、$5000の追加料金。
(アイランドには、椅子が3つ並べられる大きさぐらいです)

そしてキッチンの壁、バックスプラッシュ。
こちらもデザインセンターにて、追加しました。

FullSizeRender

アメリカに住んでいらっしゃる方々は、DIYで自分たちでやる人が多い様ですが、私たちはそんな器用ではないし、もし家を売るときになった場合、綺麗なほうが売りやすいし、何よりも引っ越し後にまたキッチンをいじるのは嫌だったので、デザインセンターで頼んでしまいました。
デザインセンターにある何千もの種類のバックスプラッシュ。
私たちは高い柄をピックしてしまった様で、このバックスプラッシュ代は$2000でした
作業する手間が省けたので、後悔はしてません

第4位
キッチンキャビネットを、ドロアータイプに。

FullSizeRender

ドロアータイプに変更するのは、1箇所につき$400ぐらいだったでしょうか。
意外と安かったので、2箇所ドロアータイプに変更しました。
ドロアータイプにした事によって、通常のキッチンキャビネットよりもデットスペースがなくなったので使いやすく、お鍋やフライパンも、収納しやすくなりました。

第3位
キッチンシンクをシングルタイプに。

FullSizeRender

アメリカのキッチンシンクって、シングルタイプがとても少ないです。
真ん中に仕切りがあるダブルシンクが主流で、本当に使いづらい
鍋が洗いづらいです
きっとアメリカ人は、大きな鍋は手洗いをしないで、ディッシュウォッシャーで洗うので、ダブルシンクが多いのでしょうか
私が欲しかったCast ironは、お皿やグラスを滑って落とした場合割れやすいので、結果Granateにして良かったと思います。
白は汚れやすいかなと思いましたが、今のところ綺麗にキープしてます。
このGranateのシングルシンクは、$300ぐらいの追加料金だったと思います。

第2位
ゴミ箱を、キッチンキャビネットの中に収納できる様にした。
英語では、Trash and recycle center cabinetと言います。

見た目、通常の開く扉の様に見えますが...↓

FullSizeRender

扉を引くと、ゴミ箱が

FullSizeRender

ジャスティンと私、このゴミ箱タイプが欲しかったんですが、このお値段がな、なんと$800
先ほどのキャビネットドロアーの2倍
でも、キッチン周辺に大きなゴミ箱を置かなくてよくなったので、見た目も綺麗でさっぱり

FullSizeRender

ちなみに、リサイクル用のゴミ箱は、キッチンシンク下の扉の中に収納してます。
ゴミ箱スペースがないので、見た目もスッキリ
Trash and recycle center cabinetは、Home DepotやLowesにも売ってました。

第1位
マスターバスルームに、Barn doorを取り付けた事↓

1de722f5.jpg

最近、アメリカではBarn doorが流行ってます。
そして、最近の家のデザインは、マスタールームとマスターバスルームの間にドアがない
これ、本当にどうしてドアがないんでしょうね

今更恥ずかしいって事はないんですけどね...
でもシャワーを浴びるとき、プライベートをたもちたいです
という事で、ローカルのBarn doorを作って取り付ける業者にオーダーしました↓

b8f95725.jpg

オンラインでオーダーして、自分たちで取り付けたほうが安いんですが、私たちの部屋のマスターは、天井に近いかなり大きなBarn doorを取り付けなければならなかったので、失敗する事を恐れ、ローカルの業者さんにオーダーしました。
私たちのBarn doorのサイズで$900。
取り付けた甲斐がありました
ジャスティンは朝が早いし私は夜遅いので、このドアのお陰で、少しだけシャワーの音が聞こえづらくなりました。

そしてBarn doorを取り付けてくれた業者が、シップラップもやってくれるという事で、こちらも追加で注文しました↓

FullSizeRender


キッチンアイランドの下に、木の板を貼ってもらいました↑

こちらがBeforeの写真↓

{F85274FA-B741-4520-A0CD-FE34D45A8514}

このシップラップスタイルも、アメリカでは流行っています。
私たちがオーダーしたアイランドのシップラップは、$200で安かったです。
私たちがオーダーした、2V custom doorsの若い2人組は、礼儀正しく靴もちゃんと脱いでくれる(←これ大切)、本当に良い人たちでした。
アリゾナにお住まいの方、オススメです。

インスタグラム→2V custom doors
Barn doorの事を書いたブログは、こちらから

おまけ。
ジャスティンのオーダーして良かった場所は、やっぱりこのリビングの窓↓

FullSizeRender

$1000の追加料金。
通常は半分の大きさの窓ですが、倍のサイズのドアに変更しました。
フレンチドアにする事もできましたが、フレンチドアの場合は、半分は通常の窓+フレンチドアという形しかできませんでした。
ジャスティンは、フレンチドアにするなら、2つフレンチドアを取り付けたかった様です。


