Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

タグ:べっ甲ネイル

9月に入り、洋服屋さんは秋めいてきました。アリゾナは、まだまだ暑い日々が続いていますが、ネイルだけでもと思い、今回は秋ネイルにしてみました秋といえば、べっ甲ネイルべっ甲ネイルのやり方は、過去のブログでポストしましたが、ただべっ甲ネイルをやるだけではつまらな ... 続きを読む
9月に入り、洋服屋さんは秋めいてきました。
アリゾナは、まだまだ暑い日々が続いていますが、ネイルだけでもと思い、今回は秋ネイルにしてみました

FullSizeRender

秋といえば、べっ甲ネイル
べっ甲ネイルのやり方は、過去のブログでポストしましたが、ただべっ甲ネイルをやるだけではつまらないので、今回は濃い色のベースの上に、べっ甲のパーツを作る(置く)やりかたです。

写真の薬指が、べっ甲パーツです↓

FullSizeRender

べっ甲ネイルは透明のジェルネイルを混ぜて色を出すので、ベースのカラーが濃いとべっ甲がうまくできないんですよね

このべっ甲ネイルやべっ甲メタルパーツは、ぬり絵ができる人なら、誰でもできるやり方ですので、ご安心を

キャンドゥで購入したメタルパーツ(ゴールド。シルバーも販売してます)を、使用しました。

FullSizeRender

この前日本に帰国した際、まだキャンドゥで販売していました。
色々なメタルパーツがセットになっているので、色々な使い方ができます。

まずは、準備
爪はカーブしているので、平らなメタルパーツをネイルに置くときは、爪のカーブに合わせてパーツにもカーブをつけます。
(面倒臭いですが、カーブをつけておかないと、ネイルと密着しないので、パーツが取れやすくなってしまうので、この作業は大切です)

FullSizeRender

ウッドスティックやドットスティックなどの細めの棒でしたら、なんでもOK
無理にカーブさせようとして、強くメタルを棒に向かって押すと、メタルが割れてしまう可能性もあるので、力は入れ過ぎない様にしてください。

その他に準備するものは、ブラシ、アルコールスプレー(70% Isopropyl alcohol=”万能アルコールスプレー”→。日本の場合は”エタノール”、またはジェルネイルクリーナーというものが売られています)。









アルコール液を入れる小さな入れ物が必要ですが、ない場合はペットボトルの蓋が小さくてちょうど良いと思います。

そして、べっ甲ネイルで必要な色、黄色・オレンジ・茶色(ネイル工房)+黒(セリア)+ベース&トップコートを用意します。

FullSizeRender

色は、こんな感じです↓

FullSizeRender

セリアのジェルネイルで、”マスタード”と”ブラウン”が新発売されたらしいので、もしかしたらそれで”べっ甲ネイル”に利用できるかもしれませんが、私はまだ新色を購入していないので、どの様な色なのかがわかりません...
手に入るかたは、是非セリアのネイルでも挑戦してみてください

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、(ジェルネイルが剥がれやすい人はプライマーを付けてください)ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。


FullSizeRender

糊代わりに、もう1度ベースコートを塗ります(硬化はさせません)↓

FullSizeRender

先程カーブさせたメタルパーツを、爪の上に乗せます↓

FullSizeRender

硬化。

黒のジェルネイル(お好きな色を塗ってください)をトレイの上に乗せ...↓

FullSizeRender

メタルの周りを、細いブラシで塗ります↓

FullSizeRender

細筆で塗るのが面倒臭かったら、黒のジェルネイルのブラシで直接塗ってしまってもOK

FullSizeRender

もしメタルパーツに黒のジェルネイルが付いてしまった、またはハミ出てしまった場合は、綺麗なブラシにアルコール液を付けて拭き取れば、綺麗になります↓

FullSizeRender

硬化前なら、何度でもやり直しOK

硬化して2度塗りして、また硬化しました。

黄色とベースコートを1:1を気泡が出ない様に混ぜ、メタルパーツの中を細いブラシで塗ります↓

FullSizeRender

硬化。

ベースコートを黄色の上に塗ります(硬化なし)↓

FullSizeRender

次に、茶色とベースコート1:1で、メタルパーツの中にべっ甲の模様を描きます↓

FullSizeRender

そして、一部黒も色付けして、べっ甲柄に強弱を付けます。
(硬化していないベースジェルを塗ってあるので、勝手にべっ甲柄がぼやけてきます)

