Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:アメリカでウォシュレット購入

先日ポストしたブログ記事。 アメリカは先進国と言われていますが、トイレに関しては無関心...新しい家を購入時も、デザインセンターにはウォシュレットの様なお尻&ビデ洗浄なんてものはないので、家を購入後に買うしかありません。しかもアメリカのトイレまわりには、アウ ... 続きを読む
先日ポストしたブログ記事。



アメリカは先進国と言われていますが、トイレに関しては無関心...
新しい家を購入時も、デザインセンターにはウォシュレットの様なお尻&ビデ洗浄なんてものはないので、家を購入後に買うしかありません。

しかも
アメリカのトイレまわりには、アウトレット(コンセント)がないんです
日本じゃあり得ないですよね
なので、家の契約時にアップグレードして取り付けてもらいました↓

FullSizeRender

私たちの担当だったマネージャーさんには、「これは携帯をチャージするためなの?」と聞かれました。
トイレにアウトレットを取り付けるなんてアップグレード、この辺りではいないのでしょうか...

引越し後、すぐにウォシュレットを買ってくれる約束だったんですが、ずっと延びてしまい、2年半越しにやっと話が進みました。
まずは、Costcoのオンラインで探してみたら...
あまり良い性能のものを発見できず

FullSizeRender

リモコンが、なんだか古い感じがします
日本のひと昔前のウォシュレットです。

でもCostcoの良い所は、壊れた場合直接店頭で手続きができる事。
去年Costcoのオンラインで見つけた、こちらの水のタンク一体型のもの↓

FullSizeRender

聞いた事ないメーカーでしたが、値段が$999(+タックス)だったので、よしこれを買おうと思ったら、我が家のトイレに設置する場合、フロアのタイルを剥がさなければならないとわかり...
諦めました

「そしたら、やっぱりTOTOで購入するしかない」となり、ジャスティンがリサーチし、届きました

FullSizeRender

水のタンク一体型ではなく、シートタイプです。

FullSizeRender

ジャスティンがシートタイプで見た中で、1番性能が良かったものです。
新しいものは、結構薄型なんですよね。
シートとカバーの厚さは、12.2cmです

FullSizeRender

私たちが購入したウォシュレットは、”S550 Eモダン”というタイプで、品番はSW 3056#1。
TOTO USAのオンラインには、希望小売価格は$1680と書いてあったんですが...↓

FullSizeRender

こちらの商品は、Bed Bath and Beyond(アメリカ版ニトリ)でも扱っていて、Rakuten(キャッシュバックサイト。元Ebates)を通したブラウザーで購入したので、購入した日は5%キャッシュバックだったので、$50以上戻ってきます
5%でも、金額が高いとキャッシュバック額が大きくなりますね
ちなみに、Bed Bath and Beyondの、20%オフのクーポンは使う事ができません

早速、ジャスティンに取り付けてもらいました(取り付けてる風景は、YouTubeに載せています→)。

FullSizeRender

パワーコードは、シートの右側に付いているので、アウトレットも座った時右側に取り付けると

IMG_7649

こちらの商品の機能は...

■オートパワー洗浄→空気をフィルターで浄化。
■オートセンサー開閉。
■温水洗浄を5段階で水圧を調節可→お湯を沸かす瞬間式なので、連続使用でもお湯が冷たくならないで、節電にも効果的。
■洗浄の温度を5段階で調節可。
■空気を含ませた優しい温水で、ムーブ洗浄、またはマッサージ洗浄機能付き。
■やわらかおしり洗浄。
■ワイドビデ洗浄。
■暖房便座5段階調整。
■温風自動乾燥。
■ナイトライト。

加えて、こちらのウォシュレットが気に入ったのは、

■e water+という環境に優しい電解水のスプレーで、使用前と使用後にノズルをセルフクリーニング。
■プリミスト→使用前に、トイレットボウル全体にミストを吹きかけ、汚れの付着を防止。

という機能がついています。

他にも、シートカバーのオートセンサー開閉両方でdelayができ(開は25秒or90秒、閉は15秒、30秒、or 90秒)、
1番気に入ったのは、おしり洗浄ビデ洗浄が8時間以上使用されていない場合は、プリミストがボウルの周りに自動的にスプレーしてくれるので、長期の旅行中に便利です。
長い間使わないと、トイレットボウルって汚くなるんですよね...(”サボったリング”の事です)

