Marriage life in Arizona アリゾナで国際結婚♥

2013年4月にアリゾナ出身のJustinと日本で結婚し、1年半の移民ビザ手続き後を経て、2014年11月に、アメリカに移住。アリゾナでの生活の日々をブログに書いてます。

カテゴリ: セルフネイル♡

秋といえば、べっ甲ネイルというイメージなんですが、早速やってみました↓スタッズの色もゴールド普段ゴールドは身につけない私ですが、秋冬ネイルにはゴールドが映えますねべっ甲ネイルは、カラーさえあれば、誰でも簡単にできるセルフネイル。使った色は、こちら↓べっ甲 ... 続きを読む
秋といえば、べっ甲ネイルというイメージなんですが、早速やってみました↓

FullSizeRender

スタッズの色もゴールド
普段ゴールドは身につけない私ですが、秋冬ネイルにはゴールドが映えますね

FullSizeRender

べっ甲ネイルは、カラーさえあれば、誰でも簡単にできるセルフネイル。
使った色は、こちら↓

FullSizeRender

べっ甲カラーに必要なのは、黄色、茶色、オレンジ。
(ネイル工房で購入したジェルネイルを使用。黄色はからし色寄りの黄色です)
それとセリアのブラック、そしてベース&トップジェルコートもセリアのものを使用しました。

FullSizeRender

べっ甲ネイルはクリア感が重要なので、全ての色はベースジェルネイルと混ぜて使用します。

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
まずは、黄色とセリアのベースコートを1:1でトレイの上に出します。

FullSizeRender

気泡が出ない様にブラシで混ぜ合わせ、ネイルに塗る↓

FullSizeRender

硬化。
黄色の上からベースコートを塗り…↓

FullSizeRender

(硬化しません)
トレイの上に茶色とベースコートを1:1で混ぜ↓

FullSizeRender

黄色の上に軽くポンポンと、カラーを置きます。

FullSizeRender

ベースコートを下に塗ってあるので、薄くつき易いですが、もっとぼやかしたい場合は、ブラシにアルコール液を付けて、もっとぼやかします。

先程の余った茶色のジェルネイルに、少し黒を混ぜ合わせ、こげ茶色を作ります↓

FullSizeRender

気泡ができない様に混ぜ…↓

FullSizeRender

先程ぼやかした茶色の上に色を付けて、色の強弱をつけていきます↓

FullSizeRender

硬化。

オレンジ:茶色:ベースジェルコート、0.5:0.5:1の液を作り(クリア感重要)…↓

FullSizeRender

混ぜ↓

FullSizeRender

全体に塗ります↓

FullSizeRender

この色はトップのカラーになるので、もし濃いべっ甲カラーが良い場合は茶色を多く、オレンジが強いべっ甲カラーが良い場合は、オレンジを多く、自分の好きなべっ甲カラーで調節してみてください。

硬化。

トップジェルコートを塗り、硬化して、未硬化ジェルをアルコール液で拭き取って終了↓

FullSizeRender

他の指は、セリアの黒のジェルネイルとCanDoのスタッズステッカーを使用しました↓

FullSizeRender
写真はシルバーですが、ゴールドを使いました。

私が使用したネイル工房で購入したカラーは、こちら↓
黄色→Freesia T006
オレンジ→orange F003
茶色→brown F009

ネイル工房は、メール便で送ってくれ、送料も100円ぐらい、しかもジェルネイルも1つ1つが激安
私が購入したときは、楽天セールだったので98円でした

FullSizeRender
秋はセルフでべっ甲ネイル
初心者さんでも簡単にできるので、この秋是非やってみてください

ネイル工房のオンラインストアは、こちらからどうぞ


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓




2日続けて、ネイル関係のブログで失礼します。先週、新しいネイルをしました↓先週と同じシースルーネイルですが(前回のシースルーネイルは、こちらから★)、今回の色はネイビーでセリアの新色のネイビーを、早く使ってみたかったんです。上の写真↑をクリックすると、セリ ... 続きを読む
2日続けて、ネイル関係のブログで失礼します。
先週、新しいネイルをしました↓

FullSizeRender

先週と同じシースルーネイルですが(前回のシースルーネイルは、こちらから)、今回の色はネイビーで
セリアの新色のネイビーを、早く使ってみたかったんです。

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、セリアの新色でスオッチしている記事に飛びます。

少し薄づきな色なので、結構塗りやすかったです。
しかも、シースルーネイルをするのに、ベースコートを少し混ぜるだけで良かったし

FullSizeRender

やり方は、前回のシースルーネイルを参考にどうぞ
下の写真↓をクリックすると、そのときの記事に飛びます。

FullSizeRender

最近は、私を含めて、セルフネイルをやる方々が増えているみたいですね。
自分で好きなネイルデザインもできるし、パーツもつけ放題だし、主婦の方々は空いた時間を見つけて自宅で出来るので、人気の様です。
”セルフネイラー”なんて言葉もあるぐらい

ジェルネイルやスカルプチャーを落とすときに使う、ネイルリムーバー。
市販で売られているネイルリムーバーは、アセトンという成分が含まれており、そのアセトンの扱い方を間違えると、大変な事になるんです。
最近は、よく新聞等でニュースになっている事があるので、もうご存知な方々も多いと思いますが、アセトンによって乳児が中毒を起こす事があるんです。

アセトンは、第一石油類と言われる有機化合物で、揮発性の強い引火しやすい液体です。 ”労働安全衛生法”では、人体に有害な溶剤として指定されているそうです。
ジェルやアクリルをオフする際には、アルミニウムフォイルを巻いて、揮発を防いでいます。
また、ネイルを落とすときの嫌な匂いは、リムーバーに含まれているアセトンが空気に触れ、蒸発する際に発生するものです。
数量吸い込んだだけでは大事に至りませんが、その量が多くなると、肝臓での分解が追いつかず、中毒症状を起こす事があります。
言葉の話せない乳児は、特に注意が必要です。

乳児のアセトン中毒症状とは、
・嘔吐
・呼びかけに反応しない
・ぐったりしている
・授乳中の吸てつ力が弱い

などです。
アセトンは、空気より重く蒸気が低所に滞留しやすいという特徴があります。
一見、蒸発すると聞くと、空気より上に飛んでいくとイメージしてしまいがちですが、アセトンは下に溜まるんです。
という事は、床から近い所で寝ている乳児は、大人よりアセトン成分を吸収してしまう可能性があります。
乳児だけではありません。
大切なペットも、注意が必要なんです

では、どの様にしてアセトンを扱ったらいいのでしょうか。
まず、窓を開けて換気を良くする、もしくは換気扇をつける事。
部屋に匂いがこもると、中毒症状を起こしやすいです。
乳児やペットがいる場合は、別室に移動。
また、使用後も注意が必要です。
ゴミ箱に、ネイルリムーバーを含んだコットンをそのまま捨てても、匂いを発し続けます。
蓋の付いたゴミ箱に捨てるか、ビニール袋に入れ、結んでから捨てる事をお勧めします。

アメリカのネイルサロンはわかりませんが、日本のネイルサロンでお子様が入店できない理由は、このアセトン中毒の事もあり、お断りする場所があるそうです。
決して、お子様が周りのお客様に迷惑をかけるからという理由ではありません。
特に、アメリカのネイルサロンは、スカルプチャーもまだ流行っているので、これが結構な匂いなので、注意する必要があります。
大人でも頭痛を引き起こしたり、目や鼻につく匂いなので、これがお子様の体の中に入ってしまったら、本当に大変な事になり兼ねない...
お子様と、ネイルサロンに行く事は絶対やめてくださいね

