Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:危険な物質

2日続けて、ネイル関係のブログで失礼します。先週、新しいネイルをしました↓先週と同じシースルーネイルですが(前回のシースルーネイルは、こちらから★)、今回の色はネイビーでセリアの新色のネイビーを、早く使ってみたかったんです。上の写真↑をクリックすると、セリ ... 続きを読む
2日続けて、ネイル関係のブログで失礼します。
先週、新しいネイルをしました↓

FullSizeRender

先週と同じシースルーネイルですが(前回のシースルーネイルは、こちらから)、今回の色はネイビーで
セリアの新色のネイビーを、早く使ってみたかったんです。

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、セリアの新色でスオッチしている記事に飛びます。

少し薄づきな色なので、結構塗りやすかったです。
しかも、シースルーネイルをするのに、ベースコートを少し混ぜるだけで良かったし

FullSizeRender

やり方は、前回のシースルーネイルを参考にどうぞ
下の写真↓をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

FullSizeRender

最近は、私を含めて、セルフネイルをやる方々が増えているみたいですね。
自分で好きなネイルデザインもできるし、パーツもつけ放題だし、主婦の方々は空いた時間を見つけて自宅で出来るので、人気の様です。
”セルフネイラー”なんて言葉もあるぐらい

ジェルネイルやスカルプチャーを落とすときに使う、ネイルリムーバー。
市販で売られているネイルリムーバーは、アセトンという成分が含まれており、そのアセトンの扱い方を間違えると、大変な事になるんです。
最近は、よく新聞等でニュースになっている事があるので、もうご存知な方々も多いと思いますが、アセトンによって乳児が中毒を起こす事があるんです。

アセトンは、第一石油類と言われる有機化合物で、揮発性の強い引火しやすい液体です。 ”労働安全衛生法”では、人体に有害な溶剤として指定されているそうです。
ジェルやアクリルをオフする際には、アルミニウムフォイルを巻いて、揮発を防いでいます。
また、ネイルを落とすときの嫌な匂いは、リムーバーに含まれているアセトンが空気に触れ、蒸発する際に発生するものです。
数量吸い込んだだけでは大事に至りませんが、その量が多くなると、肝臓での分解が追いつかず、中毒症状を起こす事があります。
言葉の話せない乳児は、特に注意が必要です。

乳児のアセトン中毒症状とは、
・嘔吐
・呼びかけに反応しない
・ぐったりしている
・授乳中の吸てつ力が弱い

などです。
アセトンは、空気より重く蒸気が低所に滞留しやすいという特徴があります。
一見、蒸発すると聞くと、空気より上に飛んでいくとイメージしてしまいがちですが、アセトンは下に溜まるんです。
という事は、床から近い所で寝ている乳児は、大人よりアセトン成分を吸収してしまう可能性があります。
乳児だけではありません。
大切なペットも、注意が必要なんです

では、どの様にしてアセトンを扱ったらいいのでしょうか。
まず、窓を開けて換気を良くする、もしくは換気扇をつける事。
部屋に匂いがこもると、中毒症状を起こしやすいです。
乳児やペットがいる場合は、別室に移動。
また、使用後も注意が必要です。
ゴミ箱に、ネイルリムーバーを含んだコットンをそのまま捨てても、匂いを発し続けます。
蓋の付いたゴミ箱に捨てるか、ビニール袋に入れ、結んでから捨てる事をお勧めします。

アメリカのネイルサロンはわかりませんが、日本のネイルサロンでお子様が入店できない理由は、このアセトン中毒の事もあり、お断りする場所があるそうです。
決して、お子様が周りのお客様に迷惑をかけるからという理由ではありません。
特に、アメリカのネイルサロンは、スカルプチャーもまだ流行っているので、これが結構な匂いなので、注意する必要があります。
大人でも頭痛を引き起こしたり、目や鼻につく匂いなので、これがお子様の体の中に入ってしまったら、本当に大変な事になり兼ねない...
お子様と、ネイルサロンに行く事は絶対やめてくださいね

赤ちゃんが寝ている間に、ちゃちゃっとネイルを落としちゃおうという考えも、とっても理解できます。
最近は、アセトンフリーのリムーバーも発売されている様なので、アセトンが入っていないものを使うのも良いかもしれません。
(ただ、アセトンフリーのものは、落ちにくいというデメリットも…)
アセトンの取り扱いには充分注意して、オシャレを楽しみましょ


