Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:セルフネイル

先日、100均グッズで3DネイルパーツをDIYをしたブログをポストしましたが... 今回はジェルネイルでのターコイズネイルの描き方について、ブログにポストしたいと思います。以前もポストしましたが、新しい読者の方もいらっしゃいますし、1年以上経つので、また新しく書かせ ... 続きを読む
先日、100均グッズで3DネイルパーツをDIYをしたブログをポストしましたが...




今回はジェルネイルでのターコイズネイルの描き方について、ブログにポストしたいと思います。
以前もポストしましたが、新しい読者の方もいらっしゃいますし、1年以上経つので、また新しく書かせてください

FullSizeRender

1年で9ヶ月は夏の季節のアリゾナなので、ターコイズネイル結構長い間セルフでできるのは、本当にありがたいです。(ターコイズ好き

使用したカラーは、セリアで発売されているブラック、白、ベース&トップのジェルネイル、そしてターコイズ色のジェルネイルです。

FullSizeRender

私がターコイズジェルネイルで使ったのは、Sally Hansenから発売されているジェルネイル、Salon Gel Polishの ”Teal Time”というものを使いました。
私はULTAで購入しましたが、TargetやWalmart、Amazon USA(オンライン→)でも手に入ります。

その他に準備するものは、ブラシ、アルコールスプレー(”万能アルコールスプレー”→。日本の場合は”エタノール、またはジェルネイルクリーナーというものが売られています)。









アルコール液を入れる小さな入れ物が必要ですが、ない場合はペットボトルの蓋が小さくてちょうど良いと思います。

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、(ジェルネイルが剥がれやすい人はプライマーを付けてください)ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

まずは、ターコイズ色のジェルネイルを塗り、硬化↓

FullSizeRender

再度、ベースジェルを塗ります。
硬化はしません

FullSizeRender

トレイに黒を出し...↓

FullSizeRender

細い筆で線を描きます↓

FullSizeRender

硬化していないベースジェルネイルが既に塗ってあるので、勝手に線がぼやけてきます↓

FullSizeRender

ペーパータオル(キッチンペーパー)で綺麗に拭いたブラシにアルコール液を付け、線をもっとぼやかします↓

FullSizeRender

10秒硬化(LEDライトの場合。UVライトの場合は、30秒)。

細いブラシにブラックを取り、色の強弱を付けます↓
10秒硬化。

FullSizeRender

白いジェルネイルとベースジェルネイル1:1をトレイに出して、混ぜます↑

ネイルに先ほど描いた濃いブラックの下に、ペーパータオルで綺麗に拭いた細筆に先程作ったホワイトを取り、色を付けます↓

FullSizeRender

白の線が濃すぎた場合は、アルコール液でぼやかしてください。

FullSizeRender

硬化。

この後、ネイルパーツを付ける場合は、糊代わりにベースジェルネイルを少し塗り、パーツを置いて、仮硬化。
トップコートのジェルネイルを仕上げに塗り、完全硬化して終了

セリアのベース&トップジェルネイルは、かなりサラサラした液体なので、ブラシに液体が付き過ぎると爪の生え際に流れてしまい、そのまま硬化してしまうと、後々リフトの原因になるので、トップコートの付け過ぎにはお気をつけください。
でも、少なすぎるとパーツが取れやすくなってしまったり...
トップコートの液体の付け具合いが難しいんですが、多過ぎず少なすぎずの量で、やってみてください。
心配な方は、グルーでネイルパーツを付けたらいいと思います。

今回使ったネイルパーツは、セリアの夏用のターコイズ色(右)と、キャンドゥーのスタッズネイルシール(左)です↓

FullSizeRender

そして、ターコイズの3Dハートは、この前ポストしたネイルパーツモールドを使って作りました↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、3Dハートネイルパーツの作り方の記事に飛びます。

海外在住の方々は、日本のネイルサロンの様な可愛いネイルパーツを使って施術してくれる所がなかなかないと思いますし、ターコイズネイルをマーブルの様にやってくれる所も少ないと思いますので、セルフでやってみてください

FullSizeRender

日本在住の方々も、梅雨が終わったら暑い夏が来るので、是非 
ターコイズネイルは、とても簡単です


簡単に手に入る、LOFTやPLAZAで販売しているHomeiのターコイズジェルネイルカラー↓



または、楽天のネイル工房で、Ⓜ︎K003 ターコイズブルー、Ⓜ︎K006ターコイズグリーンもあります↓

ジェルネイル♪全230色 ネイル工房発!カラージェル | ネイル ネイル用品 ジェル カラー ポリッシュ ネイルジェル カラージェルネイル ネイルアート ジェルネイルアート ネイルグッズ セルフジェルネイル セルフネイル
ジェルネイル♪全230色 ネイル工房発!カラージェル | ネイル ネイル用品 ジェル カラー ポリッシュ ネイルジェル カラージェルネイル ネイルアート ジェルネイルアート ネイルグッズ セルフジェルネイル セルフネイル

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




私、大理石ネイルをするのが大好きで、このネイルをやる度に、お店の人に褒められますアメリカのネイルサロンでは、なかなか見ないデザインです。今回は、大理石ネイルでフレンチにした事が今までなかったので、やってみました↓白いネイルは、ムラになりやすいので、結構難 ... 続きを読む
私、大理石ネイルをするのが大好きで、このネイルをやる度に、お店の人に褒められます
アメリカのネイルサロンでは、なかなか見ないデザインです。

今回は、大理石ネイルでフレンチにした事が今までなかったので、やってみました↓

FullSizeRender

白いネイルは、ムラになりやすいので、結構難しい...
白でフレンチをやる場合は、濃厚な白よりも、シマーが入った白や乳褐色を選ぶと、上手に塗れます。
そして、ブラシにつけるジェルは、少なめに。
ジェルをブラシに取りすぎて厚く塗ると、湯葉る場合があります。
(”湯葉る”とは、表面が湯葉の様になってしまう事です。初心者のセルフネイラーさんは、結構これに悩まされる事があります)
もしくは、最初は(白以外の)色の付いたジェルで、練習していくと、慣れていきます。
濃い色は、ムラになりやすいので、オススメです。

さて、セルフネイルでフレンチをする場合、色々な物を使って、不器用な方でもできるフレンチネイルをブログにポストしてきました。
最初は、パンチ穴補強シール(英語ではLoose leaf paper sticker)を使ったフレンチネイル↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

そして、二重用両面アイテープ↓

FullSizeRender


この二重用アイテープは、シールが薄いし、目の薄い皮膚に貼るものなので強すぎず弱すぎずで、フレンチネイルを描くには使いやすいです。

いつもは、ネイル工房で購入したグリッターラインのジェルネイルで、フレンチの線の境目を消すという戦法を使っていました

FullSizeRender

これ、本当に便利なんですが、毎回毎回グリッターラインを引くのも面倒だし手間がかかります。
そもそも、100均ストアで売ってない...
(値段は200円しないので、とっても安いので、1つ持っていると便利です。)

でも、わざわざフレンチネイルをするために物を買ったりするのは、面倒臭いと思った方
今日は、上記の物は使わないで、綺麗にフレンチのラインが描ける様なコツを教えますね
このやり方は、塗り絵ができれば、誰でもできるので、これからセルフネイルをする方はご参考にどうぞ。

使った色は、セリアの黒とベース&トップコート、そして細筆(平筆はなくてもOK)↓

FullSizeRender

セリアのジェルネイルの事を書いた過去ブログは、こちらからどうぞ

私は黒を使いましたが、お好きな色をご利用ください。

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。


FullSizeRender

まずは、黒のジェルネイルをトレイに出し、細筆に付け...↓

FullSizeRender

自分の描きたいフレンチのカーブを、決めていきます↓

FullSizeRender

中央と両脇の3箇所に、点を描きます。
そして、その点を繋げていきます↓

FullSizeRender

平筆で、線の外側を塗っていきます↓

FullSizeRender

平筆がない場合は、セリアのジェルネイルのブラシで、直接塗ってしまっても大丈夫

FullSizeRender

線からハミ出ない様に、1度塗りして硬化、2度塗りして硬化を繰り返します。

もし、線からハミ出てしまっても、大丈夫
こんな感じの筆先が斜めになっている”フレンチブラシ”があれば、簡単に修正できます↓

FullSizeRender

アイメイク用のブラシでも、ネイルに使えます。
(実はこれ、Sephoraで以前購入した、使っていなかった筆です)
アルコール液を少し含ませ、ハミ出てしまったラインを拭き取れば、綺麗なラインに戻ります↓

