Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

カテゴリ: フランスの話♪

私の大好きな第2の故郷パリ。  パリは、2年間留学 してたので、本当に思い出のある場所です。残虐な事件が起こってしまい、心が痛みます。親友たち、子供たちの安否も無事でき、安心しました。 これ以上、犠牲者が増えない事を祈って…  Pray For Paris   ... 続きを読む

私の大好きな第2の故郷パリ。

 
{D3DC6936-F3D9-41C1-A17A-2E25D762A2D7:01}
 
パリは、2年間留学 してたので、本当に思い出のある場所です。
残虐な事件が起こってしまい、心が痛みます。
親友たち、子供たちの安否も無事でき、安心しました。
 
これ以上、犠牲者が増えない事を祈って…
 
Pray For Paris
 
 

私がフランスに留学時代、7区のエッフェル塔のすぐ近くに住んでいた事もあり、エッフェル塔コレクターです エッフェル塔のリングホルダー 私が買ったのに、今はなぜかジャスティンの指輪置きになってしまってるけど3つのエッフェル塔大きなエッフェル塔そして壁にもエッフ ... 続きを読む
私がフランスに留学時代、7区のエッフェル塔のすぐ近くに住んでいた事もあり、エッフェル塔コレクターです

エッフェル塔のリングホルダー
私が買ったのに、今はなぜかジャスティンの指輪置きになってしまってるけど


{C92D97DB-61D9-49B1-9338-65ED05B00505:01}

3つのエッフェル塔

{6BB54C19-D553-4F25-B432-3BC672106813:01}

大きなエッフェル塔

{96119A1F-1E38-42FA-AC83-AE3A79514A94:01}

そして壁にもエッフェル塔

{E0B4FF76-5CCD-45B0-A07C-284CB71E1F9F:01}

このエッフェル塔は近くで見ると、スワロフスキーがちりばめられてます

{AEC659ED-8BC5-4C85-B747-9EADE1BDEDCC:01}

このほかにもまだまだありますけど

エッフェル塔は、日没に合わせて深夜24時まで毎晩ライトアップされます。

{B3638D58-10CC-4896-BF76-D1F147434501:01}

通常のライトアップに加え、さらに日没後の毎時00分から5分間だけ、ダイヤモンドフラッシュといわれるキラキラ光る特別ライトアップが行われます
これが本当に宝石の様にフラッシングされて、とっても綺麗

{4A760E2A-9CDB-440A-8D5A-FDC56E2BD084:01}

2万個の電球(各サイド5000個)がキラキラ
私がいたときは、10分間フラッシングされてましたが、2008年以降節電のため5分間になってしまった様です。

パリっ子は、シャンパングラスやワイングラスを持ってきて、芝生に座って飲んだりします(普通のにバッグにグラスに入れてくる)
私がたまたま友達とここに来てたとき、ダイヤモンドフラッシュでエッフェル塔が輝いてるときに、前に座っていた見ず知らずの人が彼女に膝まづいてプロポーズをしていた光景に遭遇しました。とってもロマンチック みんなで拍手で祝福されてました。感動~
それぐらいダイヤモンドフラッシュは綺麗で素敵なんです。

もしパリに訪れるときがあったら、このダイヤモンドフラッシュをぜひ素敵な人と見てください


ダイヤモンドフラッシュの時間
春:21時頃~25時
夏:22時頃~25時
秋:20時頃~25時
冬:19時頃~25時

こちらの時間帯は目安なので、参考程度でお願いします。
オフォシャルHP にも、詳しい時間帯は書いてませんでした


あと、私の記事がby.Sで扱われてるので、良かったら読んでみてください。

前ブログで書いた内容です


パリの町は、1区~20区までの行政区に分かれてます最初の1から右回りに大きな数字になる為、”エスカルゴ”とも言われてます。フランス語では、区はarrondissement(アrロンディスモン)。(rの発音は、喉にかかる発音)1区は1er(premierプルミエの略。英語でいうfirst ... 続きを読む
パリの町は、1区~20区までの行政区に分かれてます
最初の1から右回りに大きな数字になる為、”エスカルゴ”とも言われてます。

{937A5A46-5015-4BC4-9B28-5BEF57716CE2:01}

フランス語では、区はarrondissement(アrロンディスモン)
(rの発音は、喉にかかる発音)
1区は1er(premierプルミエの略。英語でいうfirst)、2区以降は2e3e...と略します。
パリの郵便番号は750◯◯
◯◯の部分に、住んでいる区の番号が入るので、どの辺に住んでいるのか、すぐわかります

パリは山手線がすっぽり入ってしまうぐらい、小さな街ですので、
メトロの一駅一駅の間も短く、1分から2分で次の駅に着いてしまうぐらい、本当に短いです。
なので2駅3駅は、軽く歩けてしまいます
そういう訳なのか、フランス人は太っている人があまりいないです。(アメリカ人も見習って~