赤ちゃんが寝ている間に、ちゃちゃっとネイルを落としちゃおうという考えも、とっても理解できます。
最近は、アセトンフリーのリムーバーも発売されている様なので、アセトンが入っていないものを使うのも良いかもしれません。
(ただ、アセトンフリーのものは、落ちにくいというデメリットも…)
アセトンの取り扱いには充分注意して、オシャレを楽しみましょ


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓





週末から、お友達が家族で旦那さんのご実家に旅行に行くので、その前に一緒にランチをしました。お互いアメリカ人の旦那を持つと、なかなかベトナミーズやコリアン、タイのレストランに行ってくれないというのが悩み...  特にヌードル関係は、ジャスティンは一緒のくくりの ... 続きを読む
週末から、お友達が家族で旦那さんのご実家に旅行に行くので、その前に一緒にランチをしました。
お互いアメリカ人の旦那を持つと、なかなかベトナミーズやコリアン、タイのレストランに行ってくれないというのが悩み...  
特にヌードル関係は、ジャスティンは一緒のくくりの様で
私は、今日はフォー、明日はパスタ、明後日はラーメンorうどんなんて全く平気なのに、ジャスティンは「またヌードル?」なんて言ってくる
それが、イタリアンのパスタでも
食のカルチャーが全然違うので、しょうがないんですが、本当にイラっとくるときあります

という事で、お友達とベトナミーズでランチしました
お友達が、「ここに来ると、必ず日本人に会うんだよね」と言っていた通り、入店したらブロ友さんに久々に再会
お仕事休憩の、ランチ中でした。
異国でフルタイムでバリバリお仕事していて、尊敬します
(彼女は、ジャスティンと同じ会社の、違うキャンパスで働いてます)

オーダーしたのは、海老とマリネートされたポークのバーミセリ

FullSizeRender

野菜がたっぷり入っているので、アメリカンな食事よりパクパク食べれます。

FullSizeRender

普段レストランに行ったときは、毎回持ち帰りしますが、野菜たっぷりのアジアン料理のときは、ほぼ完食します
やっぱり私はアジア人の胃を持っているんだなと思います。

食後は、スタバでおしゃべり

FullSizeRender

ソルテッドキャラメルモカフラペチーノをオーダーしましたが、上のdrizzle(ソース)を、Caramelからmocha drizzleに変更しました。

”これであなたもスタバ通。基本カスタマイズ”のブログは、こちらからどうぞ

キャラメルソースは甘すぎる感じがするんです... 
9日間、旦那さんのご実家で楽しんできてね〜



話は変わって… 
日本に滞在中、LOFTで便利な物を購入しました。

FullSizeRender

ネイルオフキャップ。
マニキュアにもジェルにも使えるそうです。
ジェルネイルをオフするとき、いちいち銀紙?アルミナムフォイルを巻かないといけないのが、面倒なんですよね… 

FullSizeRender

これ、毎回10本巻くのに、結構時間がかかります。
しかも、フォイルを小さく切らなければいけないし… 
でもこれは、指にただはめるだけ
利き手じゃない指も、簡単にキャップをはめられます。

FullSizeRender

しかも特許出願された、ちゃんとした商品。

FullSizeRender

シリコン製で、10本入ってます↓

FullSizeRender

ピンクが可愛い

FullSizeRender

中は、スポンジが入っていて、このスポンジにリムーバーを含ませて、爪の上にセットするだけ↓

FullSizeRender

または、今まで通りコットンに含ませてシリコンキャップを被せる方法でもOK。
ぶかぶかだったら、このスポンジをコットンの上に乗せて、サイズをアジャストする方法でもOK。
マニキュアをする方も、ラメのネイルは取りにくいので、このキャップで少し時間を置けば、取りにくいラメも取りやすいです。

FullSizeRender

ロフトで、同じ様なソークオフクリップも売っていましたが、こちらは5本入りで900円↓

FullSizeRender

指は10本なので、2セット買わないとダメなので、コスパはあまり良くないです。

ちなみに100均商品で、ネイルが乾くまで付けておく“ネイルガード”というものが売っていますが、そちらはネイルオフには使えない様です。
見た目は、とっても似てるんですけどね… 
アセトン液は、プラスチックによっては色があせてしまったり溶けたりしてしまうので、商品が似てるからと言って、使用しないでくださいね。

こちらのネイルオフキャップは、900円(10個入り)。

FullSizeRender

何度でも使用可能
ロフトで販売中です。
どうしてロフトって可愛いものが沢山売っているんでしょ

ロフトの、ネイルオフキャップのオンラインは、こちらからどうぞ


登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓



先日ポストしたアニマル柄ネイル↓上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。早く着るのが楽しみです。といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠 ... 続きを読む
先日ポストしたアニマル柄ネイル↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすると、その時の記事に飛びます。
アニマル柄は、アメリカでも日本でも今年の秋冬の流行りの様ですね
私も早速、日本でアニマル柄の服を買ってきました。
早く着るのが楽しみです。
といっても、アリゾナの秋はまだまだ遠い感じですが… 
日中は、40℃ありますからね
9月に入ってから、ネイルだけでも秋らしくしようと思ってます。
夏よりも、秋冬のファッションが好きな方々も多いのでは

今回のネイルは、シースルーネイルにしてみました↓

FullSizeRender

シックな黒とキュートなピンクの組み合わせは、甘くなり過ぎず、でも大人っぽいので、オススメです。
シースルーネイルも、初心者でも簡単にできるので、是非トライしてみて下さい

使用した色は、セリアのジェルネイル新色、ミルキーピンク、ブラック、そしてトップ&ベースジェルネイルコート。

FullSizeRender

以前ポストした、“セリアのジェルネイル、新色が出た”のブログは、こちらからどうぞ

ネイルパーツは、CanDoのスタッズシールと、セリアのラインテープ(シルバー)です。

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
まずは、ブラックとベースジェルネイルコートを1:2の割合で、準備。

FullSizeRender

気泡ができない様に、ゆっくりとブラシで混ぜます↓

FullSizeRender

透明感が出ていれば、OKです。
それを爪に乗せ硬化。2度塗りして硬化↓

FullSizeRender

自分の好きな透明感になるまで、塗ってみてください。
ブラシには、ジェルネイルをつけ過ぎず、薄く塗るのがコツです。
(たっぷり付け過ぎると、ムラになってしまいます)

次は、通常のブラックのジェルネイルで、フレンチネイルを描きます↓

FullSizeRender

この後ラインテープを使うので、線はある程度真っ直ぐだったら大丈夫です。
真っ直ぐ描くのが難しい様でしたら、マスキングテープを使って塗ってください。
→真っ直ぐフレンチネイルのやり方

もし、はみ出てしまっても、硬化前だったら直せるのでご安心を。
フラットのブラシがあると、真っ直ぐフレンチネイルを描くときに便利です↓

FullSizeRender

アルコール液を少なめに付けて、ブラシで拭き取れば、簡単に直せます。

FullSizeRender

1度塗りし硬化、2度塗りして硬化を繰り返します。

次は、またブラックを出して↓

FullSizeRender

ダイソーで購入したドットスティックを使って、黒いドットを描きます。
ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドで代用できます。

黒いドットの描き方は、爪の中央のラインから描いていくと、バランス良く見えます。
まずは、真ん中上下↓

FullSizeRender

その後、ドットとドットの間にドットを描きます↓

FullSizeRender

あとは、隣の列にドットを描いていくだけ↓

FullSizeRender

ドットが描き終わったら硬化し、トップジェルネイルコートを塗りますが、この後ラインテープを使うので、今回のトップコートは全て、”ノンワイプトップジェルコート”を使いました。

