Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:セルフジェルネイル

以前ポストした、べっ甲のハンドネイル。その時のブログは、こちらからどうぞ★ハンドに合わせて、フットも少し前にやりました。最近は気温も下がってきたので、サンダルで出かける事もなくなったんですが、今季最後のフットネイルと思って、やりましたで、今回は前回とちょ ... 続きを読む
以前ポストした、べっ甲のハンドネイル。
その時のブログは、こちらからどうぞ

ハンドに合わせて、フットも少し前にやりました。

FullSizeRender

最近は気温も下がってきたので、サンダルで出かける事もなくなったんですが、今季最後のフットネイルと思って、やりました

で、今回は前回とちょっと似てますが… 

FullSizeRender
べっ甲ネイルをするには、黄色、オレンジ、茶色(少々黒)のネイルカラーが必要とブログに書きましたが、カラーを買わなくてはいけないのは面倒臭いよという方、必見
しずくウォーターネイルシールシリーズの、べっ甲バージョンを購入してみました

FullSizeRender

母に手紙と一緒に送ってもらいました。
色々な形の、べっ甲シールが入ってます。

FullSizeRender

まずは、形に合わせて切って準備をしておきます↓

FullSizeRender

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

今回は、ワインレッドにしたかったので、セリアで購入したジェルネイルの赤と黒(1:0.5)を気泡ができない様に混ぜます。

FullSizeRender

セリアのジェルネイルの事を書いたブログは、こちらからどうぞ
べっ甲ネイル以外の指を、仕上げます。

FullSizeRender

そしてべっ甲ネイル。
先程準備しておいた、しずくネイルシールを、水に浸けます↓

FullSizeRender

30秒から1分ほど浸けたら、ピンセットでピックアップ。

FullSizeRender

すると、すぐに下の厚紙が剥がれます↓

FullSizeRender

剥がれたシールを、乗せたい指の上に貼るだけ

FullSizeRender

ここで痛恨のミス。
本当は黒いネイルの上にもべっ甲ネイルシールを貼りたかったんですが、思った以上にべっ甲ネイルシールが薄くて… 
濃い色のネイルの上に貼ると、べっ甲柄が見えなくなってしまいます
なので、べっ甲しずくネイルステッカーを使う場合、ベースに色を塗りたい方、白などの薄い色を使ってくださいね

仕上げにトップコートを塗るだけです。
硬化する前であれば、トップコートを塗った後、爪からハミ出た場所は、楊枝などでなぞれば、シールはすぐカットできるので、ご安心を
という事で、べっ甲ネイルは、片手1つづつになってしまいました

FullSizeRender
見た目は全然シールっぽくなく、ちゃんとネイルカラーで塗ったかの様

このシール、めちゃくちゃ簡単
ぶきっちょさんでもネイルが苦手な方でも、利き手ではない方にやるのが難しい方でも、誰でもできます
普通のマニキュアでもできるので、是非やってみてください
やっぱり、べっ甲ネイル可愛い




”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

LINEで読者登録ができます↓



先日ポストしたアニマル柄ネイル↓上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。早く着るのが楽しみです。といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠 ... 続きを読む
先日ポストしたアニマル柄ネイル↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。
アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね
私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。
早く着るのが楽しみです。
といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠い感じですが… 
日中は、40℃ありますからね
9月に入ってから、ネイルだけでも秋らしくしようと思ってます。
夏よりも、秋冬のファッションが好きな方々も多いのでは

今回のネイルは、シースルーネイルにしてみました↓

FullSizeRender

シックな黒とキュートなピンクの組み合わせは、甘くなり過ぎず、でも大人っぽいので、オススメです。
シースルーネイルも、初心者でも簡単にできるので、是非トライしてみて下さい

使用した色は、セリアのジェルネイル新色、ミルキーピンク、ブラック、そしてトップ&ベースジェルネイルコート。

FullSizeRender

以前ポストした、“セリアのジェルネイル、新色が出た”のブログは、こちらからどうぞ

ネイルパーツは、CanDoのスタッズシールと、セリアのラインテープ(シルバー)です。

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
まずは、ブラックとベースジェルネイルコートを1:2の割合で、準備。

