Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:タピオカストロー

以前ブログに書いた、プラスチックストローについての事↓ 世間でまだ取り上げられる前に、ブログに書かせていただきました。アメリカでは、毎日5億本ものプラスチックストローが使われていると言われ、世界だと10億本が1日に使われているそうです。プラスチックは、自然 ... 続きを読む
以前ブログに書いた、プラスチックストローについての事↓




世間でまだ取り上げられる前に、ブログに書かせていただきました。
アメリカでは、毎日5億本ものプラスチックストローが使われていると言われ、世界だと10億本が1日に使われているそうです。
プラスチックは、自然分解がされないのにゴミ処理場に埋め立てられ、その後何百年も海のゴミとして溜まっていき、プラスチック汚染による環境破壊が深刻な状況になっています。
なので、プラスチックストローだけ話題になっていますが、プラスチック製自体が問題なんです...

過去にも色々ブログに書かせていただきましたが、歳を取ると色々と環境問題に耳を傾けたくなるんです









プラスチックの歴史は浅く、プラスチックの利用が普及したのは第二次世界大戦の後。 合成高分子をベースとしたプラスチックの生産が本格化したのは、1950年頃と言われています。
当時、プラプラスチックが発明されたときは、時代を変える様な画期的な製品と言われ、現在はなくてはならないものです。
ですが、その画期的なプラスチックからのしわ寄せが取り返しのつかない事に発展し、環境ホルモンの規制の甘さから、乳がんや不妊症、低年齢の成長が増えていると言われています。

現在アメリカのレストランでは、プラ製ストローを廃止している所、紙のストロー、または土に還るストローが作られている所もあり、アメリカだけではなく世界中でストローのエコに取り組んでいます。

私も去年から、家ではメタルストローや紙のストローに変えました。

FullSizeRender

Nordstrom Rackで購入しましたが、今は色々な所で販売しています。

FullSizeRender

その使い捨てストローが話題になった時に、タピオカドリンクのストローはどうなるんだ?と色々な所で議論になっていた様ですね。
「スプーンですくって飲めば良い」と言う人もあらわれたり...

台湾でタピオカドリンクを提供する飲食チェーン店”春水堂”では、タピオカドリンクに紙製ストローを付けて提供しはじめているので、これから増えるでしょうね。

FullSizeRender

でも私、タピオカドリンクも、メタルストローに変えました
タピオカドリンクを、ほぼ毎日家で作ってますから。
Amazon USAで購入したんですが、タピオカ用のリユーザブルストローも売っているんですね

FullSizeRender

短いストロー3本と、長いストロー2本、ストローを洗うブラシ+巾着の袋付き

FullSizeRender

底の部分が斜めになっているものと、平べったくなっているものの2種類がありましたが、私が購入したものは斜めになっているもの↓

FullSizeRender

これのほうが、飲み終わり近くになったら飲みやすいですよね?

FullSizeRender

今までプラ製のタピオカストローを使って、罪悪感が少々ありましたが、これで存分に使えます。

FullSizeRender

タピオカ屋さんで飲むときも、持参しようかしら。
車の中に入れておこう❤︎

FullSizeRender

皆さんも、是非!


Amazon ジャパン↓



ご家族でどうぞ↓


私が購入したAmazon USAの”Metal straws for Boba”のオンラインは、こちらからどうぞ→


毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