FullSizeRender

普通のトップジェルネイルコートは、最終硬化後、未硬化ジェルが出てしまうので、最後にアルコールで拭きとらなければなりません。
でも、こちらのノンワイプは硬化した後、未硬化ジェルが出ないので、最後にアルコール液で拭かなくて済みます。
実は以前、セリアのトップジェルネイルコートを使って、ラインテープを貼ろうとしたとき、剥がれてしまう事があって(特に端の部分)、かなり苦労しました
調べてみたら、ノンワイプトップコートを使うと、テープが剥がれず簡単に貼る事ができるとの事。
ネイル工房という所で買ってみたら、使用感抜群でした
しかも、硬化後黄色くならないので、セルフネイルをやってる方は、1本持っていると便利です。ネイル工房のノンワイプトップジェルネイルコートは、オススメです。

FullSizeRender

この時、ドットが完全に硬化している事を確認してから、トップジェルネイルコートを塗る様にしてください。
乾いていないのに、トップコートを塗ってしまうと、せっかく描いたドットがグチャグチャになってしまい、またドットを描かなくちゃいけなくなります。

FullSizeRender

ラインテープを、フレンチネイルの部分に貼ります↓

FullSizeRender

手でベタベタ触ると、油が付き、粘着力が弱くなり、剥がれる原因になってしまうので、ピンセットで貼る様にして下さいね。

テープを切るときは、ニッパーが切り易いです↓

FullSizeRender

爪の生え際より1mm程短く切ると、後でテープが剥がれてくるという事はなくなります↓

FullSizeRender

そして、ノンワイプトップジェルネイルコートをたっぷり塗って(テープが剥がれてこない様に)硬化したら、シースルーネイルの出来上がり

FullSizeRender

他の指は、ミルキーピンクにしました↓

FullSizeRender

1度塗り硬化、2度塗り硬化した所です。
爪に乗せるパーツは、スタッズの三角のステッカーを使用↓

FullSizeRender

スタッズを乗せる前に、糊代わりにベースジェルネイルコートを爪に少し塗っておきます。
三角のスタッズを使って、蝶ネクタイ風に

FullSizeRender

黒い蝶ネクタイにしたかったので、黒のジェルネイルをスタッズの上から塗ります↓

FullSizeRender

パーツが動かない様に、仮硬化。
ノンワイプトップジェルネイルコートを(パーツが取れない様に)たっぷり塗って硬化し、終了

FullSizeRender

アメリカでは見た事のない、シースルーネイル

FullSizeRender

黒&ピンクの組み合わせ、とってもキュートです。
100均で、ネイルサロンに行った様なデザイン
ビギナーさんでも簡単にできるので、是非お試しを

ネイル工房さんは、送料が無料orメール便で届くので、とっても安くて便利です。
また、ジェルネイルが1色200円以内で買えます


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓








9月に入り、アリゾナもいよいよ秋の気配。と言っても、37℃ぐらいですがネイルだけでも秋っぽいものをと思って、セルフでアニマル柄ネイルをやってみました今回使用したジェルネイルは、先日ブログにポストしたセリアのジェルネイルの新色。秋色のブラック、グレー、ベージュ ... 続きを読む
9月に入り、アリゾナもいよいよ秋の気配。
と言っても、37℃ぐらいですが
ネイルだけでも秋っぽいものをと思って、セルフでアニマル柄ネイルをやってみました

FullSizeRender

今回使用したジェルネイルは、先日ブログにポストしたセリアのジェルネイルの新色。
秋色のブラック、グレー、ベージュ、そしてベース&トップジェルネイルコートです↓

FullSizeRender

以前ポストした、“セリアのジェルネイル、新色が出た”のブログは、こちらからどうぞ
そして、ダイソーのドットスティックを使用しました。
(+ブラシです)


ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。

まずはベースカラーとなるベージュ色を1度塗り硬化、2度塗り硬化。

FullSizeRender

グレーを、パレットの上に置き↓

FullSizeRender

細長い豆?アメーバの様なものを、細筆で描きます↓

FullSizeRender

中央から描いていくと、バランス良くなります。

FullSizeRender

アニマル柄なので、形が同じではなく、バラバラでOK。
しかも、いびつで大丈夫

次は、ブラックジェルネイルをパレットに置き↓

FullSizeRender

グレーの周りに、カッコ()の様な絵柄を描きます↓

FullSizeRender

全てのグレーに、()を描きます↓

FullSizeRender

()が同じ位置ですと見た目が良くないので、()の位置はバラバラの場所で描くのがポイント。

そしてグレーとグレーの豆の間に、ドットを描きます↓

FullSizeRender

ドットスティックがない場合は、楊枝のヘッドでも代用できます

小さくて分かりづらいと思いますので、ペンで大きく描きます。
こんな感じで、豆やアメーバーの様な絵を描き…↓

FullSizeRender

そして()は、こんな感じです↓

FullSizeRender

ドットは、豆と豆の間に↓

FullSizeRender

爪の中央から描くと、バランス良くなります↓

FullSizeRender

私はベージュ・グレー・ブラックを使いましたが、ブラック・白・グレーのモノトーンカラー、またはピンクを使っても可愛いアニマル柄ができると思います
ポリッシュ(マニキュア)を使う場合は、こちらのミニブラシを使うと便利です↓
(セリアで購入)

FullSizeRender

アリゾナはまだ少々暑いので、他のネイルはフレンチにしました。


FullSizeRender

簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ

セルフネイルでも簡単にできる、アニマル柄ネイル。
是非、皆さんやってみてくださいね



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓






日本の夏は残暑が厳しい様で…日本の皆様、水分補給をして体調に気をつけてくださいね。アリゾナはピークを過ぎたものの、まだ40℃前半です。こちらは湿度がかなり低いので、汗をかくことなく過ごしています。日本の夏は、駅まで歩くだけでも、汗だくになりますからね…本当 ... 続きを読む
日本の夏は残暑が厳しい様で…
日本の皆様、水分補給をして体調に気をつけてくださいね。

アリゾナはピークを過ぎたものの、まだ40℃前半です。
こちらは湿度がかなり低いので、汗をかくことなく過ごしています。
日本の夏は、駅まで歩くだけでも、汗だくになりますからね…
本当、皆様お疲れ様です

アリゾナではまだまだ夏ネイルで行けますが、日本はそろそろ秋物の服も店頭に出てきてたし、ネイルも秋に向けて秋用ネイルが増えてくるでしょうか。

という事で、最後の夏ネイル
今回は、初心者でもできる水面ネイル(もしくは、ラグーンネイル)をやってみたいと思います。

FullSizeRender

海やプールの水面をイメージしたドロップネイル。

FullSizeRender

難しそうにみえますが意外と簡単なので、残暑の夏ネイルにやってみてください

今回は、先日ブログに書いた、セリアで発売されているジェルネイルを使います。
使用する色は、ネイビー、ホワイト、そしてベース&トップ兼用のジェルネイルコート↓

FullSizeRender

”セリアのジェルネイルの新色出た“の過去ブログは、こちらからどうぞ

セリアのUVレジンのセクションに売っていた、シリコンマット↓

FullSizeRender

ジェルネイルを置くのに便利で、終わった後も綺麗に拭き取れます。
もちろん、UVレジンを硬化した後も、綺麗に剥がれます

ネイルは、プリパレーションをし、アルコールで油分を拭き取り、ベースのジェルネイルコートを塗り、硬化した所から始めます。
ネイビーとホワイトのジェルネイルを、シリコンマットの上に出して↓

FullSizeRender

気泡ができない様にゆっくり混ぜます。

FullSizeRender

今回は、水面を表現したいので、しっかり混ぜなくてもOK。
(まだらな色のほうが、水面に見えます)

