Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:スターバックスリザーブバー

私がパームスプリングスへ着いたら、絶対行きたかった所。それは、スターバックスのリザーブBarですアリゾナには、フィーチャリングリザーブ店(特別なコーヒー豆を扱っている)は現在16店舗(2019年2月時点)ありますが、リザーブBarはないんですちなみにLAには只今 ... 続きを読む
私がパームスプリングスへ着いたら、絶対行きたかった所。
それは、スターバックスのリザーブBarです

FullSizeRender

アリゾナには、フィーチャリングリザーブ店(特別なコーヒー豆を扱っている)は現在16店舗(2019年2月時点)ありますが、リザーブBarはないんです
ちなみにLAには只今3店舗、そしてPalm Springsに1店舗あります。

日本にはリザーブ店は全国に65店舗、リザーブBarは14店舗あるそうです。
(私の地元埼玉にはなし...
2/28に、遂にロースタリー店(焙煎設備があるお店)も目黒にオープンするそうですね
世界で5店舗目で、日本初出店↓

starbucks-roastery-strategy-2-super-169
Source:CNN Japan

ロースタリー店は現在、シアトル、NY、上海、ミラノ、そして東京がオープン。
シカゴ店も、これからオープンするそうですよ。
東京店は、日本に行ったら行ってみたいです

リザーブ店のサインが可愛い

FullSizeRender

ドアの手すりも、リザーブ仕様

FullSizeRender

リザーブバー店は、この様に”リザーブBAR”があり、それぞれのコーヒー豆を1番美味しい状態で味わう事ができる方法で抽出して提供してくれます。

FullSizeRender

こちらのBarで、直接オーダーができます↑
(普段通りキャッシャーカウンターでもオーダーができますが、バーカウンターでオーダーする場合は、アメリカの場合は店員さんにチップを渡す事を忘れずに

こちら、普通のキャッシャーカウンター↓

FullSizeRender

ブラックエプロンの店員さん(コーヒーマイスターとして認定された店員さん)が、サービスしてくれます。
ブラックエプロンの店員さんは、コーヒーの専門知識をもったスタッフさん。
コーヒーマイスターと認定を受け、1年に1度社内試験に合格した人だけが着用を許されます。
その率は、全体の数パーセントのみ。
ほんの一握りのスペシャリストなんです。
なので、ブラックエプロンさんに、自分好みの味を言うと、それに沿ったコーヒー豆をオススメしてくれたり、コーヒーにあったスイーツも教えてくれるそうです。

抽出方法は、サイフォン、ブラックイーグル、コーヒープレス、プアオーバー、クローバーがあり、豆に応じた方法で焙煎し、提供してくれます。
こちらはサイフォン↓

FullSizeRender

うっすら、日本語の説明書きが見えますね

こちらは、ブラックイーグルというエスプレッソマシーン↓

FullSizeRender

高品質なエスプレッソショットが味わえるそうです。
我が家のエスプレッソマシーンと大違い

こちらはPour Over↓

FullSizeRender

セラミック製の”★/R”のドリッパーが可愛い
こんな風に、作ってくれるみたいです。

IMG_9368
Source→

パームスプリングス店では写真を撮る事ができなかった、Clover Brewedのマシーン↓

IMG_9369
Source→

クローバーは、”バキューム・プレス”と呼ばれる独自の抽出方法が特徴だとか。
コーヒーに適度な蒸らしを加えたところで、一気に抽出(吸い込む)、香りをいっさい逃さない絶妙なコーヒーを創り上げるというのを、マシンがすべてやってくれるそうです。

スタバでは、世界中から様々な種類のコーヒー豆を調達していますが、その中でも個性豊かで質が高く、少量しか手に入らないコーヒー豆に稀に出会う事があるそうです。
その珍しいコーヒー豆を多くの方の味わってほしいと提供を始めたのが”スターバックスリザーブ店”です。

FullSizeRender

こちらのコーヒー豆は、フィーチャリング店でも扱いがあり、販売もしているので、店舗で飲んでみて豆を購入するのもオススメです。

Barカウンターの目の前には、リザーブ店用のメニューが置いてあります↓

FullSizeRender

やっぱり、普通のスタバ店とは違う高級感

FullSizeRender

メニューは、普通のスタバに比べると、ちょっとお高い
まあ、コーヒー豆が特別なので、それは仕方ないです。

FullSizeRender

フライト(飲み比べ)もありました。
そしてサイフォン エクスペリエンスも試してみたかったですが、$25...
ジャスティンいたので、やめました...

私は、Nitro Cold Brew Floatを頂きました。
グランデサイズで、$9。

FullSizeRender

ナイトロコールドブリューフロートは、”ナイトロコールドブリューコーヒー”にバニラアイスを加えたものです。
バニラがまだ混ざっていない状態でも、全然苦くない
そしてまろやかで、バニラが溶けてくると、リッチな味わいになります。
高級感あって飲みごたえがあるので、$9払う価値はあります。

グッズもリザーブ店のみの限定商品。

FullSizeRender

Rって私のイニシャルなので、勝手に親近感

FullSizeRender

このto go用のカップも可愛い

FullSizeRender

日本のリザーブ店も、こうゆうプラスチックカップなのかしら?
スターバックスリザーブ店では、スペシャルコーヒーセミナーも開かれ、こちらのセミナーではブラックエプロンバリスタの方々が希少価値の高い特別なコーヒ豆をテイスティングさせてくれるそうです。
初心者セミナー、エスプレッソセミナー、ハンドドリップセミナーなど数種類のコースがあり、それぞれ有料で楽しめるので、コーヒー好きにはたまらないイベントですね

アリゾナにも、いつかリザーブBar店が出来て欲しいです


リザーブ店検索(日本語)→
リザーブ店検索(英語)→

Starbucks Reserve、オフィシャルHP(日本語)→
Starbucks Reserve、オフィシャルHP(英語)→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