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓





数日間の雨もやっと終わり、昨日はやっと太陽が顔をみせてくれました。アリゾナで、ここまで太陽を見せてくれなかったのは初めてです。スタバに行って、アフォガートフラペチーノで乾杯(窓の奥が青空なのわかります?)日本用のアフォガートフラペチーノでオーダーしました❤ ... 続きを読む
数日間の雨もやっと終わり、昨日はやっと太陽が顔をみせてくれました。
アリゾナで、ここまで太陽を見せてくれなかったのは初めてです。
スタバに行って、アフォガートフラペチーノで乾杯

FullSizeRender

(窓の奥が青空なのわかります?)
日本用のアフォガートフラペチーノでオーダーしました❤️
裏メニュー
オーダーの仕方は、こちら↓


アメリカのスタバですと、人によって”アフォガートスタイル“と言ってもわからない人がいらっしゃると思うので、「エスプレッソは混ぜないで、上からかけてね」と念押ししてください。
じゃないと、アイスとブレンドしてしまいます
あと何回飲めるかなー、アフォガートフラペチーノ。
今更ですが、ハマってます


話は変わって…
私、歳をとったせいか、環境問題には敏感な年頃になってきました
以前、ブログにポストした記事は、こちら↓

”私がプラスチック容器でレンチンしない理由 ”
 ”環境ホルモンの影響が怖すぎる ”
 ”日本の食品ラップの添加物 ”


便利なプラスチックは、現代の生活にはなくてはならないものになっています。
電子レンジOKと書いてあるプラスチック容器が多いですが、調べた結果”プラスチックは体に悪い”という事です。
プラスチックは他の金属類と違って、お弁当箱やペットボトルなど様々な形に加工し易く便利で使いやすい反面、とても不安定な物質。
不安定なので熱にも弱く、構造的に有毒物質が溶けやすいという難点があります。
なので、アリゾナの様な暑い地域で車の中にペットボトルを置きっぱないにしていると、ペットボトルの化学物質が溶けるという事もあるので、置きっ放しにしているペットボトルを飲むのは危険です
また、プラスチック容器ではなくガラス容器に変えれば、レンチンするときそのまま温められるので、楽です。

image

1950年代に開発されたプラスチックは、当初画期的な発明とされ、今や避ける事は不可能なほどあらゆる生活の一部となりました。
”便利製品”の反面、私たちが得たプラスチックは、残念ながら環境にも人体にも影響を及ぼしています。

プラスチックと言っても、何種類かある事はご存知でしょか?
アメリカでは、製品に三角マークの中に数字が書かれている表記があります。

FullSizeRender

これはリサイクル材質識別マークと言って、この三角マークの中の数字がプラスチックの樹脂製品の材質、または毒性を表す基準となるので、覚えておくと便利です。
日本でも、輸入スーパー等でアメリカの製品が売られていると思いますので、ご参考に。
またプラスチックは世界共通なので、日本では区分されていなくても、頭の片隅に入れておくと良いかも…


1:ポリエチレンテフレート polyethyelene terephthalate (PETE)
ペットボトルに使われている透明なもの。
1度限りの使用では問題はないが、繰り返しの使用でホルモンに悪影響を及ぼすテレフタル酸が滲出する可能性が指摘されています。

2:高密度ポリエチレン→high-density polyethylene (HDPE) 
牛乳、ジュースなどの容器、ゴミ袋、シリアルの箱、ヨーグルト、マーガリンの容器に使われています。また化学薬品に強いので洗剤や台所用クリーナーなど家庭用薬品系のボトルに使用。
こちらのプラスチックは、特に問題はない様です。
無添加の食品ラップは、こちらの物質が使われています。

3:ポリ塩化ビニール→vinyl, polyvinyl chloride (PVC) 
DHAを含有。
癌を誘発、体重や骨密度減少、肝臓や精巣の障害を引き起こすと要因となるDHAを含有。
ダイオキシンも放出するので、この3番は絶対避けたいプラスチックの1つ。
通常の食品用ラップフィルム(添加物混入)、レジ袋、肉やチーズのラッピング、スナック菓子の袋など薄く折れるビニールに使われているので、特に注意が必要です。