2人でカスタムしたドリームハウス。
1年経っても、大好きなsweet home

062db0ce.jpg

毎日食べるダイニングスペースも、玄関スペースも全て大好き

64621633.jpg

indoor派の私が、もっとindoor派になってます

FullSizeRender


デザインセンターでのブログは、こちらから↓

Dream House❤︎ その1
Dream House❤︎ その2
Dream House❤︎ その3

”新しいお家”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓


まだまだ暑いアリゾナ やっぱりBoba(タピオカ)↓  週に2回以上は、Bobaを買いに行きます。 こんな田舎なのに、美味しいBoba屋が近所にあるのが、嬉しいです。 オーナーのベトナミーズの人には、この前、 「ミルクティーだけ ... 続きを読む
まだまだ暑いアリゾナ
やっぱりBoba(タピオカ)↓ 


週に2回以上は、Bobaを買いに行きます。
こんな田舎なのに、美味しいBoba屋が近所にあるのが、嬉しいです。
オーナーのベトナミーズの人には、この前、
「ミルクティーだけだったら、1ガロン$10で買えるよ」
(もちろんホームメイド)
と、お勧めされたんですが、ミルクティーだけじゃダメなんです、私。
ボバもやっぱり欲しい...
(1ガロン=約3.8㍑)

そのタピオカなんですが、アジアンマーケットによく乾物セクションにタピオカが売っているんです。
昔留学時代に、その乾物のタピオカを買って、試しに作ってみたんですが、最初やったときはタピオカの中身が硬く仕上がり...
2回目に煮たときは、今度は長めに煮てしまったので、ふやけた感じになってしまい、大失敗...
この話を、ベトナミーズのオーナーさんに言って、どうやったら美味しいタピオカが作れるのか?聞いた所...
そのオーナーさんは、台湾からタピオカを送ってもらい、煮るときも沢山の工程があるらしく、素人が美味しいタピオカを作るには難しいらしいです。
そしてアジアンマーケットで売られているタピオカでは、美味しいタピオカは作れないそう
という事で、Bobaは自分で作るより、買ったほうが美味しいという事がわかりました


話は変わって...
先日Lowes(ホームセンター)で購入した、ソーラーライト。
(そのときのブログは、こちらから
バックヤードに設置しました


3カ所、芝生の周りに取付けました↓


ちなみに、この青々としている芝生は、artificial grass(偽物芝生)。
(バックヤードとフロントヤードが出来上がったときのブログは、こちらから
アリゾナでは、このartificial grassが大人気です。
なぜなら、ケアしなくて大丈夫だから
15年は保つそうです。
(本物の芝生より高いですが、水もセーブできますし、暑いアリゾナの夏の気候の中、ヤードワークしないで済むのが良い点です


この前ストームが来たので、ソーラー部分が汚れてますけど...


ジャスティンは、
「太陽が沈んだら、このライトじゃ芝生が見えないから、もっと明るいのに取り替える」
とか言い出して...



いやいや、夜だから、芝生が見えないのはしょうがないでしょ
明る過ぎても、ご近所迷惑だし、このライトの明るさで納得させました
どれだけ、この偽物芝生が見たいんでしょ


このライトだって、十分明るいんですよ〜
でも実際真っ暗になったら、このぐらい暗いんですけどね...


もっと明るく芝生を見たいなら、上からのライトにしたほうが良いと思いますけど


LINEで読者登録ができます↓

連休初日に購入し、返品して、また交換したwall decor。 ("Labor day saleと返品"のブログは、こちらから★) ジャスティンが、「窓の上に飾りたい」と言っていたので、こちらに飾ります↓ ... 続きを読む
連休初日に購入し、返品して、また交換したwall decor。
("Labor day saleと返品"のブログは、こちらから

ジャスティンが、「窓の上に飾りたい」と言っていたので、こちらに飾ります↓


テーブルの上が汚くて、ごめんなさい...
そしてスリッパが置きっぱなし

また、このハンギングテープを使いました。


("壁に絵を真っすぐ飾るアイテム"のブログは、こちらから


ハンギングテープは、30秒壁に押し当てなければならないので、ジャスティンは30秒そのままでした
しかも、またテーブルの上、汚いし...
レシートが散らばってます...

こんな感じになりました


黒に交換して、良いアクセントになりました。
白いwall decorのほうだったら、白過ぎた感じがすると、ジャスティンが指摘したので、交換して良かったです


夜は、ジャスティンがこの前Costcoで購入したライトを、自分でライトアップしてました↓

Costcoで見つけた便利なLEDリモコンライト②

なかなか良い感じ
タイマーセットして、自動的に消えるのを見て喜んでました


LINEで読者登録ができます↓


日曜日。 105°F(40.5℃)だったので、先月のピークだった115°F(46℃)に比べたらマシでしたが、でもやっぱり暑い ボバ(タピオカミルクティー)を飲まずにはいられませんでした 同じ ... 続きを読む
日曜日。
105°F(40.5℃)だったので、先月のピークだった115°F(46℃)に比べたらマシでしたが、でもやっぱり暑い

