Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:ジェルネイル

ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→★日本に来て楽し ... 続きを読む
ただ今、日本一時帰国中のため、ブログを定期的にポストする事が難しいと思いますが、 引き続きMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします。

日本滞在中の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→



日本に来て楽しみなのは、100均巡り
ダイソーはアメリカでも手に入りますが、セリアCanDo、Natural Kitchenなどは手に入りません。
いつか、アメリカに進出してほしいです。

そのセリアでは、最近ではジェルネイルが手に入ります。
こちらのジェルネイルは、LEDライト(またはUVライト)が必要なものです。

第1弾で発売されたもの↓

FullSizeRender

左から、
ホワイト、ベージュ、ライトピンク、ピンク、レッド。

第2弾で発売されたもの↓

FullSizeRender

ミルキーピンク、ヴァイオレット、グレー、ネイビー、ブラック。

そして‼︎ 
先日、たまたまセリアでぶらぶらしていたら、新色が発売されてました
第3弾↓

FullSizeRender

SNSでも、ジェルネイルの新色の事をポストした写真などをまだ見かけてなかったので、ビックリ
今回見つけたものは、左側から
ブルー、ミルキーブルー、スモーキーピンク、ライトベージュ、ミルキーベージュ↓

FullSizeRender

どれも使えそうな色

それではスウォッチしてみましょう。
(チップの半分から上が1度塗り、半分から下が2度塗りです)
まずは、ブルー

FullSizeRender

かなり濃厚で、1度塗りでもしっかり塗れます。
濃厚過ぎるので、ブラシにジェルネイルを付けすぎて塗ると、湯葉る(表面が湯葉の様になる)場合があるので、気をつけてください。
それぐらい濃厚なジェルネイルです。
以前、セリアの色々なジェルネイルで秋冬色を作り、ブログにポストしましたが、グレーとネイビー色を混ぜた色に似ています↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。

新しく発売されたブルーは、スモーキーな感じの青なので、夏というよりは秋色の青の様な色。

ミルキーブルー

FullSizeRender

パステルカラーで、春夏の季節にはピッタリの可愛い色。
こちらもかなり濃厚で、1度塗りでしっかりと発色します。
薄い色はムラになりやすいので難しいですが、このカラーは初心者さんでも簡単に塗れます。

スモーキーピンク

FullSizeRender

こちらは塗りやすいジェルネイルで、クリア感はなく、1度塗りでも発色が良いです。
落ち着いたピンクなので、オフィス使いにオススメ
こちらの色も、以前の混ぜて作った秋冬色の色に似ています。
ピンクとグレー↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。

ライトベージュ

FullSizeRender

1度塗りでも、透け感はありません。
塗りやすいです。
既に発売されているベージュは、濃いめの色で使いづらいなと思いましたが…↓

FullSizeRender
このベージュ、濃いですよね?
使いづらいなと思いましたが、今回のライトベージュは、落ち着いた色で、単色でも使えます。

ミルキーベージュ

FullSizeRender

今回唯一の、クリア感があるジェルネイルです。
どれぐらいクリアかというと、これぐらい↓

FullSizeRender

ベージュというより乳褐色。かなり透け感があるので、2度塗りでも薄めです。
でも、このクリア感が好き
そして、塗りやすいです

ライトベージュもミルキーベージュも、かなり落ち着いた自然な色なので、オフィスネイルにとってもオススメ↓

FullSizeRender

スモーキーピンクもね

第3弾の新色は、全て使える捨て色なし

FullSizeRender
ジェルネイルの良い所は、マニキュアに比べて剥がれにくいので長くもつ事。
(私の場合は、2、3週間もちます)
また、ポリッシュタイプ(ブラシ付き)なので、初心者でも塗りやすい。
そして、100円なので初めての方々でも試しやすいのが良い所です

セリアのジェルネイル新色は、発売されてからはすぐ品切れしてしまう場合があるので、店頭に並んでいない場合は、店員さんに聞いてみてください。
入荷日を教えてくれると思います
日本の店員さんは、本当親切

第1弾、第2弾で発売されたセリアのジェルネイルのスウォッチは、こちらからどうぞ→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓






今は百均でもジェルネイルが手に入るので、家でセルフネイルをする人にとっては、とってもありがたいです以前ポストした、セリアのジェルネイルについてのブログ↓上の写真↑をクリックすると、”セリアのジェルネイルの新色が出た”の記事に飛びます。ただいま10色展開で ... 続きを読む
今は百均でもジェルネイルが手に入るので、家でセルフネイルをする人にとっては、とってもありがたいです
以前ポストした、セリアのジェルネイルについてのブログ↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、”セリアのジェルネイルの新色が出た”の記事に飛びます。
ただいま10色展開で、発売しています。
ですが、黒、ネイビー、グレイ以外、あまり秋冬っぽい色がないんですよね
でもジェルネイルの良い所は、色を混ぜて使える事です。
という事で、秋冬っぽい色を作ってみました。

FullSizeRender


まずはライトピンク&グレー、2:1↓

FullSizeRender

季節にあった、冬っぽい薄いピンクグレーになりました
元々のライトピンクは、結構ピンクが強い色で、使いづらいなと思っていましたが、少しグレーを混ぜただけで優しい色になり、オフィス使いにもOKな色に変身しました

次はピンク&グレー、2:1↓

FullSizeRender

こちらは、明るめのピンクグレイ色になりました。
もともとのピンク色は、結構ショッキングピンクに近い、かなり明るい派手な色で、使いづらいなと思っていたんです。(写真左から2番目)↓

FullSizeRender

でも少しグレーを混ぜただけで、普段使いしやすい色に変身しました

次はベージュ&グレー、1:1↓

FullSizeRender

素敵なグレージュの出来上がり
秋冬と言えば、やっぱりグレージュ。
セリアのベージュ色は、かなりベージュ近い色なので、使いづらいなと思っていましたが、この色だったら、自然なグレージュなのでオフィス使いOKです

お次はレッド&ブラック、2:1↓

FullSizeRender

渋いワインレッド色になりました。
このワインレッド色は先日、”シールだけど本格的、簡単にできるべっ甲ネイル”の時に使ってみました↓

FullSizeRender


上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

ワインレッドはちょっとしたパーティーにも映える色なので、こちらも冬には持ってこいの色です。
混ぜる前の元々のレッドは、かなり派手な色なので、少々躊躇しましたが、このワインレッドは素敵

そして人気のバーガンディー色にしたい場合は、赤と黒にベージュを混ぜるだけでOK
赤:ベージュ:黒=1:1:0.5

FullSizeRender

少々分かりづらいので、ワインレッドとバーガンディー2色を比べてみると、こんな感じ。

FullSizeRender

左がバーガンディー、右がワインレッド↑
どっちも冬色使い、バッチリです

お次はグレーとパープル、1:1↓

FullSizeRender

綺麗なラベンダー色になりました
元々のパープルは結構派手な色なので、こちらも普段使いは難しいなと思っていた所でした↓

FullSizeRender

でも、グレーを混ぜただけでかなり落ち着いた色になるので、こちらも普段使いOK

最後にグレーとネイビー1:2↓

FullSizeRender

こちらも、かなり秋冬っぽい色になりました。
元々のネイビー色も、薄づきで好きな色ですが↓

FullSizeRender

でもやっぱり秋冬は、雪景色な色を使いたいです

まだまだ混ぜたら色々な色ができるんですが、とりあえず全6色

FullSizeRender

派手すぎる色だと思っていたジェルネイルが、オフィス使いができる色になったり、グレーを混ぜただけで落ち着いた色になったり...

