Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:一眼レフ

私が長い間愛用していた、PENTAXの一眼レフ。8年前、標準レンズ(Kx)とズームレンズのキットを購入し、後から追加して単焦点レンズ(上の写真↑)を購入しました。その単焦点レンズを使ってからは、単焦点の虜になり、通常レンズとズームレンズは滅多に使わなくなりました。私 ... 続きを読む
私が長い間愛用していた、PENTAXの一眼レフ。

FullSizeRender

8年前、標準レンズ(Kx)とズームレンズのキットを購入し、後から追加して単焦点レンズ(上の写真↑)を購入しました。

その単焦点レンズを使ってからは、単焦点の虜になり、通常レンズとズームレンズは滅多に使わなくなりました。
私がいつもブログでポストする写真は、ほとんど単焦点レンズで撮影しています。
(外での写真は、携帯で撮ってます)

単焦点レンズは、読んで字のごとく焦点距離が1つだけのレンズのこと。たとえば28㎜とレンズに書いてあれば、それは28㎜以外の焦点距離では撮影できないレンズです。
逆にズームレンズは、1本で無段階に焦点距離が変えられるレンズで、例えば28㎜-85㎜ズームというレンズであれば、その28㎜から85㎜の間はどこでも自由自在に画角≒焦点距離を変えて撮影できる(微妙なフレーミングができる)レンズです。
簡単に言うと、単焦点レンズはズームができないので、自分が動かなければいけません。

単焦点レンズの何が良いか。それは、F値(絞り値)が標準レンズより低く設定できるので、

・ボケ感が撮れる
・レンズを通る光が多くなるので、映りが良い

事でしょうか。
大体皆さんは、カメラを購入した時に自動的に付いてきたレンズに慣れてると、初めて買うレンズはやはり単焦点レンズが人気の様です。


ペンタックスを使い始めてからかなり経ち、明るさを調節するボタンも動きが鈍くなってきたし、動画を撮ると機械の雑音が入るし、何しろもう古い… 
そろそろ買い換えたいなと思っていた所に、ちょうどよく、先月のBlack Fridayセール。
カメラボディと単焦点レンズのみを購入する事も考えましたが、たまに使うんですよね、標準レンズとズームレンズ。
なので、ダブルレンズキットを買って、単焦点レンズを追加しようかと考えていたら、Costcoで単焦点レンズ付きキットを、Black Fridayディールで見つけました。
Canonの一眼レフ↓

FullSizeRender

Black Fridayショッピングについて書いたブログは、こちらからどうぞ

レンズが3つも付いてるキット、しかも単焦点レンズがキットについてくるなんて、見たことないよ
そしてカメラのバッグ、メモリーカード付き。
自分で買おうと思っていたのに、ジャスティンから「君は毎日一眼レフを使っているから、今年のクリスマスギフトであげるよ」と言ってくれました
有り難い

古いペンタックスは画面もフリップしなかったし、タッチパネルじゃなかったし、携帯アプリからカメラの操作なんてできなかったし…
今のカメラって、凄いですね。本当に嬉しい

FullSizeRender

ちなみに、ペンタックスを購入した後、ソニーのミラーレスも購入しましたが、ミラーレスの映りは私はあまり好きではなかったので、姉にあげてしまいました
見た目はカッコ良かったんですけどね、持ち運びも楽だし。

Canonのカメラ到着後、クリスマスまで待とうと思いましたが、カメラにもし不都合があった場合すぐに返品ができないので、クリスマスを待たずに使わせて頂きました。
(という言い訳 早く撮りたくて仕方なかった)

単焦点レンズは、50mm↓

FullSizeRender

ペンタックスの単焦点レンズは35mmだったので、それに比べて画の映りが大きいですが、でもボケ感が最高です。
ただ、食べ物を撮る時が、ペンタックスの方が食べ物が柔らかく撮れる様な気がします。

こちらはペンタックス↓

FullSizeRender

こちらはCanon↓

FullSizeRender

違い、わかります?
私の気にし過ぎなのかな?

