Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:ケトル

私は、1人でティータイムをする事が大好きで...好きな紅茶を入れたり、スタバTAZOのチャイティー(★)を入れたり...日中40℃以上なアリゾナでも、やっぱりホットの紅茶を飲みたくなります。マカロンは大好物なので、SproutsやTrader Joe's(健康派スーパー)の冷凍マカロ ... 続きを読む
私は、1人でティータイムをする事が大好きで...
好きな紅茶を入れたり、スタバTAZOのチャイティー()を入れたり...
日中40℃以上なアリゾナでも、やっぱりホットの紅茶を飲みたくなります。

FullSizeRender

マカロンは大好物なので、SproutsやTrader Joe's(健康派スーパー)の冷凍マカロンは必ず冷凍庫に入っています。

FullSizeRender

トレジョのマカロンの事を書いたブログは、こちらから

ホットの紅茶を頂くときは、お湯を沸かすのは、こちらのケトル↓

image

我が家の買って良かった電化製品ベスト5()に入るぐらい、大活躍のガラス製ケトル。
プラスチック部分は中国製、ガラスはドイツ製です。
最初に買ったケトルは壊れたので、同じものと返品交換をしてもらいました(そのときのブログは、こちらから)。
このガラスケトルは、使うお湯によって温度を選べるという機能も なく、空焚き防止機能もなく、ただ水を温めるだけ。
ガラス製なので、お湯が入っているか入っていないかは一目瞭然なので、空焚きする事はないんじゃないかなと思いました。
ただ、ガラス製なので、お湯が沸いた後ガラス部分を触ると、熱いです
ビジュアル重視でガラスケトルをチョイスしたんですが、これが大正解でした
というのは、プラスチックケトルは、やはりプラスチックが溶けていく事があるそうで、 今問題になっているそうです。

アメリカで売られているプラスチック商品は、BPA Free(Bisphenol A: ビスフェノールA=化学物質)と書いてあります。
私のブログでは、何度かビスフェノールAの事を書いてあるので、読者さんはもうご存知の方々が多いと思います。
アメリカでは2010年1月より、FDA(米国の政府機関で、アメリカ食品薬局=日本の厚生労働省のような機関)でビスフェノールAを含む製品を控える様にと、警告が発表されています。
ちなみに、カナダではBPAを製品に使う事は、禁止されています。

とは言っても、新しいケトルやコーヒーマシーンをを買った場合、新品の匂いが消えないなんて事、ありますよね...
私のガラス製ケトルは、プラスチック製ではないのに、新しい製品の匂いが消えなくて
使い続ければそのうち消えますが、その使い続けている間の水の味が美味しくない。
そんな時は...
(ケトルの場合)購入直後は、何度かお湯を沸かしては捨て、また水を入れ、クエン酸や重曹、ベーキングパウダー等を入れてよくかき回します。
ケトルの蓋を閉め沸騰させ、数時間放置するだけ。
そして中のお湯を捨て、水で何度かすすぎをします。
気になる方は、再度水を沸騰、廃棄を数回繰り返してください。
これをすれば、新しい製品の匂いは消えると思います。

ステンレス製のケトルは、金属でできているので、プラスチック等熱可塑性樹脂があまり含まれておらず、熱を受けても溶けだしにくいために臭うことがないそうです。
ただ、ステンレス製は使用するにつれて、中にサビができたりするので、使用後は蓋を開けっ放しにして乾燥させる事が必要です。
ガラス製のものも、熱を発する所がステンレスなので、こちらも使用後は乾燥させる事を忘れずに

基本的に、熱を加える事は比較的良くないプラスチック。
歳をとると、体に良いものを摂取したいと思う様になりました。
もしケトルをご購入を考えている場合、ガラス製のものやステンレス製のものをお勧めします。
海外、またはアメリカ在住の方々は、プラスチックはBPA Freeのものをお選びください。


私が購入した、Bed Bath and BeyondのCapressoは、こちらから



LINEで読者登録ができます↓

我が家のキッチン↓ その一角にある、お気に入りのカフェコーナー ↓ 以前、誕生日に買ってもらったデロンギのエスプレッソマシーン(★)は壊れ、購入したBed Bath and Beyondで返品し、その代わりに追加料 ... 続きを読む
我が家のキッチン↓



その一角にある、お気に入りのカフェコーナー

0007b2b5.jpg

以前、誕生日に買ってもらったデロンギのエスプレッソマシーン()は壊れ、購入したBed Bath and Beyondで返品し、その代わりに追加料金を払って、アップグレードしてもらいました
(そのブログは、こちらから
そのエスプレッソマシーンの隣に置いてあるものは、capressoというガラスのケトルです。


引っ越す前の2月に、同じくBed Bath and Beyondで購入しました。
ビジュアル重視で購入したので、ただ温める事が出来るだけのケトルです。
定価は$60ぐらいで、$15オフのクーポンを使いました。
(Bed Bath and Beyondで買い物するときは、定価で買うのは勿体ないので、emailとモバイル購読登録する事をオススメします)

そのケトルを毎晩ハーブティーを飲む時に使うんですが、温め終わったらスイッチが元に戻るんですが、それと同時にランプが付く部分のプラスチックがいきなり飛びました‼︎


このプラスチックの部分が飛びました↓


ジャスティンが、
「レシートもちゃんと取っておいてあるし、Bed Bath & Beyondだったらすぐ新しいのに交換してくれるはずだよ」
と、書類ボックスの中から、説明書とレシートを探してくれました。
ジャスティンはかなりマメで、今まで買った電化製品等のレシートはちゃんと取っておいて管理してくれてます
値段の高いものは(テレビやキッチンアプライアンス等)、スキャンしてデータにしてくれてるんです。(レシートの文字が、消えてしまう事があるので)
かなりズボラな私なので、助かります

そして後日、壊れたケトルを持って、Bed Bath & Beyondへ。
違う店舗のべバスで購入しましたが、基本アメリカはどこの店舗に行っても、簡単に返品返金ができます
そしてべバスで買った商品は、だいたい1年の保障がついてるので、安心です。
(べバスで買ったBrevilleのお鍋&フライパンセット()、Globalのナイフセット()はlife time warranty(生涯保障)なので、これから先壊れたとしても、べバスに持っていけば5年後でもすぐに新しい物に交換してくれるそうです→お店の人に確認済み )

店員さん、レシートの商品番号だけ確認して、
「OK, 返品交換をするなら新しいものを店頭から取ってきてね。返金したいなら返金でもいいわよ」
と言われたので、新しいケトルをキャッシャーに持ってきました。
なんの書類も書く事なく、レジも通さず返品作業は全くなしで、無事新しいケトルゲット


返品交換する毎に思いますが、この太っ腹なアメリカの対応に驚きます
きっと日本だったら、店頭に持って行って、カウンターで書類に連絡先を記入し、壊れたものを業者に送って、返答がくるまで数日、業者で修理してくれるのに1、2週間かかりますよね…
そしてアメリカではオンラインで買って、異なったものが到着した場合は、カスタマーセンターに連絡して、「異なって届いた商品は送り返さなくて良いです」とか言われる事もあるし、本当アバウト

でもこの大雑把なアメリカの対応、大好きです。

このケトル、また大切に使います


LINEで読者登録ができます↓