FullSizeRender

気泡ができない様に、ゆっくりとブラシで混ぜます↓

FullSizeRender

透明感が出ていれば、OKです。
それを爪に乗せ硬化。2度塗りして硬化↓

FullSizeRender

自分の好きな透明感になるまで、塗ってみてください。
ブラシには、ジェルネイルをつけ過ぎず、薄く塗るのがコツです。
(たっぷり付け過ぎると、ムラになってしまいます)

次は、通常のブラックのジェルネイルで、フレンチネイルを描きます↓

FullSizeRender

この後ラインテープを使うので、線はある程度真っ直ぐだったら大丈夫です。
真っ直ぐ描くのが難しい様でしたら、マスキングテープを使って塗ってください。
→真っ直ぐフレンチネイルのやり方

もし、はみ出てしまっても、硬化前だったら直せるのでご安心を。
フラットのブラシがあると、真っ直ぐフレンチネイルを描くときに便利です↓

FullSizeRender

アルコール液を少なめに付けて、ブラシで拭き取れば、簡単に直せます。

FullSizeRender

1度塗りし硬化、2度塗りして硬化を繰り返します。

次は、またブラックを出して↓

FullSizeRender

ダイソーで購入したドットスティックを使って、黒いドットを描きます。
ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドで代用できます。

黒いドットの描き方は、爪の中央のラインから描いていくと、バランス良く見えます。
まずは、真ん中上下↓

FullSizeRender

その後、ドットとドットの間にドットを描きます↓

FullSizeRender

あとは、隣の列にドットを描いていくだけ↓

FullSizeRender

ドットが描き終わったら硬化し、トップジェルネイルコートを塗りますが、この後ラインテープを使うので、今回のトップコートは全て、”ノンワイプトップジェルコート”を使いました。

FullSizeRender

普通のトップジェルネイルコートは、最終硬化後、未硬化ジェルが出てしまうので、最後にアルコールで拭きとらなければなりません。
でも、こちらのノンワイプは硬化した後、未硬化ジェルが出ないので、最後にアルコール液で拭かなくて済みます。
実は以前、セリアのトップジェルネイルコートを使って、ラインテープを貼ろうとしたとき、剥がれてしまう事があって(特に端の部分)、かなり苦労しました
調べてみたら、ノンワイプトップコートを使うと、テープが剥がれず簡単に貼る事ができるとの事。
ネイル工房という所で買ってみたら、使用感抜群でした
しかも、硬化後黄色くならないので、セルフネイルをやってる方は、1本持っていると便利です。ネイル工房のノンワイプトップジェルネイルコートは、オススメです。

FullSizeRender

この時、ドットが完全に硬化している事を確認してから、トップジェルネイルコートを塗る様にしてください。
乾いていないのに、トップコートを塗ってしまうと、せっかく描いたドットがグチャグチャになってしまい、またドットを描かなくちゃいけなくなります。