ネイルに混ぜた色を塗ります↓

IMG_4444

硬化。

爪の先は、白い砂浜をイメージしたいので、白いジェルネイルを塗ります↓

IMG_4445

硬化。

その後、白いジェルネイルを全体に塗ります↓

IMG_4446

硬化はしません‼︎

そして、水面ネイルを現すための道具は、ドットスティック↓

FullSizeRender

ピンクのスティック↑は、ダイソーで購入したものですが、こちらのドットは小さめなので、私は大きいドットとドットの間に補強するために、ダイソーの小さめのものも使用しました。
大きめのドットスティックがない場合は、楊枝のヘッド部分を使って代用する事もできるので、ドットスティックがない方は、楊枝を使ってくださいね。

ベースジェルネイルをマットの上に出して↓

FullSizeRender

ドットスティック(もしくは楊枝)にベースジェルネイルを付けて、爪の上にちょんちょん付けていくだけ。

FullSizeRender

ここは時間勝負なので、ささっと進めるのがポイントです。
ゆっくり時間をかけると、全部混ざってしまうので、気をつけてください。
また、1本やったら硬化、1本やったら硬化の繰り返しをすると、失敗する事なくできます。

FullSizeRender

ダイソーで購入した、ヒトデと貝のネイルパーツがあれば、パーフェクト

FullSizeRender

ネイルパーツを置いた後、トップジェルネイルコートをたっぷり塗って、硬化。
未硬化ジェルをアルコールで拭き取ったら、出来上がり

FullSizeRender

ネイルサロンに行かなくても、セルフでできる水面ネイル
厳しい残暑に、是非やってみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓






先日ポストした、セリアのライトのいらない、剥がれるジェルネイル↓上の写真↑をクリックすれば、そのときの記事に飛びます。ライトのいらないジェルネイルなんて素晴らしい商品が、100均で発売されたななんて思ったら、今回は通常のジェルネイルの新色が5種類発売しました ... 続きを読む
先日ポストした、セリアのライトのいらない、剥がれるジェルネイル↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすれば、そのときの記事に飛びます。
ライトのいらないジェルネイルなんて
素晴らしい商品が、100均で発売されたななんて思ったら、今回は通常のジェルネイルの新色が5種類発売しました

FullSizeRender

こちらのジェルネイルは、LEDライト(またはUVライト)が必要なものです。
(LEDライトが必要なジェルネイルは、光を通すと固まってしまうので、光を通さない入れ物に入っています)
新色は上の写真より左から、ミルキーピンク、バイオレット、グレー、ネイビー、ブラック。
この色を見て、かなりワクワクしました。
なぜって、秋冬ネイルにピッタリな色だから

ちなみに、下の写真は既に発売されていた色です↓

FullSizeRender

左から、ホワイト、ベージュ、ライトピンク、ピンク、レッドです。
以前のブログには、ベース&トップコートのジェルネイルの事だけしかポストしていなかったので(その時のブログは、こちらから)、今回は発売済みのカラーもスオッチ↓

FullSizeRender

全てマット過ぎず、クリア過ぎない色なので、塗りやすいです↑
セリアの赤色の通常のジェルネイル、剥がれるジェルネイル共に塗りやすく、発色が良くてビックリです。

セリアのジェルネイルは、ポリッシュの様にブラシ付きなので、初心者の人でも塗りやすい

FullSizeRender

ブラシも太過ぎず、細過ぎず。

では、新色をスオッチしてみましょう。
全ての試し塗り、手前側は2度塗り、奥側は1度塗りの状態です。
最初に、ミルキーピンク↓

FullSizeRender

名前の通り、かなり白に近いピンク。
フレンチネイルのベースカラーとしてピッタリ
そして、オフィスネイルにオススメな色です。

バイオレット↓

FullSizeRender

かなり明るいバイオレットで、発色も良く、ムラにもなりにくく、塗りやすいです。

グレー↓

FullSizeRender

こちらのグレーは、薄いグレーで、かなり私好みの色。
少しだけムラになりやすいですが、この色を作ってくれたセリアに感謝
冬のネイルには、持ってこいのカラーです。

ブラック↓

FullSizeRender

こちらはかなりクリアな色で、2度塗りでも透け感があるので、大理石ネイルの大理石を描くには難しいかも…
(大理石ネイルのやり方のブログは、こちらから)
でも、シースルーネイルには持ってこいのネイルで、薄づきなので使いやすい色です。

ネイビー↓

FullSizeRender

こちらのネイビーもかなりクリアで、2度塗りでも透け感がありますが、透け感があるからマットな感じでつく事なく、素敵な色です。
マットなカラーだと黒っぽく見えるので、普段使うには難しいですが、このネイビーは良い色です。
ただ、クリアなので、少しムラになりやすいかも…

今回発売された5色は、全て2度塗りが必要です(特にブラックとネイビーは、3度塗りが必要)。
そして、仕上げのトップコートを塗って硬化後は、未硬化ジェルをアルコールで拭き取る必要があります。

ちなみに、以前から発売していたピンク、ライトピンク、今回の新色のミルキーピンクを比べてみると…↓

FullSizeRender

ピンクとミルキーピンクの間色が、ライトピンク。
ライトピンクも、オフィスネイルでいける薄さです

これで全10色になった、セリアのジェルネイル↓

FullSizeRender

普通ジェルネイルを購入するには、1本1000円弱しますが、こちらのジェルネイルは1本100円
全色買っても、1000円(税抜)
+ベースコート&トップコート兼用ジェルネイルも忘れずに
これから、秋ネイルをするのが楽しみです
(バーガンディー色も、冬前に発売してほしいな…)

これからジェルネイルを始める方、セリアのジェルネイルで、始めてみませんか?
クオリティーも良いので、オススメです
日本に一時帰国している間に、新色が発売されて、本当に良かった〜
(郵便では、ポリッシュやジェルネイルを送る事ができないので…)



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

”便利商品”のカテゴリーは、こちらからどうぞ

ただいま日本滞在中のため、ブログ更新頻度が少なくなってますが、引き続きよろしくお願い申し上げます。


LINEで読者登録ができます↓




皆さん、タイダイネイルってご存知でしょうか?タイ(Tie:絞る)ダイ(dye:染める)の意味で、絞り染めの洋裁の生地の染め方の名称で、色が混じり合った絵柄の事をいいます。最近は、ネイルのデザインで人気なので、ネイルをする方は聞いた事があるのではないでしょうか。自分の ... 続きを読む
皆さん、タイダイネイルってご存知でしょうか?
タイ(Tie:絞る)ダイ(dye:染める)の意味で、絞り染めの洋裁の生地の染め方の名称で、色が混じり合った絵柄の事をいいます。
最近は、ネイルのデザインで人気なので、ネイルをする方は聞いた事があるのではないでしょうか。

自分の好きな色を使えるし、組み合わせは色々。
特殊なものを使うんではないかなんて思ってらっしゃる方も、多いのでは?
でも、基本のネイルツールを持っていれば、技術は必要なく凄く簡単で、失敗も少ないんです。
ネイルの色は、2色あればOK

今回は、夏の雲と空を想像して、ネイルをやってみました

FullSizeRender

プリパレーションとベースジェルネイルコートを塗って、硬化した所からスタートします。
ベースカラーを塗り硬化し、2度塗りし、また硬化↓

FullSizeRender

再度ベースコートを塗り(硬化はしません)、雲の柄となる白のジェルネイルをトレイに出します

FullSizeRender

ドット柄に色を置きます↓

FullSizeRender

後で混ぜるので、綺麗におかないでOK。
綺麗なブラシを準備し、ポンポン叩きながら、色と色の境目をぼかしていくだけ↓

FullSizeRender

混ぜ過ぎたなと感じたら、アルコール液を含ませたブラシで、要らない白色の部分を拭き取れば大丈夫
自分の納得する柄ができたら、硬化。

FullSizeRender

青空の雲みたいになりました。

タイダイネイルは3色使って混ぜ合わせても綺麗なので、その場合はドットを爪の上にランダムに置いて、混ぜ合わせてポンポンするだけです。

今回は夏ネイルなので、ダイソーで購入したネイルパーツの羽と貝殻(左)、CanDoのスタッドラインネイルシール(右)を使いました↓

FullSizeRender

スタッドラインネイルシールは、春夏秋冬使えるので、1つ持っているだけでいつでも使えます。
あとは、セリアのターコイズネイルパーツを使用↓

FullSizeRender

ベースコートを糊代わりに使い、パーツを爪の上に置き、硬化。
仕上げにトップコートを塗って硬化し、未硬化ジェルをアルコール液を含ませたコットンで拭き取り終了。
こんな感じになりました