4:低密度ポリエチレン→low-density polyethylene (LDPE) 
ボール紙、牛乳容器、パンや冷凍食品の袋、ポテトチップスの袋など、熱が加わると縮むプラスチックフィルム系に使われていて、特に問題なしと一般では言われています。

5:ポリプロピレン→polypropylene (PP)
使い捨てプラスチックコップやプレート、ヨーグルト容器、ケチャップ容器など耐熱性があるので電子レンジに入れても、食洗機に入れても大丈夫なプラスチックとして使用されていて一般的には特に問題はないと言われています。

6:ポリスチレン→polystyrene (PS) ポリスチレン
発泡スチロール、ふたやボトルキャップに使われる。熱に弱い。なんと、うつ病、中枢神経障害、皮膚や目や呼吸器官の炎症との関連が指摘されている物質です。
テイクアウト容器、スーパーの食品用トレイ、おもちゃなど幅広く使われているのでこちらも要注意です。
テイクアウト容器を、そのままレンチンして食べない様にしてください。

7:その他。ポリカーボネート、アクリル、乳酸エステル、ファイバーグラスを含む→other (includes polycarbonate, acrylic, polylactic acid, fiberglass) 
B.P.A.(ビスフェノールA)とポリカーボネイトを含有していて、1〜7の中では最も危険度が高いです。プラスチック加工された金属缶、飲料容器、哺乳瓶、耐熱容器、食器類など、こちらも幅広く使用されていますので、これは使っているもので発見したら要注意!! 

色々ごちゃごちゃと書きましたが、2、4、5は比較的OKなプラスチック。
上の写真は、Costcoで購入した冷蔵パスタが入っていたコンテイナーです。
そのコンテイナーにパスタを入れて、電子レンジでチンをするんですが、5番なので大丈夫。

7は、BPAが混入している可能性があるので、絶対避けたいプラスチック。
よくコンビニ等にあるお惣菜やお弁当が入っている、柔らかいプラスチックの事です。
この7ですが、恐ろしい事に、哺乳瓶にも使われているものがあるそうです。
哺乳瓶なんて熱湯で煮沸したり、粉ミルクを注ぐのに熱湯を注いだりしますよね... 
アメリカで売られている商品にはBPA Freeと書いてありますが、日本でプラスチックの哺乳瓶を使うのは、注意が必要だと思います。
(Made in Chinaとか、大丈夫なんでしょうか ん〜、怖い...)
ちなみに、プラスチックは電子レンジで放射を受けたり、お湯でプラスチックが温められたり、食洗機でプラスチックを洗浄した際などの外的圧力が加わると加速するという研究結果で明らかになったそうです。

3と6は、BPAと似た様な物質が混入しているので、7と同様注意が必要です。
4は、一般的には問題ないと言われていますが、缶詰の食品の内側にはBPAがコーティングされています。
食品の缶詰は通常250℃で約1時間殺菌されているのですが、その際、熱でBPAは溶け出すんではないでしょうか?
特に酸性の強いトマト缶は、BPAが溶けやすいので、できればガラス瓶に入っているトマトor生のトマトを使いたいです。
(BPA→ビスフェノールA

コンビニでもプラスチックの中に入っているものが多く、本当に避ける事ができない世の中。
私は”レンジOK”のサインを、信じるのが怖いぐらいになってしまいました。
だって、もともと上記の様なPoly___で作られている化学物質なんです
なので、プラスチック容器を家で長い時間レンチンするときなど、お皿やガラス容器に移してチンする事をオススメします。(面倒臭いですけどね...)

体に悪影響を及ぼす目に見えない物質は、本当に怖い



LINEで読者登録ができます↓

先日、ジャスティンの車を改造しにNorth Phoenixに行ったついでに(そのときのブログは、こちらから★)、ダイソー商品を扱っているCutieというお店に寄ってもらいました。前回来たときは、大好きなハッピーターンが品切れだったんですが、今回はこんなにありました↓旨味パ ... 続きを読む
先日、ジャスティンの車を改造しにNorth Phoenixに行ったついでに(そのときのブログは、こちらから)、ダイソー商品を扱っているCutieというお店に寄ってもらいました。
前回来たときは、大好きなハッピーターンが品切れだったんですが、今回はこんなにありました↓

