Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:プラスチック製品

私は、1人でティータイムをする事が大好きで...好きな紅茶を入れたり、スタバTAZOのチャイティー(★)を入れたり...日中40℃以上なアリゾナでも、やっぱりホットの紅茶を飲みたくなります。マカロンは大好物なので、SproutsやTrader Joe's(健康派スーパー)の冷凍マカロ ... 続きを読む
私は、1人でティータイムをする事が大好きで...
好きな紅茶を入れたり、スタバTAZOのチャイティー()を入れたり...
日中40℃以上なアリゾナでも、やっぱりホットの紅茶を飲みたくなります。

FullSizeRender

マカロンは大好物なので、SproutsやTrader Joe's(健康派スーパー)の冷凍マカロンは必ず冷凍庫に入っています。

FullSizeRender

トレジョのマカロンの事を書いたブログは、こちらから

ホットの紅茶を頂くときは、お湯を沸かすのは、こちらのケトル↓

image

我が家の買って良かった電化製品ベスト5()に入るぐらい、大活躍のガラス製ケトル。
プラスチック部分は中国製、ガラスはドイツ製です。
最初に買ったケトルは壊れたので、同じものと返品交換をしてもらいました(そのときのブログは、こちらから)。
このガラスケトルは、使うお湯によって温度を選べるという機能も なく、空焚き防止機能もなく、ただ水を温めるだけ。
ガラス製なので、お湯が入っているか入っていないかは一目瞭然なので、空焚きする事はないんじゃないかなと思いました。
ただ、ガラス製なので、お湯が沸いた後ガラス部分を触ると、熱いです
ビジュアル重視でガラスケトルをチョイスしたんですが、これが大正解でした
というのは、プラスチックケトルは、やはりプラスチックが溶けていく事があるそうで、 今問題になっているそうです。

アメリカで売られているプラスチック商品は、BPA Free(Bisphenol A: ビスフェノールA=化学物質)と書いてあります。
私のブログでは、何度かビスフェノールAの事を書いてあるので、読者さんはもうご存知の方々が多いと思います。
アメリカでは2010年1月より、FDA(米国の政府機関で、アメリカ食品薬局=日本の厚生労働省のような機関)でビスフェノールAを含む製品を控える様にと、警告が発表されています。
ちなみに、カナダではBPAを製品に使う事は、禁止されています。

とは言っても、新しいケトルやコーヒーマシーンをを買った場合、新品の匂いが消えないなんて事、ありますよね...
私のガラス製ケトルは、プラスチック製ではないのに、新しい製品の匂いが消えなくて
使い続ければそのうち消えますが、その使い続けている間の水の味が美味しくない。
そんな時は...
(ケトルの場合)購入直後は、何度かお湯を沸かしては捨て、また水を入れ、クエン酸や重曹、ベーキングパウダー等を入れてよくかき回します。
ケトルの蓋を閉め沸騰させ、数時間放置するだけ。
そして中のお湯を捨て、水で何度かすすぎをします。
気になる方は、再度水を沸騰、廃棄を数回繰り返してください。
これをすれば、新しい製品の匂いは消えると思います。

ステンレス製のケトルは、金属でできているので、プラスチック等熱可塑性樹脂があまり含まれておらず、熱を受けても溶けだしにくいために臭うことがないそうです。
ただ、ステンレス製は使用するにつれて、中にサビができたりするので、使用後は蓋を開けっ放しにして乾燥させる事が必要です。
ガラス製のものも、熱を発する所がステンレスなので、こちらも使用後は乾燥させる事を忘れずに

基本的に、熱を加える事は比較的良くないプラスチック。
歳をとると、体に良いものを摂取したいと思う様になりました。
もしケトルをご購入を考えている場合、ガラス製のものやステンレス製のものをお勧めします。
海外、またはアメリカ在住の方々は、プラスチックはBPA Freeのものをお選びください。


私が購入した、Bed Bath and BeyondのCapressoは、こちらから



LINEで読者登録ができます↓