でも、Canonのカメラで撮った夜景は、申し分ないぐらい良いです。
こちらは、この前行ったPhoenix Zoo(動物園)でのZoo lights

IMG_7315

去年に引き続き、行ってきました。
チケットは、Buy One Get One Free(1枚買うと1枚無料)でした。
毎年、この時期のフェニックス動物園はライトアップされ、綺麗なイルミネーションを見る事ができます。

IMG_7316

“手持ち夜景モード”にセットし、手持ちでもブレずに夜景を撮影できるんです。
一度シャッターボタンを押すと、手ブレしにくいシャッター速度で4枚を連続撮影して自動で合成してくれるんです。
三脚なしでも、ブレずに夜景が綺麗に撮れます。
今の一眼レフって、凄いですね

FullSizeRender

そして、家のフロントヤードのライトも飾り付けしたので、そちらの写真も
ガレージ前に付いている電球も、青に変え…↓

FullSizeRender

フロントヤードは、ジャスティンがアマゾンで購入したメタルの針金みたいなの(名前、わかりません…笑)を購入↓

FullSizeRender

ライトは、Costcoで購入↓

FullSizeRender

Costcoのライトは、約10mで一箱約$10だったので、これだけ購入しました↓

FullSizeRender

ついでにCostcoで、コンセントをまとめて差し込めるアウトレットを購入。
$10ぐらいだったかな?

FullSizeRender

最近のアウトレットは、携帯のアプリから操作ができるんですね。
だから、wifi付き

FullSizeRender

そして、アマゾンアレクサ付き。
ハイテクな世の中です。

FullSizeRender

全て、ジャスティンが頑張って、飾り付けしてくれました

FullSizeRender


FullSizeRender

前の家では全く外の飾り付けをしなかったので、彼も私も初めての外での飾り付けでした。
てか、私は全く何も手伝ってない… 
針金?にもライトを付けて…↓

FullSizeRender

ギリギリ、クリスマスに間に合ったよ

FullSizeRender

サンタさんも、準備OKです

FullSizeRender

こちら↑のプロジェクターについて書いたブログ記事は、こちらからどうぞ

全て、Canonのカメラで撮影。
(Costcoの写真以外)
夜景が綺麗に撮れるカメラって、素晴らしいですね。夜景を撮るのって、ちょっとしたブレでもすぐブレて映ってしまいますが、Canonのカメラは夜景でもブレないので、オススメです

そして一眼レフと言ったら、やっぱりボケ感。コンデジでは味わえない映りを、楽しめる事。
もし、ボケを撮りたい場合は、単焦点レンズを探してみてください。
そして、Canon
私のペンタックス、8年間もお疲れ様でした
もちろん、ペンタックスも最高でしたよ

私が購入したカメラセットは、Canon EOS SL2 DSLR Camera 3 Lens Bundleです。
日本語設定OK
日本では、EOS Kiss X9が型番と思われます。
Costco online→

アメリカは本日、クリスマスイヴです。
皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしください


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓

San Diego tripの続きです。”カリフォルニア、コロナド島へ”★”コロナド島の美味しいイタリアン”★”コロナド島の、お酒も飲めるカフェ”★”コロナド島でディナー”★カリフォルニア旅行2日目は、2人ともずっと行きたかったSan Diego Zooへ。朝が苦手な私ですが、7時 ... 続きを読む
San Diego tripの続きです。
”カリフォルニア、コロナド島へ”
”コロナド島の美味しいイタリアン”
”コロナド島の、お酒も飲めるカフェ”
”コロナド島でディナー”


カリフォルニア旅行2日目は、2人ともずっと行きたかったSan Diego Zooへ。
朝が苦手な私ですが、7時半に起きました(というか、起こされました
アリゾナにも動物園はありますが、私が見たい動物があまりいないので、行った事はありません
9時前にホテルを出て、San Diego Zooへ
20分足らずのドライブなのに、テスラを3、4台も見た私たち。
さすが、カリフォルニア
アリゾナでもテスラは走ってますが、ここまで頻繁に走ってないし...
ジャスティンの会社に行くと、どなたかのテスラがパーキングに停めてあるので、その度にじ〜っと見てしまいます庶民なので

San Diego Zooには、9時過ぎに到着

IMG_3492

エントランスにある、大きなライオンがお出迎え

FullSizeRender

サンディエゴ動物園は、40ヘクタールもの広さ(東京ドーム8個分←わかりにくい)で、テーマパークランキングの中で、世界&全米テーマパークNo.1に選ばれるほど、大人気
敷地内には、3500頭以上の650種類の動物が飼育され、70万もの世界の植物もあるそうです。
サンディエゴのダウンタウンの立地で、アクセスしやすいのも魅力
これだけの広さの動物園、全種類の動物を見るのは困難なので、ジャスティンと王道の動物は見ようと、マップを見ながら相談して回りました。

