今回のネイルは、グラデーションネイルにしました

FullSizeRender

アメリカでは、グラデーションネイルの事は、”Ombre”(オンブレ)と言います。
本当は、夏っぽいネイルにしようと思ったんですが、この前購入したパープルとレッドのジェルネイルを使いたくて、結局こんな女の子っぽいカラーになってしまいました
ULTAのセールコーナーで、見つけたカラーです。
1本$7 だったかな

FullSizeRender

ジェルネイルは、白色のものを1本持っていると、便利
既に持っているカラーのジェルネイルを、白のものと混ぜて使う事ができます。
なので、濃い色のジェルに、白を混ぜてパステルカラーに変える事だってできちゃいます 

FullSizeRender

静かにゆっくり筆で混ぜる事が、コツです↑
水泡が、できてしまうので 

グラデーションネイルのやり方は、プリパレーションが終わったあと、ベースジェルネイルを塗って硬化。
その後、ベースになる色を塗ります。
私は、この前購入した赤と白いジェルネイルを混ぜて、ピンクにしました 
硬化後、フレンチネイルになる部分(私はライトパープルをチョイス)を、フレンチネイルの様に塗ります↓ 

FullSizeRender

人差し指に薄く塗ってあるの、見えますか?↑
後でぼやけるので、綺麗に塗らなくてもOKです。
そして、アルコールスプレー(”万能アルコールスプレー”のブログは、こちらから)を含ませた新しいブラシを使って、フレンチネイル部分から爪の際に向かってタップするだけ↓

FullSizeRender

軽くタップタップするのがコツ。
そして、水平にタップ↓

FullSizeRender
この写真は、後撮りです↑

硬化し、またフレンチネイルの上の部分を何度か重ね塗りし、綺麗なブラシでまたタップし、硬化。
これを繰り返すと、ピンクがぼやける様に見えてきます↓

FullSizeRender

まだらになって、グラデーションになるか心配になっても、諦めないでやってみてください
トップコートを塗り硬化すると、ちゃんとグラデーションネイルになります

FullSizeRender

未硬化ジェルネイルを、アルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がり

先日、ミラーネイルのパウダー(アメリカでは、Chrome Powder:クロムパウダーといいます)をこの前購入したので、グラデーションをやっていない爪は、こちらのパウダーを使ってみました↓

FullSizeRender

中国系のネイルの問屋で、$15で購入しました。
見た目は白いパウダーですが、アプリケーターに付けると、緑がかった色になります↓

FullSizeRender

これを爪の上に置いて、アプリケーターで擦ると、オーロラ色になるんです。
白いネイルをベースに使ったので、パウダーの色が目立たなくてごめんなさい↓

FullSizeRender

でも、オーロラっぽく光ってるのわかりますか?
見る向きによって、色が変わります。
白いネイルは、塗るのにコツがあるんですが、このパウダーを使えば、まだらな感じを消す事ができる+今、流行りのユニコーンカラーにもなるので、オススメです
日本では、CanDOでフェアリーダストパウダーという、ミラーネイルのパウダーが売っているので、是非試してみてください ジェルネイルにも、マニキュアでも、両使いできます。

ネイルパーツは、ダイソーで購入したハートのパーツと、パールのパーツを使いました↓

FullSizeRender 

写真をクリックすれば、そのときのブログに飛びます↑
このダイソーのネイルパーツは、ステッカータイプなので、扱いやすいです

一見グラデーションネイルって難しそうですが、私の様に初心者はベースカラーとフレンチネイルのカラーを似た様な色を使えば、綺麗に簡単に一体化します

FullSizeRender

簡単にグラデーションができるので、皆さんも是非チャレンジしてみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