リモコンは、ライトアップ式タッチパットで、押さなくても手が触れるだけで作動します。

FullSizeRender

このモダンのデザインが素敵
上から、

・停止ボタン
・おしり洗浄2種類
・ビデ2種類
・ドライヤー
・ノズルが前後に動く
・マッサージ洗浄(水圧が強くなったり弱くなったりする)
・ノズルをe water+でクリーニング
・水圧を調節(5段階 )
・ユーザー設定(2人まで)

裏側から、細かい設定ができます↓

FullSizeRender

リモコンの上の黒いボタンを押すと...↓

FullSizeRender

シートが上がったり下がったりするので、男性は手を使わないで用をたす事ができ、または掃除のときはシートを手で上げなくても大丈夫です

リモコンは、トイレットペーパーホルダーの上に付けました↓

FullSizeRender

マグネットで取り付けられるのも、良い所です。

ナイトライトは、使用前後のプリミスト時にライトが付きます↓

FullSizeRender

シート近くに付いているライトは、左から”電源”、”シートon/off”、”エナジーセーバー”↓

FullSizeRender

使ってまだ数日ですが、やっぱりTOTOのウォシュレットは凄い
使い心地も最高です。
今までは便器が冷たかったですが、便器が温かいのって良いですね
アリゾナも気温が下がってきたので(まだA/Cは使ってますが...)、便器が温かくてありがたいです。
日本の方々は、ウォシュレットなんて普通とお思いだと思いますが、アメリカはトイレに関しては”昭和”です。
在米の皆様、もしウォシュレットをお考えでしたら、こちらのTOTOの商品はオススメです

ウォシュレットのレビュー動画は、既にYouTubeにポストしているので、是非ご覧ください

 

Amazon USAのオンラインは、こちらからどうぞ→
Bed Bath and Beyondのオンラインは、こちらからどうぞ→

YouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓


アメリカの医療は、かなり進んでいると言われています。例えば日本で新しい歯を作る場合、粉と水を合わせて石膏みたいなもので歯型を取って、5分ぐらい固まるまで待って、その後新しい歯ができるまで1週間弱かかると思います。でも、アメリカで新しい歯”クラウン”を作る ... 続きを読む
アメリカの医療は、かなり進んでいると言われています。

例えば日本で新しい歯を作る場合、粉と水を合わせて石膏みたいなもので歯型を取って、5分ぐらい固まるまで待って、その後新しい歯ができるまで1週間弱かかると思います。
でも、アメリカで新しい歯”クラウン”を作る場合、石膏の様なものは使わず、この様なスティックの様なもので上下の歯をスキャンをしてもらい↓

a501fdf3.jpg

3Dプリンターの様なクラウンを作る機械にデーターを送り、20分弱で新しいクラウンが出来上がります。

e59ae346.jpg

なので、アメリカで新しい歯を作る場合は、治療時間を入れても2時間ぐらいで済むんです。
詳しく書いた過去ブログは、こちらからどうぞ↓



できる事なら、歯医者にはお世話にはなりたくありませんが...

また、色々な所でドライブスルーがあったり...
こちらは我が家から近くのプラザモールの中に、ポツンと出現したドライブスルーのATM↓

IMG_6502

この敷地内には銀行がないんですが、ATMだけ何故か設置してくれて、助かります
最近のATMは、何ドル札で何枚ほしいかを選択できるので、特に日本に帰国する際等の大金を引き下ろしたいときは、本当に便利になりました。
いちいち窓口で$100札に両替してもらうのは、面倒ですからね。
(以前のATMは、大金を引き下ろしたとしても、全て$20札でした)

FullSizeRender

また、細かい$10札や$5札が欲しいときも、欲しいお札の指定がATM上でできるので、助かります。
アメリカでは、カーウォッシュなどのチップを渡すときなど、細かいお札のほうが使えます。

でも
こんなにハイテクな世の中なのに、いつまでも時代が止まっているものがアメリカにはあるんです。
私が思うベスト3を発表したいと思います

まず、第3位
ファストフードのドライブスルーのスピーカー

FullSizeRender

いつになっても音が悪いし、声が割れてるときもあるし、店員さんの声が聞き取りにくいときがあります。
たまにヒスパニックの人が店員の場合、アクセントが強くて、本当に何を言っているか分からないときがあります。
もう少し、スピーカーの質をよくしてほしいものです...

