Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:料理

先日、お友達とクッキングクラスに参加しました。の前に、Happy Hourで腹ごしらえクッキングクラスは、お友達がGrouponで探してくれたクーポンを購入をしました。(Grouponは、スパ、ビューティー、レストラン、トラベル、スクールなど、通常よりも安く購入できるクーポンが ... 続きを読む
先日、お友達とクッキングクラスに参加しました。
の前に、Happy Hourで腹ごしらえ

FullSizeRender

クッキングクラスは、お友達がGrouponで探してくれたクーポンを購入をしました。
(Grouponは、スパ、ビューティー、レストラン、トラベル、スクールなど、通常よりも安く購入できるクーポンが売っています)

今回のクッキングクラスは...

FullSizeRender

グルメクッキングで、少し高級な感じのお料理。

席に座ってから、飲み物を聞かれました。

FullSizeRender

ワインやビールもあるので、お酒好きな方々は、オススメです。
(値段に含まれています)

作る料理は、こちら↓

・Warm Mushroom & Gruyere Tarte
・Chicken Moutarde
・Green Beans with Shallots & Tarragon
・Potato Bacon Gratin
・Pear Tarte Tatin

FullSizeRender

まずは、インストラクター兼シェフに、全てのお料理の作り方の説明を聞きます。
参加者の方々は、お酒を飲みながら
ここで、何品もある料理の説明を聞いたので、頭が爆発しそうでした

説明後は、自分の作りたい料理の作業台に別れ、クッキングタイム
作業台は、↓
・サラダ
・マッシュルームタルト
・ポテトとベーコングラタン
・グリーンビーンズ(さやいんげん)
・チキン
・洋梨のタルト
が、ありました。
各料理の作業台には、シェフ+スーシェフの方々がちゃんと見てくれてます。

FullSizeRender

私たちは、ポテトとベーコンのグラタンを作りました。
まずは、スライサーでジャガイモを切り...↓

FullSizeRender

ベイキングパンにバターを塗り、スライスポテト、ベーコン、マンチェゴチーズ、塩胡椒、ハーブ入りクリームを、トータルで3レイヤー重ねます。

FullSizeRender

400℉で30分、オーブンで焼きます。
これ、凄く簡単で、ポットラックパーティー(料理を持ち寄るパーティー)でかなり使えそうなお料理でした

オーブンで焼いている間は、他の作業台にお邪魔しました。
こちらのセクションは、マッシュルームタルトとサラダ↓

FullSizeRender

こちらは、デザートの梨のタルトをオーブンで焼いている途中です↓

FullSizeRender

マッシュルームタルトの出来上がり

FullSizeRender

料理が出来上がったら、インストラクター兼シェフとスーシェフが盛り付けをして、参加者のテーブルまでサーブしてくれます。
まずはアペタイザーの、マッシュルームのタルトとスピナッチサラダ↓

FullSizeRender

パイがサクサクで美味しかった
サラダのドレッシングも、ヴィネガーが利いていて美味でした。

次はメインのオーブン焼きのチキン。

FullSizeRender

チキンのソースは、白ワインとディジョンマスタードと生クリーム。
グリーンビーンズは、30秒煮て、氷水に浸け、そしてエシャロットと一緒にソースパンで焼きます。
アメリカのレストランで出てくるグリーンビーンズは、茹ですぎて美味しくないので、このシャキシャキのグリーンビーンズはアルデンテで
そして、私たちの作ったポテトベーコンのグラタンも、美味しかった〜

デザートは、洋梨のタルト↓

FullSizeRender

レストランのコース料理を食べているかの様な、豪華で素敵なお料理でした。
終始お酒も飲めるクッキングクラスは、アメリカらしいなぁと思いました。

私が今まで家で焼くパイは、何度焼いても全く膨らまなかったので、クラス終了後にインストラクターの方に、コツを聞きました。
今回のクッキングクラスで使ったパイ生地は、アメリカのスーパーで売っているPepperidge FarmのPuff  Pastryシート↓

FullSizeRender

私は、Safeway(Albertson系)の冷凍コーナーで購入しました。
2シート入って、$5ぐらいだったかな。
このパイシートが、市販とは思えないぐらい、サクサクでした

ふわふわサクサクに焼くコツは、

・冷凍パイを解凍するときは、冷蔵庫で前日からゆっくり戻す
・クッキング中にパイが常温に戻ってしまった場合は、冷蔵庫に戻す
・パイが冷たい状態で、オーブンに入れる

以上です。

確かに、今まで作ったキッシュなどのパイ料理は、常温の状態になったままオーブンに入れてしまってました。
ちなみにこちらの写真が、以前作ったキッシュ↓


全然パイが膨らんでない

という事で、キッシュを早速作ってみました。
冷凍パイは前日から解凍し、その日の夜にベイキングパンの型(直径20cm、約8インチ)に敷いておきました。
(パイを敷く前に、型にバターを塗るのを忘れずに)

FullSizeRender

当日
冷蔵庫にある野菜、何を入れてもOKなので、私は茄子、玉ねぎ、しめじ、マッシュルームを使いました。

■角切りに切ったベーコン+野菜を切って、キャノーラオイルを敷いたフライパンで焼く。

FullSizeRender

ちなみにベーコンは、冷凍してたものを使いました。
塩胡椒は多めに味付けします。

■オーブンは400℉(約200℃)を予熱しておく。
■卵2つを溶いて、牛乳200ccと混ぜておく。

■パイ生地は、オーブンが準備できるまで、冷蔵庫に入れて冷えた状態にしておく。
■具が炒め終わってから、型に敷いたパイシートをフォークで穴を開け、ソテーした具を手早く型に入れる。
■溶き卵を、型に流し入れる

FullSizeRender

400℉のオーブンで、20分〜25分焼いたら、出来上がり

FullSizeRender

パイは、ちゃんと膨らみました

FullSizeRender

出来上がったキッシュは、お友達の家のポットラックパーティーに持っていきました。
こんなサクサクで膨らんだキッシュを作れたのは、初めてです

FullSizeRender

もし、今までパイが上手に焼く事ができなかった方、是非この方法で作ってみてください。
やっぱりプロに聞くのが1番の解決策ですね
また、キッシュは簡単なので、ポットラックパーティーにもオススメです。


毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