まずは入ってすぐ右側の、日本庭園へ。

FullSizeRender

鯉が沢山泳いでました。
アメリカでは鯉が人気で、私の近所の人(アメリカ人)は、日本で鯉のビジネスをしていたそうです。それぐらい大人気

さて、動物園に来たので、私の一眼レフの出番
一眼レフ歴8年ですが、いつまで経ってもビギナーです
普段、家でしか使わない一眼。
しかも家で使うレンズは、いつも単焦点レンズ。
(よくブレてくれるので、普段使いはいつも単焦点レンズです)
ズームレンズは家で使う事がないので、ここぞとばかりレンズを3つも持参しました
動物園で一眼を使うとなると、やっぱりケージ(檻)や網が邪魔なんですよね
しかも、ピントがケージや網に合っちゃうとか
なので、どれだけケージを画面に入れないで撮るかが、今回の私の課題でした(勝手に...

見た順番に写真を載せていきます
まずは、Africa Rocksトレイルから。
Baboon (マントヒヒ)↓

FullSizeRender

一夫多妻制度?らしく、雄はハーレム状態で生活するそうで、若干引きました…
真っ赤なお尻が目立ちます。

California Condor (カリフォルニアコンドル)↓

FullSizeRender

ナイスシャッターチャンス↑(自画自賛
この鳥、めちゃくちゃ大きくて、羽を広げると2m近くにもなるそうです。
こんなのが空に飛んでたら、大人でも連れ去られちゃうんじゃない?と、ジャスティンと話してました。
名前の通り、カリフォルニア、そしてアリゾナ北部に生育するそうです。ちなみに一時は絶滅危機になったそうです。

Meerkat (ミーアキャット)↓

FullSizeRender

私、人生初めてミーアキャットを実際に見ました。
30cmぐらいの小さな動物で、みんなこんな感じで可愛く立ってました

Asia elephant (アジア象)↓

FullSizeRender

サンディエゴズーには、アジア象と、アフリカ象がいるみたいですが、残念ながらアフリカ象の広場の中は空でした。見えない所に隠れていたのかも
アジア象とアフリカ象の見分け方は、耳の大きさの違い。アジア象の耳は、小さいそうです。

Capybara(カピバラ)↓

FullSizeRender

癒し系カピバラ、可愛い
ネズミの一種ですが、大きいものだと50キロぐらいに成長するそうです。
オスには鼻の頭にコブの様なものがあり、メスにはついてないそうです。
動物園でオスを見かけた場合は、ラッキーだそう。

Lion(ライオン)↓

FullSizeRender

私たちが見たときは、ライオンの広場の中にはオスとメス1頭づついましたが、オスは奥の方にいたので、写真に撮れませんでした。

動物園のエントランスエリアから、奥に向かって走っているゴンドラ、Skyfari↓

FullSizeRender

こちらは10時から7時まで運行し、1Day Passを購入すれば、何度でも無料で乗れます。
私たちは一旦奥のトレイルまで歩いたので、エントランスエリアまで戻るために、こちらに乗車しました。
サンディエゴが一望でき、動物たちを上から見渡せます。
ゴリラやパンダも、見えちゃいます

そして疲れたので、私はソフトクリーム、ジャスティンはビールを購入↓

FullSizeRender

Chocolate, Vanilla, Swirlの3種類。
ミックスはSwirlと頼めばOK
(Swirlは、”渦を巻く”という意味です)
意外と大きくて、だんだん溶けてきているし...