セリアのジェルネイルでも、秋冬色がバッチリ作れる事がわかりました。
アリゾナも段々寒くなってきたので、これからの秋冬ネイルをやるのが楽しみです
皆さんも、セリアのジェルネイルで、秋冬ネイルを楽しんでくださいね



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



LINEで読者登録ができます↓













先日ポストしたアニマル柄ネイル↓上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。早く着るのが楽しみです。といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠 ... 続きを読む
先日ポストしたアニマル柄ネイル↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。
アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね
私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。
早く着るのが楽しみです。
といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠い感じですが… 
日中は、40℃ありますからね
9月に入ってから、ネイルだけでも秋らしくしようと思ってます。
夏よりも、秋冬のファッションが好きな方々も多いのでは

今回のネイルは、シースルーネイルにしてみました↓

FullSizeRender

シックな黒とキュートなピンクの組み合わせは、甘くなり過ぎず、でも大人っぽいので、オススメです。
シースルーネイルも、初心者でも簡単にできるので、是非トライしてみて下さい

使用した色は、セリアのジェルネイル新色、ミルキーピンク、ブラック、そしてトップ&ベースジェルネイルコート。

FullSizeRender

以前ポストした、“セリアのジェルネイル、新色が出た”のブログは、こちらからどうぞ

ネイルパーツは、CanDoのスタッズシールと、セリアのラインテープ(シルバー)です。

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
まずは、ブラックとベースジェルネイルコートを1:2の割合で、準備。

FullSizeRender

気泡ができない様に、ゆっくりとブラシで混ぜます↓

FullSizeRender

透明感が出ていれば、OKです。
それを爪に乗せ硬化。2度塗りして硬化↓

FullSizeRender

自分の好きな透明感になるまで、塗ってみてください。
ブラシには、ジェルネイルをつけ過ぎず、薄く塗るのがコツです。
(たっぷり付け過ぎると、ムラになってしまいます)

次は、通常のブラックのジェルネイルで、フレンチネイルを描きます↓

FullSizeRender

この後ラインテープを使うので、線はある程度真っ直ぐだったら大丈夫です。
真っ直ぐ描くのが難しい様でしたら、マスキングテープを使って塗ってください。
→真っ直ぐフレンチネイルのやり方

もし、はみ出てしまっても、硬化前だったら直せるのでご安心を。
フラットのブラシがあると、真っ直ぐフレンチネイルを描くときに便利です↓

FullSizeRender

アルコール液を少なめに付けて、ブラシで拭き取れば、簡単に直せます。

FullSizeRender

1度塗りし硬化、2度塗りして硬化を繰り返します。

次は、またブラックを出して↓

FullSizeRender

ダイソーで購入したドットスティックを使って、黒いドットを描きます。
ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドで代用できます。

黒いドットの描き方は、爪の中央のラインから描いていくと、バランス良く見えます。
まずは、真ん中上下↓

FullSizeRender

その後、ドットとドットの間にドットを描きます↓

FullSizeRender

あとは、隣の列にドットを描いていくだけ↓

FullSizeRender

ドットが描き終わったら硬化し、トップジェルネイルコートを塗りますが、この後ラインテープを使うので、今回のトップコートは全て、”ノンワイプトップジェルコート”を使いました。

FullSizeRender

普通のトップジェルネイルコートは、最終硬化後、未硬化ジェルが出てしまうので、最後にアルコールで拭きとらなければなりません。
でも、こちらのノンワイプは硬化した後、未硬化ジェルが出ないので、最後にアルコール液で拭かなくて済みます。
実は以前、セリアのトップジェルネイルコートを使って、ラインテープを貼ろうとしたとき、剥がれてしまう事があって(特に端の部分)、かなり苦労しました
調べてみたら、ノンワイプトップコートを使うと、テープが剥がれず簡単に貼る事ができるとの事。
ネイル工房という所で買ってみたら、使用感抜群でした
しかも、硬化後黄色くならないので、セルフネイルをやってる方は、1本持っていると便利です。ネイル工房のノンワイプトップジェルネイルコートは、オススメです。

FullSizeRender

この時、ドットが完全に硬化している事を確認してから、トップジェルネイルコートを塗る様にしてください。
乾いていないのに、トップコートを塗ってしまうと、せっかく描いたドットがグチャグチャになってしまい、またドットを描かなくちゃいけなくなります。

FullSizeRender

ラインテープを、フレンチネイルの部分に貼ります↓

FullSizeRender

手でベタベタ触ると、油が付き、粘着力が弱くなり、剥がれる原因になってしまうので、ピンセットで貼る様にして下さいね。

テープを切るときは、ニッパーが切り易いです↓

FullSizeRender

爪の生え際より1mm程短く切ると、後でテープが剥がれてくるという事はなくなります↓

FullSizeRender

そして、ノンワイプトップジェルネイルコートをたっぷり塗って(テープが剥がれてこない様に)硬化したら、シースルーネイルの出来上がり

FullSizeRender

他の指は、ミルキーピンクにしました↓

FullSizeRender

1度塗り硬化、2度塗り硬化した所です。
爪に乗せるパーツは、スタッズの三角のステッカーを使用↓

FullSizeRender

スタッズを乗せる前に、糊代わりにベースジェルネイルコートを爪に少し塗っておきます。
三角のスタッズを使って、蝶ネクタイ風に

FullSizeRender

黒い蝶ネクタイにしたかったので、黒のジェルネイルをスタッズの上から塗ります↓

FullSizeRender

パーツが動かない様に、仮硬化。
ノンワイプトップジェルネイルコートを(パーツが取れない様に)たっぷり塗って硬化し、終了

FullSizeRender

アメリカでは見た事のない、シースルーネイル

FullSizeRender

黒&ピンクの組み合わせ、とってもキュートです。
100均で、ネイルサロンに行った様なデザイン
ビギナーさんでも簡単にできるので、是非お試しを

ネイル工房さんは、送料が無料orメール便で届くので、とっても安くて便利です。
また、ジェルネイルが1色200円以内で買えます


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓








9月に入り、アリゾナもいよいよ秋の気配。と言っても、37℃ぐらいですがネイルだけでも秋っぽいものをと思って、セルフでレオパード柄ネイルをやってみました今回使用したジェルネイルは、先日ブログにポストしたセリアのジェルネイルの新色。秋色のブラック、グレー、ベージ ... 続きを読む
9月に入り、アリゾナもいよいよ秋の気配。
と言っても、37℃ぐらいですが
ネイルだけでも秋っぽいものをと思って、セルフでレオパード柄ネイルをやってみました

FullSizeRender

今回使用したジェルネイルは、先日ブログにポストしたセリアのジェルネイルの新色。
秋色のブラック、グレー、ベージュ、そしてベース&トップジェルネイルコートです↓

FullSizeRender

以前ポストした、“セリアのジェルネイル、新色が出た”のブログは、こちらからどうぞ
そして、ダイソーのドットスティックを使用しました。
(+ブラシです)


ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

まずはベースカラーとなるベージュ色を1度塗り硬化、2度塗り硬化。

FullSizeRender

グレーを、パレットの上に置き↓

FullSizeRender

細長い豆?アメーバの様なものを、細筆で描きます↓

FullSizeRender

中央から描いていくと、バランス良くなります。

FullSizeRender

レオパード柄なので、形が同じではなく、バラバラでOK。
しかも、いびつで大丈夫

次は、ブラックジェルネイルをパレットに置き↓

FullSizeRender

グレーの周りに、カッコ()の様な絵柄を描きます↓

FullSizeRender

全てのグレーに、()を描きます↓

FullSizeRender

()が同じ位置ですと見た目が良くないので、()の位置はバラバラの場所で描くのがポイント。

そしてグレーとグレーの豆の間に、ドットを描きます↓

FullSizeRender

ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドでも代用できます

小さくて分かりづらいと思いますので、ペンで大きく描きます。
こんな感じで、豆やアメーバーの様な絵を描き…↓

FullSizeRender

そして()は、こんな感じです↓

FullSizeRender

ドットは、豆と豆の間に↓

FullSizeRender

爪の中央から描くと、バランス良くなります↓

FullSizeRender

私はベージュ・グレー・ブラックを使いましたが、ブラック・白・グレーのモノトーンカラー、またはピンクを使っても可愛いレオパード柄ができると思います
ポリッシュ(マニキュア)を使う場合は、こちらのミニブラシを使うと便利です↓
(セリアで購入)

FullSizeRender

アリゾナはまだ少々暑いので、他のネイルはフレンチにしました。


FullSizeRender

簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ

セルフネイルでも簡単にできる、アニマル柄ネイル。
是非、皆さんやってみてくださいね



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓






日本の夏は残暑が厳しい様で…日本の皆様、水分補給をして体調に気をつけてくださいね。アリゾナはピークを過ぎたものの、まだ40℃前半です。こちらは湿度がかなり低いので、汗をかくことなく過ごしています。日本の夏は、駅まで歩くだけでも、汗だくになりますからね…本当 ... 続きを読む
日本の夏は残暑が厳しい様で…
日本の皆様、水分補給をして体調に気をつけてくださいね。

アリゾナはピークを過ぎたものの、まだ40℃前半です。
こちらは湿度がかなり低いので、汗をかくことなく過ごしています。
日本の夏は、駅まで歩くだけでも、汗だくになりますからね…
本当、皆様お疲れ様です

アリゾナではまだまだ夏ネイルで行けますが、日本はそろそろ秋物の服も店頭に出てきてたし、ネイルも秋に向けて秋用ネイルが増えてくるでしょうか。

という事で、最後の夏ネイル
今回は、初心者でもできる水面ネイル(もしくは、ラグーンネイル)をやってみたいと思います。

FullSizeRender

海やプールの水面をイメージしたドロップネイル。

FullSizeRender

難しそうにみえますが意外と簡単なので、残暑の夏ネイルにやってみてください

今回は、先日ブログに書いた、セリアで発売されているジェルネイルを使います。
使用する色は、ネイビー、ホワイト、そしてベース&トップ兼用のジェルネイルコート↓

FullSizeRender

”セリアのジェルネイルの新色出た“の過去ブログは、こちらからどうぞ

セリアのUVレジンのセクションに売っていた、シリコンマット↓

FullSizeRender

ジェルネイルを置くのに便利で、終わった後も綺麗に拭き取れます。
もちろん、UVレジンを硬化した後も、綺麗に剥がれます

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
ネイビーとホワイトのジェルネイルを、シリコンマットの上に出して↓

FullSizeRender

気泡ができない様にゆっくり混ぜます。

FullSizeRender

今回は、水面を表現したいので、しっかり混ぜなくてもOK。
(まだらな色のほうが、水面に見えます)

ネイルに混ぜた色を塗ります↓

IMG_4444

硬化。

爪の先は、白い砂浜をイメージしたいので、白いジェルネイルを塗ります↓

IMG_4445

硬化。

その後、白いジェルネイルを全体に塗ります↓

IMG_4446

硬化はしません‼︎

そして、水面ネイルを現すための道具は、ドットスティック↓

FullSizeRender

ピンクのスティック↑は、ダイソーで購入したものですが、こちらのドットは小さめなので、私は大きいドットとドットの間に補強するために、ダイソーの小さめのものも使用しました。
大きめのドットスティックがない場合は、楊枝のヘッド部分を使って代用する事もできるので、ドットスティックがない方は、楊枝を使ってくださいね。

ベースジェルネイルをマットの上に出して↓

FullSizeRender

ドットスティック(もしくは楊枝)にベースジェルネイルを付けて、爪の上にちょんちょん付けていくだけ。

FullSizeRender

ここは時間勝負なので、ささっと進めるのがポイントです。
ゆっくり時間をかけると、全部混ざってしまうので、気をつけてください。
また、1本やったら硬化、1本やったら硬化の繰り返しをすると、失敗する事なくできます。

FullSizeRender

ダイソーで購入した、ヒトデと貝のネイルパーツがあれば、パーフェクト

FullSizeRender

ネイルパーツを置いた後、トップジェルネイルコートをたっぷり塗って、硬化。
未硬化ジェルをアルコールで拭き取ったら、出来上がり

FullSizeRender

ネイルサロンに行かなくても、セルフでできる水面ネイル
厳しい残暑に、是非やってみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓






先日ポストした、セリアのライトのいらない、剥がれるジェルネイル↓上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。ライトのいらないジェルネイルなんて素晴らしい商品が、100均で発売されたななんて思ったら、今回は通常のジェルネイルの新色が5種類発売しました ... 続きを読む
先日ポストした、セリアのライトのいらない、剥がれるジェルネイル↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。
ライトのいらないジェルネイルなんて
素晴らしい商品が、100均で発売されたななんて思ったら、今回は通常のジェルネイルの新色が5種類発売しました

FullSizeRender

こちらのジェルネイルは、LEDライト(またはUVライト)が必要なものです。
(LEDライトが必要なジェルネイルは、光を通すと固まってしまうので、光を通さない入れ物に入っています)
新色は上の写真より左から、ミルキーピンク、バイオレット、グレー、ネイビー、ブラック。
この色を見て、かなりワクワクしました。
なぜって、秋冬ネイルにピッタリな色だから

ちなみに、下の写真は既に発売されていた色です↓

FullSizeRender

左から、ホワイト、ベージュ、ライトピンク、ピンク、レッドです。
以前のブログには、ベース&トップコートのジェルネイルの事だけしかポストしていなかったので(その時のブログは、こちらから)、今回は発売済みのカラーもスオッチ↓

FullSizeRender

全てマット過ぎず、クリア過ぎない色なので、塗りやすいです↑
セリアの赤色の通常のジェルネイル、剥がれるジェルネイル共に塗りやすく、発色が良くてビックリです。

セリアのジェルネイルは、ポリッシュの様にブラシ付きなので、初心者の人でも塗りやすい

FullSizeRender

ブラシも太過ぎず、細過ぎず。

では、新色をスオッチしてみましょう。
全ての試し塗り、手前側は2度塗り、奥側は1度塗りの状態です。
最初に、ミルキーピンク↓

FullSizeRender

名前の通り、かなり白に近いピンク。
フレンチネイルのベースカラーとしてピッタリ
そして、オフィスネイルにオススメな色です。

バイオレット↓

FullSizeRender

かなり明るいバイオレットで、発色も良く、ムラにもなりにくく、塗りやすいです。

グレー↓

FullSizeRender

こちらのグレーは、薄いグレーで、かなり私好みの色。
少しだけムラになりやすいですが、この色を作ってくれたセリアに感謝
冬のネイルには、持ってこいのカラーです。

ブラック↓

FullSizeRender

こちらはかなりクリアな色で、2度塗りでも透け感があるので、大理石ネイルの大理石を描くには難しいかも…
(大理石ネイルのやり方のブログは、こちらから)
でも、シースルーネイルには持ってこいのネイルで、薄づきなので使いやすい色です。