ボバ(タピオカミルクティー)を飲まずにはいられませんでした



同じプラザモールにあるFry’sというグロッサリーで、かっぱえびせんを買おうと思って行ってみたら、アジアンセクションにラ王のインスタントラーメンが売っていました


普通のアメリカのスーパーでも、ラ王が売ってるなんて感動〜
でもインスタントラーメン(袋)で$2 って思ってしまって、このときは買わなかったんですが、やっぱり買えば良かったと後悔
日本の乾麺のラ王って、生麺の様に美味しいって言いますよね?
アメリカ産のラ王も美味しいのかな?
今度行ったら、買ってきたいと思います

夕方は、家の近所の日本食レストランで食事をしました。
日曜はall day happy hour
だったせいもあり、めちゃくちゃ混んでました
まだ4時頃だったのに
こちらのレストラン、アメリカナイズされた白人オーナーのお寿司屋さんなんですが、Yelpでも星が4つでレビューも良く人気のお店です。
(前回行ったときのブログはこちらから

アペタイザーは、ジャスティンのお気に入りのフライドピクルスをオーダー↓


これがシンプルなんですが、酸っぱくて美味しいんです
しかも大皿なのに、happy hourなので$4

ジャスティンはロールを、私はnigiriを頼みました。


私は、Yellowtail(ハマチ)とSnapper(イズミダイ)をいつもオーダーします。



帰ってから、先日Home Deptでフロントヤードに飾るライトを買ったので、取り付けました↓


最初、6個付きのものを買おうとジャスティンが言っていましたが、6個じゃ充分じゃないと思ったので、10個セットのものを購入↓


こちらはソーラーなので、コンセントをつなげなくて良いし、電池もいらないので、扱い易い
しかもアリゾナなんて年300日以上晴れなので、ソーラーを使わないと損

暗くなった夜8時過ぎに、ジャスティンと穴を掘って作業をしました。
(太陽が登っているときは、暑くて外に5分といられないので... )
でも暗くなってから、フロントヤードで作業をするのも怪しいですね


なかなか明るいライト
walk wayが意外と長かったので、10個セットを買ってちょうど良かったです。
(ジャスティン、だから言ったでしょ


次はフロントヤードとバックヤードの植えてある木に、スポットライトを当てたいらしいので、次はスポットライトを購入する予定です。


引っ越して既に4ヶ月経つのに、まだまだやる事が沢山あります


LINEで読者登録ができます↓


自己紹介で書いた通り、私たちは3月にアメリカで家を購入しました。(自己紹介ブログはこちらからどうぞ★) ずっとずっとブログに書こうと思っていた、"アメリカで家を購入"を備忘録として、ブログに書いておこうと思います。 ただこちらは私とジャスティンの経験であっ ... 続きを読む
自己紹介で書いた通り、私たちは3月にアメリカで家を購入しました。
(自己紹介ブログはこちらからどうぞ



7d3f1345.jpg

8ac2727b.jpg


754c68ac.jpg

ずっとずっとブログに書こうと思っていた、"アメリカで家を購入"を備忘録として、ブログに書いておこうと思います。
ただこちらは私とジャスティンの経験であって、これが正しい訳ではないので、ご了承下さい。


私たちは、去年の7月から本格的に家を探し始めました。
(アリゾナで家探しのカテゴリーはこちらからどうぞ
まずは、都会の中古物件(またはコンド)にするか、少し田舎の新築物件にするか...
探し始めた頃は、何が何でも都会に住みたい!! そして家は狭くても良いって思っていました。
でもいざ、ネットで中古物件を見てみると、私たちが探し求めいた白いキッチン、バスルームなんてゆう物件はないんです
リノベーションをする手も考えましたが、それだったら新築物件で最初から建てたほうがいいんじゃないかってジャスティンと話し合い、当時車の免許を持っていなかった私ですが、近いうち免許も取る方向だったし、フェニックスから少し離れた町辺りで家を探そうという事になりました。
なので、中古物件は1件も見てません。

そうとなったら、builder(建築業者)探し。
週末は、毎週の様に色々なモデルハウスを見に行きました。

2dada88a.jpg

気に入ったものは、何度も見に行き、時にはジャスティンの両親も一緒に見に行ってもらいました。
実際、他の人を連れてってみると、見る場所が人それぞれ違うので、それによってbuilderの落ち度を見つける事ができました。(

3f84a168.jpg

気に入ったbuilderは、見学後徹底的にネットでレビューを調べました。
アメリカのbuilderって、日本とは違って、本当に危険な業者が沢山あります。
日本の様に、修行を重ねて大工さんになるなんて事あるの という感じです。
新人さんが骨組みを組んだり?そんな事しょっちゅう
高い買い物をするので、この基本のレビュー調べは、かなり慎重にチェックしました。

アメリカのbuilderって、本当に低レベルと思います。
星が1つ2つなんてざらです。(もちろん満点は5つ星
立て付けが悪かったり壁が波打ってたり、骨組みの土台からして悪かったbuilderは、消去していきました。
その中でも、私たちが選んだbuilderは、レビューは星が3つ。
コンプレインといえば、家の出来上がりが遅れたとか、大きなコンプレではなかったので、こちらに決めました。

こちらのモデルホームが、我が家と同じモデルです↓
0bfff1ac.jpg


つづく


LINEで読者登録ができます↓