Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:ワイン好き

まず最初に... 昨日は、下書きをしていた記事を、"投稿"のボタンを押してしまい、中途半端な記事でポストしてしまい、大変失礼いたしました。 後日、その記事はポストします。        ----------------------------------------- ... 続きを読む
まず最初に...
昨日は、下書きをしていた記事を、"投稿"のボタンを押してしまい、中途半端な記事でポストしてしまい、大変失礼いたしました。
後日、その記事はポストします。

       -----------------------------------------


昨日金曜の夜は、久しぶりにジャスティンママの家にお邪魔しました。
我が家から車で3分の場所にママさんと旦那さんが住んでいるのに、2ヶ月ぐらい会ってませんでした。

前日、ジャスティンの携帯にママさんから、
「ワインのパーティーがあるから、良かったら来てね」
と誘われ、
何か持ってくものがあるか聞いた所、
「何も持って来なくていいから」と言われました。
でもジャスティンと私、「何も持っていかないのは悪いよね?」ってなり、
当日にSpring rollsを作りました。

久しぶりに、姪のリリーと甥のリアムに会えると思っていたら...
既に就寝中
色々な事情があって、現在は彼らのパパ(ジャスティンの弟)と今は一緒に暮らしていなく、ジャスティンママと旦那さんに育てられています。
(彼らの母親の事のブログはこちらから
なので毎日のルーティーンが色々変更になり、夜の7時以降は彼らのベッドルームで寝る準備をしてるみたいです。
リリーとリアムに会いたかったな

で、ワインパーティー。
今回は私たちを含め、6カップル12人が参加。(すべてご近所さんです)


ママさんの家では、ちゃんとワインパーティーのデコレートされていていたんです。


ただのパーティーかと思ってたら、ワインテースティングの会だったんです
しかもポットラック形式で、1カップルで1アペタイザー+1ワインボトル持参
し、知らなかった
しかもジャスティンも私も、全くワイン飲まないし...
一応アペタイザーを持ってきて良かった...
てか、ジャスティン、(自分が飲む用に)ビールをわざわざ買ってきたのに、飲めない雰囲気
ちょうど家に、獺祭39(日本酒)が冷蔵庫にあったので、1度家に帰りそれを急遽持ってきました

ママさんと旦那さん、かなりのワイン好きで、ワインの樽が3、4つを購入して、それをカウンタートップ風にテーブルにしてます↓



私より背の高いワインクーラーの中に、ワインボトル沢山


そしてママさんと、ご近所のカップルの皆さんが持参したワインボトル


ジャスティンの大好物の獺祭39


私は、「日本酒初心者のアメリカ人に、獺祭を飲ませたら勿体ない」って最初反対したんですけどね...
ジャスティンは、「こんな時じゃないと飲めないよ」と言ってました
(私が日本から持ってきた...)

カップル毎に、自分が持ってきたワインとアペタイザーを説明して、皆さんにサーブ。
いや、こんなちゃんとしたパーティーだって知ってたら、私もっとちゃんとしたアペタイザー作ったのに...
(きっとママさんは、急に誘ったから、「何も持って来なくていいよ」って言ってくれたんだと思います)

これはママさんの旦那さんが作ったスモークチキンとアーティチョークのアペタイザー↓


ローズマリーに刺して、見た目オシャレ


スモークチキンも、旦那さんが作りました。
美味しかった

こうやってカップル毎にワインとお料理をサーブしてくれ、なんだかコースミールを食べている様な感じで、高級感がありました



私たちのサーブする準備をしてるときに、私が「おちょこがあれば良かったね」ってジャスティンに言ったら、なんとママさんがおちょこを沢山持っていたんです (全部で15個ぐらい)
日本でも、おちょこを15個も持ってる人いないですよね


ジャスティンは、ビールを飲める雰囲気では全くなかったので、パントリーで隠れて飲んでました

最後はストロベリーのデザート



私は、最初の3品目ですでにお腹一杯になってました
しかも私、ワインも全然飲めないし

でもこのパーティー、すっごく楽しかったです
ジャスティンはワインが大嫌いだったのに、好きになってました
夜0時過ぎに、私たちは帰宅。
パーティーは、まだまだ続いてました

LINEで読者登録できます↓