硬化。

オレンジとベースコート1:1を気泡が出ない様に混ぜ、トップに塗って...↓

FullSizeRender

硬化。

全体にトップコートを塗って、硬化したら出来上がり

FullSizeRender

普通のべっ甲ネイルと、こちらのべっ甲ネイルパーツを合わせてやると、上級者っぽく見えます

通常の爪全体に塗るべっ甲ネイルのやり方は、こちらをご参考にどうぞ↓




今回のべっ甲ネイルには、ダイソーで購入したホイルネイルシートを使いました(ゴールド。たぶん全6色)↓

FullSizeRender

この様なシートが3枚入っているので、使い易いぐらいの大きさに切って...↓

FullSizeRender

爪の上に(ゴールドの面を爪側に)押し当てるんですが、未硬化ジェルを拭き取ってからホイルネイルシートを置くとゴールドの付きが悪かったので、未硬化ジェルは拭き取らずにやったほうが良いかもしれません。

他の2本の指は、セリアのジェルネイルの赤と黒2:1を混ぜ合わせ...↓

FullSizeRender

バーガンディー色で、フレンチネイルにしました

FullSizeRender

セリアのジェルネイルで、色々秋冬色を作ってみた記事をご参考にどうぞ↓



フレンチネイルのやり方は、こちらの記事をご参考にどうぞ↓



ブレンチネイルの初心者さんは、こちらをご参考にどうぞ↓



そして、フレンチネイルのフチが綺麗に見える裏技、いつもの”濃厚ラメライン”を使用しましたが、今回は秋冬用なので、ゴールドを購入しました

FullSizeRender

シルバーとゴールド1つづつもっていると、便利です

FullSizeRender

秋冬ネイルに持ってこいのスタッズシートは、キャンドゥのもの↓

FullSizeRender

これだけあって、100円はお得です

最後に、メタルパーツはニッパーで外すと、再度使用できます↓

FullSizeRender

オフするときには形が崩れない様に、力を入れずにそっとネイルから外してみてください。

FullSizeRender

1回だけで捨てるのは、勿体ない

こちらは左で描いた右手

FullSizeRender

もともと左利きなので、やっぱり右手のほうが上手くできました

べっ甲ネイルは秋から春先までたっぷりできるし、簡単だし、サロンでやった様な出来上がりに見えます
このネイルをやってまだ1週間も経ってないですが、沢山の人に既に褒められました❣️
ぬり絵ができる人なら、この”べっ甲ネイルパーツ”は簡単なので、この時期に是非やってみてくださいね


私が使用したネイル工房で購入したカラーは、こちら↓
黄色→Freesia T006
オレンジ→orange F003
茶色→brown F009

9/11まで、楽天ではセールが行われているので、ネイル工房のジェルネイルカラーは、1つ135円で販売しています

ジェルネイル♪全230色 ネイル工房発!カラージェル | ネイル ネイル用品 ジェル カラー ポリッシュ ネイルジェル カラージェルネイル ネイルアート ジェルネイルアート ネイルグッズ セルフジェルネイル セルフネイル
ジェルネイル♪全230色 ネイル工房発!カラージェル | ネイル ネイル用品 ジェル カラー ポリッシュ ネイルジェル カラージェルネイル ネイルアート ジェルネイルアート ネイルグッズ セルフジェルネイル セルフネイル





毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓



CanDoのネイルパーツは100均の中で、1番豊富です。そのCanDoで、メタルワイヤーパーツが売られているという事で、日本の母に送ってもらいました↓ゴールドとシルバー、2種類づつ販売しています。(私が送ってもらったのは、ゴールド)こちらは、”メタルパーツA”↓こち ... 続きを読む
CanDoのネイルパーツは100均の中で、1番豊富です。
そのCanDoで、メタルワイヤーパーツが売られているという事で、日本の母に送ってもらいました↓

FullSizeRender

ゴールドとシルバー、2種類づつ販売しています。
(私が送ってもらったのは、ゴールド)
こちらは、”メタルパーツA”↓

FullSizeRender

こちらは、”メタルパーツB”

FullSizeRender

こんなに入って100円なんて、凄いな
早速、最近セルフネイラーさんの中で流行っている、ワイヤーパーツを使ってやってみました。

FullSizeRender

薬指にはワイヤーを爪の生え際に置いて、ワイヤーパーツの中にべっ甲の色と柄を描いてみました。

使用したものは、こちら↓

FullSizeRender

ネイル工房で購入したジェルネイルの黄色・オレンジ・茶色(べっ甲柄を描くには、こちらの3色が必要です)、セリアの黒とベース&トップジェルネイルコート、そしてCanDOのメタルパーツを使いました。

今回は、薬指のネイルのやり方のみとなります。
薬指モデルに使ったパーツは、こちら↓

FullSizeRender

ワイヤーパーツは、自分の爪の大きさに合わせて、ニッパーでカットしておきます。

メタルパーツには、既に軽くカーブが付いていますが、自爪にカーブが強い方は、ウッドスティックやペン等を使って自分の爪のカーブに合う様に、メタルに丸みを付けておきます↓

