Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:ハッピーターン

祝日の月曜に、アリゾナのダイソー商品を扱っている“Cutie”に行く予定でしたが、調べてみたら月曜は祝日のためクローズしてる様なので、急遽土曜に行く事にしました。Cutieの事を書いた過去ブログは、こちらから★探し求めていた、ハッピーターンは品切れ中店員さんに聞い ... 続きを読む
祝日の月曜に、アリゾナのダイソー商品を扱っている“Cutie”に行く予定でしたが、調べてみたら月曜は祝日のためクローズしてる様なので、急遽土曜に行く事にしました。

Cutieの事を書いた過去ブログは、こちらから

探し求めていた、ハッピーターンは品切れ中
店員さんに聞いたら、金曜に入荷したそうなんですが、1ケース買っていってしまった人がいたそうで
1ケースとか買っていく人、いるんですね シェアしようよ...
ハッピーターンは、いつも行くアジアンマーケットには、売っていないんです。
たぶんFujiyaさん(日系のコンビニサイズのスーパー)では売っていたと思いますが、遠いので私はあまり行かないんです
そして今回のCutieは、フリーウェーを使って、50分ぐらいの道のり
行く前に、電話で確認すれば1番良かったんですが、まさか品切れしてるとは思いませんでした
ショック過ぎて、2人で泣きそうになりながらも、久しぶりのダイソー商品をショッピングしました。

FullSizeRender

$20以上お買い上げで、Daisoの無料ショッピングバッグ、まだ配られていました

で、そのハッピーターン。
私は昔から好きですが、日本ではコンビニやスーパーで簡単に手に入るし、ここまで恋しいなんて思った事はなかったんですが、アリゾナではすぐに手に入らない
手に入らないとなると、もっと食べたくなっちゃうんですよね
この前年末年始に、日本に一時帰国した際、日本のCostcoでハッピーターンを購入し、持ち帰ってきました


写真をクリックすれば、その時のブログに飛びます↑

今は、サンディエゴ旅行に行ったとき、ミツワ(日系スーパー)で購入したハッピーターンを、ちびちび食べています↓

FullSizeRender

先日のLivedoorニュースに、ハッピーターンはあの旨味成分”ハッピーパウダー”が添加物で、とっても危険だという事が書いてありました。

Livedoor news→

添加物の中でハッピーパウダーに使われている添加物は、砂糖、食塩、粉末油脂、調味料(アミノ酸)、タンパク質加水分解物だと思います。
昆布のうま味成分を化学的に作ったのが、グルタミン酸ナトリウムです。

こちらの写真が、アメリカで売られているハッピーターンの原料↓

FullSizeRender

中央部分に書かれている、Modified Starchという文字が見えますか?
Modified Starchとは加工でんぷんの事で、天然のでんぷんに化学薬品を加えるなどして、何かしらの加工を加えて作り出したでんぷんを「加工でんぷん」と言います。
加工でんぷんには、沢山の種類があり、中には発がん性のものも。
(加工でんぷんの種類については、こちらのページに詳しく書いてあります
日本では、食品の規制が緩いのか、まだ取り締まっていないのが現状の様で、乳幼児のベビー食品や粉ミルクにも含まれている事があるそうです。恐ろしい

Modified Starchの後に、Seasoning(Amino Acid)と書かれています。
そのAmino Acidとは、グルタミン酸ナトリウム(MSG。以下MSGと表記します)
MSGが旨味成分と呼ばれ、昆布の旨味成分を化学的に作ったのが、MSGです。
MSGがどんな危険性があるのか、それは頭痛・体の痺れ(舌の痺れ)、眠気、顔面の紅潮、掻痒感等が現れる事があるそうで、アジアで緑内障が多い原因のひとつは、欧米に比べてMSGが広く使われているのが理由という説があるそうです。
そして、この旨味→中毒になり、味が濃いものが欲しくなるという悪循環。
料理を作る最後に、調味料の”味の素”や”アジシオ”をふりかける事は、化学薬品をふりかけるのと同じ事。
あんな調味料が売られている事に、びっくりです。
(アジアンマーケットでも、”味の素”(パックで)売られています。)
またMSGは、胎児に多くの影響を与えると言われています。MSGは脳に多く広がって行き、そして脳の発育を遅らせたり、血液中の毒が脳に行かないように門の役割をする脳血液中関門を傷つけてしまうそう。時には、胎児が胎盤を通り抜けてしまう事もあるそうなので、妊婦さんはMSGを摂取しない様、注意が必要です。
そのほかにも、成長ホルモンや生殖機能、甲状腺に障害が生じると言われています。

日本ではあまり知られていない様ですが、アメリカの食品のラベルには、”NON GMO”と”USDA Organic”と書かれている商品が沢山あります↓

FullSizeRender

GMOは、Genetically Modified Orgasnismsの略で、遺伝子組換え食品を指します。
アメリカでは、遺伝子組換え食品の生産・流通が認められていますが、それを表示する義務はありません。 現在、アメリカで栽培される大豆、とうもろこし、コットンの90%程度が遺伝子組換え作物なので、それらを原料とする食品のほとんどが遺伝子組み換えと考えられます。
にもかかわらず、食品の容器包装にはその旨が表記されていないため、多くの消費者は知らずに遺伝子組み換え食品を食べていることになります。(怖い
遺伝子組み換え食品を使用していないことを主張したい企業が、容器のパッケージに「GMO Free」「Non GMO」と表記するようになりました。
オーガニック製品であれば、遺伝子組換え食品は使用されていないので、オーガニックは安全なんです。
だからアメリカ在住の方々が、オーガニックやNON GMOの食品を買いたがる理由がおわかりになると思います。

後者のUSDA Organicは、アメリカ合衆国農務省(USDA:United States Department of Agriculture)の事を言い、全米オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)という制度により、オーガニック食品の認証がUSDAで行われています。USDAのオーガニックと認定されるには、色々な厳しい規定があるそうです。(詳しくは、こちらから

日本で大人気なNisshinカップヌードル、その中にもMSGはたっぷり入っているんです。
でも、アメリカのカップヌードルのパッケージには、大きくNO ADDED MSGと書いてあります↓

 MSGを入れないで、アメリカでカップヌードルを作れたNisshin USAは、ハッキリ言って凄い
カップヌードル=MSGみたいなものなんです。
でも、安全なアメリカのカップヌードルなら、沢山食べても安心の様な気分になります。笑。

日本のコンビニで売られているお弁当、麺、おにぎり、漬物などなど、添加物が混入されているものが多いので、日本でMSGを避ける事は、本当に難しいと思います。
今まで摂取して蓄積されたMSGが、将来どの様に現れるのか、恐ろしいです。(まだ不明な点が沢山あるそうです)
安全な食品をアメリカで買うときは、とりあえずNON GMOとUSDA、またはオーガニックという文字が書いてあるものを買う事をオススメします。


でもね、Cutieに行った後、ついついアマゾンUSAでハッピーターンを買ってしまったジャスティンと私でした
反省...

FullSizeRender

LINEで読者登録ができます↓