Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:アメリカで家購入

先日購入した、アクセントウォール用のタイル↓”アクセントウォールのタイルのショッピング”のブログは、上の写真↑をクリックすれば、そのときのブログに飛びます。アメリカの家では、一部壁の色を変えてアクセントを付けたり、DIYで自分たちでペイントしたりする人が多い ... 続きを読む
先日購入した、アクセントウォール用のタイル↓

FullSizeRender


”アクセントウォールのタイルのショッピング”のブログは、上の写真↑をクリックすれば、そのときのブログに飛びます。

アメリカの家では、一部壁の色を変えてアクセントを付けたり、DIYで自分たちでペイントしたりする人が多いです。
我が家は、新居に引っ越してからまだ1年ちょっとしか経っていませんが、以前から”壁にタイルを貼りたいね”と話し合っていたので、何組かの職人さんに見積もりをしてもらい、決めました。
自分たちでDIYをしても良かったんですが、今後家を売るときの事を考え、プロフェッショナルの職人にやってもらったほうが、見た目が違うだろうし、家の価値が下がったら嫌だし

以前、玄関ドアに”Please remove your shoes”のサインを貼ったんですが、こちらのサインが効果てきめんで

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすれば、そのときのブログ記事に飛びます。

このサインをドアに貼って以来、うちに来る職人達、家に入る前から靴を脱ぐ支度をしてくれ、家に入る際は100%靴を脱いでくれます。
今までの経験から、ここまで簡単に靴を脱いでくれた事はなかったです。
だったら、前からこの方法にしておけば良かった...
アメリカ在住の皆さん、ドアにイヤミな程大きくサインを貼れば、室内土足のアメリカ人も、脱いでくれますよ〜

で、本題のアクセントウォール。
職人さんは、ネイティブアメリカンのJさん。めちゃくちゃ良い人でした。
壁の周辺は、自分が持ってきたビニールを全体に敷いてくれ、もちろん靴も脱いでくれ、綺麗に作業をしてくれました。

FullSizeRender

まだ壁に貼っていない、床に置いてあるタイルの置き方まで几帳面↑

こんな風に、黙々とタイルを貼っていってくれました。

FullSizeRender

タイルを小さく切るときは(コンセント部分や1番下の部分)も、外で(電気ノコギリみたいな)機械で切ってくれたので、汚れも少なくて助かりました。
(外は暑いので、家の中に機械を持ってくるかななんて、思ってしまいました

1日目終了

FullSizeRender

初日はタイルを壁に貼った作業だったので、タイルとタイルの間にはまだグラウト(セメントみたいなもの)は埋め込まれていません↓

FullSizeRender

そして2日目、グラウトを埋め込む作業です↓

IMG_2701

私たちが選んだグラウトは、黒。

FullSizeRender

まだ掃除する前なので汚れたままですが、なかなか良い感じ
グラウトが乾く次の日に、Jさんが掃除しにきてくれると言ってくれたんですが、ジャスティンが「Magic Eraser(メラミンスポンジみたいなもの)もあるし、自分たちで掃除できるから大丈夫」とお断りし、2人で夜から掃除をしました。

FullSizeRender

まだグラウトが乾いていない様だったので、タイル上を乾拭きだけして終わり。

3日目。
グラウトを埋め込んだ作業をしたときに、黒いグラウトが天井についてしまっていたので、ジャスティンが天井の色のペイントをガラージから持ってきて、塗り直す作業をしました。
ペイント関係は、以前職人さんが置いていってくれたもので対応しました。

IMG_2759

そして終了

FullSizeRender

やっぱりプロにお願いして良かった
想像以上に、素敵なタイル柄でした。

FullSizeRender

柄物って、勇気がいりましたけど、なかなか良い感じ

次は家具を元通りにし、絵もまた壁に飾り直さなければいけません。
今回はタイル上なので、絶対に釘は打てません

FullSizeRender

こちらのPradaの絵は、初めて出会った日のアニバーサリーギフトとして、去年購入したものです。
(そのときのブログは、こちらから
結構大きめな絵で、重量も重めなので、こちらの出番です↓

