2週続けて土曜日は2つのパーティーが入ってました。
前週はジャスティンの友達のベビーシャワーと、ジャスティンの幼馴染の息子のお誕生日パーティー@ボーリング場。
そしてこの前の土曜日は、ジャスティンの弟(2男)の子供Lの4歳のバースデーと、ジャスティンパパさんのお姉さんのサプライズバースデー。
せめて、1日に1回のパーティーにしてほしいのが本音ですけど...

まずは、2男の子供のLのお誕生日パーティー。
(去年のLのバースデーパーティーは、こちら
アメリカの子供たちがよくやるバースデーパーティー、 Peter Piper Pizzaで。

IMG_1774

こちらのピザ屋さん、ゲームセンターも隣接しているので、子供達に人気なんです。
ピザはアメリカの薄っぺらいやつで、ハッキリ言って美味しくないです
私はお腹も空いてなかったし、ボバ屋(タピオカ)が近くにあったのでボバ持参で行ったので、ピザは頂きませんでした...

甥っ子の母親は、何年も前からバースデーにも顔を見せないので、もちろん今回も出席してません。
(監視員がいないと、子供に会えない事になってます。その理由が書かれたブログは、こちら
そして今年からは、父親(2男)も監視員がいないと、子供に会えない事になっているので、父親も欠席です。というか、行方不明なので...

2男は、定職もなくフードスタンプ(低所得者向けに行われている食料費補助)で暮らしていたし、ジャスティンママさんの家に、自分の子供2人と居候していて自立しようとしていませんでした。
医者からドラッグを処方してもらったメソ●ンが決め手になり、裁判所から”子供と一緒に住んではいけない”と下されました。
(メソ●ンは、コカ●ンと同じ様なドラッグで、中毒性があります。そんな強いドラッグを、医者が処方する事に信じられないです)
ちなみにジャスティン、弟から連絡があるときだけテキストを送るぐらいで、自分から弟には一切連絡を取りません。行方不明の現在になっては、全くです。

でも、子供たちにとっては良いニュース。
1月下旬、Officiallyジャスティンのママと旦那さんが、2男の子供達を養子として迎えました。(それまでは、ジャスティンママさんと旦那さんがテンポラリーでGurdian;保護者でした)
4歳と6歳の子供達を、18歳になるまで育てる事になった、55歳(だったかな?)のジャスティンママさんと旦那さん。
ママさんは、彼女の5人の子供達(全部男)をやっと育て終わったのに(5男は、看護師インターン中なので、まだ学生ですが...)
養子を迎えると、国から金銭面で色々補助がたり、タックスが返ってきたりするそうなので、その点のベネフィットはしっかりしているアメリカです。
子供達が大きくなるまで、長生きしないとですね

IMG_1775

Lには、バースデーギフトに「おもちゃを買ってこないで」と、ジャスティンママさんから言われていたので、兄弟達からは勉強するグッズや洋服をプレゼント
クリスマスに、沢山おもちゃをもらったしね
きっとLは、「叔父さん達はなぜおもちゃをくれないの⁈」と思ってたかも⁈ 笑。


LINEで読者登録ができます↓