FullSizeRender

足もお揃いで、タイダイにしました↓

FullSizeRender

マニキュアでやる場合は、色を混ぜ合わせるときにマニキュアのボトルとは違う色が付いてしまうので、混ざるのが嫌な場合は、別途筆を準備してください。
こちらは、セリアで購入した筆です↓

FullSizeRender

ほぼ100%失敗なしのタイダイネイル。
今回使用したネイルは夏のカラーでしたが、色の組み合わせで色々な時期にできるし、とっても簡単なのでオススメです


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから


LINEで読者登録ができます↓




ただいま日本滞在中です。日本に来る前に、アメリカで写真を撮っておいたものをポストします。日本帰国前に、ネイルを新しくしました。今回は、ターコイズネイル↓人差し指と薬指は、フレンチネイルにしました。(簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ★)夏といえ ... 続きを読む
ただいま日本滞在中です。
日本に来る前に、アメリカで写真を撮っておいたものをポストします。


日本帰国前に、ネイルを新しくしました。
今回は、ターコイズネイル

FullSizeRender

人差し指と薬指は、フレンチネイルにしました。

(簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

夏といえば、ターコイズというイメージ
こちらも、大理石ネイルの応用です。

(大理石ネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

ターコイズ柄は凄く簡単なので、是非やってみてください。
指モデルを使って、またやり方を説明させて頂きます。

プリパレーションをして、ベースジェルネイルを塗って硬化した所からスタート。
まずは、ベースのカラーになるターコイズ色のジェルネイルを塗り硬化。
2度塗りして、また硬化。

FullSizeRender

トレイに、ターコイズカラー&白(白のほうがターコイズより多め)、黒を準備↓

FullSizeRender

ターコイズカラーと白を、気泡が出ない様にゆっくり混ぜます。

FullSizeRender

まだらなほうが奥行きが出るので、しっかり混ぜなくてOK
ベースコートを薄く塗り(硬化はしません)、ミックスした白とターコイズを、混ぜた筆で薄めにチョンチョンと付けます↓

FullSizeRender

仮硬化(私のライトでは10秒ぐらい)。

トレイに出しておいた黒色のジェルネイルで、今度は細いブラシで白の上に細いラインを描いていきます↓

FullSizeRender

真っ直ぐな線でなく、ガタガタのラインのほうが、ターコイズの柄っぽく見えます
また、短い線より長めの線のほうが、上手く見えます。

アルコールを含ませた綺麗な筆で、黒い線をぼかしていき↓

FullSizeRender

仮硬化。
また細筆で黒いラインを描いて、濃い色と薄い黒色の強弱を付けて奥行きを見せながら、またアルコールを含ませた筆でぼやかしていくの繰り返しをし、仮硬化。

FullSizeRender

バランスを見ながら、自分の納得いく柄になったら、通常に硬化。

FullSizeRender

ネイルパーツをつけたい場合は、乗せたい所にベースコートジェルを薄く塗り(糊代わり)、パーツを置いて仮硬化すれば、パーツが硬化時に動いてしまう事を防ぐ事ができます
しっかりトップコートを塗って、通常硬化し、未硬化ジェルネイルをアルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がり↓

FullSizeRender

ターコイズのネイルパーツは、セリアで購入したものです。

FullSizeRender

アリゾナは、夏が10カ月ぐらい長いので、ほぼいつでもできますが、日本では今の夏の時期しかできないので、是非やってみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓




新しいネイルです↓今回は、ベイビーブーマー&大理石ネイルベイビーブーマーは、ネイル業界では大人気ですね淡いピンク&白のグラデーションで、オフィス、結婚式やパーティー等で使える万能ネイルです。見た目は控えめですが、上品なので、大人のシンプルネイルにオススメ ... 続きを読む
新しいネイルです

FullSizeRender

今回は、ベイビーブーマー&大理石ネイル
ベイビーブーマーは、ネイル業界では大人気ですね
淡いピンク&白のグラデーションで、オフィス、結婚式やパーティー等で使える万能ネイルです。
見た目は控えめですが、上品なので、大人のシンプルネイルにオススメです。

では、やり方
の前に、ネイルをやりながら写真撮影はとっても時間がかかるので、今回はこちらのモデルを使います↓

FullSizeRender

超リアルな指
アメリカではどこでもあるSally Beauty(ネイルやヘア関係のストア)で、$3って書いてあったのに、なぜか50セントでチャージされていました

プリパレーション後、まずはベースコートを塗り硬化。

FullSizeRender

先日購入した、マカロンのLEDに付いていたピンクのネイルをベースに使います。
(”食べられないマカロンでジェルネイル”のブログは、こちらから

FullSizeRender

1度塗り硬化し、2度塗り硬化。

白いネイルの部分の色を作ります。
前回グラデーションでポストしたやり方より()、簡単にできるやり方を今回はポストします

白いジェルポリッシュとベースコートを準備して、トレイの上に色を置きます。

FullSizeRender

①は、ベースコートと白いジェルネイル2:1。
②は、ベースコートと白いジェルネイル0.5:1。
③は、白ネイルのみ。

まずは①のベースコートと白いジェルネイル2:1を混ぜます。

FullSizeRender

静かに混ぜれば水泡ができないので、ゆっくりかき混ぜてください。
そして下の写真の幅で、混ぜた色を塗ってください↓

FullSizeRender

ベースコートが混ざっているので、殆ど色は付きません。
そして、アルコール液を含ませた綺麗な筆でタップして、色の境目をなくします。

FullSizeRender

次に、②のベースコートと白いジェルネイル0.5:1を混ぜ...

FullSizeRender

今度は、爪の半分ぐらいの位置の所まで②の色を塗ります↓

FullSizeRender

同じ様に、アルコールを含ませた綺麗な筆で、境目をタップ↓

FullSizeRender

次は、③の白だけのジェルポリッシュ↓

FullSizeRender

そのポリッシュで、1/3の位置ぐらいの所を塗ります↓

FullSizeRender

写真じゃ凄く分かりづらいと思いますが、やり方はおわかりになります?