FullSizeRender

旨味パウダーが危険な事はわかっているんですけどね

”ハッピーターンの”旨み成分”の危険性”のブログは、こちらから

こんな美味しいお菓子は、やっぱりやめられないです...
ジャスティンが、前回ハッピーターンをケースで買った人の真似をして、「1ケース買う」と言い出したんですが、「アリゾナであまり手の入らないハッピーターンを、独り占めするのはよくないよ」と言い聞かせ、結局5パックに抑えました

FullSizeRender

いつも会計の前の所で買ってしまう、UCCコーヒーは、こちらでは$1で販売↓

IMG_1789

前回は気がつかなかったんですが、こんなステッカーが貼ってありました↓

IMG_1790

WARNING: Consuming this product can expose you to chemicals including Bisphenol A , which is known to the State of California to cause cancer and birth defects or other reproductive harm. 

警告:本製品をお使いになると、カリフォルニア州でがんや先天異常などの生殖障害を引き起こすことが知られているビスフェノールAを含む化学薬品にさらされる可能性があります。 

こんな注意書きが書いてあったら、恐ろしいんですけど
詳しくは、https://www.p65warnings.ca.gov/food
と書いてあったので、見てみると... 

サイト名の”P65”とは、”Proposition65”略で、
プロポジション65(正式名称は「1986年安全飲料水および有害物質施行法」)は、カリフォルニア州に対して「がん、先天性欠損症、またはその他の生殖危害を引き起こすことが知られている化学薬品のリスト」の作成を義務付けるカリフォルニア州の規制の事を指しています。
2015年5月には、Bisphenol A(以下BPAと略します)はカリフォルニア州法プロポジション 65 で指定される「人体に害を及ぼす恐れがある危険物質」に追加されました。これにより、 2016 年からは BPA を含む缶入りまたは瓶入り食品・飲料の容器に警告を表示する義務があります。

UCC コーヒーの缶に書いてあった警告は、”Bisphenol A”の規制が引っかかっている様です。
BPAとは、以前にもブログに書いた事がありますが(そのときのブログは、こちらから)、トマト缶やツナ缶等の缶や、プラスチックの容器に含まれている、化学物質の事です。
先日のブログにもポストした通り、私は家で食品を保存するとき、プラスチックの容器はやめ、ガラス容器を使う様になりました(そのときのブログは、こちらから
100均で便利なプラスチック容器やお弁当箱、それに使われているプラスチックはポリカーボネートというもので作られています。
ポリカーボネートは、まさにBPAが原料に作られているんです。

BPAが、体にどんな影響があるんでしょうか。
BPAは、環境ホルモンと言われているだけあって、特に女性の生殖機能に影響し、人間のホルモンであるエストロゲンに類似した作用を示すエストロゲン物質なんです。
そして前立腺癌、乳腺癌、思春期の低年齢化、生殖器官の異常にも影響すると言うデータもあります。その他にも糖尿病、癌、子供の学習障害、近年多発している子供のADHD(注意欠陥・多動性障害)にも関連があると言われている怖い物質です。また、成人のうつ病などを誘因するなどの報告もされているそうです。

アメリカで売られている商品。

FullSizeRender

GLADというラップのブランドには、BPA FREEと必ず書いてあります↓
(中央の”70”の左)

FullSizeRender

Press 'N Sealの事を書いた過去ブログは、こちらから

こちらの普通のラップのほうにも↓

FullSizeRender

プラスチック関係だけでなく、おもちゃや文房具、粉ミルクの缶にも含まれている事もあるそうです。
また、哺乳瓶にも含まれている事もあるとか... 
日本はまだ諸外国と比べると規制が甘い様ですので、乳幼児や妊婦さんはかなり気をつけなければならないそうです。
日本の商品は、”電子レンジ使用可”とか”不可”とは書かれてますが、ハッキリと”BPA FREE”や”ビスフェノールA不使用”と書いてあるパッケージは見た事ない様な... 
プラスチック商品について、BPAが含まれているかどうかは、1つ1つメーカーに問い合わせないと、わからないのが今の日本の現状です。 

なので、日本だったらCostcoやiHerb等で売られている輸入品のラップやプラスチック容器を購入するほうが、安心なのかもしれません。
ちゃんと、”BPA FREE”と書かれてますからね

