Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:レオパード

前回ポストした、黒大理石ネイルがかなり大好評でした上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。ストアでお会計をするとき、レストランのサーバーさん、友達など、毎日誰かしらにお褒めを頂きました。凄く簡単なので、皆さんもやってみてくださいね今回のネー ... 続きを読む
前回ポストした、黒大理石ネイルがかなり大好評でした

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。
ストアでお会計をするとき、レストランのサーバーさん、友達など、毎日誰かしらにお褒めを頂きました。
凄く簡単なので、皆さんもやってみてくださいね

今回のネールは、フレンチネイルでレオパード柄にしました

FullSizeRender

以前もアニマル柄はポストしましたが()、今回のデザインのほうが大人風なので、派手なネイルがあまり好きではない方も、この色合いだったら落ち着いた感じなので、できると思います。
そしてフレンチが苦手な方でも、簡単にできる100均アイテムを使ってます

今回も、セリアの100均ジェルネイルを使いました。
(セリアの100均ジェルネイルについての過去ブログは、こちらからどうぞ

FullSizeRender

黒、グレー、白、そしてベース&トップコート。
ダイソーで購入したドットスティックも使いました。

そうそう、CanDoで購入した大理石のインテリアマットは、ネイルのときにも使えて便利↓

FullSizeRender

”プチプラ大理石柄の色々”の過去ブログは、こちらからどうぞ

アセトンを何度かダイニングテーブルの上にこぼした事があるんですが、一部ペイントが剥がれてしまったので、気をつけないとです。(ジャスティンに怒られる

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

フレンチネイルのベースは透明が良かったので、1度塗りして硬化、2度塗りして硬化しました。
ベースカラーにカラーを付けたい場合は、ベースコートを塗って硬化し、カラーのジェルネイルを1度塗りして硬化、2度塗りして硬化をしてください。

今回フレンチネイルをするために使ったのは、こちらの100均商品↓

FullSizeRender

二重用両面アイテープ

以前、パンチ穴補強シール(英語ではLoose leaf paper sticker)を使ったフレンチネイルをポストしたんですが↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

爪の両端はカーブがあるため、パンチ穴補強シールは少々分厚いので、シールが爪から剥がれて、フレンチ部分のジェルネイルがはみ出てしまうときがあるんです。
硬化前だったらアルコール液で消せるので、問題はないんですが、この二重用のアイテープのほうがシールが薄いし、爪との粘着力も強すぎず弱すぎず、でも爪のカーブにちゃんと貼り付いていてくれるので、失敗がかなり少ないです。
なのでフレンチが苦手な方でも、簡単にフレンチネイルができます

爪の上には未硬化ジェルが付いているので、アルコールで拭きり、アイテープをピンセットで取って... ↓

FullSizeRender

上の白い紙を剥がして、透明部分だけ使います↓

FullSizeRender

それを爪の上に、貼ります
フレンチの幅は、お好みで

FullSizeRender

と思ったら、ベースもアイテープも透明で同系色になってしまい、とっても見づらかったので、急遽ベースコートの上にカラーを塗らせていただきました↓

FullSizeRender

白色のジェルネイルを、先端に塗ります↓

FullSizeRender

シールを剥がすと...↓

FullSizeRender

はみ出す事なく、綺麗にフレンチができました。
そして、硬化。
白はムラになりやすいので、薄く塗っていくのがコツです。
2度塗りして、硬化を繰り返します↓

FullSizeRender

もし、2度塗りしているときにラインからはみ出てしまっても、硬化前だったらフラットのブラシにアルコールを付けて拭き取れば、簡単に修正できます

次は、レオパード柄を描いていきます。
セリアのグレーと白のジェルネイルを、トレイの上に出します↓

FullSizeRender

レオパード柄を描くときは、ダイソーのドットスティックを使います。
ない場合は、楊枝のヘッド部分で代用OK。

白とグレーを混ぜます↓

FullSizeRender

細筆より、ドットペンのほうがレオパード柄が描きやすいです。
そして、レオパードはいびつな形ほどレオパードに見えるので、形が整っていなくてOKです。

FullSizeRender

爪のバランスを見ながら、レオパード柄を描きます。
硬化。

次に、細筆でレオパードの回りにフチ(囲い)を描いていきます。
先ほどの余ったグレーに、少しだけ黒を混ぜて、濃いめのグレーを作ります。
1つのレオパードのまわりに、”く”の字を2、3個描いていくと、レオパード柄に見えていきます↓

FullSizeRender

次に、同じ色(濃いグレー)でレオパードの間と間に、点を描きます。
こちらは細筆でも、ドットスティックでも、どちらでもOKなので、描きやすいほうを使ってください。
私は、ドットスティックを使いました↓

FullSizeRender

爪のバランスを見ながら描き、出来上がったら硬化し、最後にトップコートを塗り、ネイルパーツをつける場合はこの時点で付けて、硬化。
パーツを取れない様にするために、仕上げにもう1度トップコートを塗って硬化し、未硬化ジェルをアルコール液を含んだコットンで拭き取り、終了。

大人なモノトーンレオパード柄ネイルの出来上がり

FullSizeRender

レオパード柄をズーム↓

FullSizeRender

この写真で、フチの描き方がわかるでしょうか。

今回も、フレンチのラインを隠すために、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

フレンチネイルのラインをごまかすために、こちらのグリッターラインを使うと、とっても綺麗に見えます。
グリッターラインのジェルネイルの事を詳しく描いた過去記事は、こちらからどうぞ

他のネイルパーツは、ダイソーで購入しました↓

FullSizeRender

こちらのシリーズ↑↓は、アリゾナのCutieでも購入できます。

FullSizeRender


今までフレンチネイルがうまくできなかった方、100均のアイテープを使ってみてください。

FullSizeRender

薬指のグレーは、マッチさせるためにレオパードのライトグレーを使いました。
派手なレオパード柄が苦手な方、是非こちらのモノトーンカラーで挑戦してみてくださいね


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