FullSizeRender

3色、濃さの違う白を作る事によって、簡単にグラデーションができる様になります。
セルフネイルは白の濃さも自分で選べるので、私は濃いめの白が良かったので、上記のやり方を何度か繰り返し行いました↓

FullSizeRender

トップコートを仕上げに塗り硬化し、未硬化ジェルネイルを、アルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がりです。

ジェルネイルの良い所は、混ぜたりできる事。
失敗しても、硬化前なら何度もやり直しができるのも、良い所です。


そして大理石ネイルのやり方。
先日、足の青の大理石ネイルのやり方をポストしましたが、やっぱり白と黒の大理石のほうが、本格的な大理石柄ぽいです。

プリパレーション後、ベースコートを塗り、硬化。
まずはベースカラーの白を塗ります↓

FullSizeRender

白のネイルをベースカラーで塗るのは、まだらになるので難しいんですが、真っ白い色より、少しでもシマーが入った白のほうが綺麗に簡単に塗る事ができます。
ブラシに、液はあまり付け過ぎない様に塗るのがポイントです。

硬化。

細いブラシに黒いジェルポリッシュを付けて、線を付けます。

FullSizeRender

アルコール液を含んだ綺麗なブラシでぼかしていきます↓

FullSizeRender

10秒ほど仮硬化(機械のライトの強さによって違います)。
ぼやかした色の上に、また細いブラシに黒いジェルポリッシュを付けて、線に強弱を付けていきます↓

FullSizeRender

10秒ほど仮硬化。
また細いブラシで、黒い線を描きます↓

FullSizeRender

またアルコールを含ませた綺麗なブラシでぼやかし、仮硬化。
全体のバランスを見ながら同じ様に繰り返して、自分の気に入った(大理石)柄になったら、通常に硬化。

FullSizeRender

ネイルパーツを付け、最後にトップコートを塗り、未硬化ジェルをアルコールで拭き取って終了

FullSizeRender

前回は足の爪だったので、写真が撮りづらく皆さんも分かりにくかったと思いますが、今回はどうでしょうか?
青より黒い大理石のほうが、本物っぽい大理石っぽいですね。
控えめなネイル柄ですが、上品な感じ。
オフィスでのネイルもOK
簡単なので、是非お試しください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓


先日、ULTA(コスメストア)のPrestage brandにも使用可能の20%オフクーポン、ご利用になりましたか?私は、早速ショッピングしました。(ULTAでオンラインショッピングをするときは、会計時にサンプルを希望する項目があるので、Skin careかPerfume、Varietyをチェックす ... 続きを読む
先日、ULTA(コスメストア)のPrestage brandにも使用可能の20%オフクーポン、ご利用になりましたか?
私は、早速ショッピングしました。
(ULTAでオンラインショッピングをするときは、会計時にサンプルを希望する項目があるので、Skin careかPerfume、Varietyをチェックする事を忘れずに チェックしないと、勝手に"None"の状態になってしまうので、何も貰えません)

FullSizeRender

Cliniqueのクリームと、Benefitのマスカラは、この前ブログに書いた無料のクーポンです(
クリニークのクリームは、予想以上に小さかったのがショック...
TartePoreless Primerは、以前ブログにも書きました()が、毛穴を見えなくしてくれるプライマーで、テカリも抑えてくれ、美肌効果もありなので、もう手放せません まだなくなりませんが、20%オフだったので、買っておきました。

そして、今回のショッピングは、こちらの商品を買うためです↓

FullSizeRender

マカロン
コスメのストアで、マカロン

FullSizeRender

実はこれ、食べるマカロンではなく、セルフネイル用ジェルネイルのLEDランプです
USBで繋げられる様になっているので、日本に旅行に行くときに小さく運べるので便利かなと思い、購入しました。

FullSizeRender

そして箱の中には、LEDランプのほかに、

・USBケーブル
・ジェルポリッシュ
・キューティクルスティック
・ミニネイルファイル
・ネイルリムーバーパッド

が入ってます↓

FullSizeRender

こちらのランプは、携帯用なので1本1本の指用です。
こんな感じ↓

FullSizeRender

マグネットですぐ取れるので...↓

FullSizeRender

逆側につけると、足用にも使う事ができるんです↓

FullSizeRender

私が購入したセットは、Rose Cremeというソフト&クリーミーパステルピンク↓

FullSizeRender

マカロンと同じ色で、可愛い
しかも、ポリッシュのブラシも色の濃さも、塗りやすかったです

ネイルリムーバーパッドは、10枚入り(1回分)。

FullSizeRender

こんな感じで、付けるんだそうです↓

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすれば、Remover kitのオンラインサイトに飛びます。

ただ、私が購入したLEDランプは指1本用の携帯用なので、もしこれからご購入をお考えの方は、こちらの大きめLEDランプが良いかと思います↓

IMG_2412

デラックスセット。$59.99↑
ただ、こちらの大きめのランプ↑は、色が選べないのが、ちょっと残念です...
でも、こちらもマカロンの形で、可愛い

携帯用のランプは、ULTAのオンラインでは、全6種類で$35


IMG_2434
私が購入したピンクは、一番下のピンクです↑

Le Mini Macaronのオフィシャルサイトですと、上の6種類のほかプラス6種類の12種類

IMG_2435

ジェルポリッシュの色、LEDランプの色、ファイルの色が同じ色になっているので、私はかなり迷いました
ミントカラーも可愛いですが、私はULTAの20%オフを使いたかった(+ポイントも貯めている)ので、オフシャルオンラインからは、購入しませんでした。
ULTAは残念ながらインターナショナル発送はしていませんが、Le Mini Macaronは、日本発送しているので、日本にお住まいの方々も是非どうぞ
Shipping feeは、日本の場合$75ショッピングをすれば無料になりますが、$75以下は送料は$10〜$15だそうです。
(アメリカの場合は$50以上で送料無料、$50以下は$7)
メール登録をすると、10%オフコードが送られてくるそうなので、ショッピング前に是非割引コードをゲットしてください。

可愛いマカロン型ジェルネイルLEDランプ、オススメです


Le Mini Macaronのオフィシャルウェブサイトは、こちらから
携帯用。デラックスセット

ULTAのLe Mini Macaronのオンラインは、こちらから。
携帯用。デラックスセット




LINEで読者登録ができます↓






先日、セルフでフットネイルをしました。前回のフットネイルは、こちらから★今回は、大理石ネイル↓写真のトゥセパレーター↑の事を書いた”NYで話題のビジュー”は、下の写真をクリックすれば、記事に飛びます↓私、大理石柄が大好き大理石柄って難しそうですが、セルフで ... 続きを読む
先日、セルフでフットネイルをしました。

前回のフットネイルは、こちらから

今回は、大理石ネイル

FullSizeRender

写真のトゥセパレーター↑の事を書いた”NYで話題のビジュー”は、下の写真をクリックすれば、記事に飛びます↓

FullSizeRender


私、大理石柄が大好き
大理石柄って難しそうですが、セルフでもとっても簡単にできます。

プリパレーションが済んだら、ベースコートを塗り硬化した所からスタート。

まずは、ベースカラーを決めて塗り、硬化。

IMG_2271

私は白いベースカラーの爪を大理石柄にしていきます↑

大理石柄の色を作ります。
左は青+白(薄い色)、右は青だけのカラー(濃い色を作ります↓

FullSizeRender

2色色を作る理由は、大理石柄に強弱を付ける為です。

最初薄い色から、爪に付けていきます↓

FullSizeRender

淡く色を付けていきたいので、濃すぎたなと思ったら、アルコール液を付けた綺麗なブラシで、ぼやかしていきます。

”万能アルコールスプレー”の事を書いたブログは、こちらから

仮硬化(私の機械は、10秒ぐらい)。

次は、細い筆で濃い色を、爪に乗せていきます↓

FullSizeRender

先程淡く付けたカラーの上に、濃い色のジェルネイルを付けていきます。

IMG_2273

その後、アルコール液を含ませた綺麗な筆で、ぼやかしていきます。

仮硬化。

その繰り返しで、細筆でまた濃い色を爪に付けていきます↓

FullSizeRender

バランスを見ながら、自分が納得いくデザインになったら、通常の長さで硬化。

そして、好きなネイルパーツを付けていきます↓

FullSizeRender

今回は、セリアで購入したネイルパーツを使いました。

FullSizeRender

ターコイズカラーって、夏って感じでいいですね

大きなパーツの場合、トップコートだけだと取れてしまう事があるので、グルー(接着剤)を使います。
アメリカにも、ネイルグルーは売ってますが、私はダイソーで良いものを見つけたので、これを使ってます↓

