先日、Costcoで購入したものを返品をしに行きました。
「ストアクレジットかキャッシュ、どちらで返品したいですか?」と聞かれたので、ストアクレジット(Costco内で使えるキャッシュカード)でお願いし、そのクレジットで、前から欲しかったFixer Upper(リノベーションするテレビ番組)のジョアンナが出したレシピブックを購入しました↓

FullSizeRender

ダイニングテーブルやアイランドの上に置いておくだけで、オシャレでカッコいい
さすがジョアンナ
Costcoでは、$16.99でした。
ちなみに、Costcoでは返品するときはレシートがなくても受け付けてくれます。

”Costcoの返品•返金対応”のブログは、こちらから

Costcoのストアクレジットって、ガソリンにも使えるんですね
凄い便利


その後、HomeDepot(ホームセンター)へ。
リビングルームの壁に、アクセントウォールとしてタイルを貼ろうとジャスティンは考えているので、その物色です。
やっぱりマーブル柄がいいな…↓

FullSizeRender

こんなタイルも可愛いけど、勇気いる柄…↓

FullSizeRender

モノトーンカラーで可愛いんですけど、かなりチャレンジャー。
私、冒険できない小心者です

とりあえず、このガラスにスティック↓を購入。

FullSizeRender

そしてグラウト(セメント)も。

我が家のキッチンのバックスプラッシュ↓

FullSizeRender

デザインセンターで選んで、インストールしてもらいました。

FullSizeRender

デザインセンターでの過去ブログは、こちらから
HomeDepotで購入したガラスのスティックは、バックスプラッシュの端っこに貼るものです。
こんな感じで↓

FullSizeRender

余ったバックスプラッシュのタイルは、職人さんが置いていってくれました↓

FullSizeRender

クローゼットに置きっ放し?それとも忘れていったのか?
余ったものが新居に置きっ放しになっているなんて、日本じゃ有り得ないですよね… 
これ以外にも、壁のペンキ、うちで使われてる何種類かのグラウトも、パックで置いていってくれました。

デザインセンターにて、値段の高いバックスプラッシュをオーダーしてしまった私達にとっては(1sqftあたり$25。1sqft=約930㎠)、かなり有り難いバックスプラッシュの在庫です。
その余った在庫を、ホールウェイのドロップゾーンの壁に貼りたいと、ジャスティンがずっと言っていたんです↓

image

でも自分では貼れないので、ローカルで働いている人を探して、インストールしてもらう事にしました。

インストールの日、ホールウェイにはちゃんと布を引いてくれ、その職人はリビングにも行ったり来たりしたんですが、その際はちゃんと靴を脱いでくれたカウボーイでした。

FullSizeRender

彼のお父さんはエアフォースだった様で、沖縄にも小さい頃住んでいたそうです(日本語は喋れないですけどね)。
パズルの様に組み合わせ、出来上がり‼️

FullSizeRender

これ以外にも、リビングの窓の所に付いているカーテンロールが壊れてしまったので(カーテンが重いのに、カーテンロールが長いので、重さに耐えられなかった様です)、それもついでに直してもらい、合計で$360だったかな?
自分でインストールする手間が省けたので、ラッキー

次は、リビングルームのアクセントウォール↓

FullSizeRender

この何もない壁に、タイルを張り付ける予定です。また同じカウボーイ職人さんに頼む予定。
いつになる事やら


”新しいお家”のカテゴリーは、こちらから
”Interior & Decor”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