ネイビー↓

FullSizeRender

こちらのネイビーもかなりクリアで、2度塗りでも透け感がありますが、透け感があるからマットな感じでつく事なく、素敵な色です。
マットなカラーだと黒っぽく見えるので、普段使うには難しいですが、このネイビーは良い色です。
ただ、クリアなので、少しムラになりやすいかも…

今回発売された5色は、全て2度塗りが必要です(特にブラックとネイビーは、3度塗りが必要)。
そして、仕上げのトップコートを塗って硬化後は、未硬化ジェルをアルコールで拭き取る必要があります。

ちなみに、以前から発売していたピンク、ライトピンク、今回の新色のミルキーピンクを比べてみると…↓

FullSizeRender

ピンクとミルキーピンクの間色が、ライトピンク。
ライトピンクも、オフィスネイルでいける薄さです

これで全10色になった、セリアのジェルネイル↓

FullSizeRender

普通ジェルネイルを購入するには、1本1000円弱しますが、こちらのジェルネイルは1本100円
全色買っても、1000円(税抜)
+ベースコート&トップコート兼用ジェルネイルも忘れずに
これから、秋ネイルをするのが楽しみです
(バーガンディー色も、冬前に発売してほしいな…)

これからジェルネイルを始める方、セリアのジェルネイルで、始めてみませんか?
クオリティーも良いので、オススメです
日本に一時帰国している間に、新色が発売されて、本当に良かった〜
(郵便では、ポリッシュやジェルネイルを送る事ができないので…)



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

”便利商品”のカテゴリーは、こちらからどうぞ

ただいま日本滞在中のため、ブログ更新頻度が少なくなってますが、引き続きよろしくお願い申し上げます。


LINEで読者登録ができます↓




皆さん、タイダイネイルってご存知でしょうか?タイ(Tie:絞る)ダイ(dye:染める)の意味で、絞り染めの洋裁の生地の染め方の名称で、色が混じり合った絵柄の事をいいます。最近は、ネイルのデザインで人気なので、ネイルをする方は聞いた事があるのではないでしょうか。自分の ... 続きを読む
皆さん、タイダイネイルってご存知でしょうか?
タイ(Tie:絞る)ダイ(dye:染める)の意味で、絞り染めの洋裁の生地の染め方の名称で、色が混じり合った絵柄の事をいいます。
最近は、ネイルのデザインで人気なので、ネイルをする方は聞いた事があるのではないでしょうか。

自分の好きな色を使えるし、組み合わせは色々。
特殊なものを使うんではないかなんて思ってらっしゃる方も、多いのでは?
でも、基本のネイルツールを持っていれば、技術は必要なく凄く簡単で、失敗も少ないんです。
ネイルの色は、2色あればOK

今回は、夏の雲と空を想像して、ネイルをやってみました

FullSizeRender

プリパレーションとベースジェルネイルコートを塗って、硬化した所からスタートします。
ベースカラーを塗り硬化し、2度塗りし、また硬化↓

FullSizeRender

再度ベースコートを塗り(硬化はしません)、雲の柄となる白のジェルネイルをトレイに出します

FullSizeRender

ドット柄に色を置きます↓

FullSizeRender

後で混ぜるので、綺麗におかないでOK。
綺麗なブラシを準備し、ポンポン叩きながら、色と色の境目をぼかしていくだけ↓

FullSizeRender

混ぜ過ぎたなと感じたら、アルコール液を含ませたブラシで、要らない白色の部分を拭き取れば大丈夫
自分の納得する柄ができたら、硬化。

FullSizeRender

青空の雲みたいになりました。

タイダイネイルは3色使って混ぜ合わせても綺麗なので、その場合はドットを爪の上にランダムに置いて、混ぜ合わせてポンポンするだけです。

今回は夏ネイルなので、ダイソーで購入したネイルパーツの羽と貝殻(左)、CanDoのスタッドラインネイルシール(右)を使いました↓

FullSizeRender

スタッドラインネイルシールは、春夏秋冬使えるので、1つ持っているだけでいつでも使えます。
あとは、セリアのターコイズネイルパーツを使用↓

FullSizeRender

ベースコートを糊代わりに使い、パーツを爪の上に置き、硬化。
仕上げにトップコートを塗って硬化し、未硬化ジェルをアルコール液を含ませたコットンで拭き取り終了。
こんな感じになりました

FullSizeRender

足もお揃いで、タイダイにしました↓

FullSizeRender

マニキュアでやる場合は、色を混ぜ合わせるときにマニキュアのボトルとは違う色が付いてしまうので、混ざるのが嫌な場合は、別途筆を準備してください。
こちらは、セリアで購入した筆です↓

FullSizeRender

ほぼ100%失敗なしのタイダイネイル。
今回使用したネイルは夏のカラーでしたが、色の組み合わせで色々な時期にできるし、とっても簡単なのでオススメです


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓




以前ブログにポストした、マカロン型のジェルネイルLEDライト。下の写真↓をクリックすれば、そのときのブログ記事に飛びます。新宿ルミネ2の2階にあるIsetan Mirror Make 6 Cosmeticsにて、ピンクと茶色のみですが、販売していました(5184円、税込)。オフィシャルサ ... 続きを読む
以前ブログにポストした、マカロン型のジェルネイルLEDライト。
下の写真↓をクリックすれば、そのときのブログ記事に飛びます。

FullSizeRender

新宿ルミネ2の2階にあるIsetan Mirror Make 6 Cosmeticsにて、ピンクと茶色のみですが、販売していました(5184円、税込)。
オフィシャルサイトでの購入では、$35+日本への送料$7なので、ルミネで売ってるキッドは割高ですが、もし悩んでいる方がいらっしゃったら、手にとって見てみてくださいね

話は変わって...
以前、セリアのジェルネイルについてブログでポストし、100均でもジェルネイルが手に入る時が来たかなんて驚きました。

FullSizeRender


上の写真↑をクリックすれば、そのときの記事に飛びます。

で、今回は…
剥がせるジェルネイルをセリアで発見し、購入してみました

FullSizeRender

従来のジェルネイルはLEDランプ、またはUVランプがマストでしたが、この剥がせるジェルネイルは、ビックリする事にランプが必要ないんです
でも、ちゃんとしたジェルネイル

FullSizeRender

私が行ったセリアでの色展開は、赤、ピンク、ライトピンク、白、そして購入はしませんでしたがベージュがありました。
(ベージュは濃いめの色だったので、買いませんでした。)
ジェルネイルの成分ですが、私が使っているソフトジェルはウレタン樹脂、フォトイニシエーターなどが入っているそうです。
ハードジェルはアクリル樹脂、フォトイニシエーターなどが入っています。
ジェルネイルのアレルギー反応が出る人が増えてきているそうなので、爪の周りが痒くなったとか、水泡ができたとかゆう症状が出た場合、速やかにやめてくださいね。
またアセトンアレルギーも多いそうなので、もし異常が起こった場合は使用するのを止めてください。

それではスウォッチタイム。
まずは赤色↓

FullSizeRender

かなり明るい赤です。
発色が良く、1度塗りでも綺麗に塗れ、初心者の方でも簡単に塗る事ができます。
そしてムラになりません。

ピンク↓

FullSizeRender

こちらも明るいピンク色で、発色が良く、塗りやすいく、1度塗りでもかなり綺麗です。

ライトピンク↓

FullSizeRender

薄い色なのか、少々ムラになりやすいです。
2度塗りする必要がありますが、普段使いするには持ってこいの色です。

白↓

FullSizeRender

白のネイルを塗るのは難しいと言われてますが、こちらのジェルネイルはマットな白色ではないので、かなり塗りやすいです。
2度塗りをすれば、かなり綺麗に色づいてくれ、ムラになりにくいです。