FullSizeRender

ハケ付きのグルーなんです↓

FullSizeRender

便利
私は、自爪に直接乗せる訳ではないので、この接着剤をパーツに乗せるときに使ってます。

最後にトップコートを塗って硬化し、アルコール液で未硬化ジェルを拭き取って終了

FullSizeRender

大理石の色は、ご自分の好きな色に変えてトライしてみてください
大理石柄ネイルは、グラデーション()よりかなり簡単なので、オススメです

それにしても、今回はネイルをオフ→プリパレーション→フットネイルを全部続けてやったもので、背中が攣りそうになり、やり終えたあとは動けなくなって、30分程横になって休みました。
(次の日も、腰が痛くて辛かったです
いつもは、前日の夜にネイルをオフしてプレパレーションの準備をしておくんですが、急にネイルを変えるって決めたもので...
フットネイルのセルフは、これが大変なんですよね
でも、自分のしたい様にできるのが、楽しいんです



”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



LINEで読者登録ができます↓




アメリカのネイルサロンは、日本のネイルサロンの様に、凝ったデザインやネイルパーツ等をしてくれません。(日本人がいるネイルサロンは、別です)日本は100均で可愛いネイルパーツも売ってるし、安くてクオリティー高いこちらのネイルパーツは、セリアで購入↑こんなオシャレ ... 続きを読む
アメリカのネイルサロンは、日本のネイルサロンの様に、凝ったデザインやネイルパーツ等をしてくれません。
(日本人がいるネイルサロンは、別です)
日本は100均で可愛いネイルパーツも売ってるし、安くてクオリティー高い

FullSizeRender

こちらのネイルパーツは、セリアで購入↑
こんなオシャレなパーツアメリカのサロンにはないです
あるのは、キラキラストーンぐらい… 
もう少し、頑張ってほしいな、アメリカのネイルサロン…


サロン用語ですが、爪を整えキューティクルを綺麗にしてもらいマッサージを受け、好きなPolish(=日本語で言うマニキュア)を塗ってもらう事をManicure と言い、足のマニキュアをしてもらう事を英語でPedicure(Pediで通じます)と言います。
アメリカでは、まだpolish(マニキュア)をする人が多いです。
また、ひと昔日本で流行ったスカルプチュアですが、アメリカのネイルサロンはそこまで技術がないので、簡単なchip overlay(自爪の先端にハーフチップをつけて長さをだし、上からジェルやアクリルでオーバーレイ((覆い))する方法)をする人が沢山いたり… 
日本のネイルサロンのほうが、アメリカより遥かに進んでいると思います。
なので、お金をかけてアメリカのネイルサロンに行くんだったら、自分でセルフネイルをしたほうが良いって思い、セルフネイルをやり始めたのがきっかけです。

FullSizeRender

アメリカのネイルサロンはベトナム人が多いので、英語も通じない所が多いので、デザインを伝えにくいってゆう難点もあり…

ジェルネイルには、ハードジェルとソフトジェルがあり、アメリカでジェルネイルの事を、”Gel polish“と言います。
日本のネイルサロンはハードジェルが多いと思いますが、アメリカのネイルサロンは、この様なボトルタイプのソフトジェル(soak off gel polish)が普通です↓

FullSizeRender

ここ最近、日本のネイルサロンにも、カルジェルやバイオジェルという、ソフトジェルメーカーのチョイスもあるそうで。でもソフトジェルでも、ボトルタイプでなくてクリームタイプのパッケージの様な気がします。
ハードジェルは厚みと強度があり、ツヤが出るし、長持ちするので、日本では人気ですね。あの“ぷっくり感”が可愛いし
ただ、ハードジェルを落とすときは、上部を削らなければいけないし、自爪まで削ってしまう恐れもあり、自爪が薄くなってしまうデメリットがあります。

ソフトジェルのメリット・デメリットですが、

メリット :
  • 薄付きなので、自然なつけ心地
  • つけ心地が軽い
  • 柔軟性があるので爪にフィット
  • 色を混ぜて多くの色を作れる

デメリット
  • ハードジェルより持ちが悪い
  • 液体がサラサラし過ぎてる
  • 長時間水の中にいると、ジェルが浮きやすい
  • 摩擦で剥がれてしまう事もある

ですが、アメリカのソークオフジェルは、マニキュアの様に筆が付いているので、素人でもとっても扱いやすいんです↓

FullSizeRender

私がよく買うソフトジェルは、全てボトルタイプ。
そして、以前購入した100均セリアのジェルネイルも、ボトルタイプの筆付きのものなので、セルフネイルをスタートするには持ってこいなんですよ

FullSizeRender

上の写真↑をクリックすれば、セリアのジェルネイルの記事に飛びます。

さて、前置きが長くなりましたが、基本のセルフネイルでジェルネイルオフの仕方。
先程も書いた様に、ソフトジェルはジェル上部を削らなくてもオフする事ができるので、アセトンとアルミホイルとコットンがあれば、簡単に取り除く事ができます。
ジェルネイルは、通常のリムーバーではなく、こちらのアセトンで落とす事ができます↓

FullSizeRender

ファーマシーやスーパーで何処でも購入する事ができます。
(今回は足の爪のオフなので、足の写真で失礼します)
小さく切ったコットンにアセトンをしっかり付けて、爪の上に置き…↓

FullSizeRender

指が巻けるぐらいに切ったアルミホイルを巻いて、10分〜15分放置します。

FullSizeRender

時間が経ったら、アルミホイルをはがします。
コットンにアセトンを含ませ、ソークしておいただけで、ふやけて剥がれ落ち始めます↓

FullSizeRender

これがソフトジェルの良い所です。
ガリガリ擦らずにオフができるので、ハードより断然爪を傷めません。
その後、ウッドスティック等を使って、取りきれなかったジェルを取り除きます↓

FullSizeRender

ウッドスティックは、ULTAで$2(10本入り)ぐらいで売ってます。
ピンクのメタルプッシャーは、セリアで以前購入したものです↓

FullSizeRender

殆ど力を入れずに、取り除く事ができます。

FullSizeRender

取り除いた後は、メタルプッシャーで甘皮を押し、ニッパーを使って、キューティクルをカット。
こちらが、ニッパーです↓

FullSizeRender

日本だったら、100均やLOFTで売ってるかな?
私は、TJ MAXX(ディスカウントストア)で$4ぐらいで購入しました。
バッファーで爪を削って、コットンにアルコールスプレーを含ませ、ネイル上のオイルを拭き取り終了。
私はこの前、TJ MAXXでジェルネイル用のアルコールスプレー(99% isopropyl alcohol)を購入しました↓

FullSizeRender

ラッキーな事に、クリアランスセールで$1でゲット‼︎

FullSizeRender

ポンプ式で、コットンを上部に置いて、押せばアルコールが出てくるし、回せばロックする事もできるので、便利です↓

FullSizeRender

こちらがない場合は、普通のアルコールスプレーでもOK。

“万能アルコールスプレー”の過去記事は、こちらから

この後、プライマーを塗って、新しいジェルネイルをする場合はベースコートに進みますが、プライマーは刺激が強く爪に良くないので、私は使用してません。
(2週間毎に新しいネイルを交換するので、長く持つ必要もないので)

皆さんも、この機会にセルフネイルを始めてみませんか?