FullSizeRender

その後、フラミンゴ↓

FullSizeRender

フラミンゴは、ラテン語で”炎”の意味らしいです。
そして動物園で飼育する場合、飼料に色素を添加する事で羽色を維持しているそうですよ〜
ビックリ

私の大好きな動物、コアラ↓

FullSizeRender

サンディエゴ動物園には、沢山のコアラ(多分7頭ぐらい)がいて、何箇所かに別れて別々に飼育されています。
コアラは1日のうち殆ど寝ている動物なので、みんな木の上で丸くなって寝てました。
でも1匹はたまたま起きて、木の上を移動してました↓

FullSizeRender

可愛い
オーストラリアに旅行したとき、シドニーのコアラパークサンクチュアリという所に行ったんですが、残念ながらシドニーではコアラを抱っこする事ができないそうです...(保護するために)
行ってから知りました
ちなみにコアラを抱っこできる州は、ブリズベン、アデレート、パースだそうです。


Giraffe(キリン)

FullSizeRender

このキリンの親子、いつも一緒に歩いていて、可愛かった〜
生まれて6ヶ月のキリンの赤ちゃんです。と言っても、私より大きなキリンですが...
食べるときも、お母さんキリンが赤ちゃんキリンを助けて食べさせてましたよ↓

FullSizeRender


そして、パンダ

FullSizeRender

パンダがSan Diego Zooで大人気なんてゆう事、全く知らなかった私たち。
パンタトレイルに行ってみたら、すごい行列でした
唯一、サンディエゴ動物園の中で、パンダだけが並ばなければいけない動物でした。
パンダが人気なのは、世界共通なんでしょうか
てか、並ばなければいけない事を事前に知っていれば、一番最初にパンダを見に来たのにとジャスティンはキレてました
だよね...9時過ぎに来たときは、駐車場も空いていたので、パンダトレイルも空いていたはず...
ちゃんと下調べをしておけば良かったと反省
45分ぐらい並んだでしょうか。
やっと1匹のパンダが見れました↓

FullSizeRender

動物園のスタッフが、「長い間並んでも、パンダは寝てるかもしれないから、起きてる保証はない」と言ってましたが、ちゃんとお食事中でした。
隣にも、ほかのパンダのスペースがありましたが、残念ながらいませんでした。
パンダは、自分のスペースを大事にするそうで、1頭1頭別々に飼育されるそうです。
ジャスティンに、「君みたいだね」と、言われました
それにしても、時折炎天下でパンダを待っていたので、暑かった


パンダを見た後は、休憩
ジャスティンはビール(また!!)、私はアイスカフェラテ。

FullSizeRender

そうそう、サンディエゴ動物園では、園内でお酒が飲めるんです。
マルガリータも、飲んでる人結構見かけました。
ちなみにビールのおかわりをする場合、その使用済みカップを持っていけば、1ドルオフになるそうですよ(確か、ジャスティンのbud lightは$7だったかな?)
1ドルオフは、大きいですね
園内の飲み物は、高いので。
私のアイスカフェラテのリットもストローも、safety reasonの理由で使えないそうで、歩きながら飲む事ができませんでした。

ゴリラ↓

FullSizeRender

ゴリラは何頭かいましたが、みんなサービス旺盛で、ガラス越しにみんな来てました。
このゴリラは、いつもブランケットを持ち歩いていて、座るとき寝るときはそれを敷いてました。

FullSizeRender

ゴリラは、💩を投げる習性があるそうですね。
投げられませんでしたけど
ガラス越しの子供達が、ガラスを叩くもんだから、少々ゴリラもイライラしてました


Pygmy Hippopotamus(小人カバ)↓

FullSizeRender

ちょうど真正面に、カバが来てくれました
ミニカバと呼ばれるそうで、ミニとはいえ、体重は200キロぐらいあるそうです。

オラウータンとチンパンジーの子供↓

FullSizeRender

この2匹、本当に仲が良くて、ずっと綱渡りで遊んでました。
可愛かったな
きっと毎日一緒に遊んでいる仲間なんでしょうね

最後にトラを見ました↓

FullSizeRender

お昼寝中。
私達も歩き疲れて、こんな感じでグッタリでした… 

久しぶりの、外での一眼レフカメラ
素人の私が言うのもなんですが、檻や網にフォーカス行かない様にするコツは、檻や網にできるだけ近づいてズームする事です
こうすると、簡単に撮れます
やっぱり携帯のカメラで撮るより、一眼レフで撮ったほうが綺麗
しかもズームしても、携帯のカメラみたいに画質が荒くならない

動物園って楽しい
東京ドーム8個分、アップダウンが激しいサンディエゴ動物園、広かった
San Diego Zooのウェブサイトには、動物たちのウェブカムも見れるので、暇なときに見ると、癒されます
(オススメは、パンダと象結構ハマるゴリラもウェブカム、つけてほしい...)

San Diego Zooのオフィシャルウェブサイトは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