乳がんや不妊症が増えているのも、この環境ホルモンの規制の甘さがあるんじゃないかと思います。
日本は、落としたお財布も手元に返ってくる様な、安全な国。
今後のためにも、目に見えない体に危険なものも、厳しく取り締まってほしいです。


厚生労働省のホームページにて、ビスフェノールAについて詳しく書いてます→


LINEで読者登録ができます↓



我が家にいつも1つは置いてある、パイナップル↓ パイナップルは、たまに88セントで売られたり↓アメリカは、野菜や果物が安いので、助かります。切ったパイナップルは、ガラスの入れ物にいれます。どれだけ綺麗に揃えて入れられるか、毎回自己満以前までは、プラスチ ... 続きを読む
我が家にいつも1つは置いてある、パイナップル↓

FullSizeRender

パイナップルは、たまに88セントで売られたり↓

FullSizeRender


アメリカは、野菜や果物が安いので、助かります。

切ったパイナップルは、ガラスの入れ物にいれます。

FullSizeRender

どれだけ綺麗に揃えて入れられるか、毎回自己満

以前までは、プラスチックのタッパーウェアを使っていたんですが、引っ越したときにガラスのものに買い換えました↓


プラスチックのものって、ディッシュウォッシャーで何度も洗ったりするとプラスチックの部分が薄れてきたり、トマトスープの様な濃厚なスープを入れると色素沈着してしまうので、やっぱり体にもよくないのかと思い、怖くなり、Bed Bath & Beyondで購入しました↓

image

上の写真をクリックすれば、オンラインサイトに飛びます↑

調べて見たら、プラスチック容器が剥げてきたり、変形や変色してしまった場合は、危険な状態の様です。
なぜなら、有害物質が溶けてしまっているから。
特にクリームやバター等の脂肪分が沢山入っている食べ物を、プラスチック容器にいれてチンすることは、絶対に危険。脂肪分の多い食品は、温められたときに人間に毒となる化学成分を吸収しやすいんだそうです。
大人にとっては、溶け出した微量のプラスチックの影響は小さいかもしれませんが、乳幼児や小さなお子さんには大きな影響を与えてしまうかもしれません。なので、電子レンジOKなプラスチック容器でも、ガラスや陶器の食器を使って温める事をお勧めします。

コンビニ弁当のチンは、加熱時間が長くなるほど、弁当容器から食品への化合物の移行が増えるそうです。 よくコンビニのお弁当で、電子レンジで温めすぎて、容器が変形してしまったなんて事ありませんか?普通に温めるだけでしたら、微量の化学物質で済むので、人体の影響を及ぼすほどではありませんが、容器が変形したときは、弁当容器から食品への化合物の移行量がぐんと増えるそうです。

私は、それを聞いて以来、プラスチック容器にいれたまま電子レンジで加熱する事をやめました。
プラスチック容器は、一時的に保存するときだけにし、もし電子レンジでチンするときは、ガラスの容器やお皿、ボールに食べ物を移し、上にペーパータオル(日本だとキッチンペーパー)を置いて温めます。
(このやり方は、ジャスティンに教わりました)

FullSizeRender

ちなみにラップをかけたまま温めるのも、一切やめました。
レストランで食べきれなくてto go boxに入れてもらった場合も、そのまま温める事は危険です。
プラスチック容器やラップにも、たとえ"Microwave safe"(電子レンジOK)と書かれていても、私は信じられないのでやりません。
なぜなら、全く目に見えない物質が体の中に入り、蓄積され、 将来ガンになる確率が高くなるという実験結果が出ているからです。
目に見えない物質だから”大丈夫”ではなく、目に見えない物質だから、余計に気をつけなければならないと思います。
便利なものが多いですが、危険なものも散乱している世の中。
自分のためにも、家族のためにも、毎日気をつけていきたいです。 

ちなみに、HomeGoodsやTJ Maxx(ディスカウントストア)でも、ガラスのfood strageは安く売ってます↓



そしてIKEAのガラス容器は、ガラス容器の部分と蓋の部分が別々に売られているので、プラスチックの蓋の部分がダメになってしまっても、蓋部分だけ買い換える事が可能

FullSizeRender

そうそう、プラスチックの蓋の部分って、何度も開け閉めしていると、すぐ壊れちゃったりするんですよね...

FullSizeRender

IKEA、なかなかやりますね
次回買い替える時は、IKEAのガラス容器にします


LINEで読者登録ができます↓