FullSizeRender

仕上げに爪の端の部分を、黒のジェルネイルを付けた細筆で綺麗に整えて...↓

FullSizeRender

ここを綺麗に整えておくと、綺麗なフレンチラインに見えます

FullSizeRender

またハミ出した場合、フレンチブラシで拭き取って、綺麗に整えてください。

全体のバランスを見て、自分の納得いくラインが描けたら、最後に完全硬化。

FullSizeRender

この後、私の様に大理石ネイルをやりたい場合や、ほかの柄をする場合は、その作業をしてください。

大理石ネイルのやり方は、下の写真↓をクリックすると、”大理石ネイルのやり方”の記事に飛びます。

FullSizeRender

パーツを付けたい場合は、ベースコートを糊代わりにしてパーツが取れにくい様に付けて仮硬化。

最後にトップコートをしっかり塗って、アルコールで未硬化ジェルを拭き取って、終了

FullSizeRender

薬指は、グリッターラインを使って、普通に塗りました↓

FullSizeRender

グリッタージェルはグリッターが濃厚なので、ゴージャス
普通に塗るやり方でも、使えます

ジェルネイルは、硬化する前だったら何度でも修正ができるので、失敗しても大丈夫
利き手ではない手ですと、プルプル震える可能性がありますが、ブラシを持つときは(ブラシを持っている)薬指を手の平に押さえつけて塗ると、ブラシが安定し、震えないで真っ直ぐした線が描けるので、是非お試しください。

ネイル工房のグリッターラインのオンラインページ↓

ジェルネイル ラメ ライン カラージェル ネイルアート | ネイル ジェル ネイル用品 カラー カラージェルネイル ネイルジェル セルフ アートジェル セルフネイル セルフジェルネイル ポリッシュ ラメジェル ネイルポリッシュ ネイル工房 半額SALE
ジェルネイル ラメ ライン カラージェル ネイルアート | ネイル ジェル ネイル用品 カラー カラージェルネイル ネイルジェル セルフ アートジェル セルフネイル セルフジェルネイル ポリッシュ ラメジェル ネイルポリッシュ ネイル工房 半額SALE


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




CanDoのネイルパーツは100均の中で、1番豊富です。そのCanDoで、メタルワイヤーパーツが売られているという事で、日本の母に送ってもらいました↓ゴールドとシルバー、2種類づつ販売しています。(私が送ってもらったのは、ゴールド)こちらは、”メタルパーツA”↓こち ... 続きを読む
CanDoのネイルパーツは100均の中で、1番豊富です。
そのCanDoで、メタルワイヤーパーツが売られているという事で、日本の母に送ってもらいました↓

FullSizeRender

ゴールドとシルバー、2種類づつ販売しています。
(私が送ってもらったのは、ゴールド)
こちらは、”メタルパーツA”↓

FullSizeRender

こちらは、”メタルパーツB”

FullSizeRender

こんなに入って100円なんて、凄いな
早速、最近セルフネイラーさんの中で流行っている、ワイヤーパーツを使ってやってみました。

FullSizeRender

薬指にはワイヤーを爪の生え際に置いて、ワイヤーパーツの中にべっ甲の色と柄を描いてみました。

使用したものは、こちら↓

FullSizeRender

ネイル工房で購入したジェルネイルの黄色・オレンジ・茶色(べっ甲柄を描くには、こちらの3色が必要です)、セリアの黒とベース&トップジェルネイルコート、そしてCanDOのメタルパーツを使いました。

今回は、薬指のネイルのやり方のみとなります。
薬指モデルに使ったパーツは、こちら↓

FullSizeRender

ワイヤーパーツは、自分の爪の大きさに合わせて、ニッパーでカットしておきます。

メタルパーツには、既に軽くカーブが付いていますが、自爪にカーブが強い方は、ウッドスティックやペン等を使って自分の爪のカーブに合う様に、メタルに丸みを付けておきます↓

FullSizeRender

あまり強く押さえ過ぎると、バキっと折れてしまうので、注意してください。

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

ベースコートを糊代わりに爪に塗り、メタルパーツを先に置きます↓

FullSizeRender

ワイヤーを爪の生え際に置くときは、1、2mm爪の生え際の手前に置くと、最後にトップコートがしっかり塗れるので、ワイヤーが取れにくいです↑

硬化。

丸いメタルパーツの中に、べっ甲のベースカラーとなる黄色を塗ります。
黄色とベースカラー1:1を、トレイに出します↓

FullSizeRender

細いブラシで、メタルパーツの中を塗ります↓

FullSizeRender

はみ出してしまった場合は、アルコール液の付いた綺麗なブラシで拭き取ればOK 。

硬化。

ベースコートを、メタルパーツの中に塗ります(硬化しません)。

FullSizeRender

トレイに茶色を出して↓

FullSizeRender

(ペーパータオルでブラシの汚れは拭き取ってから)先ほどの細いブラシでべっ甲の柄を描いていきます↓

FullSizeRender

硬化していないベースコートが先に塗ってあるので、勝手に色がぼけていきますが、ぼかしが少ない場合はアルコール液を含んだ細いブラシでぼかしていってください。

仮硬化でOK 。

べっ甲色に強弱を付けたいので、黒をトレイに出し、先ほどの余った茶色と混ぜて、焦げ茶色を作ります↓

FullSizeRender

焦げ茶色を(先ほどの茶色の上に)置いて、色の強弱を付けます↓

FullSizeRender

硬化。

トレイにオレンジとベースコート1:1を作って、クリアなオレンジを作ります↓

FullSizeRender

細ブラシで、トップにオレンジを塗ります↓

FullSizeRender

硬化。
これでべっ甲カラーは終了です。

私は自爪の白い部分が出るのが嫌だったので、爪の先に白を塗って、フレンチにしました(これはお好みで)↓

FullSizeRender

今回も、フレンチのラインを隠すために、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

最後に、爪全体にトップコートをしっかり乗せます。
このトップコートをしっかり塗らないと、髪を洗うときに引っかかってしまったりすると、パーツが取れる原因にもなるので、このワイヤー部分はしっかりトップコートを塗ってください↓

FullSizeRender

ただ、トップコートをブラシに付けすぎて塗ると、今度は爪の生え際にジェルが流れてリフトの原因にもなるので、ブラシにトップコートジェルの付けすぎには注意してくださいね

普通の爪のべっ甲ネイルの塗り方は、上記とほぼ一緒ですが、こちらの記事を参考にしてください→

FullSizeRender

自分の爪には、こちらの涙型のメタルパーツを使用しました↓

FullSizeRender

ワイヤーは自分の爪に合う様に、少しだけカットしました。

FullSizeRender

他の指のネイルパーツは、CanDoのスタッズシールを使用↓

FullSizeRender

セルフでも簡単にできるべっ甲ネイル、そして流行りのメタルパーツを使って、是非やってみてください。

べっ甲に使用したカラーは、こちら↓
・黄色”Freesia”T006
・オレンジ”Orange”F003
・茶色”Brown”F009
ネイル工房では、セールでジェルネイル100円以下になります

”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓







来週は、バレンタインって、もう2月も中旬になってしまうんですねアメリカのバレンタインは、女性から男性にチョコをあげるという習慣ではなく、男女でカードやチョコを交換したりするので、ホワイトデイもありません。今回のネイルは、H&Mで可愛いこちらのグリッターキット ... 続きを読む
来週は、バレンタイン
って、もう2月も中旬になってしまうんですね

アメリカのバレンタインは、女性から男性にチョコをあげるという習慣ではなく、男女でカードやチョコを交換したりするので、ホワイトデイもありません。

今回のネイルは、H&Mで可愛いこちらのグリッターキットが売っていたので、ネイルに使えるんじゃないかなと思って、購入してみました↓

FullSizeRender

こちらの商品は、顔にメイクするためのもので、ネイルパーツとして売っていたものではありません。
会計時、店員さんに「何これ!可愛い」と言われたので、
「ネイルで使おうと思って」と言ったら、
「それグッドアイディアね。思いつかなかったわ」と言われました

そして、今回は白グラデーション。

FullSizeRender

ベイビーブーマーと一緒です。
白グラデーションは上品で高級感あるので、OLの方々に人気のデザインです。
しかも、爪の生え際は透明なので、 伸びても目立たないので、長くもちます。

使用したのは、セリアのジェルネイルの白と、ベース&トップコート。

FullSizeRender

この2色のみです

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。


FullSizeRender

見本の爪には、見やすい様にライトピンク色(同じくセリアのジェルネイル)が塗られていますが、実際はクリアカラーになります。
ベースコートは1度塗りして硬化、2度塗りして硬化してあります。