そして、ベースコート兼トップコート↓

FullSizeRender

こちらは、見た目はクリームっぽい液体ですが、爪に付けるとクリアになります。

FullSizeRender

フレンチネイルなどのベースカラーとして使う事もOK。
(その際は、2度塗り以上塗るのをオススメします)

全てのジェルネイル、サラサラした液体で、乾きはかなり速いと思います。
ポリッシュは、2度3度塗りすると、見た目が乾いていても、内層が乾いていなくて物にぶつかってやり直し… なんて事、ありますよね。
ベースコートは3分もしない間に乾き、カラーは10分でちゃんと乾きます。

爪の端を尖ったもので引っかければ、ぺろっと剥がれます↓

FullSizeRender

こんな感じ↓

FullSizeRender

これ↑はあまり濃く塗らなかったにで、小さく剥がれてしまいましたが、しっかり塗れば剥がしやすいです。

セリアで売っていた、ほかの種類のポリッシュを、購入してみました↓

FullSizeRender

このポリッシュ、大粒のラメがぎっしり入っています↓

FullSizeRender

ジェルネイルのライトピンクの上に、大粒ラメのポリッシュを重ねて塗ってみても...

FullSizeRender

綺麗に剥がれました↓

FullSizeRender

こちらの剥がせるジェルネイルは、普通のポリッシュ(マニキュア)の嫌な臭いもないので、部屋に臭いが充満するなんて事はないし、ジェルネイルの艶感がかなりあります。
また、ポリッシュはすぐ爪の先がハゲますが、こちらはジェルネイルなので、ハゲにくいです。
ただ、まだ発売されたばかりなのか、色の種類が少ない所が不便でしょうか。

FullSizeRender

もう少し夏っぽい色があればいいのに… 
と思いつつ、普段使わない赤を使って、まっすぐフレンチネイルをやってみました。

FullSizeRender

やり方は、以前ポストしたマステを使ってフレンチネイルのやり方です↓

FullSizeRender

マステは、手の甲などで粘着力を弱めてから爪に貼るといいです。(ネイルを塗り終わった後マステを剥がすときに、ベースコートが一緒に剥がれてしまうときがあるかもしれないので。)
そして、ジェルネイルが乾くのが速いので、塗ってから3分程でマステを剥がしてください。
(ジェルネイルが乾く前に)

FullSizeRender

乾いた後にマステを取ろうとすると、これまたジェルネイルがくっついて取れてしまうので、要注意。

今回は、ダイソーで購入したネイルパーツ(左)と、セリアで購入したシルバーのラインテープを使用しました↓

FullSizeRender

ラインテープは、爪より1、2mm短く切ったほうがいいですよ
(爪のきわギリギリに切ると、後々テープが剥がれてきてしまいます)

FullSizeRender

分かりづらい写真で、申し訳ないです…

真っ赤な真っ直ぐフレンチネイルの出来上がり

FullSizeRender

と思ったら、何故か左手の中指薬指小指だけパール
右手は全て、普通のシルバーストーンでした↓

FullSizeRender

5日ぐらいはネイルを綺麗に保つ事ができ、それ以降はストーンが取れてしまったりしたので(ベースコートを糊代わりし使用)、パーツを置く場合は接着剤を使用する事をオススメします。

セルフでジェルネイルは、サロン代をセーブできる利点がありますが、ライトを買わなくてはいけないという、少々面倒臭さがありました。
そしてジェルネイルのオフが、アセトンを使ってアルミホイルで巻いたりして、時間がかかって大変なんですよね…
でも、こちらのセリアの剥がせるジェルネイルは、ライトいらずの簡単オフができるので、派手な色ができないオフィスワーカーの方々も、週末だけは派手な色でお洒落ができます。
もっと色々な色が発売するといいですね

セリアの剥がせるライトのいらないジェルネイル、オススメです




”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

ただいま日本滞在中のため、ブログ更新頻度が少なくなってますが、引き続きよろしくお願い申し上げます。

LINEで読者登録ができます↓






ただいま日本滞在中です。日本に来る前に、アメリカで写真を撮っておいたものをポストします。日本帰国前に、ネイルを新しくしました。今回は、ターコイズネイル↓人差し指と薬指は、フレンチネイルにしました。(簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ★)夏といえ ... 続きを読む
ただいま日本滞在中です。
日本に来る前に、アメリカで写真を撮っておいたものをポストします。


日本帰国前に、ネイルを新しくしました。
今回は、ターコイズネイル

FullSizeRender

人差し指と薬指は、フレンチネイルにしました。

(簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

夏といえば、ターコイズというイメージ
こちらも、大理石ネイルの応用です。

(大理石ネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

ターコイズ柄は凄く簡単なので、是非やってみてください。
指モデルを使って、またやり方を説明させて頂きます。

プリパレーションをして、ベースジェルネイルを塗って硬化した所からスタート。
まずは、ベースのカラーになるターコイズ色のジェルネイルを塗り硬化。
2度塗りして、また硬化。

FullSizeRender

トレイに、ターコイズカラー&白(白のほうがターコイズより多め)、黒を準備↓

FullSizeRender

ターコイズカラーと白を、気泡が出ない様にゆっくり混ぜます。

FullSizeRender

まだらなほうが奥行きが出るので、しっかり混ぜなくてOK
ベースコートを薄く塗り(硬化はしません)、ミックスした白とターコイズを、混ぜた筆で薄めにチョンチョンと付けます↓

FullSizeRender

仮硬化(私のライトでは10秒ぐらい)。

トレイに出しておいた黒色のジェルネイルで、今度は細いブラシで白の上に細いラインを描いていきます↓

FullSizeRender

真っ直ぐな線でなく、ガタガタのラインのほうが、ターコイズの柄っぽく見えます
また、短い線より長めの線のほうが、上手く見えます。

アルコールを含ませた綺麗な筆で、黒い線をぼかしていき↓

FullSizeRender

仮硬化。
また細筆で黒いラインを描いて、濃い色と薄い黒色の強弱を付けて奥行きを見せながら、またアルコールを含ませた筆でぼやかしていくの繰り返しをし、仮硬化。

FullSizeRender

バランスを見ながら、自分の納得いく柄になったら、通常に硬化。

FullSizeRender

ネイルパーツをつけたい場合は、乗せたい所にベースコートジェルを薄く塗り(糊代わり)、パーツを置いて仮硬化すれば、パーツが硬化時に動いてしまう事を防ぐ事ができます
しっかりトップコートを塗って、通常硬化し、未硬化ジェルネイルをアルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がり↓

FullSizeRender

ターコイズのネイルパーツは、セリアで購入したものです。

FullSizeRender

アリゾナは、夏が10カ月ぐらい長いので、ほぼいつでもできますが、日本では今の夏の時期しかできないので、是非やってみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓




先日、ULTA(コスメストア)のPrestage brandにも使用可能の20%オフクーポン、ご利用になりましたか?私は、早速ショッピングしました。(ULTAでオンラインショッピングをするときは、会計時にサンプルを希望する項目があるので、Skin careかPerfume、Varietyをチェックす ... 続きを読む
先日、ULTA(コスメストア)のPrestage brandにも使用可能の20%オフクーポン、ご利用になりましたか?
私は、早速ショッピングしました。
(ULTAでオンラインショッピングをするときは、会計時にサンプルを希望する項目があるので、Skin careかPerfume、Varietyをチェックする事を忘れずに チェックしないと、勝手に"None"の状態になってしまうので、何も貰えません)