FullSizeRender

あまり強く押さえ過ぎると、バキっと折れてしまうので、注意してください。

それでは、やり方です。
ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

ベースコートを糊代わりに爪に塗り、メタルパーツを先に置きます↓

FullSizeRender

ワイヤーを爪の生え際に置くときは、1、2mm爪の生え際の手前に置くと、最後にトップコートがしっかり塗れるので、ワイヤーが取れにくいです↑

硬化。

丸いメタルパーツの中に、べっ甲のベースカラーとなる黄色を塗ります。
黄色とベースカラー1:1を、トレイに出します↓

FullSizeRender

細いブラシで、メタルパーツの中を塗ります↓

FullSizeRender

はみ出してしまった場合は、アルコール液の付いた綺麗なブラシで拭き取ればOK 。

硬化。

ベースコートを、メタルパーツの中に塗ります(硬化しません)。

FullSizeRender

トレイに茶色を出して↓

FullSizeRender

(ペーパータオルでブラシの汚れは拭き取ってから)先ほどの細いブラシでべっ甲の柄を描いていきます↓

FullSizeRender

硬化していないベースコートが先に塗ってあるので、勝手に色がぼけていきますが、ぼかしが少ない場合はアルコール液を含んだ細いブラシでぼかしていってください。

仮硬化でOK 。

べっ甲色に強弱を付けたいので、黒をトレイに出し、先ほどの余った茶色と混ぜて、焦げ茶色を作ります↓

FullSizeRender

焦げ茶色を(先ほどの茶色の上に)置いて、色の強弱を付けます↓

FullSizeRender

硬化。

トレイにオレンジとベースコート1:1を作って、クリアなオレンジを作ります↓

FullSizeRender

細ブラシで、トップにオレンジを塗ります↓

FullSizeRender

硬化。
これでべっ甲カラーは終了です。

私は自爪の白い部分が出るのが嫌だったので、爪の先に白を塗って、フレンチにしました(これはお好みで)↓

FullSizeRender

今回も、フレンチのラインを隠すために、ネイル工房のグリッターラインのジェルネイルを使用しました↓

FullSizeRender

最後に、爪全体にトップコートをしっかり乗せます。
このトップコートをしっかり塗らないと、髪を洗うときに引っかかってしまったりすると、パーツが取れる原因にもなるので、このワイヤー部分はしっかりトップコートを塗ってください↓

FullSizeRender

ただ、トップコートをブラシに付けすぎて塗ると、今度は爪の生え際にジェルが流れてリフトの原因にもなるので、ブラシにトップコートジェルの付けすぎには注意してくださいね

普通の爪のべっ甲ネイルの塗り方は、上記とほぼ一緒ですが、こちらの記事を参考にしてください→

FullSizeRender

自分の爪には、こちらの涙型のメタルパーツを使用しました↓

FullSizeRender

ワイヤーは自分の爪に合う様に、少しだけカットしました。

FullSizeRender

他の指のネイルパーツは、CanDoのスタッズシールを使用↓

FullSizeRender

セルフでも簡単にできるべっ甲ネイル、そして流行りのメタルパーツを使って、是非やってみてください。

べっ甲に使用したカラーは、こちら↓
・黄色”Freesia”T006
・オレンジ”Orange”F003
・茶色”Brown”F009
ネイル工房では、セールでジェルネイル100円以下になります

”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓







以前ポストした、べっ甲のハンドネイル。その時のブログは、こちらからどうぞ★ハンドに合わせて、フットも少し前にやりました。最近は気温も下がってきたので、サンダルで出かける事もなくなったんですが、今季最後のフットネイルと思って、やりましたで、今回は前回とちょ ... 続きを読む
以前ポストした、べっ甲のハンドネイル。
その時のブログは、こちらからどうぞ

ハンドに合わせて、フットも少し前にやりました。

FullSizeRender

最近は気温も下がってきたので、サンダルで出かける事もなくなったんですが、今季最後のフットネイルと思って、やりました

で、今回は前回とちょっと似てますが… 

FullSizeRender
べっ甲ネイルをするには、黄色、オレンジ、茶色(少々黒)のネイルカラーが必要とブログに書きましたが、カラーを買わなくてはいけないのは面倒臭いよという方、必見
しずくウォーターネイルシールシリーズの、べっ甲バージョンを購入してみました