白のジェルネイルとベースコート1:1と、ベースコートのみをパレットの上に出します↓

FullSizeRender

左側の1:1のほうを、ブラシで混ぜます↓

FullSizeRender

乳褐色の色になればOKです。

爪の3/4辺りまで、先ほどの乳褐色を使って塗ります↓

FullSizeRender

綺麗なブラシに、先程パレットの上に出した右側のベースコートを付けて...↓

FullSizeRender

量は、これぐらい↑

色の境目を軽くポンポンして、ぼやかします。
(同じブラシでもOKですが、その場合ペーパータオルでジェルを綺麗に拭き取ってください)

FullSizeRender

仮硬化(LEDランプで15秒ぐらい、UVランプでは30秒ぐらいです)。

次は、爪の1/2ぐらいの位置まで乳褐色で塗ります↓

FullSizeRender

綺麗なブラシで、ベースコートを付けて、同じ様にポンポンしてぼやかします↓

FullSizeRender

仮硬化。

次は、爪の1/3ぐらいの位置に乳褐色カラーで塗ります↓

FullSizeRender

綺麗なブラシで、境目をぼやかしての繰り返しです。

FullSizeRender

仮硬化。
最後に、爪の先部分を乳褐色カラーで塗って...↓

FullSizeRender

綺麗なブラシで、境目をポンポンしてぼやかして...↓

FullSizeRender

完全硬化して、白グラデーションの出来上がり

次は、ネイルにパーツを付けていきます。
H&Mのハートホロ↓

FullSizeRender

CanDoで購入した、黒赤白の丸いホロ↓

FullSizeRender

こちらの2種類のホログラムを使って、爪の上に乗せていきます。
(ホロを乗せる所に)糊代わりにベース&トップコートを軽く塗ってから、ホロを乗せていきます。

FullSizeRender

仮硬化後、仕上げにベース&トップコートを塗って、完全硬化して終わり

FullSizeRender

この控えめのネイルだったら、オフィスでも大丈夫ではないでしょうか。

FullSizeRender

他の爪には、CanDoで購入したスタッズステッカーを使います↓

FullSizeRender

スタッズの上に色を塗るので、ゴールドでもシルバーでも、どちらでもOKです。
三角のスタッズを、切り取ります↓

FullSizeRender

セリアで購入したアイライナーを使って...↓

FullSizeRender

”泣いても大丈夫、セリアのアイライナー”の過去記事は、上の写真↑をクリックすると飛びます。

三角のスタッズをパレットの上に置いて、アイライナーで黒く塗ります↓

FullSizeRender

ベース&トップコートで、アイライナーが消えない様にコートして、硬化↓

FullSizeRender

糊代わりにベース&トップコートをスタッズを置く所に塗って、スタッズを蝶ネクタイ風に爪の上に並べて、硬化して出来上がり↓

FullSizeRender

グラデーションは、負けずに最後までやるのが大切
あまり上手くグラデーションができなかったと思っても、最後にベース&トップコートを塗ってみると、綺麗に見えるので、根気よく最後までやってみてください。

FullSizeRender

グラデは難しそうですが、結構簡単
白グラデーションは、オフィスネイルでもいけますし、高級感あるので結婚式のお呼ばれやパーティーにも使える万能ネイルなので、オススメです

H&Mのグリッターキットのオンラインは、こちらからどうぞ→
日本のH&Mのオンラインではグリッターキットは見当たらなかったんですが、今回使った丸いホログラムと同じ会社からハートホロが発売されている様なので、日本の皆様はそちらをご利用ください。

Crayontouch_me インスタグラム→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓







昨日ポストしたMuradのシミが薄くなる美容液(ブログ→★)、Sephoraにて品切れしていたトラベルサイズが再入荷したみたいですよセフォラオンライン→★今回のネイルは冬のデザイン、アーガイル柄ネイルをやってみましたアーガイル柄(英: Argyle、Argyll)は、格子模様(チ ... 続きを読む
昨日ポストしたMuradのシミが薄くなる美容液(ブログ→)、Sephoraにて品切れしていたトラベルサイズが再入荷したみたいですよ

セフォラオンライン→

今回のネイルは冬のデザイン、アーガイル柄ネイルをやってみました

FullSizeRender

アーガイル柄(英: Argyle、Argyll)は、格子模様(チェック)の一種。数色の菱形の連続で構成されており、その中心を、辺に並行した線が交差する柄の事を言います(wiki)。

使用したネイルは、こちら↓

FullSizeRender

セリアのジェルネイルを使いました。
セリアで売られているジェルネイル10色は、今のところオシャレな寒色系の色は扱われてないので、グレーを混ぜただけで一気に冬色になるので、オススメです。

”セリアの秋冬色を作ってみた”のブログは、こちらからどうぞ

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。


FullSizeRender

まずは白を、ベースカラーに塗ります↓

FullSizeRender

白はムラになりやすく初心者には難しいですが、ブラシにジェルを付けすぎず薄く塗り、筆には圧力をかけないで塗ると、綺麗に塗ることができます。
ジェルを付けすぎて塗ると、硬化後に湯葉る(湯葉の様になる)時があるので、お気をつけください。

1度塗りをして硬化、2度塗りをして硬化。

アーガイル柄を描きます。
イメージとしては、こんな感じで描いていきます↓

IMG_8406

まっすぐの線を爪に描くのに自信がない方は、こちらのネイルラインテープ(セリアで購入)を使うと、簡単です↓

FullSizeRender

アーガイルは2色必要なので、私は紫+グレー(1:1)、ライトピンク+グレー(1:1)を混ぜたものを使いましたが、お好きな色をどうぞ。

FullSizeRender

ドットスティック(ダイソーで購入。楊枝でも可)で、爪の中心に点を描く↓

FullSizeRender

ネイルラインテープで、アーガイル柄になる所を貼ります↓

FullSizeRender

混ぜたライトピンク+グレーを、貼ったテープの内側を塗り↓

FullSizeRender

テープを剥がして、アルコールの付いた綺麗なフラットブラシで形を整えて、硬化↓

FullSizeRender

線からはみ出ない様に2度塗りして、また硬化↓

FullSizeRender

反対側も、ラインテープを貼り↓

FullSizeRender

紫+グレーを混ぜた色を、テープの内側を塗ります↓

FullSizeRender

同じ様に、テープを剥がしてフラットブラシではみ出した所を整えて硬化、2度塗りして硬化。

FullSizeRender

ネイルに慣れている方は、フラットブラシで描けば、ラインテープを使わなくても綺麗に描く事ができます。

次は、ラメラインで中央にひし形を描きます。
最初に4つ点を描き↓

IMG_8407

ひし形を、こんな風に描くイメージです↓

IMG_8409

今回も、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

グリッターラインのジェルネイルの事を詳しく描いた過去記事は、こちらからどうぞ
グリッターラインは、只今楽天セールを行っているので、100円で買えますよ。
シルバーしか持っていないので、ゴールドを購入しようか考え中

ドットスティックにグリッターラインを付けて、四方に点を描きます↓

FullSizeRender

最初に描いた、アーガイル柄の線と平行になる様に描くのがポイントです。

FullSizeRender

もし線が曲がって描いてしまっても、綺麗なフラットブラシで修正すれば大丈夫です。

FullSizeRender

硬化。
2本目の線↓

FullSizeRender

3本目の線。

FullSizeRender

最後の4本目の線↓

FullSizeRender

1本1本描き終わった後に、硬化したほうが良いです。
(最初に描いた線を、間違ってブラシで触ってしまってしまって描き直しなんて事がないので)

ラメラインを描き終えて、こんな感じになります↓

FullSizeRender

この後は、ラメラインが交わった所にスタッズシール(CanDoで購入)を置きます↓

FullSizeRender

1番小さい丸いスダッズを使いました。
糊代わりにジェルネイルベース&トップコートを、スダッズの置く場所にチョンチョンと塗り、スタッズを置いて硬化。
トップコートを塗って、硬化。

FullSizeRender

他のネイルは、色をマッチさせるためにアーガイルネイル柄に使ったライトピンク+グレーを塗り、パールのパーツを乗せました。

左はCanDOで購入したパールのパーツ、右はダイソーで購入しました↓

FullSizeRender

ダイソーで購入した、パール&ハートのパールが一緒になったステッカー、可愛くて便利です

FullSizeRender

アリゾナのCutieにも、売ってます。

セリアのジェルネイルのパープルは、かなり濃い色なので使いにくいんですが、グレーを混ぜただけで可愛いラベンダー色になります。

FullSizeRender

アーガイルネイル、簡単なので是非冬の間にやってみてください


ネイル工房のグリッターラインのオンラインページは、こちらからどうぞ
”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓






ネイルで、ここ最近流行っているのが、”囲みネイル”ネイルサロンで、お洒落さんからのリクエストで多いデザインらしいです。細い線なんて、書けないなんて思っているセルフネイラーな方でも、100均商品を使えば、無器用な方でも簡単にできるんです。今回も、セリアのジ ... 続きを読む
ネイルで、ここ最近流行っているのが、”囲みネイル”

FullSizeRender

ネイルサロンで、お洒落さんからのリクエストで多いデザインらしいです。
細い線なんて、書けないなんて思っているセルフネイラーな方でも、100均商品を使えば、無器用な方でも簡単にできるんです。
今回も、セリアのジェルネイルを使ってやってみました。
囲みネイルに使用した色は、黒+ベース&トップジェルネイルコート。

FullSizeRender

他の指の大理石ネイルに使った色は、黒、白のみ、そして使用した器具はLEDランプと筆、あればドットスティック(ダイソー。なければ、楊枝で代用可)

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

ネイルのベースカラーは、薄めの黒を使いたい(シースルーネイル)ので、セリアの黒のジェルネイルと、ベースジェルネイルコートを1:2で混ぜます。

FullSizeRender

(ベースに色を付けないクリアカラーが良い方は、ベースコートを2度塗りして硬化してください)

シースルーネイルは、クリア寄りの黒なので、お好みの色で調節してみてください↓

FullSizeRender

1度塗りして硬化、2度塗りして硬化↓(3度塗りが必要な方は、3度塗りして硬化してください)

FullSizeRender

次は、囲みネイル。
セリアで販売しているジェルネイルの黒は、結構薄めなジェルネイルなので、残念ながら囲みネイルには向いていません。
囲みネイルは、濃い色のほうが簡単に塗る事ができます。
(何度も塗り重ねる必要がないため)

そこで使ったのが、こちら。
100均セリアで購入した、アイライナー↓

FullSizeRender

”泣いても落ちない、セリアのアイライナー”の過去記事は、上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

こちらのセリアで購入したアイライナーは、ブラシが細く、ブラシがしっかりしているので絵が描きやすく、色も濃くてハッキリ発色するので、ネイルアートに使用するには、もってこいの商品です。

FullSizeRender

先ほど塗った黒のクリアネイルの周りに、アイライナーで囲いを描きます↓

FullSizeRender

こちらのアイライナーはにじまないので、不器用な方でも、一発で描けます。
(重ね塗りする必要なし
また、細い線も太い線も、簡単に描けます

もしハミ出でてしまっても、ご安心を
アルコール液を含ませたフラットなブラシでハミ出た所を拭き取れば、綺麗な線に修正OK

FullSizeRender

ちなみに、ウォータープルーフのアイライナーを使った場合で、もしはみ出てしまったときは拭き取りづらいかもしれません。

綺麗に囲いが描けたら、セリアのジェルネイルの黒をトレイに出し、先ほどアイライナーで描いた囲み線の上を、(黒ジェルネイルを付けた)細い筆でなぞって上塗りします。

FullSizeRender

この工程↑はぬかしてもOKですが、アイライナーの上を黒のジェルネイルで上塗りしたほうが囲み線が消えないです。
ポリッシュタイプのジェルネイルは、水に弱いのがデメリットなので、水仕事をする方は、黒のジェルネイルでコーティングするのをお勧めします。

その上を、ベースジェルネイルコートを全体に塗って、硬化。

FullSizeRender

今回は、シースルーネイルの上に黒いお花をデザインしたかったので、CanDoのホログラムを使いました↓

FullSizeRender

黒・白・赤の、丸いホログラムが入っています。

FullSizeRender

糊代わりにベースジェルネイルコートを最初に塗り(硬化なし)、黒い(小さめの)ホログラムをドットスティックで取り、ネイルの上にお花柄を作ります↓

FullSizeRender

ドットスティックにホログラムが付きにくい場合は、ドットスティックにアルコール液やベースジェル液を少し付けてからホロをピックすると、簡単に付けられます。

仮硬化でOK。(LEDランプの場合は15秒ぐらい、UVランプの場合は30秒ぐらいでOK)

お花の中央には、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

グリッターラインのジェルネイルの事を詳しく描いた過去記事は、こちらからどうぞ

ドットスティックにグリッターラインのジェルを付けて、お花の中央に点を描きます。

FullSizeRender

硬化。
トップジェルネイルコートを塗って、終了↓

FullSizeRender

他の指は、白ベースの大理石ネイルにしました。
大理石ネイルのやり方は、下の写真↓をクリックすると、”大理石ネイルのやり方”の記事に飛びます。

FullSizeRender

大理石ネイルのパーツに使用したのは、こちら。
CanDoのスタッズスティッカー↓

FullSizeRender

シルバー(写真左)を使いました。
こちらのパーツをネイルに置く前に、糊代わりにベース&トップジェルネイルコートを塗り、スタッズを置いて仮硬化。
最後に、トップジェルネイルコートを塗って、完全硬化して終了。
(パーツが剥がれ落ちない様に、パーツ周りはしっかりトップコートを塗ってください)

囲みネイルなんて、アメリカのサロンでは見た事がないです。

FullSizeRender

こちらは、左手で描きました↓

FullSizeRender

もともと左利きの私は、左で描いたほうが上手く描ける時が多いですが、流石に細い線はプルプルしました

日本のネイルデザインは、本当オシャレ
セルフネイルでも、100均アイライナーを使えば簡単にできるので、是非やってみてください


ネイル工房のグリッターラインのオンラインページは、こちらからどうぞ

”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




日本にお住まいの皆様、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。アメリカはまだ大晦日ですが、特に何も特別な事はなく... 本日は残念ながら雨ですが、みんな花火やるのかしら?(アリゾナの花火の法律の事を書いたブログは、こちらからどうぞ★)今 ... 続きを読む
日本にお住まいの皆様、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

アメリカはまだ大晦日ですが、特に何も特別な事はなく...
本日は残念ながら雨ですが、みんな花火やるのかしら?

(アリゾナの花火の法律の事を書いたブログは、こちらからどうぞ

今日は、アジアンスーパーで、お雑煮の食材を買ってきました。
日本の食品セクションを探しても、切り餅が見当たらなくて...
さすがに大晦日にはお餅は品切れてるかなと思ったら、冷蔵コーナーにありました

FullSizeRender

てか、この切り餅、開封後冷蔵保存だった
佐藤の切り餅は真空パックですけど、この切り餅は外の袋を開けた場合、日持ちがしない様です...
ま、手に入るだけマシですか...

ネイルだけでもお正月らしくしようと思い、今回は和柄ネイルにしてみました

FullSizeRender

そして、お正月といえば赤なので、ほかの指はワインレッドでフレンチネイルをしました。
使用した色は、こちら↓

FullSizeRender

100均セリアのジェルネイル、ホワイト、ライトピンク、レッド、グレー、ブラック、あれば茶色(ネイル工房で購入。180円)+セリアのベース&トップのジェルネイルコートです。

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

まずは、ライトピンクとグレーを2:1で混ぜます↓

FullSizeRender

私は、ネイルの色を冬色にしたかったので、ピンクにグレーを混ぜましたが(ピンクが明るすぎるので)、単色でもOKなので、お好みでどうぞ。

”セリアのジェルネイルで秋冬カラーを作る”の過去ブログは、下の写真をクリックすると、そのときの記事に飛びます↓

FullSizeRender

ライトピンクとグレーを混ぜた色を、ネイルに塗ります↓

FullSizeRender

1度塗りして硬化、2度塗りして硬化。

茶色で、枝の色を表します↓

FullSizeRender

茶色がない場合は、黒で代用OKです。
細いブラシで、2本枝を描きます↓

FullSizeRender

硬化。

ドットスティック(ダイソーで購入)を使って、白いジェルネイルで枝の周りにお花を描きます↓

FullSizeRender

このお花は、私は白でやりましたが、お好きな色でどうぞ
また、ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドで代用ができます。