FullSizeRender

ラインテープを、フレンチネイルの部分に貼ります↓

FullSizeRender

手でベタベタ触ると、油が付き、粘着力が弱くなり、剥がれる原因になってしまうので、ピンセットで貼る様にして下さいね。

テープを切るときは、ニッパーが切り易いです↓

FullSizeRender

爪の生え際より1mm程短く切ると、後でテープが剥がれてくるという事はなくなります↓

FullSizeRender

そして、ノンワイプトップジェルネイルコートをたっぷり塗って(テープが剥がれてこない様に)硬化したら、シースルーネイルの出来上がり

FullSizeRender

他の指は、ミルキーピンクにしました↓

FullSizeRender

1度塗り硬化、2度塗り硬化した所です。
爪に乗せるパーツは、スタッズの三角のステッカーを使用↓

FullSizeRender

スタッズを乗せる前に、糊代わりにベースジェルネイルコートを爪に少し塗っておきます。
三角のスタッズを使って、蝶ネクタイ風に

FullSizeRender

黒い蝶ネクタイにしたかったので、黒のジェルネイルをスタッズの上から塗ります↓

FullSizeRender

パーツが動かない様に、仮硬化。
ノンワイプトップジェルネイルコートを(パーツが取れない様に)たっぷり塗って硬化し、終了

FullSizeRender

アメリカでは見た事のない、シースルーネイル

FullSizeRender

黒&ピンクの組み合わせ、とってもキュートです。
100均で、ネイルサロンに行った様なデザイン
ビギナーさんでも簡単にできるので、是非お試しを

ネイル工房さんは、送料が無料orメール便で届くので、とっても安くて便利です。
また、ジェルネイルが1色200円以内で買えます


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓








9月に入り、アリゾナもいよいよ秋の気配。と言っても、37℃ぐらいですがネイルだけでも秋っぽいものをと思って、セルフでレオパード柄ネイルをやってみました今回使用したジェルネイルは、先日ブログにポストしたセリアのジェルネイルの新色。秋色のブラック、グレー、ベージ ... 続きを読む
9月に入り、アリゾナもいよいよ秋の気配。
と言っても、37℃ぐらいですが
ネイルだけでも秋っぽいものをと思って、セルフでレオパード柄ネイルをやってみました

FullSizeRender

今回使用したジェルネイルは、先日ブログにポストしたセリアのジェルネイルの新色。
秋色のブラック、グレー、ベージュ、そしてベース&トップジェルネイルコートです↓

FullSizeRender

以前ポストした、“セリアのジェルネイル、新色が出た”のブログは、こちらからどうぞ
そして、ダイソーのドットスティックを使用しました。
(+ブラシです)


ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

まずはベースカラーとなるベージュ色を1度塗り硬化、2度塗り硬化。

FullSizeRender

グレーを、パレットの上に置き↓

FullSizeRender

細長い豆?アメーバの様なものを、細筆で描きます↓

FullSizeRender

中央から描いていくと、バランス良くなります。

FullSizeRender

レオパード柄なので、形が同じではなく、バラバラでOK。
しかも、いびつで大丈夫

次は、ブラックジェルネイルをパレットに置き↓

FullSizeRender

グレーの周りに、カッコ()の様な絵柄を描きます↓

FullSizeRender

全てのグレーに、()を描きます↓

FullSizeRender

()が同じ位置ですと見た目が良くないので、()の位置はバラバラの場所で描くのがポイント。

そしてグレーとグレーの豆の間に、ドットを描きます↓

FullSizeRender

ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドでも代用できます

小さくて分かりづらいと思いますので、ペンで大きく描きます。
こんな感じで、豆やアメーバーの様な絵を描き…↓

FullSizeRender

そして()は、こんな感じです↓

FullSizeRender

ドットは、豆と豆の間に↓

FullSizeRender

爪の中央から描くと、バランス良くなります↓

FullSizeRender

私はベージュ・グレー・ブラックを使いましたが、ブラック・白・グレーのモノトーンカラー、またはピンクを使っても可愛いレオパード柄ができると思います
ポリッシュ(マニキュア)を使う場合は、こちらのミニブラシを使うと便利です↓
(セリアで購入)

FullSizeRender

アリゾナはまだ少々暑いので、他のネイルはフレンチにしました。


FullSizeRender

簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ

セルフネイルでも簡単にできる、アニマル柄ネイル。
是非、皆さんやってみてくださいね



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓






日本の夏は残暑が厳しい様で…日本の皆様、水分補給をして体調に気をつけてくださいね。アリゾナはピークを過ぎたものの、まだ40℃前半です。こちらは湿度がかなり低いので、汗をかくことなく過ごしています。日本の夏は、駅まで歩くだけでも、汗だくになりますからね…本当 ... 続きを読む
日本の夏は残暑が厳しい様で…
日本の皆様、水分補給をして体調に気をつけてくださいね。

アリゾナはピークを過ぎたものの、まだ40℃前半です。
こちらは湿度がかなり低いので、汗をかくことなく過ごしています。
日本の夏は、駅まで歩くだけでも、汗だくになりますからね…
本当、皆様お疲れ様です