FullSizeRender

母に手紙と一緒に送ってもらいました。
色々な形の、べっ甲シールが入ってます。

FullSizeRender

まずは、形に合わせて切って準備をしておきます↓

FullSizeRender

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

今回は、ワインレッドにしたかったので、セリアで購入したジェルネイルの赤と黒(1:0.5)を気泡ができない様に混ぜます。

FullSizeRender

セリアのジェルネイルの事を書いたブログは、こちらからどうぞ
べっ甲ネイル以外の指を、仕上げます。

FullSizeRender

そしてべっ甲ネイル。
先程準備しておいた、しずくネイルシールを、水に浸けます↓

FullSizeRender

30秒から1分ほど浸けたら、ピンセットでピックアップ。

FullSizeRender

すると、すぐに下の厚紙が剥がれます↓

FullSizeRender

剥がれたシールを、乗せたい指の上に貼るだけ

FullSizeRender

ここで痛恨のミス。
本当は黒いネイルの上にもべっ甲ネイルシールを貼りたかったんですが、思った以上にべっ甲ネイルシールが薄くて… 
濃い色のネイルの上に貼ると、べっ甲柄が見えなくなってしまいます
なので、べっ甲しずくネイルステッカーを使う場合、ベースに色を塗りたい方、白などの薄い色を使ってくださいね

仕上げにトップコートを塗るだけです。
硬化する前であれば、トップコートを塗った後、爪からハミ出た場所は、楊枝などでなぞれば、シールはすぐカットできるので、ご安心を
という事で、べっ甲ネイルは、片手1つづつになってしまいました

FullSizeRender
見た目は全然シールっぽくなく、ちゃんとネイルカラーで塗ったかの様

このシール、めちゃくちゃ簡単
ぶきっちょさんでもネイルが苦手な方でも、利き手ではない方にやるのが難しい方でも、誰でもできます
普通のマニキュアでもできるので、是非やってみてください
やっぱり、べっ甲ネイル可愛い




”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

LINEで読者登録ができます↓



秋といえば、べっ甲ネイルというイメージなんですが、早速やってみました↓スタッズの色もゴールド普段ゴールドは身につけない私ですが、秋冬ネイルにはゴールドが映えますねべっ甲ネイルは、カラーさえあれば、誰でも簡単にできるセルフネイル。使った色は、こちら↓べっ甲 ... 続きを読む
秋といえば、べっ甲ネイルというイメージなんですが、早速やってみました↓

FullSizeRender

スタッズの色もゴールド
普段ゴールドは身につけない私ですが、秋冬ネイルにはゴールドが映えますね

FullSizeRender

べっ甲ネイルは、カラーさえあれば、誰でも簡単にできるセルフネイル。
使った色は、こちら↓

FullSizeRender

べっ甲カラーに必要なのは、黄色、茶色、オレンジ。
(ネイル工房で購入したジェルネイルを使用。黄色はからし色寄りの黄色です)
それとセリアのブラック、そしてベース&トップジェルコートもセリアのものを使用しました。

FullSizeRender

べっ甲ネイルはクリア感が重要なので、全ての色はベースジェルネイルと混ぜて使用します。

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
まずは、黄色とセリアのベースコートを1:1でトレイの上に出します。

FullSizeRender

気泡が出ない様にブラシで混ぜ合わせ、ネイルに塗る↓

FullSizeRender

硬化。
黄色の上からベースコートを塗り…↓

FullSizeRender

(硬化しません)
トレイの上に茶色とベースコートを1:1で混ぜ↓

FullSizeRender

黄色の上に軽くポンポンと、カラーを置きます。

FullSizeRender

ベースコートを下に塗ってあるので、薄くつき易いですが、もっとぼやかしたい場合は、ブラシにアルコール液を付けて、もっとぼやかします。

先程の余った茶色のジェルネイルに、少し黒を混ぜ合わせ、こげ茶色を作ります↓

FullSizeRender

気泡ができない様に混ぜ…↓

FullSizeRender

先程ぼやかした茶色の上に色を付けて、色の強弱をつけていきます↓

FullSizeRender

硬化。

オレンジ:茶色:ベースジェルコート、0.5:0.5:1の液を作り(クリア感重要)…↓

FullSizeRender

混ぜ↓

FullSizeRender

全体に塗ります↓

FullSizeRender

この色はトップのカラーになるので、もし濃いべっ甲カラーが良い場合は茶色を多く、オレンジが強いべっ甲カラーが良い場合は、オレンジを多く、自分の好きなべっ甲カラーで調節してみてください。

硬化。

トップジェルコートを塗り、硬化して、未硬化ジェルをアルコール液で拭き取って終了↓

FullSizeRender

他の指は、セリアの黒のジェルネイルとCanDoのスタッズステッカーを使用しました↓

FullSizeRender
写真はシルバーですが、ゴールドを使いました。

私が使用したネイル工房で購入したカラーは、こちら↓
黄色→Freesia T006
オレンジ→orange F003
茶色→brown F009

ネイル工房は、メール便で送ってくれ、送料も100円ぐらい、しかもジェルネイルも1つ1つが激安
私が購入したときは、楽天セールだったので98円でした

FullSizeRender

秋はセルフでべっ甲ネイル
初心者さんでも簡単にできるので、この秋是非やってみてください



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