FullSizeRender

お花を描き終わったら、硬化。
アクセントに、空いたスペースに赤と白のドットをいくつか描きます(実を表してます)↓

FullSizeRender

硬化。

CanDoで購入した、シルバーのスタッズのネイルパーツで...↓

FullSizeRender

1番小さい丸いパーツを、お花の中央に乗せます↓

FullSizeRender

トップコートを塗り、硬化して終了

ほかの指には、赤と黒を混ぜてワインレッドのフレンチネイルにしました↓

FullSizeRender

フレンチネイルは、二重まぶたにするステッカーを使うと、簡単にできます

FullSizeRender


上の写真↑をクリックすると、”簡単フレンチネイル”の過去記事に飛びます。

今回も、フレンチのラインを隠すために、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

ドットスティック(もしくは楊枝)があれば、描ける和柄ネイル↓

FullSizeRender

初心者でもできる簡単ネイルなので、オススメです


ネイル工房のグリッターラインのオンラインページは、こちらからどうぞ

”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルのオンライン↓

ジェルネイル ラメ ライン カラージェル ネイルアート 【まとめ買いチケット カラージェルVer.】 | ネイル ジェル ネイル用品 カラー カラージェルネイル ネイルジェル セルフ アートジェル セルフネイル セルフジェルネイル ポリッシュ ラメジェル ネイルポリッシュ
ジェルネイル ラメ ライン カラージェル ネイルアート 【まとめ買いチケット カラージェルVer.】 | ネイル ジェル ネイル用品 カラー カラージェルネイル ネイルジェル セルフ アートジェル セルフネイル セルフジェルネイル ポリッシュ ラメジェル ネイルポリッシュ

登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓

前回ポストした、黒大理石ネイルがかなり大好評でした上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。ストアでお会計をするとき、レストランのサーバーさん、友達など、毎日誰かしらにお褒めを頂きました。凄く簡単なので、皆さんもやってみてくださいね今回のネー ... 続きを読む
前回ポストした、黒大理石ネイルがかなり大好評でした

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。
ストアでお会計をするとき、レストランのサーバーさん、友達など、毎日誰かしらにお褒めを頂きました。
凄く簡単なので、皆さんもやってみてくださいね

今回のネールは、フレンチネイルでレオパード柄にしました

FullSizeRender

以前もアニマル柄はポストしましたが()、今回のデザインのほうが大人風なので、派手なネイルがあまり好きではない方も、この色合いだったら落ち着いた感じなので、できると思います。
そしてフレンチが苦手な方でも、簡単にできる100均アイテムを使ってます

今回も、セリアの100均ジェルネイルを使いました。
(セリアの100均ジェルネイルについての過去ブログは、こちらからどうぞ

FullSizeRender

黒、グレー、白、そしてベース&トップコート。
ダイソーで購入したドットスティックも使いました。

そうそう、CanDoで購入した大理石のインテリアマットは、ネイルのときにも使えて便利↓

FullSizeRender

”プチプラ大理石柄の色々”の過去ブログは、こちらからどうぞ

アセトンを何度かダイニングテーブルの上にこぼした事があるんですが、一部ペイントが剥がれてしまったので、気をつけないとです。(ジャスティンに怒られる

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

FullSizeRender

フレンチネイルのベースは透明が良かったので、1度塗りして硬化、2度塗りして硬化しました。
ベースカラーにカラーを付けたい場合は、ベースコートを塗って硬化し、カラーのジェルネイルを1度塗りして硬化、2度塗りして硬化をしてください。

今回フレンチネイルをするために使ったのは、こちらの100均商品↓

FullSizeRender

二重用両面アイテープ

以前、パンチ穴補強シール(英語ではLoose leaf paper sticker)を使ったフレンチネイルをポストしたんですが↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

爪の両端はカーブがあるため、パンチ穴補強シールは少々分厚いので、シールが爪から剥がれて、フレンチ部分のジェルネイルがはみ出てしまうときがあるんです。
硬化前だったらアルコール液で消せるので、問題はないんですが、この二重用のアイテープのほうがシールが薄いし、爪との粘着力も強すぎず弱すぎず、でも爪のカーブにちゃんと貼り付いていてくれるので、失敗がかなり少ないです。
なのでフレンチが苦手な方でも、簡単にフレンチネイルができます

爪の上には未硬化ジェルが付いているので、アルコールで拭きり、アイテープをピンセットで取って... ↓

FullSizeRender

上の白い紙を剥がして、透明部分だけ使います↓

FullSizeRender

それを爪の上に、貼ります
フレンチの幅は、お好みで

FullSizeRender

と思ったら、ベースもアイテープも透明で同系色になってしまい、とっても見づらかったので、急遽ベースコートの上にカラーを塗らせていただきました↓

FullSizeRender

白色のジェルネイルを、先端に塗ります↓

FullSizeRender

シールを剥がすと...↓

FullSizeRender

はみ出す事なく、綺麗にフレンチができました。
そして、硬化。
白はムラになりやすいので、薄く塗っていくのがコツです。
2度塗りして、硬化を繰り返します↓

FullSizeRender

もし、2度塗りしているときにラインからはみ出てしまっても、硬化前だったらフラットのブラシにアルコールを付けて拭き取れば、簡単に修正できます

次は、レオパード柄を描いていきます。
セリアのグレーと白のジェルネイルを、トレイの上に出します↓

FullSizeRender

レオパード柄を描くときは、ダイソーのドットスティックを使います。
ない場合は、楊枝のヘッド部分で代用OK。

白とグレーを混ぜます↓

FullSizeRender

細筆より、ドットペンのほうがレオパード柄が描きやすいです。
そして、レオパードはいびつな形ほどレオパードに見えるので、形が整っていなくてOKです。

FullSizeRender

爪のバランスを見ながら、レオパード柄を描きます。
硬化。

次に、細筆でレオパードの回りにフチ(囲い)を描いていきます。
先ほどの余ったグレーに、少しだけ黒を混ぜて、濃いめのグレーを作ります。
1つのレオパードのまわりに、”く”の字を2、3個描いていくと、レオパード柄に見えていきます↓

FullSizeRender

次に、同じ色(濃いグレー)でレオパードの間と間に、点を描きます。
こちらは細筆でも、ドットスティックでも、どちらでもOKなので、描きやすいほうを使ってください。
私は、ドットスティックを使いました↓

FullSizeRender

爪のバランスを見ながら描き、出来上がったら硬化し、最後にトップコートを塗り、ネイルパーツをつける場合はこの時点で付けて、硬化。
パーツを取れない様にするために、仕上げにもう1度トップコートを塗って硬化し、未硬化ジェルをアルコール液を含んだコットンで拭き取り、終了。

大人なモノトーンレオパード柄ネイルの出来上がり

FullSizeRender

レオパード柄をズーム↓

FullSizeRender

この写真で、フチの描き方がわかるでしょうか。

今回も、フレンチのラインを隠すために、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

フレンチネイルのラインをごまかすために、こちらのグリッターラインを使うと、とっても綺麗に見えます。
グリッターラインのジェルネイルの事を詳しく描いた過去記事は、こちらからどうぞ

他のネイルパーツは、ダイソーで購入しました↓

FullSizeRender

こちらのシリーズ↑↓は、アリゾナのCutieでも購入できます。

FullSizeRender


今までフレンチネイルがうまくできなかった方、100均のアイテープを使ってみてください。

FullSizeRender

薬指のグレーは、マッチさせるためにレオパードのライトグレーを使いました。
派手なレオパード柄が苦手な方、是非こちらのモノトーンカラーで挑戦してみてくださいね


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




夏に白の大理石ネイルをやりましたが、今回は秋冬ネイルなので、黒の大理石にしました↓白の大理石ネイルのやり方の過去ブログは、こちらからどうぞ★久々に大理石ネイルをやりましたが、やっぱり素敵しかも、黒はシックでカッコいい白は色がムラになりやすいので、初心者に ... 続きを読む
夏に白の大理石ネイルをやりましたが、今回は秋冬ネイルなので、黒の大理石にしました↓

FullSizeRender

白の大理石ネイルのやり方の過去ブログは、こちらからどうぞ

久々に大理石ネイルをやりましたが、やっぱり素敵
しかも、黒はシックでカッコいい
白は色がムラになりやすいので、初心者には少々難しいですが、その点黒だったら綺麗に塗れます。
だから白大理石より、黒のほうが超簡単

アメリカのネイルサロン(日系ネイルサロンは除く)で、こんなデザインをやってくれる所あるかな

FullSizeRender

今回も100均セリアのジェルネイルを使いました。
(セリアのジェルネイルの事を書いた過去ブログは、こちらからどうぞ

使用した色は、白、黒、そしてベース&トップコートジェルネイルだけ

FullSizeRender

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

まずは黒をベースカラーに塗り硬化、2度塗りして硬化。

FullSizeRender

その上に、ベースジェルネイルを塗ります↓

FullSizeRender

硬化はしません
細いブラシを準備して、白のジェルネイルをトレイの上に出します。

FullSizeRender

細いブラシがない場合は、セリアやダイソーで売っているブラシを使ってください。

FullSizeRender

ない場合は、楊枝で代用してもOK

細いブラシで、白のジェルネイルで線を書いていきます。
こんな感じで、長めの線を対角線上に描いていくのがコツ↓

IMG_6812

もしくは、上から下に線を描いていきます。
細い線より、長めの線を書いたほうが、大理石っぽく見えます。

ベースジェルは硬化していないので、白い線を描いただけで、何もしてないのに良い具合いに勝手にぼやけていきます↓

FullSizeRender

綺麗な平たいブラシにアルコール液(エタノール液)を軽く含ませ、白い線の上をタップして、もっとぼやかします↓

FullSizeRender

仮硬化(LEDランプの場合は10秒ほど、UVランプは20秒ぐらいでOK)。
また細いブラシに白いジェルネイルをつけて、平たいブラシでぼやかすの繰り返し→仮硬化。

FullSizeRender

自分の気に入った大理石柄が出来上がってきたら、先ほど細筆でぼやかした中央部分に白いジェルを描いて、色に強弱をつけます。(最後はぼやかしません)