パリはセーヌ川を挟んで、右岸(Reve droite)と左岸(Reve Gauche)に別れてます。
左岸が地図上の下の部分。右岸が上。
一ケタの区は、観光地も多いので、わりと治安は良いですが、10区や19区はアフリカ系も多く、治安もあまり良くないので、気をつけてください。
左岸側のほうが、レントは高いです。右岸も場所にもよりますが、庶民的な場所が多いので、落ち着いた雰囲気です。

私は、7区のエッフェル塔があるChamps de mars(シャンドゥマーr)という公園から3分の所に住んでました

{3B65DB35-A527-4FD4-B7A3-13219CEE01D2:01}

シャンゼリゼに、日本人相手のApollo不動産という所に紹介してもらい、素敵なアパルトマンを探して頂きました。
しかも家賃が月550ユーロという格安
やはり日本人留学生が、アパルトマンを借りるのは至難の業。
保証人もいないので、手数料も高いですが、綺麗な物件を紹介してくださいます。

パリは物価も高いですが、留学生には優しい国です。
Allocation(アロカシオン)といって、CAF(Caisse d'allocation familiales)という機関で手続きをすれば、毎月国から手当がもらえます。
家賃額によって人それぞれですが、私は毎月190ユーロの手当がもらえました。
(アロカシオンの申請方法はこちらから)
ちなみに短期留学生、ワーキングホリデー滞在、滞在許可書がない人、ルームシェアなどで大家さんから賃貸証明書が出ない場合などは手当がもらえないので、注意


 そうそう、パリの街は石畳が多いので、ピンヒールで観光なんてしたときには、かかとのヒール部分がハゲてしまうので、気をつけてください



私が留学していた2005年頃は、Parisにはスターバックスがまだ数店舗しかありませんでした。カフェ文化のフランスに、スタバは受け入れられた様で、今はかなりの店舗がある様です。ちなみに、フランスのスタバは高いです。でも旅行で訪れたりするなら、代わり映えしないス ... 続きを読む
私が留学していた2005年頃は、Parisにはスターバックスがまだ数店舗しかありませんでした。
カフェ文化のフランスに、スタバは受け入れられた様で、今はかなりの店舗がある様です。
ちなみに、フランスのスタバは高いです。
でも旅行で訪れたりするなら、代わり映えしないスタバより、やっぱりフランスのカフェに行きたいですよね
だってパリですもん

{CDCF8ABF-9C62-429D-9CA1-1D98E3BBDBE0:01}

観光地だったら、英語のメニューはありますが、ちょっとローカルな場所に行ったらフランス語のメニューしかないなんて事もあります。

{1BBED471-373B-407E-A970-6D164E5C912D:01}

座席は、好きな場所に座って大丈夫。
ただ注意したいのは、座る場所によって、飲み物の値段が違うので、気をつけてください
やっぱりテラス席は一番高いです。
そして窓際室内のテーブル席立ち飲みが一番お得です。
私はテストがある朝は、早めのカフェに行って、室内のテーブル席に座って勉強をしてました

以下、男性名詞は、女性名詞はで色分けしてあります。

Un café, s'il vous plait.(アン カフェ シルヴプレ~):コーヒーをお願いします。
と言ったら、エスプレッソのコーヒーが出てきます。

{E628E026-C4D1-4681-A5BD-FD81D1637CC9:01}

上のメニューの一番上に書かれてる、Café courtも、エスプレッソの事を言います。
2番目のCafé longは、アメリカンコーヒーです。カフェによって、Café allongé(カフェ アロンジェ)、Café Américan(カフェ アメリカーン)という所もあります。
お店によりますが、だいたいエスプレッソは2.50ユーロで飲む事ができます。
エスプレッソをダブルで欲しいときは、Un café double, s'il vous plait(アン カフェ ドゥーブル シルヴプレ)といえば

エスプレッソの様な濃いコーヒーは苦手で、ミルクが入ったものがほしい人は、Café crème
カフェオレと同じもので、エスプレッソより大きめのカップで出てきます。
パリだとだいたい5ユーロぐらいで飲めると思います。

Café crèmeよりは小さいサイズがいいという方、Café noisseteがお勧めです。
エスプレッソと小さめのピッチャーにホットミルクが入ったものがサーブされます。
(ちなみに私は、いつもこれを注文してました)

{0F16E983-C59D-40B0-9BE0-D93F0322A3FD:01}

お店によっては、ピッチャーがなく、注がれてしまってる場合もありますが、その場合はエスプレッソと同じ値段が多いです。
ピッチャーが一緒に出てくる場合は、何十セントかプラスされます。

私が大好きだった飲み物は、Café viennois(カフェ ヴィエノワ)。
エスプレッソにたっぶり生クリームが乗ったものが出てきます。(日本でいうウインナーコーヒー)
カップの大きさは、Café crèmeサイズです。

{5DE8463F-55F5-4ECD-89E7-253993DBE15A:01}

もし、エスプレッソが苦手でしたら、Un chocolat viennois, s'il vous plait(アン ショコラ ヴィエノワ シルヴプレ)と言えば、ホットチョコレートに生クリームがのったものが出てきます
単純に、ホットチョコレートがほしい場合は、Un chocolat chaud, s'il vous plait(アン ショコラ ショー シルヴプレ)、ホットミルクはUn lait chaud(アン レ ショー)で
Chaudは熱い•(暑い)の意味です。