FullSizeRender

3MのCommandのハンギングテープ。
壁に穴を開けたくない人には、これはやっぱり便利
粘着力も強いので、剥がれたなんて事は、今まで1度もありません。
ポスターを貼る軽量のためのハンギングテープから重い用のタイプまで幅広くあるので、賃貸アパートマンションで使用するには持ってこいのテープです。
以前のCommandで使ったのは、簡単なマジックテープに両面テープが貼ってあるタイプでしたが()、今回の絵は大きめ&重めなので、金属の金具の裏にテープを貼るタイプのものにしました。
重い額など、重さに耐えられるハンギングテープです。

FullSizeRender

額縁の裏に針金が付いてる絵に、使う事ができます。

絵の後ろに付いている針金が微妙にたるんでいるので、どの辺に金具を貼り付けていいのかわからなくて、難しかった...

FullSizeRender

まず1つ目の金具、針金に引っかかるであろう所を計算して、貼ります。

FullSizeRender

そして、もう一つの金具も同じ高さに貼り付けるので、Horizon Vertical measureを使って、レーザー光線で測ります↓

FullSizeRender

Horizon Vertical measureの事を書いたブログは、こちらから

レーザー光線の場所と同じ高さの所に、もう一つの金具を貼り...

FullSizeRender

30分程時間を置いてから、絵を飾りました。
針金が金具になかなか引っかかってくれなくて、2人で腕をプルプルさせながら

そして、じゃーーん

FullSizeRender

今までリビングとダイニングの壁は一緒で、同じスペースの様な感じでしたが、これで別々のスペース感になりました。
どうなるかドキドキしましたが、家にマッチして良かった〜

ちなみに、こちらがBefore↓

FullSizeRender

かなりプレーンなリビングでした。
素敵なアクセントウォールが出来上がって、またこの家が好きになりました

次は、マスターバスルームのプロジェクト(過去ブログ)をすると、ジャスティンは張り切ってます


LINEで読者登録ができます↓



先日、Costcoで購入したものを返品をしに行きました。「ストアクレジットかキャッシュ、どちらで返品したいですか?」と聞かれたので、ストアクレジット(Costco内で使えるキャッシュカード)でお願いし、そのクレジットで、前から欲しかったFixer Upper(リノベーションする ... 続きを読む
先日、Costcoで購入したものを返品をしに行きました。
「ストアクレジットかキャッシュ、どちらで返品したいですか?」と聞かれたので、ストアクレジット(Costco内で使えるキャッシュカード)でお願いし、そのクレジットで、前から欲しかったFixer Upper(リノベーションするテレビ番組)のジョアンナが出したレシピブックを購入しました↓

FullSizeRender

ダイニングテーブルやアイランドの上に置いておくだけで、オシャレでカッコいい
さすがジョアンナ
Costcoでは、$16.99でした。
ちなみに、Costcoでは返品するときはレシートがなくても受け付けてくれます。

”Costcoの返品•返金対応”のブログは、こちらから

Costcoのストアクレジットって、ガソリンにも使えるんですね
凄い便利


その後、HomeDepot(ホームセンター)へ。
リビングルームの壁に、アクセントウォールとしてタイルを貼ろうとジャスティンは考えているので、その物色です。
やっぱりマーブル柄がいいな…↓

FullSizeRender

こんなタイルも可愛いけど、勇気いる柄…↓

FullSizeRender

モノトーンカラーで可愛いんですけど、かなりチャレンジャー。
私、冒険できない小心者です

とりあえず、このガラスにスティック↓を購入。

FullSizeRender

そしてグラウト(セメント)も。

我が家のキッチンのバックスプラッシュ↓

FullSizeRender

デザインセンターで選んで、インストールしてもらいました。

FullSizeRender

デザインセンターでの過去ブログは、こちらから
HomeDepotで購入したガラスのスティックは、バックスプラッシュの端っこに貼るものです。
こんな感じで↓

FullSizeRender

余ったバックスプラッシュのタイルは、職人さんが置いていってくれました↓

FullSizeRender

クローゼットに置きっ放し?それとも忘れていったのか?
余ったものが新居に置きっ放しになっているなんて、日本じゃ有り得ないですよね… 
これ以外にも、壁のペンキ、うちで使われてる何種類かのグラウトも、パックで置いていってくれました。

