昨日の”アメリカで失敗しない車の購入の仕方①”の続きです。(

車好きな人がテストドライブをすれば、エンジンの音で車の状態がわかるそうです。
でも、私の様な車の事が全く分からないは、どうすればいいでしょう。

修理工場に車を持っていき、点検をしてもらう。

車の事をあまり知らない場合、購入前に修理工場に車を持って行き、点検をしてもらう事ができます。購入意欲が高い場合、オーナーに会う前にテストドライブをする場所の近くに修理工場がどこにあるか調べ、いくらぐらいかかるか値段を確認しておく事が大切です。
点検費用はだいたい100ドル前後で、所要時間は30~60分で終わるそうです。
その結果を聞いてから、最終判断をすれば、間違いないですね。
ジャスティンは車好きなので、その必要はありませんでした。

Service Recordを見せてもらう。

アポを取るときに、車のオーナーにサービスレコードを持ってきてもらう様、聞く事。
サービスレコードとは、いつオイルチェンジをしたか、いつエアフィルターを替えたか、またエンジントラブルがあった場合は、いつエンジン修理をしたか等、定期的にメンテナンスを行なっているか、確認する事ができます。
ちなみにBさん、全てのサービスレコードを持ってきてくれました。

という事で、最終決断。
この車を買う事にしました↓

FullSizeRender

次の日の土曜、私の車でジャスティンが運転してNorth Phoenixまで行き、銀行で手続きしました。
今回の支払い方法は、Bさんの残りのローンをジャスティンがチェックで銀行側に支払います。
残りの金額は、現金でBさんに払う方法。
ジャスティンは、車のローンを組んで毎月払うのは嫌なので、自分が持っているストック(株)を売って、一括で支払いました。
(”車購入‼︎ でもローンは組まない主義”のブログ記事は、こちらから
彼は、趣味で株をやっていて、いざという時のエマージェンシー時に、株を売るそうです。

銀行に行き、Notarizeをしてもらい(この人は、この人に車を売るので、銀行員にその公証をしてもらう)、終了。

Bさん、本当に良い人で、「なんでも質問があったら、いつでもテキストしてね」と言ってくれ、一緒に来たBさんのお母さんも、「Yes, we are part of family」(私たちは家族の一部なんだから)とか言ってました
それは言い過ぎ

色々な個人売買の人がいますが、オイルチェンジやタイヤチェンジが必要な場合、少し安く値段の設定をしてくれる人が多いです。
このBさんの車は、タイヤチェンジが必要だったので、相場よりも少し安く設定してました。
銀行での手続きが終了した後、早速車のタイヤを購入しに行きました。
タイヤ料金は約1000ドル。
ジャスティンは、安いタイヤは買いたくなかったので、保証が色々ついているものをチョイス。
車の料金はタイヤ料金を入れて、20k以内(大体200万円)で無事に車を購入する事ができました
車のディーラーショップから買うより、かなり安いそうです。タックスも払わなくて良いのが1番大きい


最後に、ディーラーから車を買うとき、個人から車を買うとき、絶対に見逃してはいけない事。

“Lemon Report”は危険


中古ディーラーのウェブサイトに売り出されている車で、設定より安いな?と思ったら、Lemon report車だったなんて事、あります。
今回ジャスティンが中古ディーラーのウェブサイトで見た車は、レモンレポートと書いてあった車が結構あったそうです。
レモンとは”欠陥車”の事で、果物のレモンは中が腐っていても、表面から見れば何もわからないので、”レモン”という比喩表現をしているそうです。
アメリカにはLemon Law(レモン法)があり、メーカーで購入した新車(brand new car)の保証期間内で、一定期間または走行距離のどちらか早いほうで、例えばアリゾナのLemon Lawだと、車を購入後18ヶ月以内、または18,000マイル=約29000キロ以内で同じ問題で4回以上修理が必要、もしくは何かの修理が30日以上かかり車が使用できなかった場合、Lemon Lawが適用され、その車はディーラーに返す事ができ、新しい車に取り替える事ができます。

中古の場合、ディーラーから購入してから15日以内、または500マイル以内=約800キロ(どちらか早いほう)で修理が必要になった場合、Lemon Lawが適用され、2回まで修理ができますが、1度につき$25かかるそうです。
いずれも州によって法律が異なりますが、アメリカ50州全ての州でLemon Lawはあるそうです。

という事で、車を購入するときは、”Lemon Report”の文字があったら、その車は欠陥車なので、購入する事はやめたほうが良いと思います。
日本にも、この様な法律はあるんでしょうか?


ジャスティン、無事に車を購入する事ができたので、ジャスティンは新しい車で、私も自分の車で、別々に帰らなければなりません。
North Phoenixから我が家までは約80キロの道のりで、1時間40分かかります

FullSizeRender

フリーウェイを使えば、もっと速く着くんですが、私はまだフリーウェイを走れないので、下道で帰る事に。
下道で1番早いルートで帰りたかったんですが、途中何かのフェスティバルがあるらしくトラフィックになったら私が運転するのが怖いので、遠回りのルートをジャスティンがピック。
でも、そのジャスティンがピックした道、ハイウェイで制限速度が65マイル(約104キロ)。
65マイルぐらいだったら下道で出した事ありますが、ハイウェイを制限速度で走っている人たちはいないので、75マイル(約120キロ)のスピードで帰りました 怖かった
しかも、運悪く雨が途中降ってきたし...
雨降ったのなんて、いつぶり

ジャスティン、この貸しは大きいですよ


LINEで読者登録ができます↓