Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:プルースト現象

この前購入した、ULTAとSephoraのコスメ、同じ日に到着していました↓ (そのときのブログは、こちらから★) LancomeのGenifiqueは、自分用に。 この前もブログに書きましたが、1年にジャンボサイズを2回購入 ... 続きを読む
この前購入した、ULTAとSephoraのコスメ、同じ日に到着していました↓
(そのときのブログは、こちらから


LancomeのGenifiqueは、自分用に。
この前もブログに書きましたが、1年にジャンボサイズを2回購入します。
ARMANI CODEは、ジャスティンへのクリスマスギフト
以前、彼にこの香水をプレゼントした事があって、この香りを相当気に入っていたので、今回は髭剃り後の"After Shave lotion"です。
ジェニフィックよりも大きいサイズ

eye removerが無料で付いてきました↓


予想通り、50mlの大きいサイズで、無料とは思えない
ULTAって、こうゆう所、太っ腹です

実はARMANI CODE、フランスに住んでいたときに、当時付き合っている人が付けていたんです。
大きい声じゃ言えませんけど...
それが本当に良い香りだったので、男性の香水の中では1番のお気に入りの香りです。


"香り"と"思い出"はリンクしている様で、ある匂いを嗅ぐと記憶がよみがえる経験ってありますよね?
プルースト現象というものが起こる事は、ご存知ですか?
ある特定の匂いがそれにまつわる記憶を誘発する現象は、フランスの文豪マルセル・プルーストの名にちなみ「プルースト現象」として知られているそうです(
嗅覚は脳のなかでも原始的な感情を司る大脳辺縁系に直接つながっているので、より本能的な情動と結びつきやすいらしいです。人間の記憶ともっとも強くリンクするのは視覚、聴覚、味覚、嗅覚の五感のうち嗅覚だと言われています。
そういった意味で、情緒的な思い出ほどニオイと密接な関係があるそう。
ちなみに、20〜30代の男女のうち49%が、「香り」で元カレ、元カノを思い出す様ですよ。

また、試験勉強や何かの資格の勉強するときに、香りの良い消しゴムを嗅ぎながら勉強し、その消しゴムと一緒に試験に望むと、香りが試験の回答に必要な記憶を呼び起こしてくれる効果があるそうです。

やっぱり香りって凄い
脳まで動かしてしまう、プルースト現象
アロマを焚く事でリラックスできるのは、ちゃんとした理由があるんですね。

でも私、このARMANI CODEの香りを嗅いでも、フランスに住んでいた頃の元カレの事より、フランスに住んでいた事を思い出すので、ご安心を
(って、誰も心配してないですね...笑)
私にとってARMANI CODEは、アロマ効果でリラックスできる香りなんです


嗅覚を表す英単語の事を書いたブログは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