デザインセンターにて、値段の高いバックスプラッシュをオーダーしてしまった私達にとっては(1sqftあたり$25。1sqft=約930㎠)、かなり有り難いバックスプラッシュの在庫です。
その余った在庫を、ホールウェイのドロップゾーンの壁に貼りたいと、ジャスティンがずっと言っていたんです↓

image

でも自分では貼れないので、ローカルで働いている人を探して、インストールしてもらう事にしました。

インストールの日、ホールウェイにはちゃんと布を引いてくれ、その職人はリビングにも行ったり来たりしたんですが、その際はちゃんと靴を脱いでくれたカウボーイでした。

FullSizeRender

彼のお父さんはエアフォースだった様で、沖縄にも小さい頃住んでいたそうです(日本語は喋れないですけどね)。
パズルの様に組み合わせ、出来上がり‼️

FullSizeRender

これ以外にも、リビングの窓の所に付いているカーテンロールが壊れてしまったので(カーテンが重いのに、カーテンロールが長いので、重さに耐えられなかった様です)、それもついでに直してもらい、合計で$360だったかな?
自分でインストールする手間が省けたので、ラッキー

次は、リビングルームのアクセントウォール↓

FullSizeRender

この何もない壁に、タイルを張り付ける予定です。また同じカウボーイ職人さんに頼む予定。
いつになる事やら


”新しいお家”のカテゴリーは、こちらから
”Interior & Decor”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓


初めまして。 リア友の柳本マリエちゃん(マリエちゃんのブログはこちらから★)の後を追って、 アメブロからライブドアブログに引っ ... 続きを読む

初めまして。
リア友の柳本マリエちゃん(マリエちゃんのブログはこちらから)の後を追って、 アメブロからライブドアブログに引っ越してきました、Rieと申します 。

マリエちゃんとは10年来のお友達で、今は懐かしいMyspaceでフレンチロック繋がりで知り合い、私が音楽ブログを始めたのも彼女のお陰で、私にとっては師匠の様な感じです
ライブドアブログは初心者で、ご不便をお掛けすると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。 


まずは自己紹介をさせてください。
2011年、アリゾナ在住ジャスティンと知り合い、2年間遠距離の後、2013年4月に彼がビジネストリップで東京に2週間滞在中に、日本で籍を入れました。
その後、アメリカのCR1という移民ビザを申請し、1年半後無事取得。
2014年11月に渡米し、現在に至ります。


ジャスティンは現在、システムエンジニアの仕事をしていて、勤続14年
今年の4月からは新しい部署(商品開発部)で働き始め、頑張っています。(何もしない私が言うなって感じですが…)
そのジャスティン、腕は肩から手首までタトゥーだらけ
スーパーマンオタクなので、体中D.C. Comicsです。

(この時の写真は、まだ左腕が終わってないです)

右腕は正義の味方、左腕は悪者のタトゥー。
脇腹には私達が結婚後彫った、スーパーマンが結婚した絵のタトゥーを入れました。
(その時のブログはこちらから→)
ちなみに、よくアメリカでされる質問は、タトゥーに費やした時間とお金‼︎ 
90時間と5000ドル以上‼︎ 
6年かけて仕上げたそうです…(私には理解不能ですが…)

こんなタトゥーだらけですが、両腕を隠すなく仕事に行ってます。
(さすがアメリカ)
そしてこんなギャングみたいな見た目ですが、とっても優しい人です 

渡米後は、彼がシングル時代に購入した家(5年前)に住んでいましたが、2017年3月に念願の新居を購入↓


内装は、2人でデザインセンターにて選び、お気に入りの家です。

デザインセンターのブログはこちらから→
デザインセンター①→
デザインセンター②→
デザインセンター③→

キッチン↓


ダイニング↓


そして先月の4月に、11時間ドライビングスクールに通い()、人生初めての運転免許取得しました()。
昔、カリフォルニアに2年間留学していたのに、当時免許を取得しなかった、かなりのツワモノ  
そして車の運転を練習するのに、移住後2年もかかった自分にビックリです  
免許取得後、1週間で車を購入()↓ 

                    
こんな感じで、ジャスティンと私は都会とは程遠いアリゾナの小さな町に暮らしています。

まだまだライブドアブログも主婦も新人ですが、これからMarriage life in Arizonaをよろしくお願いします

読者登録はこちらからどうぞ