アリゾナではまだまだ夏ネイルで行けますが、日本はそろそろ秋物の服も店頭に出てきてたし、ネイルも秋に向けて秋用ネイルが増えてくるでしょうか。

という事で、最後の夏ネイル
今回は、初心者でもできる水面ネイル(もしくは、ラグーンネイル)をやってみたいと思います。

FullSizeRender

海やプールの水面をイメージしたドロップネイル。

FullSizeRender

難しそうにみえますが意外と簡単なので、残暑の夏ネイルにやってみてください

今回は、先日ブログに書いた、セリアで発売されているジェルネイルを使います。
使用する色は、ネイビー、ホワイト、そしてベース&トップ兼用のジェルネイルコート↓

FullSizeRender

”セリアのジェルネイルの新色出た“の過去ブログは、こちらからどうぞ

セリアのUVレジンのセクションに売っていた、シリコンマット↓

FullSizeRender

ジェルネイルを置くのに便利で、終わった後も綺麗に拭き取れます。
もちろん、UVレジンを硬化した後も、綺麗に剥がれます

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
ネイビーとホワイトのジェルネイルを、シリコンマットの上に出して↓

FullSizeRender

気泡ができない様にゆっくり混ぜます。

FullSizeRender

今回は、水面を表現したいので、しっかり混ぜなくてもOK。
(まだらな色のほうが、水面に見えます)

ネイルに混ぜた色を塗ります↓

IMG_4444

硬化。

爪の先は、白い砂浜をイメージしたいので、白いジェルネイルを塗ります↓

IMG_4445

硬化。

その後、白いジェルネイルを全体に塗ります↓

IMG_4446

硬化はしません‼︎

そして、水面ネイルを現すための道具は、ドットスティック↓

FullSizeRender

ピンクのスティック↑は、ダイソーで購入したものですが、こちらのドットは小さめなので、私は大きいドットとドットの間に補強するために、ダイソーの小さめのものも使用しました。
大きめのドットスティックがない場合は、楊枝のヘッド部分を使って代用する事もできるので、ドットスティックがない方は、楊枝を使ってくださいね。

ベースジェルネイルをマットの上に出して↓

FullSizeRender

ドットスティック(もしくは楊枝)にベースジェルネイルを付けて、爪の上にちょんちょん付けていくだけ。

FullSizeRender

ここは時間勝負なので、ささっと進めるのがポイントです。
ゆっくり時間をかけると、全部混ざってしまうので、気をつけてください。
また、1本やったら硬化、1本やったら硬化の繰り返しをすると、失敗する事なくできます。

FullSizeRender

ダイソーで購入した、ヒトデと貝のネイルパーツがあれば、パーフェクト

FullSizeRender

ネイルパーツを置いた後、トップジェルネイルコートをたっぷり塗って、硬化。
未硬化ジェルをアルコールで拭き取ったら、出来上がり

FullSizeRender

ネイルサロンに行かなくても、セルフでできる水面ネイル
厳しい残暑に、是非やってみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓






皆さん、タイダイネイルってご存知でしょうか?タイ(Tie:絞る)ダイ(dye:染める)の意味で、絞り染めの洋裁の生地の染め方の名称で、色が混じり合った絵柄の事をいいます。最近は、ネイルのデザインで人気なので、ネイルをする方は聞いた事があるのではないでしょうか。自分の ... 続きを読む
皆さん、タイダイネイルってご存知でしょうか?
タイ(Tie:絞る)ダイ(dye:染める)の意味で、絞り染めの洋裁の生地の染め方の名称で、色が混じり合った絵柄の事をいいます。
最近は、ネイルのデザインで人気なので、ネイルをする方は聞いた事があるのではないでしょうか。

自分の好きな色を使えるし、組み合わせは色々。
特殊なものを使うんではないかなんて思ってらっしゃる方も、多いのでは?
でも、基本のネイルツールを持っていれば、技術は必要なく凄く簡単で、失敗も少ないんです。
ネイルの色は、2色あればOK