FullSizeRender

色に強弱をつけたほうが、大理石柄になります。

最後はしっかり硬化。
アルコール液で未硬化ジェルネイルを拭き取り、終了

FullSizeRender

この前、ネイル工房で購入したハートの大理石を購入したので、ネイルに付けてみました↓

FullSizeRender

私が購入したのは、4mmの大きさ。
20粒入って、100円という安さでした

FullSizeRender

白い大理石ハートの他に、ターコイズカラーもあり、とっても可愛いです。
オンライン→

そして、CanDoで購入したスタッズステッカー(シルバー)を使いました。

FullSizeRender

このスタッズステッカーは、本当に使えます
(結構沢山入って100円

FullSizeRender

こちらは、右手↓

FullSizeRender

初心者でも簡単にでき、オシャレな大理石ネイル
普通のマニキュアでもできますが、マニキュアはすぐ固まってしまうので、硬化するまでだったら何度もやり直しが利くジェルネイルのほうが上手に大理石柄が描けますよ
しかも、セリアのジェルネイルは100円だし

冬に、カッコいい黒の大理石ネイルで、オシャレに決めましょう



ネイル工房のオンラインストアは、こちらからどうぞ


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓







秋冬ネイル、どうしよう...もし迷ったら、オススメなのがツイード柄ツイード(Tweed)は、スコットランドの毛織物の一種で、元はボーダー川のツイード流域で作られたそう。本来は、スコットランド産の羊毛を手紡ぎした太い糸を手織りで平織りまたは綾織りにし、縮絨起毛させ ... 続きを読む
秋冬ネイル、どうしよう...
もし迷ったら、オススメなのがツイード柄
ツイード(Tweed)は、スコットランドの毛織物の一種で、元はボーダー川のツイード流域で作られたそう。
本来は、スコットランド産の羊毛を手紡ぎした太い糸を手織りで平織りまたは綾織りにし、縮絨起毛させない、粗く厚い織物。織る前に糸をさまざまな色に染め、細かい色彩の模様を入れるパターンの事を言うそうです。(Wiki

ツイード柄は、どこか懐かしい雰囲気、でもおしゃれでネイルサロンでやってもらったかの様な出来上がり↓

FullSizeRender

それでいて、初心者でもできる超簡単ネイルなんです

今回もセリアのジェルネイルを使って、やってみました。
(セリアのジェルネイルについて書いたブログは、こちらからどうぞ

今回使用した色は、こちら↓

FullSizeRender

グレイ、白、ブラック、そしてベース&トップコート。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

まずはベースカラーに、グレイを塗ります↓

FullSizeRender

グレイを1度塗りし硬化、2度塗りして硬化↓

FullSizeRender

トレイに白のジェルネイルを置き↓

FullSizeRender

細いブラシで、縦に線を引きます↓

FullSizeRender

だいたい真っ直ぐでOK。
そして全部つなげる線ではなく、所々間を開ける線で。
線は、かすれてOK。
むしろ、かすれた線のほうがツイードっぽく見えるので、ぶきっちょさんでも簡単に描けます。
こんな感じ

FullSizeRender

全然真っ直ぐじゃありません
利き腕でないほうを描くときは、細いブラシを寝かせて描くと(筆を立てない)、プルプル震えないで簡単に描けます

硬化。

次は、先ほどの白と白の間に、ブラックの線を描きます↓

FullSizeRender

これも、同じ様にかすれた線でもOK 。だいたい真っ直ぐで大丈夫です。

硬化。

次は、白のジェルネイルで今回は横線で同じ様に描いていきます↓

FullSizeRender

硬化。

次は黒で横線を描いていきます↓

FullSizeRender

硬化して、ツイード柄の出来上がり

私はグレー系の柄で描きましたが、ピンク系、赤系、青系で描いても、可愛いツイード柄ができます。
そのときは、薄い色から線を描いていくと、綺麗に仕上がると思います

他の指は、シースルーネイルのフレンチで仕上げました↓

FullSizeRender

シースルーネイルのやり方は、こちらの記事を参考にどうぞ

パールストーンとグリッターストーンは、CanDoのネイルパーツを使用しました↓

FullSizeRender

そしてフレンチネイルの線は、ネイル工房で購入したグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

ラメのラインを描くのって、ジェルネイルが多すぎても、ラメが多すぎても、上手く描く事ができません。
こちらのラメラインのジェルネイルは、ラメとジェルネイをわざわざ混ぜる手間もなく、ラメの密集率がパーフェクトなので、誰でも簡単綺麗にラメラインを描く事ができます。
ネイル工房で販売しているものは、ラメの細かさが3種類。

FullSizeRender

(ラメの細かさは、私は”真ん中”を選びました)
フレンチネイルの際部分にこのラメラインジェルを使えば、線が綺麗に見えます。
(フレンチネイルが苦手なかたでも、トップにラメラインを描けば誤魔化す事ができます)
1つ持っていると、かなり便利です。
お値段、180円

ツイード柄は普通のポリッシュ(マニキュア)でもできますが、そのときは細いブラシを使って描いてくださいね

FullSizeRender

こちらは、セリアで購入しました。
ない場合は、楊枝でも代用できます。

冬は簡単ツイード柄ネイル。
初心者でもできるので、オススメです




ネイル工房のオンラインストアは、こちらからどうぞ


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




今は百均でもジェルネイルが手に入るので、家でセルフネイルをする人にとっては、とってもありがたいです以前ポストした、セリアのジェルネイルについてのブログ↓上の写真↑をクリックすると、”セリアのジェルネイルの新色が出た”の記事に飛びます。ただいま10色展開で ... 続きを読む
今は百均でもジェルネイルが手に入るので、家でセルフネイルをする人にとっては、とってもありがたいです
以前ポストした、セリアのジェルネイルについてのブログ↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、”セリアのジェルネイルの新色が出た”の記事に飛びます。
ただいま10色展開で、発売しています。
ですが、黒、ネイビー、グレイ以外、あまり秋冬っぽい色がないんですよね
でもジェルネイルの良い所は、色を混ぜて使える事です。
という事で、秋冬っぽい色を作ってみました。

FullSizeRender


まずはライトピンク&グレー、2:1↓

FullSizeRender

季節にあった、冬っぽい薄いピンクグレーになりました
元々のライトピンクは、結構ピンクが強い色で、使いづらいなと思っていましたが、少しグレーを混ぜただけで優しい色になり、オフィス使いにもOKな色に変身しました

次はピンク&グレー、2:1↓

FullSizeRender

こちらは、明るめのピンクグレイ色になりました。
もともとのピンク色は、結構ショッキングピンクに近い、かなり明るい派手な色で、使いづらいなと思っていたんです。(写真左から2番目)↓

FullSizeRender

でも少しグレーを混ぜただけで、普段使いしやすい色に変身しました

次はベージュ&グレー、1:1↓

FullSizeRender

素敵なグレージュの出来上がり
秋冬と言えば、やっぱりグレージュ。
セリアのベージュ色は、かなりベージュ近い色なので、使いづらいなと思っていましたが、この色だったら、自然なグレージュなのでオフィス使いOKです

お次はレッド&ブラック、2:1↓

FullSizeRender

渋いワインレッド色になりました。
このワインレッド色は先日、”シールだけど本格的、簡単にできるべっ甲ネイル”の時に使ってみました↓

FullSizeRender


上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

ワインレッドはちょっとしたパーティーにも映える色なので、こちらも冬には持ってこいの色です。
混ぜる前の元々のレッドは、かなり派手な色なので、少々躊躇しましたが、このワインレッドは素敵

そして人気のバーガンディー色にしたい場合は、赤と黒にベージュを混ぜるだけでOK
赤:ベージュ:黒=1:1:0.5

FullSizeRender

少々分かりづらいので、ワインレッドとバーガンディー2色を比べてみると、こんな感じ。

FullSizeRender

左がバーガンディー、右がワインレッド↑
どっちも冬色使い、バッチリです

お次はグレーとパープル、1:1↓

FullSizeRender

綺麗なラベンダー色になりました
元々のパープルは結構派手な色なので、こちらも普段使いは難しいなと思っていた所でした↓

FullSizeRender

でも、グレーを混ぜただけでかなり落ち着いた色になるので、こちらも普段使いOK

最後にグレーとネイビー1:2↓

FullSizeRender

こちらも、かなり秋冬っぽい色になりました。
元々のネイビー色も、薄づきで好きな色ですが↓

FullSizeRender

でもやっぱり秋冬は、雪景色な色を使いたいです

まだまだ混ぜたら色々な色ができるんですが、とりあえず全6色

FullSizeRender

派手すぎる色だと思っていたジェルネイルが、オフィス使いができる色になったり、グレーを混ぜただけで落ち着いた色になったり...