第2位
アイロン

FullSizeRender

日本ではコードレスが主流ですが、アメリカではコードありのものを使っているご家庭がほとんどだと思います。
前回日本に帰国したときに、Costcoでコードレスのアイロンを母が購入していたんですが(シャープだったかな)、アメリカのCostcoにもコードレスのアイロンが売っているかなと思って、チェックしたらやっぱりコード付き
(私が行ったCostcoには、3種類のアイロンが売っていました)
他の電化製品のお店に行って、コードレスのアイロンがあったとしても、1つしか売ってなかったりで選択ができないんです。
時代遅れですよね

たまたま行ったTarget(大型量販店)では、パナソニックのアイロンが売っていました↓

FullSizeRender

コンパクトだし、コードレスだし、これほしい
と思ったら、ジャスティンはこのコンパクトな大きさ(1つの服にアイロンする量が増える)、そしてこのパナソニックのコードレスアイロンは、通常のアイロンの様にアイロンをしている最中に立てる事ができない事に気に入らなくて...
(毎回チャージをしなければいけないので、置くのはケースのチャージャーの所です)
別に毎回アイロンを立てなくても、アイロンのチャージャーの中に置けるんだからいいじゃない?と私は思いましたが、ジャスティンはそれが不満だった様で...
コードレスアイロンについては、もう少しリサーチが必要です。

そして、第1位
トイレ

アメリカのトイレって、日本の昭和です。

{53AFDD19-09BF-4ABD-8A96-8CB0CCBE05FE}

日本だったら、公衆トイレでもウォシュレットが付いてたりしますよね
デパートのトイレだって、ウォシュレットだし、ソファーやパウダールームがあったりして綺麗
お家のトイレだって、ウォシュレットなんて普通。

なのに、アメリカ人はトイレはあまり気にしないのか、いまだにストアには普通のシートが並んでいます

IMG_7433

私たちが家を購入した2年前、デザインセンターでオーダーできたトイレの中には、もちろんウォシュレットはありませんでした。
なので、入居したらウォシュレットを買おうという話をしていたんです。
日本でウォシュレットを購入する場合、40万とか50万円かかりますよね。
確か、姉夫婦が家を購入するとき、1つのウォシュレットで50万円かかったと言っていました。


たまたまアメリカのCostcoで、去年オンラインで見つけたトイレが、$999でした(現在も販売中です)。
OVEという、水タンクが一体型になっているウォシュレット↓

IMG_7374
上の写真↑をクリックすると、Costco USAのオンラインに飛びます。

この約$1000のウォシュレットを、ジャスティンに説得するのも大変でした。
とにかくアメリカ人はトイレにはお金をかけない人が多いので、トイレに10万円近くも払うのが、考えられない様で...
とりあえず、TOTO USAのウォシュレットのオンラインの値段を見せて、 この$1000の値段が安いかという事を説得しました。

いざ、このCostcoで販売していたウォシュレットを購入しようとしたら、下の部分が現在設置してある我が家のトイレとサイズが違い...↓

FullSizeRender

サイズが違うとなると、トイレのタイルを削らなくてはいけなくなります...↓

FullSizeRender

同じタイルがまだ販売しているかどうかもわからないし、もしなかった場合はマスターバスルームのタイルを全て張り替えなくいけないので、Costcoの$1000のものは諦めました

他のウォシュレット関係でCostcoで販売しているものは、あまり性能が良くなさそうな$300〜$400ぐらいのシートタイプのものしか売ってなくて...
しかも、メーカーも聞いた事がない様な所でした。

去年、たまたま2人でNHK Worldを見ていたとき、TOTOウォシュレットについての特集をやっていたときがあって、TOTOがいかに優秀なウォシュレットなのかという事を放送していたんです。
水の出かた、細かさ、そして繊細さ、やっぱりTOTOのウォシュレットは違うんです

ジャスティンも「Cheapなものは買いたくないから、やっぱりTOTOにしよう」という事になって、昨日こちらをやっと購入しました↓

FullSizeRender

本当はタンク一体型のウォシュレットを購入したかったんですが、そのお値段が安いものでも$4000以上 購入したとしてもタイルを削らなければならなくなるので、仕方なく諦めました...
買ったものはシートタイプですが、色々な最新設備も付いている様なので、このウォシュレットで充分です
トイレにお金をかけないアメリカ人が多いですが、ジャスティンがこの値段のものを買ってくれた事に感謝
使用してみて、気に入ったらゲストバスルームにもウォシュレットを設置したいと(ジャスティンは)考えています。
ついに念願のウォシュレット、ゲットです


”ウォシュレット”という名前は、TOTOが販売する温水洗浄便座の商品名ですが、ブログ内では他社の名前も”ウォシュレット”と表現しています


毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→


登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