FullSizeRender

Cliniqueのクリームと、Benefitのマスカラは、この前ブログに書いた無料のクーポンです(
クリニークのクリームは、予想以上に小さかったのがショック...
TartePoreless Primerは、以前ブログにも書きました()が、毛穴を見えなくしてくれるプライマーで、テカリも抑えてくれ、美肌効果もありなので、もう手放せません まだなくなりませんが、20%オフだったので、買っておきました。

そして、今回のショッピングは、こちらの商品を買うためです↓

FullSizeRender

マカロン
コスメのストアで、マカロン

FullSizeRender

実はこれ、食べるマカロンではなく、セルフネイル用ジェルネイルのLEDランプです
USBで繋げられる様になっているので、日本に旅行に行くときに小さく運べるので便利かなと思い、購入しました。

FullSizeRender

そして箱の中には、LEDランプのほかに、

・USBケーブル
・ジェルポリッシュ
・キューティクルスティック
・ミニネイルファイル
・ネイルリムーバーパッド

が入ってます↓

FullSizeRender

こちらのランプは、携帯用なので1本1本の指用です。
こんな感じ↓

FullSizeRender

マグネットですぐ取れるので...↓

FullSizeRender

逆側につけると、足用にも使う事ができるんです↓

FullSizeRender

私が購入したセットは、Rose Cremeというソフト&クリーミーパステルピンク↓

FullSizeRender

マカロンと同じ色で、可愛い
しかも、ポリッシュのブラシも色の濃さも、塗りやすかったです

ネイルリムーバーパッドは、10枚入り(1回分)。

FullSizeRender

こんな感じで、付けるんだそうです↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすれば、Remover kitのオンラインサイトに飛びます。

ただ、私が購入したLEDランプは指1本用の携帯用なので、もしこれからご購入をお考えの方は、こちらの大きめLEDランプが良いかと思います↓

IMG_2412

デラックスセット。$59.99↑
ただ、こちらの大きめのランプ↑は、色が選べないのが、ちょっと残念です...
でも、こちらもマカロンの形で、可愛い

携帯用のランプは、ULTAのオンラインでは、全6種類で$35


IMG_2434
私が購入したピンクは、一番下のピンクです↑

Le Mini Macaronのオフィシャルサイトですと、上の6種類のほかプラス6種類の12種類

IMG_2435

ジェルポリッシュの色、LEDランプの色、ファイルの色が同じ色になっているので、私はかなり迷いました
ミントカラーも可愛いですが、私はULTAの20%オフを使いたかった(+ポイントも貯めている)ので、オフシャルオンラインからは、購入しませんでした。
ULTAは残念ながらインターナショナル発送はしていませんが、Le Mini Macaronは、日本発送しているので、日本にお住まいの方々も是非どうぞ
Shipping feeは、日本の場合$75ショッピングをすれば無料になりますが、$75以下は送料は$10〜$15だそうです。
(アメリカの場合は$50以上で送料無料、$50以下は$7)
メール登録をすると、10%オフコードが送られてくるそうなので、ショッピング前に是非割引コードをゲットしてください。

可愛いマカロン型ジェルネイルLEDランプ、オススメです


Le Mini Macaronのオフィシャルウェブサイトは、こちらから
携帯用。デラックスセット

ULTAのLe Mini Macaronのオンラインは、こちらから。
携帯用。デラックスセット




LINEで読者登録ができます↓






アメリカのネイルサロンは、日本のネイルサロンの様に、凝ったデザインやネイルパーツ等をしてくれません。(日本人がいるネイルサロンは、別です)日本は100均で可愛いネイルパーツも売ってるし、安くてクオリティー高いこちらのネイルパーツは、セリアで購入↑こんなオシャレ ... 続きを読む
アメリカのネイルサロンは、日本のネイルサロンの様に、凝ったデザインやネイルパーツ等をしてくれません。
(日本人がいるネイルサロンは、別です)
日本は100均で可愛いネイルパーツも売ってるし、安くてクオリティー高い

FullSizeRender

こちらのネイルパーツは、セリアで購入↑
こんなオシャレなパーツアメリカのサロンにはないです
あるのは、キラキラストーンぐらい… 
もう少し、頑張ってほしいな、アメリカのネイルサロン…


サロン用語ですが、爪を整えキューティクルを綺麗にしてもらいマッサージを受け、好きなPolish(=日本語で言うマニキュア)を塗ってもらう事をManicure と言い、足のマニキュアをしてもらう事を英語でPedicure(Pediで通じます)と言います。
アメリカでは、まだpolish(マニキュア)をする人が多いです。
また、ひと昔日本で流行ったスカルプチュアですが、アメリカのネイルサロンはそこまで技術がないので、簡単なchip overlay(自爪の先端にハーフチップをつけて長さをだし、上からジェルやアクリルでオーバーレイ((覆い))する方法)をする人が沢山いたり… 
日本のネイルサロンのほうが、アメリカより遥かに進んでいると思います。
なので、お金をかけてアメリカのネイルサロンに行くんだったら、自分でセルフネイルをしたほうが良いって思い、セルフネイルをやり始めたのがきっかけです。

FullSizeRender

アメリカのネイルサロンはベトナム人が多いので、英語も通じない所が多いので、デザインを伝えにくいってゆう難点もあり…

ジェルネイルには、ハードジェルとソフトジェルがあり、アメリカでジェルネイルの事を、”Gel polish“と言います。
日本のネイルサロンはハードジェルが多いと思いますが、アメリカのネイルサロンは、この様なボトルタイプのソフトジェル(soak off gel polish)が普通です↓

FullSizeRender

ここ最近、日本のネイルサロンにも、カルジェルやバイオジェルという、ソフトジェルメーカーのチョイスもあるそうで。でもソフトジェルでも、ボトルタイプでなくてクリームタイプのパッケージの様な気がします。
ハードジェルは厚みと強度があり、ツヤが出るし、長持ちするので、日本では人気ですね。あの“ぷっくり感”が可愛いし
ただ、ハードジェルを落とすときは、上部を削らなければいけないし、自爪まで削ってしまう恐れもあり、自爪が薄くなってしまうデメリットがあります。

ソフトジェルのメリット・デメリットですが、

メリット :
  • 薄付きなので、自然なつけ心地
  • つけ心地が軽い
  • 柔軟性があるので爪にフィット
  • 色を混ぜて多くの色を作れる

デメリット
  • ハードジェルより持ちが悪い
  • 液体がサラサラし過ぎてる
  • 長時間水の中にいると、ジェルが浮きやすい
  • 摩擦で剥がれてしまう事もある

ですが、アメリカのソークオフジェルは、マニキュアの様に筆が付いているので、素人でもとっても扱いやすいんです↓

FullSizeRender

私がよく買うソフトジェルは、全てボトルタイプ。
そして、以前購入した100均セリアのジェルネイルも、ボトルタイプの筆付きのものなので、セルフネイルをスタートするには持ってこいなんですよ

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすれば、セリアのジェルネイルの記事に飛びます。

さて、前置きが長くなりましたが、基本のセルフネイルでジェルネイルオフの仕方。
先程も書いた様に、ソフトジェルはジェル上部を削らなくてもオフする事ができるので、アセトンとアルミホイルとコットンがあれば、簡単に取り除く事ができます。
ジェルネイルは、通常のリムーバーではなく、こちらのアセトンで落とす事ができます↓