セリアのジェルネイルでも、秋冬色がバッチリ作れる事がわかりました。
アリゾナも段々寒くなってきたので、これからの秋冬ネイルをやるのが楽しみです
皆さんも、セリアのジェルネイルで、秋冬ネイルを楽しんでくださいね



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



LINEで読者登録ができます↓













以前ポストした、べっ甲のハンドネイル。その時のブログは、こちらからどうぞ★ハンドに合わせて、フットも少し前にやりました。最近は気温も下がってきたので、サンダルで出かける事もなくなったんですが、今季最後のフットネイルと思って、やりましたで、今回は前回とちょ ... 続きを読む
以前ポストした、べっ甲のハンドネイル。
その時のブログは、こちらからどうぞ

ハンドに合わせて、フットも少し前にやりました。

FullSizeRender

最近は気温も下がってきたので、サンダルで出かける事もなくなったんですが、今季最後のフットネイルと思って、やりました

で、今回は前回とちょっと似てますが… 

FullSizeRender
べっ甲ネイルをするには、黄色、オレンジ、茶色(少々黒)のネイルカラーが必要とブログに書きましたが、カラーを買わなくてはいけないのは面倒臭いよという方、必見
しずくウォーターネイルシールシリーズの、べっ甲バージョンを購入してみました

FullSizeRender

母に手紙と一緒に送ってもらいました。
色々な形の、べっ甲シールが入ってます。

FullSizeRender

まずは、形に合わせて切って準備をしておきます↓

FullSizeRender

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

今回は、ワインレッドにしたかったので、セリアで購入したジェルネイルの赤と黒(1:0.5)を気泡ができない様に混ぜます。

FullSizeRender

セリアのジェルネイルの事を書いたブログは、こちらからどうぞ
べっ甲ネイル以外の指を、仕上げます。

FullSizeRender

そしてべっ甲ネイル。
先程準備しておいた、しずくネイルシールを、水に浸けます↓

FullSizeRender

30秒から1分ほど浸けたら、ピンセットでピックアップ。

FullSizeRender

すると、すぐに下の厚紙が剥がれます↓

FullSizeRender

剥がれたシールを、乗せたい指の上に貼るだけ

FullSizeRender

ここで痛恨のミス。
本当は黒いネイルの上にもべっ甲ネイルシールを貼りたかったんですが、思った以上にべっ甲ネイルシールが薄くて… 
濃い色のネイルの上に貼ると、べっ甲柄が見えなくなってしまいます
なので、べっ甲しずくネイルステッカーを使う場合、ベースに色を塗りたい方、白などの薄い色を使ってくださいね

仕上げにトップコートを塗るだけです。
硬化する前であれば、トップコートを塗った後、爪からハミ出た場所は、楊枝などでなぞれば、シールはすぐカットできるので、ご安心を
という事で、べっ甲ネイルは、片手1つづつになってしまいました

FullSizeRender
見た目は全然シールっぽくなく、ちゃんとネイルカラーで塗ったかの様

このシール、めちゃくちゃ簡単
ぶきっちょさんでもネイルが苦手な方でも、利き手ではない方にやるのが難しい方でも、誰でもできます
普通のマニキュアでもできるので、是非やってみてください
やっぱり、べっ甲ネイル可愛い




”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

LINEで読者登録ができます↓



秋といえば、べっ甲ネイルというイメージなんですが、早速やってみました↓スタッズの色もゴールド普段ゴールドは身につけない私ですが、秋冬ネイルにはゴールドが映えますねべっ甲ネイルは、カラーさえあれば、誰でも簡単にできるセルフネイル。使った色は、こちら↓べっ甲 ... 続きを読む
秋といえば、べっ甲ネイルというイメージなんですが、早速やってみました↓

FullSizeRender

スタッズの色もゴールド
普段ゴールドは身につけない私ですが、秋冬ネイルにはゴールドが映えますね

FullSizeRender

べっ甲ネイルは、カラーさえあれば、誰でも簡単にできるセルフネイル。
使った色は、こちら↓

FullSizeRender

べっ甲カラーに必要なのは、黄色、茶色、オレンジ。
(ネイル工房で購入したジェルネイルを使用。黄色はからし色寄りの黄色です)
それとセリアのブラック、そしてベース&トップジェルコートもセリアのものを使用しました。

FullSizeRender

べっ甲ネイルはクリア感が重要なので、全ての色はベースジェルネイルと混ぜて使用します。

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
まずは、黄色とセリアのベースコートを1:1でトレイの上に出します。

FullSizeRender

気泡が出ない様にブラシで混ぜ合わせ、ネイルに塗る↓

FullSizeRender

硬化。
黄色の上からベースコートを塗り…↓

FullSizeRender

(硬化しません)
トレイの上に茶色とベースコートを1:1で混ぜ↓

FullSizeRender

黄色の上に軽くポンポンと、カラーを置きます。

FullSizeRender

ベースコートを下に塗ってあるので、薄くつき易いですが、もっとぼやかしたい場合は、ブラシにアルコール液を付けて、もっとぼやかします。

先程の余った茶色のジェルネイルに、少し黒を混ぜ合わせ、こげ茶色を作ります↓

FullSizeRender

気泡ができない様に混ぜ…↓

FullSizeRender

先程ぼやかした茶色の上に色を付けて、色の強弱をつけていきます↓

FullSizeRender

硬化。

オレンジ:茶色:ベースジェルコート、0.5:0.5:1の液を作り(クリア感重要)…↓

FullSizeRender

混ぜ↓

FullSizeRender

全体に塗ります↓

FullSizeRender

この色はトップのカラーになるので、もし濃いべっ甲カラーが良い場合は茶色を多く、オレンジが強いべっ甲カラーが良い場合は、オレンジを多く、自分の好きなべっ甲カラーで調節してみてください。

硬化。

トップジェルコートを塗り、硬化して、未硬化ジェルをアルコール液で拭き取って終了↓

FullSizeRender

他の指は、セリアの黒のジェルネイルとCanDoのスタッズステッカーを使用しました↓

FullSizeRender
写真はシルバーですが、ゴールドを使いました。

私が使用したネイル工房で購入したカラーは、こちら↓
黄色→Freesia T006
オレンジ→orange F003
茶色→brown F009

ネイル工房は、メール便で送ってくれ、送料も100円ぐらい、しかもジェルネイルも1つ1つが激安
私が購入したときは、楽天セールだったので98円でした

FullSizeRender
秋はセルフでべっ甲ネイル
初心者さんでも簡単にできるので、この秋是非やってみてください



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓




週末から、お友達が家族で旦那さんのご実家に旅行に行くので、その前に一緒にランチをしました。お互いアメリカ人の旦那を持つと、なかなかベトナミーズやコリアン、タイのレストランに行ってくれないというのが悩み...  特にヌードル関係は、ジャスティンは一緒のくくりの ... 続きを読む
週末から、お友達が家族で旦那さんのご実家に旅行に行くので、その前に一緒にランチをしました。
お互いアメリカ人の旦那を持つと、なかなかベトナミーズやコリアン、タイのレストランに行ってくれないというのが悩み...  
特にヌードル関係は、ジャスティンは一緒のくくりの様で
私は、今日はフォー、明日はパスタ、明後日はラーメンorうどんなんて全く平気なのに、ジャスティンは「またヌードル?」なんて言ってくる
それが、イタリアンのパスタでも
食のカルチャーが全然違うので、しょうがないんですが、本当にイラっとくるときあります

という事で、お友達とベトナミーズでランチしました
お友達が、「ここに来ると、必ず日本人に会うんだよね」と言っていた通り、入店したらブロ友さんに久々に再会
お仕事休憩の、ランチ中でした。
異国でフルタイムでバリバリお仕事していて、尊敬します
(彼女は、ジャスティンと同じ会社の、違うキャンパスで働いてます)