今回は、夏の雲と空を想像して、ネイルをやってみました

FullSizeRender

プリパレーションとベースジェルネイルコートを塗って、硬化した所からスタートします。
ベースカラーを塗り硬化し、2度塗りし、また硬化↓

FullSizeRender

再度ベースコートを塗り(硬化はしません)、雲の柄となる白のジェルネイルをトレイに出します

FullSizeRender

ドット柄に色を置きます↓

FullSizeRender

後で混ぜるので、綺麗におかないでOK。
綺麗なブラシを準備し、ポンポン叩きながら、色と色の境目をぼかしていくだけ↓

FullSizeRender

混ぜ過ぎたなと感じたら、アルコール液を含ませたブラシで、要らない白色の部分を拭き取れば大丈夫
自分の納得する柄ができたら、硬化。

FullSizeRender

青空の雲みたいになりました。

タイダイネイルは3色使って混ぜ合わせても綺麗なので、その場合はドットを爪の上にランダムに置いて、混ぜ合わせてポンポンするだけです。

今回は夏ネイルなので、ダイソーで購入したネイルパーツの羽と貝殻(左)、CanDoのスタッドラインネイルシール(右)を使いました↓

FullSizeRender

スタッドラインネイルシールは、春夏秋冬使えるので、1つ持っているだけでいつでも使えます。
あとは、セリアのターコイズネイルパーツを使用↓

FullSizeRender

ベースコートを糊代わりに使い、パーツを爪の上に置き、硬化。
仕上げにトップコートを塗って硬化し、未硬化ジェルをアルコール液を含ませたコットンで拭き取り終了。
こんな感じになりました

FullSizeRender

足もお揃いで、タイダイにしました↓

FullSizeRender

マニキュアでやる場合は、色を混ぜ合わせるときにマニキュアのボトルとは違う色が付いてしまうので、混ざるのが嫌な場合は、別途筆を準備してください。
こちらは、セリアで購入した筆です↓

FullSizeRender

ほぼ100%失敗なしのタイダイネイル。
今回使用したネイルは夏のカラーでしたが、色の組み合わせで色々な時期にできるし、とっても簡単なのでオススメです


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓




ただいま日本滞在中です。日本に来る前に、アメリカで写真を撮っておいたものをポストします。日本帰国前に、ネイルを新しくしました。今回は、ターコイズネイル↓人差し指と薬指は、フレンチネイルにしました。(簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ★)夏といえ ... 続きを読む
ただいま日本滞在中です。
日本に来る前に、アメリカで写真を撮っておいたものをポストします。


日本帰国前に、ネイルを新しくしました。
今回は、ターコイズネイル

FullSizeRender

人差し指と薬指は、フレンチネイルにしました。

(簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

夏といえば、ターコイズというイメージ
こちらも、大理石ネイルの応用です。

(大理石ネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

ターコイズ柄は凄く簡単なので、是非やってみてください。
指モデルを使って、またやり方を説明させて頂きます。

プリパレーションをして、ベースジェルネイルを塗って硬化した所からスタート。
まずは、ベースのカラーになるターコイズ色のジェルネイルを塗り硬化。
2度塗りして、また硬化。

FullSizeRender

トレイに、ターコイズカラー&白(白のほうがターコイズより多め)、黒を準備↓

FullSizeRender

ターコイズカラーと白を、気泡が出ない様にゆっくり混ぜます。

FullSizeRender

まだらなほうが奥行きが出るので、しっかり混ぜなくてOK
ベースコートを薄く塗り(硬化はしません)、ミックスした白とターコイズを、混ぜた筆で薄めにチョンチョンと付けます↓

FullSizeRender

仮硬化(私のライトでは10秒ぐらい)。

トレイに出しておいた黒色のジェルネイルで、今度は細いブラシで白の上に細いラインを描いていきます↓

FullSizeRender

真っ直ぐな線でなく、ガタガタのラインのほうが、ターコイズの柄っぽく見えます
また、短い線より長めの線のほうが、上手く見えます。

アルコールを含ませた綺麗な筆で、黒い線をぼかしていき↓

FullSizeRender

仮硬化。
また細筆で黒いラインを描いて、濃い色と薄い黒色の強弱を付けて奥行きを見せながら、またアルコールを含ませた筆でぼやかしていくの繰り返しをし、仮硬化。

FullSizeRender

バランスを見ながら、自分の納得いく柄になったら、通常に硬化。

FullSizeRender

ネイルパーツをつけたい場合は、乗せたい所にベースコートジェルを薄く塗り(糊代わり)、パーツを置いて仮硬化すれば、パーツが硬化時に動いてしまう事を防ぐ事ができます
しっかりトップコートを塗って、通常硬化し、未硬化ジェルネイルをアルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がり↓

FullSizeRender

ターコイズのネイルパーツは、セリアで購入したものです。

FullSizeRender

アリゾナは、夏が10カ月ぐらい長いので、ほぼいつでもできますが、日本では今の夏の時期しかできないので、是非やってみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