FullSizeRender

ファーマシーやスーパーで何処でも購入する事ができます。
(今回は足の爪のオフなので、足の写真で失礼します)
小さく切ったコットンにアセトンをしっかり付けて、爪の上に置き…↓

FullSizeRender

指が巻けるぐらいに切ったアルミホイルを巻いて、10分〜15分放置します。

FullSizeRender

時間が経ったら、アルミホイルをはがします。
コットンにアセトンを含ませ、ソークしておいただけで、ふやけて剥がれ落ち始めます↓

FullSizeRender

これがソフトジェルの良い所です。
ガリガリ擦らずにオフができるので、ハードより断然爪を傷めません。
その後、ウッドスティック等を使って、取りきれなかったジェルを取り除きます↓

FullSizeRender

ウッドスティックは、ULTAで$2(10本入り)ぐらいで売ってます。
ピンクのメタルプッシャーは、セリアで以前購入したものです↓

FullSizeRender

殆ど力を入れずに、取り除く事ができます。

FullSizeRender

取り除いた後は、メタルプッシャーで甘皮を押し、ニッパーを使って、キューティクルをカット。
こちらが、ニッパーです↓

FullSizeRender

日本だったら、100均やLOFTで売ってるかな?
私は、TJ MAXX(ディスカウントストア)で$4ぐらいで購入しました。
バッファーで爪を削って、コットンにアルコールスプレーを含ませ、ネイル上のオイルを拭き取り終了。
私はこの前、TJ MAXXでジェルネイル用のアルコールスプレー(99% isopropyl alcohol)を購入しました↓

FullSizeRender

ラッキーな事に、クリアランスセールで$1でゲット‼︎

FullSizeRender

ポンプ式で、コットンを上部に置いて、押せばアルコールが出てくるし、回せばロックする事もできるので、便利です↓

FullSizeRender

こちらがない場合は、普通のアルコールスプレーでもOK。

“万能アルコールスプレー”の過去記事は、こちらから

この後、プライマーを塗って、新しいジェルネイルをする場合はベースコートに進みますが、プライマーは刺激が強く爪に良くないので、私は使用してません。
(2週間毎に新しいネイルを交換するので、長く持つ必要もないので)

皆さんも、この機会にセルフネイルを始めてみませんか?


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



LINEで読者登録ができます↓



前回の斜めフレンチネイル、今まで以上に良い出来栄えで、「そのネイル、可愛い」と、色々な人に褒められました”不器用な人でもできる、斜めフレンチネイル”の過去記事は、上の写真をクリックすれば、そのときの記事に飛びます。アメリカ人って、「I like your nails」とか ... 続きを読む
前回の斜めフレンチネイル、今まで以上に良い出来栄えで、「そのネイル、可愛い」と、色々な人に褒められました

FullSizeRender


”不器用な人でもできる、斜めフレンチネイル”の過去記事は、上の写真をクリックすれば、そのときの記事に飛びます。

アメリカ人って、「I like your nails」とか「I like your outfit」とか、知らない人でも話しかけてくれるのが嬉しいです。私は1日1度は、誰かしらに話しかけられます。
この前グロッサリーでショッピングをしていたら、どちらかのおばちゃまに、「その帽子、可愛いわね、そうゆう帽子探しているのよ、どこで買ったも?と言われたので、「Free People(ヤング向けの洋服屋さん)で買ったの。〇〇のモールにあるよ」と教えてあげました。
Free People(日本にもshippingしているそうです)へ行って、あのおばちゃま驚かなければいいけど...。アメリカにしては少しお高めな値段 そして、たまにヒッピーな服や、ヘソや背中丸出しの服が売っているので...笑。

前置きが長くなりましたが
今回のネイルは、こんな感じ↓

FullSizeRender

日本のネイルパーツを、親が送ってくれたので、それを使おうと思いましたが、それはまた次回に

今回は、パンチ穴補強シール?英語では、Loose leaf paper stickerを使いました↓

FullSizeRender

Dollar Tree(アメリカの100均)で買おうとしたら、売ってませんでした これだからアメリカの100均使えない
でも、Target(大型量販店)で89セントで
売ってました

今回使った用品は、こんな感じです↓

FullSizeRender

甘皮などのプリパレーションをした後、ステッカーをハサミで半分に切って...

FullSizeRender

爪の上に貼ります。
フレンチネイルの大きさは、好きな場所の所に決めてください。

FullSizeRender

でも、親指の爪は大きいので、補強ステッカーじゃ小さいんです...
で、私が使ったのは、マスキングテープと1円玉

FullSizeRender

もしくは、ニッケル(5セント)コインの大きさが1円玉に近い大きさです。

それを、太めのマスキングテープに貼り付けて↓

FullSizeRender

1円玉半分以上が収まる太さのマステだったら、OK

1円玉の型に合わせて、ハサミで切ります↓

FullSizeRender

切り終わったら、マスキングテープを剥がして、親指の爪に貼り付けます。

FullSizeRender

前回のブログでは、ジェルネイルの場合は2度塗りぐらいしてから、マスキングテープを剥がすと書きましたが、もしテープの下にジェルネイルがハミ出してしまった場合、硬化後は簡単にジェルネイルを落とす事ができません。
修正できないのはかなりショックなので、今回は1度塗りをした後、ステッカーを剥がし、ハミ出た場所を修正し、その後UVライトで硬化しました。

FullSizeRender

テープを剥がしてからは、ジェルネイルがラインからハミ出ない様に、塗っては硬化の繰り返し。
(修正のやり方は、後で説明します)

仕上げにラメラインを。
こちらの RED CARPETというブランドは、ULTAで購入↓

FullSizeRender

Cinder-Ellaという名前の、シルバーグリッターのジェルネイルです。
(ULTAオンライン
本当は、日本の様なんクリーム状のthickなラメラインのジェルネイルが欲しかったんですが、ULTAにもSally's(ビューティーケアのストア。ネイル商品が沢山売られています)にも売られていなくて...
なので、少々液体が多め↓

FullSizeRender

でも、ポリッシュボトルにしてはラメが多めなので、ラメラインが描けるぐらいタップリです

FullSizeRender

こんな風に、ジェルポリッシュを多く爪の上に置いてしまった場合↓

FullSizeRender

もしくは、フレンチネイルがマスキングテープからハミ出てしまった場合(硬化前)は、アルコールスプレーと綺麗なブラシを使って、多く置いてしまったジェルネイルポリッシュを拭き取ったり、ラインを整えたり、する事ができます↓

FullSizeRender

”万能アルコールスプレー”の過去ブログは、こちらから

アルコールスプレーは少量でOKなので、私は古くなったコンタクトレンズケース↑や、アイボンのカップを使ってます。

薬指には、こちらのハートのネイルパーツを↓

FullSizeRender

パールのハートで、ダイソーで売っていたものなので、100円

FullSizeRender

薬指だけ、こんな風に仕上げました

FullSizeRender

トップコートを仕上げに塗り硬化し、未硬化ジェルネイルを、アルコール液を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がり↓

FullSizeRender

私はど素人なので、プロから見たら全然な出来上がりでしょうけど、大満足
フットネイルも、同じ色でやりました

FullSizeRender

フットネイルはこの前ブログでポストした、斜めフレンチネイル&ラインテープ使用(→
フットネイルだけで2時間弱かかり、腰の骨がピキっとなって、何度も攣りそうになりました
フットネイルのセルフは、限界がありますね…

ジェルネイルの良い所は、硬化する前だったら、何度でも修正できる所
普通のネイルポリッシュ(マニキュア)よりも、簡単な様な気がします。
尚、今回のやり方は、普通のネイルポリッシュでもできますよ