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから



LINEで読者登録ができます↓



今回のネイルは、グラデーションネイルにしましたアメリカでは、グラデーションネイルの事は、”Ombre”(オンブレ)と言います。本当は、夏っぽいネイルにしようと思ったんですが、この前購入したパープルとレッドのジェルネイルを使いたくて、結局こんな女の子っぽいカラー ... 続きを読む
今回のネイルは、グラデーションネイルにしました

FullSizeRender

アメリカでは、グラデーションネイルの事は、”Ombre”(オンブレ)と言います。
本当は、夏っぽいネイルにしようと思ったんですが、この前購入したパープルとレッドのジェルネイルを使いたくて、結局こんな女の子っぽいカラーになってしまいました
ULTAのセールコーナーで、見つけたカラーです。
1本$7 だったかな

FullSizeRender

ジェルネイルは、白色のものを1本持っていると、便利
既に持っているカラーのジェルネイルを、白のものと混ぜて使う事ができます。
なので、濃い色のジェルに、白を混ぜてパステルカラーに変える事だってできちゃいます 

FullSizeRender

静かにゆっくり筆で混ぜる事が、コツです↑
水泡が、できてしまうので 

グラデーションネイルのやり方は、プリパレーションが終わったあと、ベースジェルネイルを塗って硬化。
その後、ベースになる色を塗ります。
私は、この前購入した赤と白いジェルネイルを混ぜて、ピンクにしました 
硬化後、フレンチネイルになる部分(私はライトパープルをチョイス)を、フレンチネイルの様に塗ります↓ 

FullSizeRender

人差し指に薄く塗ってあるの、見えますか?↑
後でぼやけるので、綺麗に塗らなくてもOKです。
そして、アルコールスプレー(”万能アルコールスプレー”のブログは、こちらから)を含ませた新しいブラシを使って、フレンチネイル部分から爪の際に向かってタップするだけ↓

FullSizeRender

軽くタップタップするのがコツ。
そして、水平にタップ↓

FullSizeRender
この写真は、後撮りです↑

硬化し、またフレンチネイルの上の部分を何度か重ね塗りし、綺麗なブラシでまたタップし、硬化。
これを繰り返すと、ピンクがぼやける様に見えてきます↓

FullSizeRender

まだらになって、グラデーションになるか心配になっても、諦めないでやってみてください
トップコートを塗り硬化すると、ちゃんとグラデーションネイルになります

FullSizeRender

未硬化ジェルネイルを、アルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がり

先日、ミラーネイルのパウダー(アメリカでは、Chrome Powder:クロムパウダーといいます)をこの前購入したので、グラデーションをやっていない爪は、こちらのパウダーを使ってみました↓

FullSizeRender

中国系のネイルの問屋で、$15で購入しました。
見た目は白いパウダーですが、アプリケーターに付けると、緑がかった色になります↓

FullSizeRender

これを爪の上に置いて、アプリケーターで擦ると、オーロラ色になるんです。
白いネイルをベースに使ったので、パウダーの色が目立たなくてごめんなさい↓

FullSizeRender

でも、オーロラっぽく光ってるのわかりますか?
見る向きによって、色が変わります。
白いネイルは、塗るのにコツがあるんですが、このパウダーを使えば、まだらな感じを消す事ができる+今、流行りのユニコーンカラーにもなるので、オススメです
日本では、CanDOでフェアリーダストパウダーという、ミラーネイルのパウダーが売っているので、是非試してみてください ジェルネイルにも、マニキュアでも、両使いできます。

ネイルパーツは、ダイソーで購入したハートのパーツと、パールのパーツを使いました↓

FullSizeRender 

写真をクリックすれば、そのときのブログに飛びます↑
このダイソーのネイルパーツは、ステッカータイプなので、扱いやすいです

一見グラデーションネイルって難しそうですが、私の様に初心者はベースカラーとフレンチネイルのカラーを似た様な色を使えば、綺麗に簡単に一体化します

FullSizeRender

簡単にグラデーションができるので、皆さんも是非チャレンジしてみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓




前回前々回に引き続き、今回もセルフネイルをしました↓不器用な人でもできる、斜めフレンチネイル★不器用な人でもできる、フレンチネイル パート②★今年の夏は、水玉が流行っているので、黒のフレンチネイルにドットを入れました。そして親指は、ハートのくり抜きネイル↓ ... 続きを読む
前回前々回に引き続き、今回もセルフネイルをしました↓

FullSizeRender

不器用な人でもできる、斜めフレンチネイル
不器用な人でもできる、フレンチネイル パート②

今年の夏は、水玉が流行っているので、黒のフレンチネイルにドットを入れました。
そして親指は、ハートのくり抜きネイル

FullSizeRender

ハートのくり抜きネイルは、こちらのダイソーの穴あけパンチを使用しました↓

FullSizeRender

クラフト用で使おうと思って日本で購入したんですが、ネイルでも使えるんじゃないかと思って

FullSizeRender

アメリカでも、Joanne(クラフトストア)で同じ様な穴あけパンチが売ってますので、在米の方、ご安心を↓

FullSizeRender

このMs. Sparkle & Co.の$1.99コーナー。
結構可愛い商品あるんですよね、便箋とかマスキングテープとか...
そちらにハートのパンチ、売ってます 

FullSizeRender

日本のダイソーより倍の値段ですが、手に入るなら嬉しいですね

最初にハートのくり抜き部分を、準備しておきます。
wax paperや、クッキングシート、お菓子作りのときに使うパーチメントシート(どれでもOK)を小さくカット。私はwax paperを使いました↓

FullSizeRender

ハートのくり抜き部分にする、好きな色のジェルネイルを、シートの上に塗ります↓

FullSizeRender

UVライト、またはLEDライトの中に入れて硬化↓

FullSizeRender

厚く塗りすぎると、ダマになったり、水泡ができたりするので、注意

固まったのを確認したら...

FullSizeRender

ジェルネイル部分が内側になる様に、半分に折ります↓

FullSizeRender

半分に折る理由は、ジェルネイル部分がベトついているので、パンチ部分にジェルネイルが付くのを防ぐためです。

FullSizeRender

ジェルネイルの部分にハートマークがくる様に、裏部分を見ながら穴を開けます。

FullSizeRender

私は2つハートが必要でしたが、失敗したときのために、3つ作っておきました。
上と下に付いているシートを剥がし(簡単にはずれます)、準備完了

FullSizeRender

試しに、マスキングテープにハートのパンチして、マステを実際に爪に貼ってジェルネイルを塗ってみたんですが、あまりうまく出来なかったので(ハートの形がイビツな形になっていってしまいます...)、このやり方のほうが、ストレスなく簡単に出来ると思います。
そして、市販されているハートのステッカーをネイルに貼るのが1番簡単ですが、ジェルネイル同士のほうが、本当に塗ったかの様に爪とマッチして、見た目が抜群に良いです

ハートのくり抜きの準備が終わり、プレパレーションが出来たら...
フレンチネイルの準備。
前回同様、親指はマスキングテープ、その他の指はパンチ穴補強シールを使いました↓

FullSizeRender

やり方は、”不器用な人でもできる、フレンチネイル②”をご覧ください→
フレンチネイル部分を塗り...↓

FullSizeRender

先ほど準備しておいたハートのくり抜き部分を、親指の爪の上に置く。

FullSizeRender

私は白のジェルネイル&黒のフレンチネイルを使ったので、白が薄すぎた様で、上から白いジェルネイルを何度か上塗りしました(はみ出でても、硬化前なら失敗しても大丈夫)。

そして親指以外の指には、こちらのドットスティックを使用↓

FullSizeRender

ダイソーで購入しました。
(アリゾナのダイソー"Cutie"にも売ってます)
ドットのサイズは、0.8mm。 

FullSizeRender

こちらのスティックで、水玉を描きます。
難しそうですが、1つ1つジェルネイルを付けて爪の上に置いての繰り返しを続ければ、簡単にできます↓

FullSizeRender

ドットが描けたら、硬化 。
その後は、フレンチネイルと爪の間にラメラインを入れ(やり方はこちら)、硬化。
最後にトップコートを仕上げに塗って硬化して、出来上がり

FullSizeRender

ダイソーの商品で、セルフネイル

FullSizeRender

アメリカのネイルサロンは、日本のネイルサロンの様に良いデザインをしてくれません
自分でやるほうが好きなデザインもできるし、ストーンも乗せ放題
セルフネイルをやる甲斐あり


”便利商品”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