Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:ブイヨン

最近のアリゾナは、40℃を軽く越してます本格的な夏が来てしまいました朝は必ずホットのカフェラテを飲みますが、さすがに真夏になるとアイス変わります。朝食は毎日、Sprouts(健康派スーパー)のブリオッシュをいただきます↓アメリカのパンは、パサパサしてあまり好きで ... 続きを読む
最近のアリゾナは、40℃を軽く越してます
本格的な夏が来てしまいました

FullSizeRender

朝は必ずホットのカフェラテを飲みますが、さすがに真夏になるとアイス変わります。

朝食は毎日、Sprouts(健康派スーパー)のブリオッシュをいただきます↓

FullSizeRender

アメリカのパンは、パサパサしてあまり好きではありませんが(特にサワードウが1番苦手)、ブリオッシュは大好きです。
しかも、Sporoutsのものがお気に入りです。

FullSizeRender

トースターで焼かなくても、美味しい
バターと卵がしっかり利いているので、何も付けなくても

トレジョのブリオッシュ、普通のスーパーのブリオッシュ、色々試しましたが、どれも甘すぎて、あまり好きではありませんでした。
Sproutsのブリオッシュが、甘すぎなくて、1番食べやすいです。
ブロガー&インスタ友達の方も、Sproutsのブリオッシュが1番美味しいとおっしゃってました
彼女も言っていたんですが、トレジョや他のブリオッシュは甘すぎて、朝食向き。
でも、Sproutsのものは、パスタ等の夕食に一緒に食べるのでも、ちょうど良い味なんです。
甘すぎないので、フレンチトーストで焼いても美味しいし、サンドイッチにしても
1ローフ$6、値段はそこまで高くないので、オススメです

そのSproutsのブリオッシュリーフが美味しいので、ホットドック用のブリオッシュが新発売していたので、試しに買ってみました。

FullSizeRender

6本入って、$6ぐらいだったでしょうか。
アメリカ人男性は、週末ホットドックを良く焼いてくれるんです
ソーセージもSproutsのデリで購入し、ジャスティンがグリルで焼いてくれました。

FullSizeRender

普段ホットドックはあまり好きではありませんが(パンがパサパサしているし...)、こちらは美味しかった
やっぱりバンズも美味しいものだと、こんなにホットドックって美味しいんですね
Sproutsのブリオッシュ、オススメです


話は変わって...
日本に一時帰国する度に、毎回持ち帰ってくるコンソメ↓



ただこちらのコンソメは、牛のエキスが入っているので、アメリカの日系のスーパーでも手に入らないと思います。
アメリカ入国時のカスタムで見つかったら、取り上げられてしまう商品です。
全ての肉(牛・鶏・豚)のエキスが入った商品は、アメリカに持ち込む事ができません。
コンソメだけでなく、のりたま、ポテトチップスのコンソメ味、カレー粉、缶詰やレトルト商品も、肉のエキスが入っているものは持ち込めないという事になっています。
(今気がつきましたが、カップヌードルミュージアムで作った、カップヌードル()も、ダメだったという事ですね...

年に1、2度しか日本に帰れないので、できればアメリカで手に入るコンソメの様なブイヨンを色々探していて...
先日Sproutsで、こんな便利なブイヨンを見つけました↓

FullSizeRender

Imagineというメーカーから発売されている、チューブペイスト。
嬉しい、オーガニック商品です。

FullSizeRender

USDAのサインもあるので、安心して使えます。

FullSizeRender

”チキン”と”ベジタブル”の、2種類が発売されており↓

FullSizeRender

キャップも片手で開けられるので、使いやすいです。
これ、アメリカにしては、珍しいと思いません?
日本の様に、お客側で考えていない物が多い国なので...笑

チキンブイヨンの成分↓

FullSizeRender

ローステッドチキンからのエキスなので、リッチなフレーバーになります。

ベジタブルブイヨンの成分↓

FullSizeRender

オーガニックのファームで育てられた、野菜です

最近、抗生物質や成長ホルモン剤を過剰に投与したお肉が多いので、怖いんですよね...
安いお肉は危険なので、お気をつけください。

こうゆう話があります...

”日本人に乳がんなどホルモン依存性がんが増えたのは、米国からの輸入牛肉が増えたことが一因。なぜなら米国産牛肉は“ホルモン漬け”だから。”

という話が、雑誌AERAでも特集を組んでいたそうです。
お肉のエキスも同じなので、お肉を買うときに、少しでもこんな話を聞いたなと思い出してみてください。

さぁ、このブイヨンの使い心地はというと...
思った以上に水分が多く、ペースト状というよりは、かなり液体に近いです。

FullSizeRender

そうそう、チューブのペースト状は、溶かす(溶ける?)まで時間がかかって面倒臭いといいますが、こちらはほぼ液体なので、すぐ溶けます

FullSizeRender

チキンのトマト煮の出来上がり

FullSizeRender

そして、別の日もチキンとベジタブルペーストを使って、今度はご飯と一緒に炊きました↓

FullSizeRender

オレガノも振って...↓

FullSizeRender

南キャンの山ちゃんが蒼井優さんのタイカレーが大好物とおっしゃっていたので、私もタイカレーを作りました

FullSizeRender

シラントロ(パクチー)が大好きなので、生パクチーはサイドに必ず付けます。

ご飯は、ブイヨンで味付けしているので、ご飯だけでもコクがあって美味しいです。

FullSizeRender

粒状やキューブ状のブイヨンよりも、ペースト状なのでフレッシュ
フレッシュなので、味も香りもとっても良いです

85gづつで、17サービング。
1本$4ぐらいだったと思います。
Sproutsでは、常温のブイヨンセクションで売られていますが、開封後は要冷蔵で
便利で美味しいので、オススメです


ImagineのオフィシャルHPは、こちらからどうぞ→


毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