オーダーしたのは、海老とマリネートされたポークのバーミセリ

FullSizeRender

野菜がたっぷり入っているので、アメリカンな食事よりパクパク食べれます。

FullSizeRender

普段レストランに行ったときは、毎回持ち帰りしますが、野菜たっぷりのアジアン料理のときは、ほぼ完食します
やっぱり私はアジア人の胃を持っているんだなと思います。

食後は、スタバでおしゃべり

FullSizeRender

ソルテッドキャラメルモカフラペチーノをオーダーしましたが、上のdrizzle(ソース)を、Caramelからmocha drizzleに変更しました。

”これであなたもスタバ通。基本カスタマイズ”のブログは、こちらからどうぞ

キャラメルソースは甘すぎる感じがするんです... 
9日間、旦那さんのご実家で楽しんできてね〜



話は変わって… 
日本に滞在中、LOFTで便利な物を購入しました。

FullSizeRender

ネイルオフキャップ。
マニキュアにもジェルにも使えるそうです。
ジェルネイルをオフするとき、いちいち銀紙?アルミナムフォイルを巻かないといけないのが、面倒なんですよね… 

FullSizeRender

これ、毎回10本巻くのに、結構時間がかかります。
しかも、フォイルを小さく切らなければいけないし… 
でもこれは、指にただはめるだけ
利き手じゃない指も、簡単にキャップをはめられます。

FullSizeRender

しかも特許出願された、ちゃんとした商品。

FullSizeRender

シリコン製で、10本入ってます↓

FullSizeRender

ピンクが可愛い

FullSizeRender

中は、スポンジが入っていて、このスポンジにリムーバーを含ませて、爪の上にセットするだけ↓

FullSizeRender

または、今まで通りコットンに含ませてシリコンキャップを被せる方法でもOK。
ぶかぶかだったら、このスポンジをコットンの上に乗せて、サイズをアジャストする方法でもOK。
マニキュアをする方も、ラメのネイルは取りにくいので、このキャップで少し時間を置けば、取りにくいラメも取りやすいです。

FullSizeRender

ロフトで、同じ様なソークオフクリップも売っていましたが、こちらは5本入りで900円↓

FullSizeRender

指は10本なので、2セット買わないとダメなので、コスパはあまり良くないです。

ちなみに100均商品で、ネイルが乾くまで付けておく“ネイルガード”というものが売っていますが、そちらはネイルオフには使えない様です。
見た目は、とっても似てるんですけどね… 
アセトン液は、プラスチックによっては色があせてしまったり溶けたりしてしまうので、商品が似てるからと言って、使用しないでくださいね。

こちらのネイルオフキャップは、900円(10個入り)。

FullSizeRender

何度でも使用可能
ロフトで販売中です。
どうしてロフトって可愛いものが沢山売っているんでしょ

ロフトの、ネイルオフキャップのオンラインは、こちらからどうぞ


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓



先日ポストしたアニマル柄ネイル↓上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。早く着るのが楽しみです。といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠 ... 続きを読む
先日ポストしたアニマル柄ネイル↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。
アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね
私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。
早く着るのが楽しみです。
といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠い感じですが… 
日中は、40℃ありますからね
9月に入ってから、ネイルだけでも秋らしくしようと思ってます。
夏よりも、秋冬のファッションが好きな方々も多いのでは

今回のネイルは、シースルーネイルにしてみました↓

FullSizeRender

シックな黒とキュートなピンクの組み合わせは、甘くなり過ぎず、でも大人っぽいので、オススメです。
シースルーネイルも、初心者でも簡単にできるので、是非トライしてみて下さい

使用した色は、セリアのジェルネイル新色、ミルキーピンク、ブラック、そしてトップ&ベースジェルネイルコート。

FullSizeRender

以前ポストした、“セリアのジェルネイル、新色が出た”のブログは、こちらからどうぞ

ネイルパーツは、CanDoのスタッズシールと、セリアのラインテープ(シルバー)です。

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
まずは、ブラックとベースジェルネイルコートを1:2の割合で、準備。

FullSizeRender

気泡ができない様に、ゆっくりとブラシで混ぜます↓

FullSizeRender

透明感が出ていれば、OKです。
それを爪に乗せ硬化。2度塗りして硬化↓

FullSizeRender

自分の好きな透明感になるまで、塗ってみてください。
ブラシには、ジェルネイルをつけ過ぎず、薄く塗るのがコツです。
(たっぷり付け過ぎると、ムラになってしまいます)

次は、通常のブラックのジェルネイルで、フレンチネイルを描きます↓

FullSizeRender

この後ラインテープを使うので、線はある程度真っ直ぐだったら大丈夫です。
真っ直ぐ描くのが難しい様でしたら、マスキングテープを使って塗ってください。
→真っ直ぐフレンチネイルのやり方

もし、はみ出てしまっても、硬化前だったら直せるのでご安心を。
フラットのブラシがあると、真っ直ぐフレンチネイルを描くときに便利です↓

FullSizeRender

アルコール液を少なめに付けて、ブラシで拭き取れば、簡単に直せます。

FullSizeRender

1度塗りし硬化、2度塗りして硬化を繰り返します。

次は、またブラックを出して↓

FullSizeRender

ダイソーで購入したドットスティックを使って、黒いドットを描きます。
ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドで代用できます。

黒いドットの描き方は、爪の中央のラインから描いていくと、バランス良く見えます。
まずは、真ん中上下↓

FullSizeRender

その後、ドットとドットの間にドットを描きます↓

FullSizeRender

あとは、隣の列にドットを描いていくだけ↓

FullSizeRender

ドットが描き終わったら硬化し、トップジェルネイルコートを塗りますが、この後ラインテープを使うので、今回のトップコートは全て、”ノンワイプトップジェルコート”を使いました。

FullSizeRender

普通のトップジェルネイルコートは、最終硬化後、未硬化ジェルが出てしまうので、最後にアルコールで拭きとらなければなりません。
でも、こちらのノンワイプは硬化した後、未硬化ジェルが出ないので、最後にアルコール液で拭かなくて済みます。
実は以前、セリアのトップジェルネイルコートを使って、ラインテープを貼ろうとしたとき、剥がれてしまう事があって(特に端の部分)、かなり苦労しました
調べてみたら、ノンワイプトップコートを使うと、テープが剥がれず簡単に貼る事ができるとの事。
ネイル工房という所で買ってみたら、使用感抜群でした
しかも、硬化後黄色くならないので、セルフネイルをやってる方は、1本持っていると便利です。ネイル工房のノンワイプトップジェルネイルコートは、オススメです。

FullSizeRender

この時、ドットが完全に硬化している事を確認してから、トップジェルネイルコートを塗る様にしてください。
乾いていないのに、トップコートを塗ってしまうと、せっかく描いたドットがグチャグチャになってしまい、またドットを描かなくちゃいけなくなります。

FullSizeRender

ラインテープを、フレンチネイルの部分に貼ります↓

FullSizeRender

手でベタベタ触ると、油が付き、粘着力が弱くなり、剥がれる原因になってしまうので、ピンセットで貼る様にして下さいね。

テープを切るときは、ニッパーが切り易いです↓

FullSizeRender

爪の生え際より1mm程短く切ると、後でテープが剥がれてくるという事はなくなります↓

FullSizeRender

そして、ノンワイプトップジェルネイルコートをたっぷり塗って(テープが剥がれてこない様に)硬化したら、シースルーネイルの出来上がり

FullSizeRender

他の指は、ミルキーピンクにしました↓

FullSizeRender

1度塗り硬化、2度塗り硬化した所です。
爪に乗せるパーツは、スタッズの三角のステッカーを使用↓

FullSizeRender

スタッズを乗せる前に、糊代わりにベースジェルネイルコートを爪に少し塗っておきます。
三角のスタッズを使って、蝶ネクタイ風に

FullSizeRender

黒い蝶ネクタイにしたかったので、黒のジェルネイルをスタッズの上から塗ります↓

FullSizeRender

パーツが動かない様に、仮硬化。
ノンワイプトップジェルネイルコートを(パーツが取れない様に)たっぷり塗って硬化し、終了

FullSizeRender

アメリカでは見た事のない、シースルーネイル

FullSizeRender

黒&ピンクの組み合わせ、とってもキュートです。
100均で、ネイルサロンに行った様なデザイン
ビギナーさんでも簡単にできるので、是非お試しを

ネイル工房さんは、送料が無料orメール便で届くので、とっても安くて便利です。
また、ジェルネイルが1色200円以内で買えます


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