アリゾナのネイルサロンって、日本の様に凝ったネイルをやってくれないので、期待できません...
だから、セルフネイルで充分
あ〜、日本のネイルサロンが恋しい


”便利商品”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓


昨日、セルフネイルをしましたセルフでフレンチネイルって、難しいって思われがちですが、マスキングテープを使えば、超簡単マスキングテープは、100均でも売ってるし日本で大人気の、マスキングテープ。実はアメリカでも大人気なんですアメリカでは、Washi Tapeという名前で ... 続きを読む
昨日、セルフネイルをしました

FullSizeRender

セルフでフレンチネイルって、難しいって思われがちですが、マスキングテープを使えば、超簡単
マスキングテープは、100均でも売ってるし

日本で大人気の、マスキングテープ。
実はアメリカでも大人気なんです

FullSizeRender

アメリカでは、Washi Tapeという名前で売られてます。
日本のものがこうやってアメリカで売られてるのは、本当に嬉しいです。
Washi Tapeのほかにも、Maccha、Okra(オクラですがKとRの間には“U”が入らないのが、アメリカっぽい)、Daikon、Tofuなどなど、そのままの名前で使われてるものが沢山。
携帯電話の“Emoji”(絵文字)も
(発音は“イモジ”ですけどね)

Joann(クラフトストア)には、こんな大理石柄のマスキングテープも↓

FullSizeRender

8ロール入って、$15。
Joannのウェブサイトには、クーポンが載っているので(週によって40%、50%、60% オフの時があります)、$15からディスカウントになるけど、こんな8ロールもいらないのに… 
と思ったら、奥に少なめのマスキングテープ発見‼️

FullSizeRender

こちらは、細いマスキングテープ↓

FullSizeRender
日本だったら、100円で売られてるのに…
と思ったら、キャッシャー前のクリアランスセールコーナーで、マスキングテープ発見

FullSizeRender

クリアランスコーナーは、立ち寄ってみるもんですね。
で、購入したのは、こちら↓

FullSizeRender

8ロールで$3.97
これなら、100均よりお得感。

FullSizeRender

しかも、柄が可愛い

そのマスキングテープを使って、セルフネイル。
家にあるUVランプは、ジュエリー作りで以前使っていたものです。
初めてジェルネイルをやってみたのは、セリアでジェルネイルを購入してから。

FullSizeRender

セリアのジェルネイルの記事は、上の写真↑をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

ジェルネイルを使ってみたら、普通のポリッシュ(マニキュア)に比べて塗りやすいし、長く持つし、硬化前だったら何度も修正できるので、普通のポリッシュより綺麗に塗れる事がわかりました。

まずは、セリアのジェルネイルのベースコートを塗って硬化。
それからマスキングテープを爪に斜めに貼って↓

FullSizeRender

この時、爪と指の肉の間が浮いてしまうので、間が開かない様にマスキングテープを爪に密着させる事がポイントです。
でないと、ジェルネイルがテープの下に染み込んでしまいます。
また、セロハンテープでもできますが、テープ部分が爪から浮いてしまうので、柔らかいマスキングテープのほうが、上手くいきます。

FullSizeRender

2度塗りして、テープを剥がします。
その後は、線からはみ出ない様に何度も塗っては硬化の繰り返し。

FullSizeRender

てか、白いジェルネイルって、本当塗るのが難しい… 
1回1回薄〜く塗っていくのが上手く塗るコツなんですけど、やっぱり難しい

こんな感じで、はみ出してしまっても全然大丈夫

FullSizeRender

濃い色のマスキングテープを使えば、硬化した後テープを外しても、テープ下のはみ出たは硬化されてないので、綺麗なブラシにアルコール液をつけて消す事ができます。

“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから

ただ、白や薄い色のマスキングテープを使うと、ジェルが固まってしまい、修正不可能。
でも大丈夫
そんなときはラメのネイルではみ出た所をラインを描いたり、ラインストーンを置いたりすればOK

FullSizeRender

最後にトップコートを仕上げに塗り硬化し、未硬化ジェルネイルを、アルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、斜めフレンチネイルの完成

または、ネイルラインテープを使う

FullSizeRender

こちらの商品↑は、セリアで購入した1mm幅のシルバーカラーのテープ。
長さ10mも‼️
やっぱり100均、凄いです。

そのネイルラインテープを使って、後日ブルーのフレンチネイルに変更↓

FullSizeRender

ラインテープの両端は、剥がれやすいので、短めに切るといいですよ〜。
ジェルネイルのトップコートを塗って、未硬化ジェルを拭き取って、終了

ちなみに、普通のマニキュアでもできますが、その場合はマスキングテープを剥がすとき、マニキュアが完全に乾いてから外してください。

夏っぽいカラーで、気に入ってます

FullSizeRender

マスキングテープとラインテープを使って、ぶきっちょさんでもできる、斜めフレンチネイル。
簡単なので、オススメです



先日のブログのアンケートに参加してくださった方々、ご協力ありがとうございます
引き続きアンケートを行っていますので、お時間がある方でまだの方、是非ご協力をお願いいたします。
これからのブログ記事の参考にさせていただきます。
(こちらからどうぞ


「便利商品」のカテゴリーは、こちらからどうぞ


LINEで読者登録ができます↓




日本滞在中に、Seriaで購入したジェルネイルのベース&トップコート↓ネットで話題になっていたので、私も購入してみました。ついに、100均でもジェルネイルを販売する様になったんですねSeriaでは、ホワイト・レッド・ピンク・ライトピンク・ベージュの5色展開で売って ... 続きを読む
日本滞在中に、Seriaで購入したジェルネイルのベース&トップコート↓

FullSizeRender

ネットで話題になっていたので、私も購入してみました。
ついに、100均でもジェルネイルを販売する様になったんですね

Seriaでは、ホワイト・レッド・ピンク・ライトピンク・ベージュの5色展開で売っているそうですが、私の地元のSeriaには、ベース&トップコートしか売っていませんでした。
お店の人にも聞いてみたんですが、「まだ入荷してません」と言われてしまいました
残念...

という事で、アメリカに帰ってから、Sally'sという美容専門店(ネイル商品が沢山売っている)へ行って、ジェルポリッシュを購入しました↓

FullSizeRender

$10ぐらいの安いものです。

セリアで購入したベース&トップコートには、”LEDライト対応”と書いてありましたが、私が持っているUVライトでも硬化してくれました。

FullSizeRender

こちらのUVライトは、ジュエリー作りでUVレジンを使用するために購入した、$30ぐらいの安いものです。
私は、ネイルのことは全く初心者で、甘皮ケアも自己流でやったので、ど素人。
そして、手の爪に濃い色のネイルをするのはあまり好きではないので、目立たないヌードカラーを選びました。

FullSizeRender

Seriaのベース&トップコートは、サラサラしてて、とても塗りやすかったです。

ブラシはフラットな感じ↓

FullSizeRender

ただ、トップコートを塗って硬化した後は、少しベタつくのでアセトンが入っていない除光液で拭き取ったほうが良いとネットに書いてありました。
私は、いつも使っているアルコール液で拭き取りました(”万能アルコールスプレー”のブログは、こちらから)。

ただ今、塗って1週間程経ちますが、ストーンも取れず、ネイルも剥げてません
セルフジェルネイルで十分綺麗に塗れるので、オススメ

次回、日本に一時帰国した際は、もっと色が展開している事を祈ってます


LINEで読者登録ができます↓