コーヒーを頼むと、大体のカフェで小さなクッキーがついてきます
それが私は大好きでした。


そしてお水が欲しいとき、Une carafe d'eau, s'il vous plait(ウン カラフ ドゥ)といえば、カラフのお水が出てきます。

{C815C067-26DE-4A2C-834A-E846DD0D7CC3:01}

コップのお水だけで良い場合、De l'eau, s'il vous plait(ドゥ ロゥ)で

ちなみに、絞り立て生ジュースは、Pressé(プレッセ)といって、Orange pressé(オレンジの生ジュース)、Citron presseé(レモンの生ジュース)といいます。
普通のジュースの場合は、un jus d'orangeまたはun jus de citronとなります。

最後に、フランス人の女の子に人気の飲み物、Monacoです

{772C4E1A-0F4A-469C-B1E9-809DC27D197D:01}

Bière(ビール)とグレナディンシロップとレモネードのカクテルです。
(ほとんどビールベースですが。)
モナコの国旗の色から付けられたこの飲み物。
ビールが苦手な人でも、甘めで飲み安いです。
パリ女子は、これが大好き

今日は、ここまで。

”L'addition, s'il vous plait”(ラディション シルヴプレ)
お会計お願いします。

{0EB19F14-3EF9-4D3A-BC62-8AF72280EEFC:01}

フランスはチップ制度がアメリカほどうるさくないので、軽食で1ユーロコインを置いていくといいでしょう。

(画像はすべてお借りしました)

昨夜、映画を見ようと、クローゼットから私が日本から持ってきたDVDを眺めてたら、久しぶりに"アメリ"が見たくなりました 私のお気に入りの映画の1つです。私は、昔フランス映画を好んで、なんだかハリウッド映画にはない、アンニュイな感じが大好きでした。よく姉と、単館 ... 続きを読む
昨夜、映画を見ようと、クローゼットから私が日本から持ってきたDVDを眺めてたら、久しぶりに"アメリ"が見たくなりました 
私のお気に入りの映画の1つです。

{EF76B9C7-42B1-4955-91EB-302044DE9E28:01}

私は、昔フランス映画を好んで、なんだかハリウッド映画にはない、アンニュイな感じが大好きでした。
よく姉と、単館上映の作品を見に行ったな~

フランス映画が大好きなだけで、フランス語が全くしゃべれなかった私ですが、2005年から2年弱、急に「フランスに留学しよう」と思い立って、仕事を辞めフランスに旅立ちました(親泣かせです)。
アメリカには昔留学した事があったけど、次は英語以外の語学を勉強したくて、だったらフランスかなっと軽い気持ちで留学を決めてしまった当時の私は若かった

留学前の私は、NHKのフランス語講座で勉強しただけ。
日常会話というか、挨拶程度。しかも数字も1~10までしか数えられないという無謀さ
それでよく一人暮らしとかしてたな、私。
フランス人って、英語をしゃべらないって言いますが、私の周りのフランス人はみんな英語を喋ってくれて、携帯を契約するときも、電話会社や電気会社すべての人に、英語でしゃべったら、ちゃんと英語で返してくれました。

私が通っていた学校は、ソルボンヌ•フランス語文明講座"Cours de Civilisation Francaises de la Sorbonne"という、パリ第4大学(アメリカで言ったら、エクステンションコースの様な感じ)の付属のクラスに通ってました。
ちなみに、パリにはソルボンヌ大学という名前の大学は、どこにもないです

この私の通っていた学校はセメスター制のマンモス校で、ほかの私立の語学学校に比べて宿題が毎日沢山出る、本当に厳しい学校で有名でした。当時の私は、午前中は学校、午後は毎日5時間は復習予習宿題をやってました。
だいたい1クラス20名ぐらいの大きなクラスなので、会話を重視して勉強したい人は不向きだと思います。でも私は、この学校を選んで本当に良かったです。自分に合っていました。
日本人が沢山通ってるので、クラスの3分の1が日本人という噂を聞きましたが、私はラッキーな事に(私を含めて)2人とかだったので、ラッキーでした

{7D631695-A0E5-47AE-853D-14DC8AD42A87:01}
当時のテキスト。人生で1番勉強した時期だった...

フランス語の知識ほぼゼロの状態でフランスに旅立ったので、もちろん最初のクラスは入門コース。クラス分けのテストも問題自体理解できないレベル。面接も自分の名前を言える程度だったので、1分もせずに「はい、終わり。次の人~」状態でした
今考えたら、本当に恥ずかしい話です。

でも2ヶ月学校に通い続けると、先生の言う事も理解できる様になるんですよね。
しかもフランス語の読み方って法則さえ覚えれば、英語と違ってローマ字読みなので、知らない単語も読めるし。
そして、夢の中までフランス語になったときは、本当に驚きました

なんだか話が止まらないので、また今度にします。

あー、懐かしすぎて、フランス映画にまたハマりそう~
もっとDVDを持ってくればよかったな~。